HOME   »  光前寺
Tag | 光前寺

御柱祭の木落し坂から名所を訪ねて昼神温泉へ~~諏訪から南信州方面旅行2日目

ホテルの朝食前に諏訪湖畔の散歩に出た。雲がかかって山の景色は見ることができなかったが、国の重要文化財である「片倉館」は見ておきたかった。
「片倉館」は諏訪に製糸業を起こした片倉財閥の2代目、片倉兼太郎氏が昭和3年(1928)に造った温泉施設で、レンガ造りのお城のような立派な建物だ。

片倉館

この建物は片倉財閥の創立50周年を記念して建てられて今も大衆浴場として営業しており、中には大理石の彫刻などが多数あるらしいのだが、営業時間は朝の10時からなので中に入ることはあきらめた。

朝食を終えてチェックアウトし、朝一番で諏訪大社下社「御柱祭」の最大の見せ場である「木落し」の舞台となる「木落し坂」を訪ねることにした。

木落し坂

「御柱祭」とは正式には「式年造営御柱大祭」といい、寅と申の年に行なわれる式年祭であり、長野県指定無形民俗文化財に指定されているお祭りだ。
最近では平成16年(2004)、平成22年(2010)に行われており、次回は平成28年(2016)の春に執り行われる。

諏訪大社上社と下社の「御柱祭」は別々に行われ、「木落し」の趣は上社と下社で随分異なる。
上社の「木落し」は目処梃子(めどてこ)と呼ばれるカタツムリの角のようなⅤ字型の柱が御柱の前後にあり、これに氏子がしがみ付いて左右に揺らしながら傾斜角度30度の坂80mを下る。
下社の「木落し」は、最大傾斜40度の坂100mを氏子たちが御柱に馬乗りになり轟音を響かせながら坂を突き進んでいく。
上の画像は下社の木落し坂を下から見上げて写したものだが、この急坂の上から6~8トンの御柱が秋宮の四本、春宮の四本の計八本も落とされるのだ。
テレビなどで何度か「御柱祭」の画像を見たことがあるが、放送されるのはほとんどがこの下社の「木落し」であるように思う。

下社の木落しの動画がYoutubeで見つかった。これはすごい迫力だ。
http://www.youtube.com/watch?v=AN7A7CTewr0&feature=player_detailpage

木落し坂2

木落し坂の上に登って下を見ると、足が立ちすくむほどの急坂だ。この坂を氏子たちは御柱に乗り、何度も振り落されながら、再び左右から飛び付いて御柱の上に乗ろうとする。非常に勇気のいることだが、それをしないとこの巨木を制御することが難しくなる。
人が乗ることによって御柱と斜面との摩擦を大きくでき、柱を坂の下で止めることが可能となるのだ。もし御柱が横を向いて転がりはじめたら、見物客を巻き込む大惨事になる危険がある。

参考までに上社の木落しの動画も紹介しておこう。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=9EI6sojnKpQ
上社の木落しは目処梃子(めどてこ)のVの字を維持して美しく坂を下りることが重視されているように見える。

木落し坂を後にして、岡谷市にある「旧林家住宅」に行く。

旧林家住宅

レーヨンなどの化学繊維が開発されて次第に製糸業は凋落していくのだが、明治から大正、昭和の初めにかけて、生糸は日本の貿易輸出の中心で、日本の近代化を支えた花形の産業であった。明治42年にわが国は世界一の生糸輸出国となり、最盛期には外貨の5割を生糸で稼いでいたという。
諏訪地方は最盛期には、わが国の生糸の3割、輸出の5割を生産し、大いに繁栄していたのだが、その栄華の時代を偲ばせる建物が諏訪湖周辺にいくつか残されている。最初に書いた「片倉館」もそのうちの一つであるし、この「旧林家住宅」もその代表的なものである。

この住宅は、岡谷の製糸業発展の礎を築いた一人であり、鉄砲火薬店の経営や、福島県常磐単行の採掘など幅広く事業を手掛けた実業家・林国蔵の居宅で、平成14年に国の重要文化財に指定され、また平成19年には近代化産業遺産にも認定されている。

旧林家欄間

建築には最高級の資材を用いて当時の最高レベルの建築技術で建てられたとの説明があり、欄間の彫刻や仏壇の彫刻もまた素晴らしいものであった。
圧巻は離れの2階にある座敷。壁・天井・ふすまの全てに「金唐紙」が貼られている。

旧林家金唐紙

西洋建築の壁を飾る美しい装飾の皮を「金唐革」というが、「金唐紙」とは「金唐革」を真似て和紙で作られた壁紙のことで、ウィーン万国博覧会で出品して好評を得て外国にも輸出されるようになり、バッキンガム宮殿の壁にも「金唐紙」が使われたと言われているようだ。
しかし、いつしか「金唐紙」は作られなくなり製造法さえ忘れられて、この「金唐紙」を残す和室は、わが国ではここだけはないかとの説明であった。
建物だけでなく家具や調度品も素晴らしいものばかりで、説明員の方から詳しい説明を受けながら、結構楽しむことができた。

次に向かったのは高遠町の歴史博物館。高遠町の歴史についての資料の展示のほかに、正徳4年(1714)に江戸城大奥の大年寄の絵島が高遠の地で幽閉された事件(「絵島事件」)に関する資料が展示されているほか、絵島が幽閉されていた屋敷が復元されている。
「絵島事件」のことを書きだすとまた長くなるので、また別の機会に書くことにする。

次に、昼食の場所に選んだ「かんてんぱぱガーデン」に向かう。

かんてんぱぱガーデン

「かんてんぱぱ」というのは、伊那食品工業の登録商標だが、坂本光司氏の「日本でいちばん大切にしたい会社」という本に、この会社の事が詳しく書かれているのを読んで感激したことがある。

伊那食品工業は「自分で考えたものは自分で創り、自分で売る」という主義で、大手スーパーには商品を一切卸していない。販売は、直営店とネット・通販が中心の様である。
何よりも社員の幸せを第一とし、過去一度もリストラをせず、同業者と戦わず、大きな販路が目の前にあっても無理な成長を追わず、しかし成長への種まきを怠らない経営を続けて、寒天メーカーという斜陽産業のなかで48年連続して増収増益を果たしてきた凄い会社だ。今では国内の寒天マーケットの8割を占め、世界の寒天マーケットのトップ企業なのだそうだ。

地方の多くの製造メーカーが目先の売上高増加の為に大手スーパーに商品を卸して次第に価格主導権を奪われ、厳しい仕入れ価格を要求されて品質を落とし、独自の商品開発をすることを忘れて成長力を失ってしまった。リストラを余儀なくされてしまってた企業も少なくないのだが、大手流通に自社商品を流す戦略は正しかったのか。

伊那食品工業は地方の製造業がこれから進むべきモデルを示しているように思う。
製造メーカーが良いものを作ることにこだわり続け、消費者と直接つながる売り方に徹していれば、大手流通業者から買いたたかれることもないので無理してコストを下げて品質を落とすこともなく、着実に適正水準の利益を自社に蓄積することができる。
地元に利益を蓄積できてこそ、地元の人の多くを採用することができ、地元の人々に地元で幸せに暮らせる環境を提供できるのだと思う。

今の時代は良いものを作っていれば、大手流通ルートに乗らなくともネットで繰り返し何度も買ってくれる消費者がきっと出てきて、評判が高まるにつれ売上が全国に広がっていく。
宅配料金を加えても近隣のスーパーの価格よりも割安で、味や鮮度に勝る商品の味を覚えた消費者は、いずれ多くの農産物や海産物やその加工品などをネットで生産者から買うようになるだろう。これからは今まで拡大路線を走ってきた大手スーパーや卸業者等が次第に売上を減らして凋落していき、宅配にかかわる運送業者と、都心部の消費者を掴むことに成功した地方の生産者が潤っていく時代になるのではないだろうか。

「かんてんぱぱガーデン」は伊那食品工業の本社・北丘工場一帯の緑地の中にあり、広さは3万坪もあるという。その中にレストランや美術館やホールや健康パビリオンやショップなどがあり、駐車場は200台以上のスペースがある。この日はマイカーや観光バスで驚くほどの観光客が集まっていた。
http://www.kantenpp.co.jp/garden/index.html

私が入ったレストランは「寒天レストランさつき亭」。昨日はカロリーを摂りすぎたので、低カロリーの寒天料理を食べることにした。

寒天レストラン

上の画像は「寒天麺梅かつお」だが、これで128kcal。ざるそば1枚が441kcalでカロリーはその3割以下だが、これだけで充分お腹一杯になった。

次に向かったのは、伊那の名刹「光前寺」。
この寺の歴史は古く、寺伝によると平安時代の貞観2年(860)に本聖上人によって開山されたという。戦国時代に武田家・羽柴家などの武将の保護を受け、江戸時代には徳川家から六十石の寺領と十万石の大名格を与えられて隆盛を極めたが、明治初期の廃仏毀釈によって、多くの末寺を失ってしまう。
今なお樹齢数百年の杉の巨木に囲まれた境内には多くの堂宇が残っており、広い境内全体が名勝指定を受けている。

光前寺三門

上の画像は参道の途中にある三門で、嘉永元年に再建されたものだ。また、参道の左右に或る石垣の隙間から、時々緑色に光るヒカリゴケが見えることがある。

この三門のすぐ右に国の重要文化財である弁天堂があったのだが、写真を撮るのを忘れてしまった。室町時代の建築物で、光前寺の建築物の中で最も古いものだそうだ。

本堂を左に折れると、この地で飼われていた早太郎という犬が怪物を退治したという伝説があり、「霊犬早太郎」の墓石があり、そのすぐ近くに長野県宝の三重塔がある。

光前寺三重塔

この塔は文化3年(1806)の建築で、南信濃唯一の塔なのだそうだ。

光前寺ヒカリゴケ

客殿の庭園に向かうと、本坊の外縁の床下にヒカリゴケが太陽光に反射して美しく光っていた。あまりいい画像が撮れなかったが、これだけ大きなヒカリゴケの群生を見たのは初めてだ。

光前寺庭園

庭園は夢窓国師により築かれたとされる築山式枯山水で、今の季節は緑が美しい。境内の空気と湿度が私には心地よく感じられ、庭を眺めているだけで癒される場所だ。
花の咲く季節や、紅葉の季節にはまた違う楽しみ方になるだろう。
参拝者には和菓子とお茶が付いていて、落雁が素朴な味でおいしかった。

この光前寺のすぐ近くに、国の重要文化財に指定されている「旧竹村家住宅」がある。

旧竹村家住宅

この住宅はもともと天竜川東岸の駒ケ根市中沢大津戸(おんど)という場所にあったのだが、重要文化財に指定後に駒ケ根市が譲り受けてこの場所に移築したものだそうだ。
竹村家は江戸時代に代々名主を務めた家柄で、この家が建築されたのは江戸時代中ごろとされているが、こんなに大きな茅葺の家は珍しい。
隣には「駒ケ根郷土館」があり、建物は大正期に建てられた旧赤穂村役場を移築したもので、民俗文化財などが数多く展示されている。

次に向かったのは「元善光寺」。

元善光寺

推古天皇十年(602)に信州麻績の里(おみのさと:現在の長野県飯田市座光寺)の住人である本多善光公が、阿弥陀三尊像を安置したのがこの寺の起源で、その後本尊は水内郡芋井郷(みのちぐんいもいごう:現長野市)に移築されたと伝えられている。その移築先が長野市にある「善光寺」で、飯田市にあるこの寺は「元善光寺」と呼ばれるようになった。
宝物殿には雪舟筆の「寒山拾得図」や釈迦涅槃像などの寺宝が展示されている。

4年前に長野市の「善光寺」に行ったのだが、昔から長野の善光寺と飯田の元善光寺と両方にお詣りしなければ「片詣り」と言われてきたのだが、これでようやく両方を詣ることができてスッキリした気分になれた。

下伊那地域は古墳群が多く、弥生時代から中世までの遺構なども多く発見されているし、古い寺社も数多くある。また歌舞伎や人形浄瑠璃や獅子舞など地域の文化も興味深い。
7年に一度春に行われる飯田市の「お練り祭り」には長さ25m・高さ3.2mの日本一の獅子が登場するそうだが、いちど見てみたいと思っている。

予定の観光を終えて、宿泊先である昼神温泉の「お宿山翠」に向かう。
昼神温泉は昭和48年(1973)に旧国鉄のトンネル調査時に良質のお湯が湧出し、それ以来開発が進んで今では40件宿泊施設があり、年間70万人近くの観光客が訪れるのだという。
「美人の湯」とも言われているが、泉質は無色透明のアルカリ性単純硫黄泉で、独特のヌメリ感があるもののさらさらしていて、入浴すると肌がツルツルになる。

お宿山翠

お風呂も良かったし、食事も美味しくいただけたし今日も大満足の一日だった。
(つづく)

***************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事

ヒカリゴケが群生する光前寺から飯島陣屋跡、西岸寺を訪ねて

熱田神社から31kmほど走って、次の目的地である光前寺(こうぜんじ:駒ヶ根市赤穂29 ☎0265-83-2736)に向かう。

光前寺は、平安時代の貞観2年(860)に本聖(ほんじょう)上人が開山したとされる天台宗の寺で、広大な境内の全域が国の名勝に指定されている。

光前寺の参道と三門

仁王門を過ぎると長い参道が続き、参道に沿って林立する杉並木の大きさがこの寺の歴史と風格を感じさせてくれる。
上の画像は嘉永元年(1848)に再建された三門で、十六羅漢が祀られているという。

光前寺の苔

境内の大部分は杉などの大木に囲まれて陽光を遮り、苔の成育に最適の環境となっている。この道は立ち入り禁止となっていたのだが、苔が地表を覆っていて絨毯を敷いているようだ。

光前寺のベストシーズンは桜の咲くころと紅葉時期だとは思うのだが、その間の4月中旬から10月の下旬までの時期は、参道にある石垣の石と石の間にヒカリゴケを観ることができる。
http://www.kozenji.or.jp/contents/sakura.html#koke

光前寺 参道のヒカリゴケ

ヒカリゴケは日の光の反射によって光るものなので、あまり接近してカメラを向けると光が少なくなってしまってうまく撮れないと友人から聞いたことがある。ヒカリゴケを見つけたその場所から動かないで、ズームで画像を拡大して撮影すると、神秘的な光を放つ姿を写すことが可能になるので、この寺を訪ねるチャンスがあれば一度試されれば良いだろう。私も以前この寺を訪れた時はヒカリゴケをうまく撮影できなかったが、今度はうまく撮ることができた。

光前寺本堂

三門を抜けるとすぐに本堂に辿りつく。この本堂も何度か焼失したらしく、現在の建物は嘉永4年(1851)に再建されたものである。

光前寺 本堂の彫刻

この本堂の庇の下の虹梁(こうりょう)に龍が彫られていて、その彫刻が面白かったので思わずシャッターを押した。

光前寺 早太郎像

本堂の外陣に霊犬早太郎の像がある。この光前寺には次の様な伝説が伝わっている。
今からおよそ700年程昔、遠州府中(静岡県磐田市)見付天神社では田畑が荒らされないようにと、毎年祭りの日に白羽の矢の立てられた家の娘を、生け贄として神様に捧げる人身御供という悲しい習わしがあったのだが、祭りの夜に大きな怪物が娘をさらっていくのを見た旅の僧・弁存がこの怪物と闘うことを決意した。
当時この光前寺には早太郎という強い犬が飼われていて、弁存は早太郎を借り受けて急ぎ見付村に戻り、早太郎が闘うことによってこの怪物は見事に退治され、村の災難は除かれたのである。
早太郎はこの戦いで傷を負ったために死んでしまったのだが、早太郎を借り受けた弁存は、その供養にと『大般若経』を写経して光前寺に奉納し、その経本は今も残されているという。そして早太郎は、不動明王の化身であり、霊犬として広く信仰を集めるようになったという話である。
もちろん物語風に脚色されているのであろうが、この寺に早太郎という犬がいて悪党退治に一役買ったというような話は実際にあったのではないだろうか。

光前寺 三重塔

本堂の左に早太郎の墓があり、さらに行くと文化3年(1806)建造の美しい三重塔がある。
南信州で現存している唯一の塔であり、現在長野県宝に指定されているようだ。上の画像の右にも、霊犬早太郎の像が建立されている。

光前寺 客殿の庭園

再び参道に戻って、左に折れると客殿がある。ここの庭園は築山泉水庭である。夢窓国師が作庭したという説もあるようだが、寺のパンフレットには「築造年代、作者等は、不明」と書かれており、夢窓国師が作庭したことを裏付ける記録は残されていないようだ。
美しい庭を眺めたあとで、茶菓をいただけるのはありがたい。この客殿の縁の下にもヒカリゴケを見ることが出来る。

旧竹村家住宅

光前寺から車で1分程度北に向かって走ると、国の重要文化財に指定されている旧竹村家住宅(駒ヶ根市赤穂26 )がある。
この建物は、以前は駒ヶ根市中沢大津渡(おんど)にあったのだが、昭和41年(1966)に重要文化財に指定されたのち駒ヶ根市が譲り受けて、昭和43年(1968)にこの場所に移築したものだそうだ。

竹村家住宅内部

竹村家は江戸時代には代々名主をつとめた家柄で、この家が建てられたのは江戸時代中頃と考えられている。内部も公開されており、上の画像は土間から部屋を撮影したものである。

駒ヶ根市郷土資料館

その隣に駒ヶ根市郷土館がある。この建物は大正11年(1922)10月に旧赤穂村役場として建てられ、その後駒ヶ根市役所の旧庁舎としても用いられたようだが、昭和46年(1971)に駒ヶ根市庁舎新築に伴いその中心的な部分がここに移築されたという。

駒ヶ根市郷土資料館内部

内部は考古資料や農具などが展示されていたが、このレトロな建物の木のぬくもりを感じながら、廊下を歩いているだけでなんとなく癒される。

次の目的地である飯島町歴史民俗資料館飯島陣屋(飯島町飯島2309 ☎0265-86-4214)に向かう。専用の駐車場は用意されていないが、陣屋から100mほど南にある無料の町営駐車場を使えばよい。

飯島陣屋跡

江戸時代の寛文12年(1672)に、飯島を含む大島(松川町)以北の旧飯田領が幕府領に編入され、幕府は当初片桐町(現:松川町)に陣屋を置いたが、5年後の延宝5年(1677)に飯島町に移転され、その後飯島陣屋は幕末に至るまで、伊那郡の幕府領を統括する拠点となった。
明治維新後は信濃国の旧幕府領は伊那県となり、旧飯島陣屋を伊那県庁としたのだが、明治3年(1870)に伊那県の北半分が中野県に移され、翌明治4年(1871)に筑摩県が発足して伊那県は廃止となり、役目を終えた旧飯島陣屋の建物は明治5年(1872)に解体処分されたという。

伊那県地図

明治維新になって「伊那県」ができたことはどこかで読んだことがあるのだが、これまでは「伊那県」は南信州にあったとばかり思っていた。しかし、飯島陣屋で頂いたリーフレットの地図をみると、信濃国の旧幕府領を中心に「伊那県」とされたので飛び地だらけであり、三河にも「伊那県」となった地域があったことがわかる。こういうことは活字だけを読んでいてはなかなか頭に入らない内容だ。

現在の「飯島陣屋」の建物は、平成5年(1994)に、当時と同じ位置に、同じ構造様式で復元されたものであるが、展示物は手で触っても良いし撮影も自由であることはありがたい。

飯島陣屋跡 内部

代官になった気分でこんな席に座ってみてもよいし、お白洲の前に座って、遠山の金さん気分になっても良い。生まれて初めて偉い人が乗るような駕籠に乗ってみたが、想像していた以上に窮屈な空間だった。
最後に囲炉裏端でお茶のサービスを受けたが、いろいろ説明を聞きながら結構楽しく過ごすことが出来た。

西岸寺 山門

初日の最後の目的地である西岸寺(せいがんじ:飯島町本郷1724 ☎0265-86-3939)に向かう。
西岸寺は蘭渓道隆を開祖として弘長元年(1261)に創建された臨済宗の名刹で、室町時代には七堂伽藍を造営して隆盛を極めたが、天正10年(1582)の織田信長が飯島城を攻めた際にこの寺も兵火にかかって焼失してしまったという。
天和元年(1681)に大極和尚がこの寺を再興したのちも何度か火災に遭遇し、現在の建物は、本堂は昭和38年に、その他の諸堂は昭和41年に再建されたものだそうだ。
内部の拝観はできないが、境内は自由に散策することができる。

西岸寺 本堂とカヤ

この寺で是非見ていただきたいのが、山門と本堂の真中にある樹齢500年以上あるというカヤの木。説明版によると樹高18メートル余り、目通りの周囲4.8m、枝張り東西17m、南北16mなのだが、このカヤの木の地上2mの樹間から1本の杉の木が生えていて、それがすでに高さ15mあまりにも伸びている。上の画像でカヤの幹の中央から真っ直ぐに伸びているのが杉の木である。
このカヤの木は、杉の木を抱きかかえているように見えることから、「抱寿貴(だきすぎ)のカヤ」と呼ばれていて、飯島町の天然記念物に指定されている。

西岸寺の拝観を終えて、予約していた中川村の望岳荘に向かう。

ハチ博物館

望岳荘は中川村が南向(みなかた)小学校の跡地に建てた宿泊施設で、館内にハチ博物館があるので向学のため見学させてもらった。伊那谷は古くからタンパク源としてハチの子を食用した歴史があるが、地元の蜂研究家の富永朝和氏がハチの習性を熟知して作らせた世界最大級の蜂の巣などなかなか見ごたえがあった。

望岳荘からの眺め

公共の宿なので、正直言ってそれほど期待してはいなかったのだが、設備は綺麗で充実しており、部屋や大浴場からは雄大な中央アルプスを一望でき、地元の田舎料理をとてもおいしくいただける旅館で大満足だった。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



【ご参考】
このブログで夏の暑い時期にいろんな地域を旅行して記事にまとめました。
よかったら覗いてみてください。

信州の諏訪大社を訪ねて~~諏訪から南信州方面旅行1日目
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-39.html

御柱祭の木落し坂から名所を訪ねて昼神温泉へ~~諏訪から南信州方面旅行2日目
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-40.html

世界遺産の越中五箇山の合掌造り集落を訪ねて~~富山・岐阜・愛知方面旅行①
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-199.html

飛騨古川から禅昌寺を訪ねて下呂温泉へ~~富山・岐阜・愛知方面旅行②
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-200.html

郡上八幡の歴史と文化と古い街並みを楽しんで
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-334.html

郡上一揆と白山信仰のゆかりの地を訪ね、白川郷の合掌造りの民宿で泊まる
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-335.html

湖底に沈んだ「飛騨の白川郷」と呼ばれた合掌造り集落の話
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-336.html



関連記事
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル