HOME   »  龍野城
Tag | 龍野城

龍野公園と龍野城の桜を楽しむ

しばらく地震の記事ばかり書いていたら、ブログ仲間から桜の写真を催促されてしまった。

桜の時期になると毎年どこかへ桜を見に行くのだが、ブログを書き始めてからどこに行くか随分迷うようになったし、どこの写真を撮るにしてもアングルなどに随分こだわるようになった。

有名なところはどこへ行っても人が多いのでゆっくり景色を楽しめず、余程早くいかないと人や車や電線など余計なものが写ってしまう。マイクを使ってイベントをやっていたり、露店が所狭しと出ているようなところはなるべく避けたいと思うと、行くところはかなり絞られてしまう。昨年も何箇所か行ったのだが、ブログに使ったのは東大寺の桜だけだ。

今年は京都にも行ったが、播磨の小京都とも言われる兵庫県龍野市の桜がなかなかうまく撮れたので、今回は龍野の桜を紹介したい。
とはいっても、龍野のことをあまり詳しく知っているわけではないので今回は写真を中心にして、文章はWikipediaなどを参考にして簡単に場所を案内するにとどめたい。

たつの公園の桜

最初に訪れたのが「龍野公園」。JR姫新線「本龍野」駅から、歩いて35分くらいで辿り着く。この場所は桜だけでなく秋の紅葉も美しいらしい。

あかとんぼ碑

龍野市に生まれた三木露風(明治22年~昭和39年)は、北原白秋とともに日本詩壇に「白露時代」を築き上げた詩人で、有名な童謡「赤とんぼ」の作詞者で知られる(作曲は山田耕筰)。たつの公園の中に「赤とんぼの歌碑」があり歌詞が刻まれている。近くに三木露風の銅像もある。

たつの桜

この赤とんぼ歌碑から、数奇屋風の建築が残る聚遠亭(しゅうえんてい)に通じる桜道は「文学の小径」と呼ばれて、このあたりの桜もなかなか美しい。

聚遠亭茶室

聚遠亭は龍野藩主であった脇坂氏の上屋敷跡に建築されたもので、池の上に建っているこの茶室は江戸時代の末期の建築である。「聚遠亭」という名前は庭園からの眺望をたたえた松平定信が「聚遠の門」と呼んだことから名づけられたそうだ。このあたりは特に桜が多く、鶏籠山(けいろうざん)の眺めもすばらしい。

竜野城隅櫓と桜

ここから東に向かって歩くと龍野城の隅櫓が見えてくる。桜が青い空と白壁に映えて特に美しいスポットだ。

竜野城搦め手門

坂を上ると復元された裏門がある。

竜野城隅櫓と桜2

再建された裏門を抜けて隅櫓に向かう。このあたりの桜は本当に美しい。

龍野城は、明応8年(1499)年に赤松村秀が鶏籠山に築き、江戸時代の万治元年(1658)に破却されたが、寛文12年(1672)脇坂安政によって龍野城が再建され、この時に山頂の郭は放棄され、山麓居館部のみの陣屋形式の城郭となった。

本丸御殿

これは本丸御殿だが、これは昭和54年(1979)に再建されたものである。

竜野城埋門と桜

上の写真は埋門とその近くの桜、下の写真は埋門を正面から写したものである。

竜野城埋門正面

近くに龍野歴史文化資料館がある。当日は展示品の入れ替えのために戦国時代以降の資料があまり展示されていなかったのは残念だった。

白壁土蔵

桜をメインに観光したのであまり見ることができなかったが、龍野市には武家屋敷や白壁土蔵など古いものが古いままに残されており、新しい建物も街並みと調和するように工夫されていて市街地を歩くのは楽しかった。

龍野の有名なお土産は手延べそうめんの「揖保の糸」。それと醤油のもろみを買って帰った。今度来るときは武家屋敷や醤油資料館や寺院などを見て歩きたいと思った。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         

  

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





関連記事
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了することが決定しています。BLOGariの旧メインブログの「しばやんの日々」はその日以降はアクセスができなくなりますことをご承知おき下さい。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル