HOME   »  兵庫県
Tag | 兵庫県

丹波篠山の重要文化財・天然記念物を訪ねて~~磯宮八幡宮と大国寺

24日の日曜日も天気が良かったのでまた田舎道をドライブしたくなった。
先週は亀岡だったが今度は丹波篠山を目指すこととして、事前に丹波篠山の国指定の重要文化財がどこにあるかを調べてみたところ全部で16あり、その内の6つは大国寺という天台宗の寺院にあることがわかったので、まずはその寺を目指すことにした。

吹田から一般道を走り池田から川西、猪名川につながる川西篠山線(県道12)を北上していく。

途中で磯宮八幡神社という神社に立ち寄った。

磯山八幡宮全景

この神社は観光案内書には記載されていない小さな神社だが歴史は古く、承平3年(933)に石清水八幡宮よりご分霊を勧請したという古社で、昔は末社が50社もあって曽地・後川荘など四ヶ荘におよぶ広い地域の総社だったそうだ。
歴史が古いだけあってこの神社は2つの国指定重要文化財を持っているのだが、その文化財がなんと2つとも「仏像」なのだ。

磯山八幡宮重要文化財

明治の廃仏毀釈によりここにあった神宮寺が潰されてしまったが、もともとこの神社は神仏習合でお寺と神社が渾然一体としていたようだ。潰された神宮寺に安置されていた四天王のうち木造持国天立像と多聞天立像が今はこの神社の収蔵庫に保管されているそうだが、残念ながら普段は公開されていない。この二つの仏像は、次のURLで見ることが出来る。
http://edu.city.sasayama.hyogo.jp/tiikibunka/bunkazai/bunkazaiichiran/0039.pdf
http://edu.city.sasayama.hyogo.jp/tiikibunka/bunkazai/bunkazaiichiran/0040.pdf

この神社は古くから領主、武将らの信仰が厚く、建武3年(1336)2月、足利尊氏が九州への途中に参拝し、願書や鏑矢等を奉納し、田畑も寄進したと伝えられ、八上城主波多野秀治も城内武運長久の守り神として崇敬し、各種の寄付をするなど保護をしたが、天正7年(1579) 明智光秀の丹波攻略の折に兵火によって焼失。翌8年には再建されたという。

磯山八幡宮本殿

その後、承応3年(1654)、篠山城主松平康信が境内並びに田地二反余を黒印除地とし、寛文12年(1672)に社殿を建立。弘化5年(1848)に造営されたという記録があるそうだが、これだけ由緒のある神社とは思えないくらい、現在の建物は相当に傷んでいる。

磯山八幡宮天然記念物

この神社の境内に、ハダカガヤという高さ約10m樹齢600年以上の大木があり、国の天然記念物に指定されている。普通のカヤの実には堅い殻があるのだが、この木にできる実には不思議な事に堅い殻がないそうだ。突然変異で出来たものだそうだが、このようなカヤの木は世界でここしかないそうである。

次に向かったのは大国寺。

先程も書いたように、この寺には国の重要文化財が6つも存在するのだが、1つはこの寺の本堂である。

篠山大国寺本堂

このお寺は大化年間(645~650)空鉢仙人(くうはちせんにん)が国家安泰を祈願されて、自作の薬師如来を安置し開創されたと伝えられているが、その後平安時代の天暦年間(947~956)に戦火のため焼失。鎌倉時代正和年間(1312~1317)に花園天皇の御帰依により再建され、「安泰山大國寺」の称号を賜ったとされる。

篠山大国寺本堂横

今の本堂は鎌倉時代に再建されたものとされるが、腐朽破損が甚だしかったために、昭和40年に解体修理に着手し、翌年に再建当時の姿に復旧竣工したものである。

この本堂の中に、藤原時代の仏像5体が安置されており、いずれも国の重要文化財に指定されている。住職の御許しを得て、ノーフラッシュで仏像の写真を撮ることが出来た。

篠山大国寺仏像

左から増長天立像、阿弥陀如来座像、薬師如来坐像、大日如来坐像、持国天立像で、薬師如来坐像は藤原時代中期の作、他の仏像は藤原時代後期の作とされている。

またこの寺の境内各所に天満宮をはじめ、大日堂、水掛け不動尊、厄除け地蔵尊、大黒天、弁財天、出雲社、稲荷社が祀られているのは珍しい。

篠山大国寺天満宮

下の画像は本堂のすぐ左にある天満宮であるが、廃仏毀釈以前はこのように境内の中に神様を祀るお寺が普通だったのかもしれない。

どこの地方でも、有名な観光寺院や神社は観光収入で潤っているが、文化財があってもあまり名前が知られず観光客がほとんど来ない寺社は文化財を守るのに相当な苦労をしておられる。
地域の人口が減り高齢化が進んで、地域の信仰の場を支える人々からの収入が少なくなっては、寺社の文化財を後世に残すことは容易ではない。
重要文化財の指定があっても、国の支援は一部に過ぎず、3割以上は寺社と信者で工面しなければならないが、木造建築の修理費用は今では半端な額ではない。

文化財の指定がなければ、木造での修理をあきらめて、鉄筋コンクリートで建て替えるところもあれば、住職や宮司の生活が出来ないために無人となるところも出てきている。

地方の人々が豊かにならない経済政策を続ける限り、地方の文化財の危機はもっと深刻になっていくだろう。地方の振興のためには企業誘致だけでは限界があり、つまるところ農業や林業・漁業を今後どうするか、国全体が食糧問題にどう対峙するかが問われているのだと思うが、今の政治家は、食糧問題は票にならないと考えているのか、真剣に議論されているとは思えない。

地方の文化財を次の世代に引き継ぎ、末永く守っていくために自分ができることは、田舎に行って、あまり有名でないお寺や神社を拝観して拝観料や御賽銭を払うことぐらいだが、歴史の好きな人は是非、年にいくつかそういう寺社を拝観してブログなどで紹介すれば、参拝者が少しずつ増えて、わずかでも寺社を援けることができるのだと思う。

篠山大国寺本堂より

大国寺では、ご住職自らが寺院や仏像の来歴から丹波篠山の歴史までを詳しく説明して下さった。有名な観光地を見て廻るのもいいが、重要文化財をすぐ近くに観賞させていただきながらご住職の熱い説明を聞かせていただき、仏像の素晴らしさを体感できたことは貴重な体験だった。

帰路はいつものように地元の特産物の買い込み。道路沿いにいくらでも丹波栗や丹波黒豆の販売所があり、道の駅などよりはるかに安く買うことが出来る。丹波牛ならデカンショ街道(R372)沿いに西村牧場直営の「篠山ビーフ」という店もある。この日も随分いろんなものを買い込んでしまった。

この季節の丹波巡りは、いろいろ美味しいものが都心のスーパーよりもはるかに安く買えるので、拝観料やガソリン代が浮いたような気分になる。
帰宅してから丹波栗を焼いて食べ、夕食は丹波黒豆の枝豆と丹波牛の焼き肉だが、もちろんどれを食べても旨かった。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         

  

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





関連記事

龍野公園と龍野城の桜を楽しむ

しばらく地震の記事ばかり書いていたら、ブログ仲間から桜の写真を催促されてしまった。

桜の時期になると毎年どこかへ桜を見に行くのだが、ブログを書き始めてからどこに行くか随分迷うようになったし、どこの写真を撮るにしてもアングルなどに随分こだわるようになった。

有名なところはどこへ行っても人が多いのでゆっくり景色を楽しめず、余程早くいかないと人や車や電線など余計なものが写ってしまう。マイクを使ってイベントをやっていたり、露店が所狭しと出ているようなところはなるべく避けたいと思うと、行くところはかなり絞られてしまう。昨年も何箇所か行ったのだが、ブログに使ったのは東大寺の桜だけだ。

今年は京都にも行ったが、播磨の小京都とも言われる兵庫県龍野市の桜がなかなかうまく撮れたので、今回は龍野の桜を紹介したい。
とはいっても、龍野のことをあまり詳しく知っているわけではないので今回は写真を中心にして、文章はWikipediaなどを参考にして簡単に場所を案内するにとどめたい。

たつの公園の桜

最初に訪れたのが「龍野公園」。JR姫新線「本龍野」駅から、歩いて35分くらいで辿り着く。この場所は桜だけでなく秋の紅葉も美しいらしい。

あかとんぼ碑

龍野市に生まれた三木露風(明治22年~昭和39年)は、北原白秋とともに日本詩壇に「白露時代」を築き上げた詩人で、有名な童謡「赤とんぼ」の作詞者で知られる(作曲は山田耕筰)。たつの公園の中に「赤とんぼの歌碑」があり歌詞が刻まれている。近くに三木露風の銅像もある。

たつの桜

この赤とんぼ歌碑から、数奇屋風の建築が残る聚遠亭(しゅうえんてい)に通じる桜道は「文学の小径」と呼ばれて、このあたりの桜もなかなか美しい。

聚遠亭茶室

聚遠亭は龍野藩主であった脇坂氏の上屋敷跡に建築されたもので、池の上に建っているこの茶室は江戸時代の末期の建築である。「聚遠亭」という名前は庭園からの眺望をたたえた松平定信が「聚遠の門」と呼んだことから名づけられたそうだ。このあたりは特に桜が多く、鶏籠山(けいろうざん)の眺めもすばらしい。

竜野城隅櫓と桜

ここから東に向かって歩くと龍野城の隅櫓が見えてくる。桜が青い空と白壁に映えて特に美しいスポットだ。

竜野城搦め手門

坂を上ると復元された裏門がある。

竜野城隅櫓と桜2

再建された裏門を抜けて隅櫓に向かう。このあたりの桜は本当に美しい。

龍野城は、明応8年(1499)年に赤松村秀が鶏籠山に築き、江戸時代の万治元年(1658)に破却されたが、寛文12年(1672)脇坂安政によって龍野城が再建され、この時に山頂の郭は放棄され、山麓居館部のみの陣屋形式の城郭となった。

本丸御殿

これは本丸御殿だが、これは昭和54年(1979)に再建されたものである。

竜野城埋門と桜

上の写真は埋門とその近くの桜、下の写真は埋門を正面から写したものである。

竜野城埋門正面

近くに龍野歴史文化資料館がある。当日は展示品の入れ替えのために戦国時代以降の資料があまり展示されていなかったのは残念だった。

白壁土蔵

桜をメインに観光したのであまり見ることができなかったが、龍野市には武家屋敷や白壁土蔵など古いものが古いままに残されており、新しい建物も街並みと調和するように工夫されていて市街地を歩くのは楽しかった。

龍野の有名なお土産は手延べそうめんの「揖保の糸」。それと醤油のもろみを買って帰った。今度来るときは武家屋敷や醤油資料館や寺院などを見て歩きたいと思った。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         

  

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





関連記事

丹波古刹の「もみじめぐり」から香住へ~~香住カニ旅行1

毎年カニ解禁になると日本海方面に旅行することにしているのだが、今年は3年前と同じ香住の宿にして、途中に通る場所でこの季節に訪れたい名所・旧跡を巡る計画を立てて先週(9-10日)に行ってきた。

大阪では紅葉はまだまだだが、山間部に行けばそろそろ色づいているであろうことを期待して、初日は丹波市のいくつかの古刹の中から紅葉で有名な場所を選んで旅程に組み込んだ。旅程を組む際に、ネットで見つけた「丹波市のもみじめぐり」のチラシが結構役に立った。

丹波紅葉めぐり

最初に訪れたのは白毫寺(びゃくごうじ)という天台宗の寺院である。
寺伝によると、慶雲2年(705)法道仙人の開基とされ、奈良時代には七堂伽藍が立ち並び、南北朝時代には93坊を擁する丹波屈指の名刹として隆盛をきわめたそうなのだが、天正年間の織田信長による丹波攻略に伴い明智光秀の率いる兵火で焼失したとされ、その後再建され、寛文12年(1672)の記録によると、総門のほかに48もの坊・院が立ち並んでいたそうだが、今は薬師堂と本堂と熊野権現社が境内に残されているだけだ。

0w0ke2005k0n0001055pf3.jpg

この寺は5月初旬に咲く藤の花が有名で、境内にある120mもの九尺藤の藤棚が満開を迎えるとテレビでよく報道され、ネットでも多くの人が画像などで紹介しておられる。紅葉でも有名な寺院だとは知らなかったのだが、「丹波市のもみじめぐり」の9社寺に選ばれており、ネットで「見頃」と書かれていたので、急に行きたくなった。

楓の木は比較的最近に植えられたらしくあまり大きくはないが、色はかなり鮮やかであった。

白毫寺1

心字池にかかる太鼓橋は元禄年間に建てられたもので、その近く植えられた楓の紅葉は特に美しい。

白毫寺2

また石門に入る近くにある慰霊碑の紅葉も美しかったが、今週末には薬師堂の紅葉も見ごろを迎えることになるのだろうか。

次に向かったのが真言宗の古刹・石龕寺(せきがんじ)。
『石龕寺縁起』には用明天皇の丁未年(587)に聖徳太子が毘沙門天を本尊として祀ったのが始まりで、平安時代の村上天皇が小野道風に命じて寺号の勅願を賜り、諸堂宇を建立したと言われている。
『太平記巻二九』には、南北朝の時代に足利尊氏とその弟直義の争いである「観応の擾乱(かんのうのじょうらん)」に尊氏が敗れ京都から播磨に逃れる際に、足利尊氏・の嫡子・義詮(よしあきら)がここに身を寄せたとの記録があるという。
そしてこの石龕寺も織田信長の丹波攻略の時に仁王門を残して焼失してしまい、江戸時代以降に復興されたのだという。

石龕寺仁王門

これが仁王門で、左右の木造金剛力士像は鎌倉時代の仏師・定慶(じょうけい)作でそれぞれ国の重要文化財に指定されている。

石龕寺毘沙門堂

これが毘沙門堂でこの中に平安時代後期の作と伝えられる不動明王が祀られているそうだ。境内や参道には数多くの楓が植えられているが、ようやく色づき始めたばかりのようだ。

石龕寺紅葉

毎年11月の第3週日曜日(今年は18日)に「もみじ祭り」が行われて、護摩供養や武者行列などが行われるという。

次に訪れたのは達身寺(たっしんじ)という曹洞宗の寺院である。

達身寺

この寺は行基によって開かれたという言い伝えがあるようだが、詳しいことは記録が残っていないのでわかっていない。
寺伝では、この寺の前身となる寺院は信長の丹波攻めの際に明智光秀によって焼かれたと伝えられているが、それまでは僧兵を抱え山岳仏教の教権を張るような大寺院であったらしいのだ。
明智光秀の軍に寺が焼かれる前に仏像を守ろうと僧侶たちが運び下ろしたのだが、長い間置き去りとなってしまって、多くの仏像が傷んでしまった。
元禄八年(1695)にこの村に疫病が流行り、多くの村人が亡くなった際に、これらの仏像を永年放置してきたことの祟りだと考えて、これらの仏像を集めていた達身堂(たるみどう)をこの地に下ろして修復して建てられたのが、現在の達身寺なのだそうだ。

このような経緯で、達身寺には現在79体の木造物と134片の破片が残されており、そのうち12体が国の重要文化財に指定され34体が兵庫県の文化財に指定されている。
また、それらの製作年代は平安初期から鎌倉時代とかなり古いものであるという。

達身寺パンフ

撮影は禁止されているので、パンフレットの画像を紹介しておくが、この様な貴重な仏像をじっくり目の前で拝観できるのが嬉しい。

一方、この地には仏師の工房があったという説もある。確かに未完成の仏もあり、同名の仏像がいくつもあることなどから、この地に仏像の工房があったという説は確かに説得力がある。また東大寺の古文書の中に快慶が丹波の出身であるという事が書かれているらしいのだが、そのことから鎌倉時代の仏師快慶は達身寺から出た仏師かそのつながりのある仏師という説もあるというのだ。しかしながら達身寺には古文書が乏しく、詳しいことはよく判らないのだそうだ。

達身寺紅葉

達身寺の楓の木はまだ樹齢が浅いが、紅の色がとても鮮やかだ。山腹の楓の樹々が伸びれば素晴らしい紅葉の名所になるだろうと思う。

次は近くにある、真言宗大覚寺派の別格本山の高山寺(こうさんじ)。

高山寺山門

天平宝字5年(761) に法道仙人により弘浪山頂に開かれたというが、その後仁平3年(1153)の兵火で焼失し、その後、源頼朝の命を受け重源により復興されたそうだ。当時は山麓に11の末寺をかまえ、後鳥羽天皇の勅願所ともなったが、南北朝時代以降は相次ぐ戦乱によって荒廃した。慶長5年(1600)に再興されたが、明治時代の神仏分離・廃仏毀釈による末寺の荒廃や台風災害で山上での護持が困難となり、昭和33年に現在地に本堂、山門等を山上から移築したという。

高山寺参道

参道の紅葉がかなり色づいてきていて、これからもっと美しくなるだろう。

次は曹洞宗の名刹・円通寺。

円通寺1

この寺は、永徳二年(1382)に将軍足利義満が後円融天皇の勅命により創建し、室町時代から江戸末期まで二百余の末寺があり、一千石を超える寺領を有する大寺院であったという。
近辺の有力寺院は織田信長の配下の明智光秀の丹波攻めで悉く焼き払われたのだが、この寺にも軍勢が迫ってきたときに、豪氏荻野嘉右衛門が光秀の本陣に赴いて必死の説得をした結果兵火を免れたと寺伝に書かれていて、寺には光秀が兵に対して円通寺に対して乱暴狼藉を許さない旨の直筆の書状が残っているそうだ。
江戸時代には一度火災に遭い天保年間に再建されたが、明治に入って廃仏毀釈で収入源が断たれてこの寺も荒廃してしまう。そこで当時の第40世「日置黙仙禅師」は東奔西走、「円通寺営繕永続講会」の設立を成し遂げ、その結果16年の歳月をかけ、円通寺は見事に復興を果たしたという。この「日置黙仙禅師」は、後に大本山永平寺にて曹洞宗管長として活躍した人物なのだそうだ。

円通寺2

上の碑は「躍然遠挙の碑」といわれ、明治時代の思想家・山岡鉄舟が禅師の功績を称えて筆をとったものだそうだ。

円通寺3

またこの寺は二番目に行った石龕寺、次に行く高源寺とともに「丹波紅葉三山」と呼ばれており、境内の各所に植わっている楓の枝ぶりも良く、緑、黄金、橙、赤など様々な色が重なって美しい。

最後の寺は臨済宗の中峰派の本山である高源寺。
この寺は正中二年(1325) 遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師の開山によって創建されたと伝えられている。また境内にある楓は天目楓(てんもかえで)といい、遠谿祖雄禅師が中国の天目山から持ち帰ったものだと伝えられている。
建立の翌年に後醍醐天皇から「高源寺」という寺号を頂き、後に後柏原天皇の代に勅願寺(天皇命による祈願のための寺)となって隆盛したのだが、織田信長の丹波攻めで焼き討ちにあい、すべて消滅してしまう。
その後江戸時代中期になり、享保年代に一部再建され、寛政年代に柏原藩主の援助を得て現在の建物を建立したのだそうだ。

高源寺1

惣門から山門に続く紅葉はまだまだこれからだが仏殿の周りはかなり色づいてきていた。

高源寺2

仏殿は以前は檜皮葺であったと思うのだが、今はトタン屋根になっているのは残念なことである。

高源寺3

もう少し進むと方丈があり、さらに三重塔がある。この塔の周りの楓が紅葉すれば素晴らしい景色が撮れると思うのだが、すべてが色づくにはあと1週間はかかりそうだ。

以上6つの丹波の古刹を周ってきたが、観光客が比較的多かったのはこの高源寺くらいだった。とはいいながら、紅葉シーズンのピークには少し早かったとはいえ、京都や奈良の有名観光地とは比較にならない。
「丹波紅葉三山」と呼ばれる三寺院には地元の方が、テントで地元産品などを売っておられたが、「観光バスが沢山の観光客を連れてきても、ほとんど誰も商品を買ってくれない」とこぼしておられたので、少しばかり協力させていただいた。

私も昔は、観光バスに乗るパックツアーによく行ったものだが、そのようなツアーは大きな売店のあるホテルに宿泊させ、休憩は何度も大型の土産物屋や高速道路のサービスエリアにバスが停車するので、バスの旅行客の大半はそういう場所でお土産を買うようになってしまう。地元の人々にとってはいくらパックツアーで観光客が増えても、あまりお金を落とさずに通り過ぎていくだけで、地方の活性化にはあまりつながっていないことが多いのだ。
観光地の周囲の歴史的環境や伝統文化を守るために、地元の人々がいくら奉仕しておられても、その受益者は地元と関係のない大手観光業者やその取引企業となっていることが少なからずある。

このブログで何度も書いているのだが、地域の小さな経済循環を無視して、大手業者がブームに便乗してホテルや大型店舗を作っては、地元の人々の収入源の多くを奪い取ることとなり、それでは地元が以前より豊かになることはない。観光客が地元の生産者や地元資本の店舗からお土産などを買うような仕組みを壊してしまっては、いずれ地方の観光地の周囲の地域が衰退し、地域の特色や文化的風土までも維持できなくなってしまうだろう。それでは観光する側にとっても楽しみが半減してしまう。

今年の夏に、信州旅行にした時にある店主と話したが、その店舗で製造・販売している豆腐をある大手業者からまとまった数量で経常的に仕入れたいとの話が来たそうだ。話を詳しく聞くと、その店舗で販売している価格の半分以下で仕入れたいとの話だったので、その価格では製品の品質が維持できないし利益にならないと断ったとのことだ。
地元の加工品に限らず農産物も同様で、生産者は大手流通業者ルートで販売してもほとんど利益が残らず、販売利益の大半は大手流通業者に奪い取られてしまったのだが、この流れをどこかで断ち切らなければ、わが国の地方は衰退していくばかりではないか。
だから私が旅行やドライブをするときは、出来る限り地元の生産者や地元の店舗で商品を直接買おうと思うし、ネットもこれから活用していきたいと考えている。都心に住む人の中で1割でもネットや産直などで地方の産品を買うようになれば、きっと地方は甦ることになるのだと思う。

1日目の観光を終えて、宿泊先の香住に向かう。
カニのシーズンは毎年試行錯誤しながらいろんな施設に宿泊してきたが、大きなホテルで大枚を払っても、カニが北海道産だったりロシア産だったりしてがっかりしたことが何度かある。これでは地元の漁師も仲介業者も潤わないし観光客も喜べない。残念ながら多くの観光地で、観光施設と地元住民との共存共栄の関係が崩れてしまっている。

現地で獲れたタグ付きのカニを食べるのなら、地元の人の民宿に泊まるのが一番いいと最近では考えるようになって、今年は3年前に宿泊したのと同じ「庄屋」という民宿でお世話になった。

香住カニ

せっかくカニの本場に来たのだから、自宅近辺では買えないような大きなカニを食べたくて、1人に1杯ずつの普通サイズの茹でカニを2人で大きな茹でカニ1杯に変更をお願いしておいたのだが、こういう注文が出来るのも民宿のいいところだ。

今年解禁して獲れたばかりのところを浜茹でした香住ガニはみそも身もしっかり詰まっていて旨かったし、刺身も焼きカニも鍋も美味しく頂けて、久しぶりにカニを堪能して大満足の1日だった。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓           
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





関連記事
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル