HOME   »  平安時代
Category | 平安時代

武士であることを捨てた弓の名人、那須与一

元暦2年(1185)2月19日、平家軍は四国屋島の入江に軍船を停泊させて海上からの源氏の攻撃に備えるも、源義経は牟礼・高松の民家に火を放ち、陸から大軍が来たかに見せかけて浅瀬を渡って奇襲攻撃をかけた。世にいう「屋島の戦い」の始まりである。平家軍は船で海に逃れるも、源氏の兵が少数であることを知り、態勢を立て直した後、海辺の源氏と激しい矢戦となる。

屋島

夕暮れになって休戦状態となると、沖から一層の小舟が近づき、見ると美しく着飾った若い女性が、日の丸を描いた扇を竿の先端につけて立っていた。

義経は弓の名手・那須与一を呼び、「あの扇の真中射て」と命ずる。平家物語巻第十一の「扇の的」の名場面である。

那須与一1

「…これを射損ずるものならば、弓切り折り自害して、人に二度面を向かふべからず。今一度本国へ帰さんと思しめ召さば、この矢はづさせ給ふな」と、心の中に祈念して、目を見開いたれば、風も少し吹き弱つて、扇も射よげにこそなつたりけれ。輿一鏑を取つて つがひ、よつ引いてひやうど放つ。小兵といふ條、十二束三ぶせ、弓は強し、鏑は浦響く程に長鳴りして、あやまたず扇の要際、一寸許りおいて、ひいふつとぞ射切つたる。鏑は海へ入りければ、扇は空へぞ揚りける。春風に一揉み二揉みもまれ て、海へさつとぞ散つたりける。皆紅の扇の、夕日の輝くに、白波の上に漂ひ、浮きぬ沈みぬゆられけるを、沖には平家舷(ふなばた)をたたいて感じたり。陸には源氏えびらをたたいて、どよめきけり。…」

平家軍の挑発を断れば源氏軍の士気は下がり、射損じては逆に平家軍を勢いづかせてしまう。失敗が許されない緊迫した場面で、那須与一は見事に扇の的を射抜くという話なのだが、この話を高校の古文の授業で読んだ時に、「本当にこんな話があるのだろうか」と疑問に思った。すでに屋島の戦いは始まっており、もう何人も討ち死にしている状況下にもかかわらずである。

また平家物語では与一と扇の的までの距離は「七段ばかりあるらんとこそ見えたりけれ」とある。
1「段」は6「間」で、1「間」は6「尺」。1「尺」は30.3cmであるから、7段は76.35mという計算になるが、こんな距離で波に揺られて動く的を射ぬけるのだろうか。 この問題については、中世の頃の一段は9「尺」であったという説もあり、この説であれば19.09m程度の距離となる。
どちらが正しいかよくわからないが、現在の弓道競技では遠的競技の射距離は60m、近的競技の射距離は28mなので、76.35mとすればかなり長く、一方19.09mでは近すぎて挑発にもならないような気がするので、射距離の問題は私は前者に軍配を上げておこう。

平家物語那須与一

しかし、そもそも何人も犠牲者の出ている戦いの最中に、こんな悠長な場面がありうるのだろうか。

あまり知られてはいないが、平家物語では那須与一が扇の的を射抜いた後、その船の上で踊り始めた平家の武士をも射ぬいてしまうのだが、何故平家軍はこの時に那須与一に復讐をしなかったのか。

Wikipediaによると、那須与一の名前は後世の「軍記物」である「平家物語」や「源平盛衰記」には出てくるものの、「吾妻鏡」など同時代の史料には名前は出て来ないために、学問的には与一の実在すら証明できないと書いてある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%A3%E9%A0%88%E4%B8%8E%E4%B8%80

私には、「平家物語」の那須与一の物語そのものが、後世の創作のように思えるのだ。那須与一が描かれている「平家物語」の成立時期は通説では1230年代とされ、作者すらわかっていない「平家物語」は「物語」ではあっても決して歴史書ではない。
「吾妻鏡」にも書かれていない内容を、「平家物語」や「源平盛衰記」にあるからと歴史的真実だ考えることは危険ではないのか。

ところで、平家物語巻第十一には、屋島の戦いの「扇の的」の場面で、那須与一は「二十許んの男子なり」と書かれている。いくら「物語」だとしても、年齢までは創作することはないだろう。
那須与一という人物が源氏方の軍人にいたことは間違いないのだろうと思うが、それから後の那須与一についてはどうなったか。

Wikipediaの記事を読むと、「頼朝の死後に赦免され那須に戻った後に出家して浄土宗に帰依し、源平合戦の死者を弔う旅を30年あまり続けた」と書いてあるところに非常に興味を覚えた。なんと弓の名手は仏門に入ったのである。

いろいろネットで調べてみると、那須与一は浄土宗開祖法然の弟子になっていることが分かった。

例えば、次のURLでは
http://hp.kutikomi.net/ayawaka/?n=diary9&oo=7

…『那須記』の「那須与一」の項に、「落髪申致上洛…」と、出家して京都に行ったことが伝えられており、京都府ニ尊院所蔵の『源空七箇條起請文』という古文書に、那須与一が、「源蓮(げんれん)」という名で記されているという。 彼は、1202(建仁2)年、34歳頃(推定年齢)に出家し、浄土宗を開いた法然に弟子入りし、その2年後には、早くも法然の高弟となったというのである。…(引用終わり)

法然

ちなみに浄土真宗を興した親鸞は同じ書に「綽空(しゃくくう)」という名で記されており、親鸞は与一の前年に法然のもとに入門しているので、与一とは一年違いの兄弟弟子にあたる。

では、なぜ与一は仏門に入ったのであろうか。

彼は義経の軍勢で活躍したが、義経は平家滅亡後に頼朝と不和になる。しかも、頼朝の腹心・梶原景時に攻撃された時は幕府軍を退け、有利な条件で和睦に持ち込んでいた。こうした経緯から、与一は武士として生きることをあきらめざるを得なくなり出家を選んだのだと考えられる。
幕府軍と戦って退けたことから、武士としても一流の人物であったことは確実だ。

神戸市須磨区に北向八幡宮という神社があり、与一はこの地で64歳で大往生を遂げたという。
墓所は京都の即成院だそうだが、那須氏の菩提寺である玄性寺(栃木県大田原市)にも分骨され、那須氏ではこちらを本墓としているそうだ。
***************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




栄華を極めた藤原道長の晩年を襲った相次ぐ不幸な出来事

藤原道長(966-1028)といえば摂関政治の全盛期を築き上げた人物で名高いが、この地位に昇りつめた経緯はすさまじいものがある。

藤原道長1

教科書を読むと藤原道長の「4人の娘が天皇の后(きさき)となった」と簡単に書いてあるが、その異常性は西暦で生存期間や天皇家との関係を付記しておくとよくわかる。

道長の長女の彰子(しょうし:988-1074)は999年11月に一条天皇(980-1011)のもとに女御として入内させるが、翌1000年の2月に道長は彰子を皇后(号は「中宮」)とした。

一条天皇には先立の后(定子)がおり皇子もすでにいたのだが、道長は定子を「皇后宮」と号することで一帝二后を強行したという。「中宮」というのは二人の后が並立する場合の、「皇后」に次ぐ后の称である。

1008年に彰子は皇子・敦成親王(あつひらしんのう)を出産し、翌年に敦良親王(あつながしんのう)も生まれた。 1011年には一条天皇は病に倒れ、崩御されたために、居貞親王が即位され三条天皇となられた。

道長の次女の藤原妍子(けんし:994-1027)は、1004年に居貞親王(三条天皇)に入内させ、1012年に三条天皇(976-1017)の皇后(号は「中宮」)とした。

三条天皇にも先立の后(娍子:せいし)がいて、多くの皇子女が生まれていたが、道長は再度一帝二后を強行した。 三条天皇は天皇親政を行おうとし道長と長らく対立したが、1016年には道長からの圧力に屈して退位し、道長の長女の彰子の子で、わずか9歳の敦成親王が即位した。(御一条天皇:1008-1036)

道長の四女の藤原威子(いし:1000-1036)は、1018年に8歳も年下のこの幼い後一条天皇(1008-1036)の女御として入内させ、その年に「中宮」とした。

この威子が后となる日に道長の邸宅で祝宴が開かれて詠まれたのが、有名な
「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」(『小右記』、原文漢文)なのだそうだ。

道長の六女の藤原嬉子(きし:1007-1025) も将来の皇妃となるべく、道長の長女の彰子の子で、2歳年下の敦良親王(後の後朱雀天皇:1009-1045)に1021年に尚侍として侍した。

後一条天皇も敦良親王も藤原道長にとっては孫であるが、道長は自分の二人の娘(威子・嬉子)を、それぞれ自分の孫と結婚させたことになる。

藤原家が「摂政」や「関白」として天皇を補佐する立場で国家権力を掌握した「摂関政治」の全盛期が藤原道長藤原頼通親子の時代だが、調べると藤原道長は関白にはなっておらず、摂政となったのも後一条天皇を補佐する立場で1016~1017年のわずか1年だけというのは意外だった。

藤原頼通

道長が摂政を退位した後は26歳の嫡男の藤原頼通(上画像)を摂政につけて自らは後見人となって後継体制を固め、以降頼通は摂政職を3年、関白職を48年務めている。

藤原道長は、国家の実権を掌握し栄華の絶頂に達して頼通へ権力の承継も成功した。しかしながら、その生涯を調べると道長の晩年はまるで怨霊にたたられたかのように悲劇的なものであった。

有名な望月の歌を詠んだ年の夏に、道長は胸部に激しい痛みを覚え、一時意識もうろうとなり、さらに視力も低下してしまう。当時の人々は「怨霊」の存在を真剣に信じていた時代であったので、道長も自分の病は自分が追い落としていった者の怨念に違いないと考え、ともかく呪いから遁れるために道長は髪をそり落として祈り続け、ある程度健康は回復するのだが、今度は災いは道長の娘たちを襲っていった。

最初の不幸が道長を襲ったのは、万寿二年(1025)7月の三女寛子(かんし:999-1025)の死だった。寛子は、道長により皇太子を退かされた小一条院敦明親王に嫁がされたが、親王にはすでに藤原顕光の娘・延子と結婚し六人の皇子・皇女がいた。夫を奪われた延子は病死し、父親の顕光も道長・寛子親子を激しく呪って死んだ。その二人の死霊が寛子に取り憑いたということが「栄花物語」に書かれているそうだ。

そして寛子が亡くなった1ヶ月後の8月に、今度は六女の東宮后嬉子が皇子(後の後冷泉天皇)を生んで2日後に亡くなってしまう。これも、顕光・延子の霊によるとされた。

さらに万寿四年(1027)5月に三男の顕信が病死で亡くなった後、9月には次女の皇太后妍子の命も奪ってしまう。わが子を相次いで失った道長はすっかり心身を衰弱させて病にかかり、11月には危篤に陥り背中には大きな腫物が出来て言語も不明瞭になったという。

さすがの親族も、命は長く持たないことを悟り、道長を(法成寺)阿弥陀堂に運び込んで、九体の阿弥陀如来像の前に寝かせ、各阿弥陀の手から伸ばした五色の糸を道長の手に握らせて、読経が続けられる中、12月3日に道長はとうとう息を引き取った。62歳だった。

道長が大往生した場所である法成寺は、東西2町南北3町に及び、豪壮な伽藍であったそうだが、1058年の大火で堂宇を全焼し、頼通が再建するも1219年に再び全焼し、廃絶されたそうだ。

宇治平等院

上の画像は先日行ってきた世界遺産の宇治平等院。もともとは、9世紀末頃、光源氏のモデルとも言われる左大臣である嵯峨源氏の源融(みなもとのとおる)が営んだ別荘だったものが宇多天皇に渡り、天皇の孫である源重信を経て長徳4年(998年)、摂政藤原道長の別荘「宇治殿」となる。そして長男の藤原頼通が永承7年(1052年)、宇治殿を寺院に改めたのが平等院のはじまりで、その翌年に阿弥陀堂(現鳳凰堂)が建立されたそうだ。

宇治平等院の藤

平等院には大きな藤棚が2ヶ所あり藤の名所としても有名だが、先日行った時は日当たりのよい表門の藤棚でやっと咲き始めたばかりだった。もう少し花房が伸びて見頃を迎えるが、観音堂の横の藤棚はまだまだ蕾が固かった。平等院のHPによると、今年の藤の花が見頃を迎えるのは5月7日頃から11日頃なのだそうだ。
http://www.byodoin.or.jp/
***************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




菅原道真が全国の天満宮で祀られることになった経緯

菅原道真」といえば「学問の神様」で有名だ。

菅原道真肖像

菅原道真公をお祀りしている神社は全国にあり、「天満宮」あるいは「天神」と呼ばれて、京都の北野天満宮と大宰府天満宮が全国の天満宮の総本社とされている。下の画像は北野天満宮の本殿だ。

北野天満宮

どれだけ「天満宮」が全国にあるかというと、1万社を超えるという説もあるようだが、次のサイトの記事では3,953社なのだそうだ。
http://miraikoro.3.pro.tok2.com/study/quiz/gb01-8.htm

北野天満宮の牛の像

「天満宮」では牛の像をよく見かけるのだが、これは「菅原道真公が丑年の生まれである」、「亡くなったのが丑の月の丑の日である」「道真は牛に乗り大宰府へ下った」「牛が刺客から道真を守った」「道真の墓所(太宰府天満宮)の位置は牛が決めた」など多くの説があり、どこまでが真実なのかは今となっては良くわからないそうだ。

しかし、なぜこれだけ多くの神社で菅原道真が祀られることになったのかについて興味を覚えたので、菅原道真について調べてみた。

菅原道真は代々続く学者の家に生まれ、11歳にして詩を詠むなど幼少の頃からその才能を発揮し、30歳にして貴族の入口である従五位下に叙せられ、33歳では最高位の教授職である文章博士(もんじょうはかせ)に昇進している。

しかしながら学者同士の対立もあり、道真のスピード出世を良く思わない者も少なくなかったようだ。後ろ盾ともいうべき父親を失ったのち、仁和2年(886)から道真は4年間地方官である讃岐守(今の香川県)に任命されて都を離れることになる。しかしその後に道真に転機が訪れる。

宇多天皇

当時は藤原氏が政治の実権を掌握していたが、それを快く思わなかった宇多天皇<上画像>は律令政治に精通する道真に目をつけ、道真は天皇に請われて帰京し、寛平3年(891)に蔵人頭(くろうどのとう)に就任する。蔵人頭とは勅旨や上奏を伝達する役目を受け持つなど天皇の秘書的役割を果たす要職である。

道真は、寛平5年(893)には参議に列せられ翌年には遣唐使の廃止を提言するなど、宇多天皇のもとで政治手腕を存分に発揮し、その後中納言、大納言と順調に出世していく。

寛平9年(897)に醍醐天皇が即位し、父親の宇多天皇は上皇となった。関白・藤原基経の子の藤原時平が左大臣に就任し、道真は宇多上皇の意向で右大臣に抜擢された。事実上朝廷のNo.2への昇格であった。

藤原時平は道真の出世を快く思っていなかったし、醍醐天皇も宇多上皇の影響力の排除を考えていた。宇多上皇は藤原氏の血を引いていなかったが、醍醐天皇の母親は傍流ではあるが藤原氏であったこともポイントである。醍醐天皇は昌泰4年(901)、時平の「道真が謀反を企てている」との讒言を聞き入れて、父の宇多上皇に相談もせず、菅原道真を太宰権帥(だざいごんのそち)として北九州に左遷してしまった。

道真は京都を去る時に
「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」
と詠んだ歌を残している。

菅原道真は北九州に左遷された二年後の延喜三年(903)に大宰府で死去し同地(現大宰府天満宮)で葬られたのだが、その後、京で異変が相次いで起こっている。

まず、延喜9年(909)に道真の政敵であった藤原時平が39歳の若さで病死し、延喜13年(1573)には道真の後任の右大臣源光が死去。
延喜23年(923)には醍醐天皇の皇子で東宮の保明親王(時平の甥)が、次いで延長3年(925)その息子で皇太孫となった慶頼王(時平の外孫)が相次いで病死。
極めつけは延長8年(930)朝議中の清涼殿が落雷を受け、道真の左遷に関与したとされる大納言藤原清貫をはじめ、朝廷要人に多くの死傷者が出た清涼殿落雷事件が起こっている。この落雷がショックで醍醐天皇は病に倒れ、皇太子寛明親王(ゆたあきらしんのう:後の朱雀天皇)に譲位されて1週間後に崩御されてしまう。

道真の左遷に関係のある人々が死んだだけではなく、「扶桑略記」という書物には自然災害も京都で頻繁に起こっていることが書かれているそうだ。
延喜10年(910)洪水、延喜11年(911)洪水で多くの町屋が破損、延喜12年(912)洛中で大火、延喜13年(913)は大風で多くの町屋が倒壊、延喜14年(914)洛中で大火、延喜15年(915)水疱瘡が大流行、延喜17年(917)渇水になる、延喜18年(918)洪水が起こる、延喜22年(922)咳病が大流行、と次から次にいやなことが起こる。

北野天神縁起絵巻

朝廷はこれらはすべて菅原道真の祟りだと考えたが、確かにこれほどいやなことが続くと、誰でも自然にそう信じてしまうのではないか。一度そう信じてしまうと、祟りがますます怖くなって、心身ともに衰弱してしまうことも理解できる話だ。上の図は国宝の「北野天神縁起絵巻」の一部で、清涼殿に雷が落ちた絵が描かれている。
道真はずっと以前に死んだにもかかわらず、延喜23年(923)には道真を従二位大宰権帥から右大臣に復し、正二位を贈られたのを初めとして、正暦4年(993)には贈正一位左大臣、同年贈太政大臣となり、火雷天神が祭られていた京都の北野には、道真の祟りを鎮めようと北野天満宮が建立されたという。

以降、百年ほど大災害が起きるたびに道真の祟りとして恐れられ、道真を「天神様」として信仰する「天神信仰」が全国に広まっていったのだそうだ。今では災害の記憶が風化してしまい、今では天満宮は学問の神様から受験の神様として厚く信仰されている。

ゴールデンウィーク中に阪急電車に乗って「長岡天満宮」に行って来た。この周辺は菅原道真公の所領であったところで、生前に在原業平らと共に、しばしば詩歌管弦を楽しんだ縁のある場所だそうだ。

長岡天満宮つつじ

正面の大鳥居を抜けると参道には有名な霧島ツツジが丁度見ごろを迎えていた。このツツジの樹齢は100~150年といわれており、高さは2m以上ある。

長岡天満宮本殿

現在の御本殿は昭和16年に京都の平安神宮の御社殿を拝領し移築したもので朱塗りの拝殿は既存の拝殿を増改築したものだそうだ。(平成10年竣工)

八条が池

八条ケ池を取り入れての数寄屋造りの建物は「錦水亭」という料亭で、明治14年1881)創業の老舗だ。名物のたけのこ会席は自店の山より掘ったばかりの筍を料理することで有名なのだが、コースで12千円からの高級料亭は庶民には少し入りづらい。

錦水亭

仕方なく駅前のお店で筍ご飯を昼食にいただいてこの日は満足して帰った。
****************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓      
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
  





FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了することが決定しています。BLOGariの旧メインブログの「しばやんの日々」はその日以降はアクセスができなくなりますことをご承知おき下さい。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル