HOME   »  忠臣蔵
Category | 忠臣蔵

浅野内匠頭が江戸城・松の廊下で刃傷事件を起こした原因は何だったのか~~忠臣蔵1

毎年12月になるとよく「忠臣蔵」に関する番組が放映される。
子供のころから何度もよく似たドラマや映画などを見てきたが、これだけ何度も実在した人物の名前で演じられるので、大半が実話なのだろうと長らく思ってきた。

赤穂浪士出陣

Wikipediaによると、『忠臣蔵』とは
「江戸時代中期、元禄14年3月14日(西暦1701年4月21日)、江戸城内の松の廊下にて赤穂藩藩主浅野長矩が、高家肝煎・吉良義央に切りつけた刃傷沙汰に端を発する。松の廊下事件では、加害者とされた浅野は、即刻切腹となり、被害者とされた吉良はおとがめなしとされた。その結果を不服とする家老大石良雄をはじめとする赤穂藩の旧藩士47人(赤穂浪士、いわゆる“赤穂四十七士”)による、元禄15年12月14日(西暦1702年1月30日)の本所・吉良邸への討ち入り及びその後の浪士たちの切腹までを題材にとった物語の総称として使われる。
ただし忠臣蔵は、かなりの演出・創作・脚色が行われており、必ずしも史実の通りではないことも周知とされている。」とある。

物語や映画などにかなりの演出・創作・脚色は付き物だが、ではどこまでが史実でどこまでが作り話なのかという肝心なことが何も書かれていない。

忠臣蔵』のハイライトは言うまでもなく赤穂浪士の討ち入りの場面だが、このきっかけとなったのは江戸城中松の廊下の刃傷事件だ。今回は松の廊下の事件について考えてみたい。

松の廊下

子供の頃から疑問に思っていたのだが、なぜ刃傷事件の被害者である吉良上野介が悪者となるのか。本来は逆で、江戸城中で勅使接待役の浅野内匠頭が本来の業務を捨てて刀を抜き吉良を斬りつけた方がはるかに悪者ではないのか。

刃傷事件の起こった日は、勅使(天皇の使者)が江戸城内に入って将軍と面談し、天皇のお言葉(勅語)を受けた将軍が挨拶を返す(勅語奉答)という最大の儀式が行われる日であり、浅野内匠頭は勅使御馳走役という勅使接待の直接担当者で、接待総責任者の吉良に対して刃傷事件を起こしたということなのだ。
浅野内匠頭はこの重要な儀式をぶち壊してしまったのだが、この時の吉良上野介は全く無抵抗だった。普通に考えれば、悪いのは浅野内匠頭で、吉良はただの被害者だ。

それが、『忠臣蔵』のストーリーでは逆転してしまって、吉良が大悪人になってしまっている。

そもそも『忠臣蔵』は吉良が余程の大悪人でなければ成立しえない物語である。

吉良上野助

ところが、吉良上野介の地元である愛知県吉良町では、今も上野介を名君として称えているのだそうだ。上野介の功績としてあげられるのは、洪水に苦しむ領民のために「黄金堤」を築き、また、新田の開拓に努めた、吉良庄に立ち寄ると赤毛の馬にまたがり領内を巡検し、領民と語らったなどである。実際吉良町には「赤馬」という郷土玩具があるが、これは上野介の馬をモチーフにしたという。
世間の吉良への逆風をものともとせず、今もって名君として慕われているというのだが、どうも『忠臣蔵』とのギャップがありすぎるのだ。

では、当時の記録ではどう書かれているのかを見てみよう。

江戸城中間取り

まず、松の廊下で浅野が吉良に切り付けた時、後ろから浅野を羽交い絞めにして取り押さえた梶川与惣兵衛頼照(かじかわよそべえよりてる)という人物が、この事件の一部始終を書き残している。(『梶川氏筆記』)
この文書を原文とともに現代文に訳して読みやすくしているサイトがあるのはありがたい。
http://chushingura.biz/gisinews02/news042.htm
これによると、

「…内匠殿が参られたので、『私儀、今日、伝奏衆へ御台様よりの御使を勤めるので、諸事よろしくお頼みます』と申しました。
内匠殿は『心得ました』と言って本座(所定の場所)に帰られました。

その後、御白書院(桜間)の方を見ると、吉良殿が御白書院の方よりやって来られました。そこで、坊主に吉良殿を呼び遣わし、吉良殿に『その件について申し伝えるように』と話すと、吉良さんは『承知した』とこちらにやって来たので、私は、大広間に近い方に出て、角柱より6~7間もある所で、吉良さんと出合い、互いに立ったままで、私が『今日、御使の時間が早くなりました』と一言二言言ったところ、誰かが、吉良殿の後ろより『この間の遺恨覚えたるか』と声をかけて切り付けました。その太刀音は、強く聞こえましたが、後で聞くと思ったほどは切れず、浅手だったそうだ。

私たちも驚き、見ると、それは御馳走人の内匠頭殿でした。上野介殿は、『これは』と言って後の方へ振り向かれました所を、また、内匠頭は切り付けたので、上野介は私たちの方へ前に向き直って逃げようとした所を、さらに二太刀ほど切られました。

上野介殿はそのままうつ向きに倒れられました。
吉良殿が倒れたとほんとうにびっくりした状態で、私と内匠頭との間は、二~三足ほどだったので組み付いたように覚えています。その時、私の片手が内匠殿の小刀の鍔にあたったので、それと共に押し付けすくめました。

浅野内匠頭

内匠殿を大広間の後の方へ大勢で取り囲んで連れて行きました。
その時、内匠殿が言われるのは、『上野介の事については、この間からずーっと意趣があったので、殿中と申し、今日の事(勅使・院使の接待)のことに付き、恐れ入るとはいえ、是非に及ばず、討ち果たしたい理由があり』ということを、大広間より柳の間溜御廊下杉戸の外迄の間、何度も何度も繰り返し口にされていました。
刃傷事件のあった後なので、咳き込んで言われるので、ことのほか大声でした。高家衆はじめとり囲んで連れて行く途中、『もはや、事は済んだ。お黙りなされよ。あまり高い声では、如何かと思う』と言われると、その後は言わなくなりました。

この時のことを後に思い出して考えると、内匠殿の心中を察し入る(同情する)。吉良殿を討ち留めされなかったことは、さぞさぞ無念であったろうと思います。誠に思いもかけない急変だったので、前後の深い考えも及ばず、上のような取り扱い(抱き止め)をしたことは是非も(仕方が)ありませんでした。
とは言っても、これらのことは、一己(じぶんだけ)のことで、朋友への義のみです。上へ対してはかのような議論には及ばないのは勿論ですが、老婆心ながらあれこれと思いめぐらすことも多くあります。」

有名な『この間の遺恨覚えたるか』という部分がない写本もあり、この部分は後世に挿入されたという説もあるようだが、この文書のポイントとなるところをまとめると、
浅野内匠頭吉良上野介を斬る直前は、吉良は梶川と話していた。
② 浅野内匠頭は吉良上野介を後ろから斬りかかり、合計で四太刀も浴びせている。その後梶川が止めに入る。
③ 浅野が吉良を斬った理由はずっと恨みに思っていたからというのだが、何があって恨みに思っていたかは具体的には何も書かれていない。
となる。

これが芝居や映画では、多くの作品が
① 吉良が浅野内匠頭を侮辱する。
② 浅野内匠頭が「吉良待て」と声をかけてから正面から吉良に一太刀浴びせ、吉良は額に傷を負う。
③ 逃げる吉良を追って浅野は吉良の肩口に一太刀浴びせる。そこへ梶川が止めに入る。

となっている。

梶川与惣兵衛頼照は大奥御台所付き留守居番であり、現場にいた彼の記述が事実とかけ離れたことを書くことは考えにくいのだが、彼の記述を正しいとすると浅野内匠頭は吉良を不意打ちしている卑怯な男で、しかも四太刀も浴びせながら吉良を仕留めることができなかったのではダメな武将になってしまう。これでは物語にならないことは誰でもわかる。
四十七士の義挙の物語を描く上では、浅野内匠頭が善玉であり吉良上野介が悪玉でなければならないだろう。なぜならば、吉良が善玉であるならば、四十七士が吉良を討ち入りに行くことに「義」がないことになってしまうからだ。

それゆえに芝居や映画では、吉良は悪い男に描かれることになる。
吉良が浅野に対して多額の賄賂を要求したとか、間違ったことを浅野に教えて恥をかかせたとか、当日浅野を大勢の前で罵倒したなど諸説があるが、そのようなことを記録した当時の史料は存在せず、事件の後で創作されたものである。

では浅野内匠頭の家臣は、主君が吉良を斬った理由について心当たりがあったのだろうか。

吉良邸討ち入りに参加した赤穂浪士の手になる文書が今に残されている。

大石内蔵助

大石内蔵助が書いた口上書には、
「去年三月、内匠頭儀、伝奏御馳走の儀につき、意趣を含み罷りあり、殿中に於いて、忍び難き儀ご座候か、刃傷に及び候。…」とあり、主君が吉良を斬りつけた理由については「何か我慢できないところがあったのか」と、家臣ですら肝心なことがよくわかっていないのだ。

『忠臣蔵』のストーリーに影響されてか、浅野は吉良に恨みを持っていたという説が多数説になっている。しかしそれを裏付ける確実な当時の史料は存在せず、浅野内匠頭は何も語らないまま処刑されてしまった。

確かな裏付けがない事から、浅野内匠頭が発狂したとか、精神障害があったという説も結構根強くある。浅野内匠頭自身が当時鬱状態で治療を受けていたことや、内匠頭の母方の叔父にあたる内藤忠勝という人が刃傷沙汰を犯して切腹させられている事実もあり、遺伝的にそのような事件を起こす要素があったという説もはかなり説得力がある。
http://www.geocities.jp/toshio2003jp/tyusin-4.html

しかし、『忠臣蔵』の愛好家には、浅野内匠頭に精神障害があったという説は受け入れがたい事だろう。これでは感激のドラマには到底なりえないからだ。

多くの人が歴史小説や時代劇や映画やドラマを親しみながら知識を蓄積してこられているが、小説等には多かれ少なかれ創作部分が含まれていることに留意すべきである。それがわかっていても、ストーリーの中に実在の人物が出てくると、その多くが史実であるかのように錯覚し、作者の描く人物像に強く影響を受けることは避けられないだろう。

それが国民の常識になっているような歴史上の出来事であっても史実ではないことが少なからずあることをこのブログで何度か書いてきたが、どんな有名な事件であっても多数説を鵜呑みにするのではなく、複数の説を読み比べて自分で考えることが、事実が何かを知る上で重要なのだと思う。

それでも史料がある時代は、議論のできる余地があるからまだ良い。史料のない時代について、実在したとされる人物のドラマを、あたかも真実であるかの如くにドラマ化してテレビに放映されては、多くの国民はそれが真実だと受け取ってしまうだろう。
隣の朝鮮半島に残っている最古の歴史書は『三国史記』で、12世紀(1145年)に書かれたものでしかない。
http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-89c6.html


それ以前の時代のドラマはほとんどすべてが想像の産物であるのだが、韓流ドラマを見てこれが史実だと信じて憧れる日本人が多いことは嘆かわしいことである。何らかの韓国の政治的意図があるのだと思うのだが、そのようなドラマを流し続ける日本のテレビ局も困ったものだと思う。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加


赤穂浪士の処刑をどうするかで、当時の幕府で大論争があった~~忠臣蔵2

前回の記事で赤穂浪士の吉良邸討ち入りも、吉良上野介が大悪人でなければただの殺人行為となってしまって物語が成り立たないことを書いた。
この討ち入りについて「主君の仇討ち」という言葉がよく使われるのだが、松の廊下では浅野内匠頭の方が吉良上野介を殺そうとして斬りつけたのであって、吉良が浅野を殺そうとしたのではない。普通に考えれば、浅野の家臣である赤穂四十七士が吉良邸に討ち入りすることを「仇討」というのはどこかおかしい。

江戸城松の廊下

そもそも浅野内匠頭吉良上野介を斬りつけた理由がよくわからない。『忠臣蔵』の物語には吉良がひどく浅野を苛めたことがいろいろ創作されて書かれているのだが、当時の記録からはそれらしき理由が見えてこないのだ。そして肝心の赤穂浪士もその理由がよくわかっていなかったとしか思えない。

刃傷事件の当日の浅野内匠頭に関する記事は、現場にいて後ろから浅野を羽交い絞めにして取り押さえた梶川与惣兵衛頼照の記した『梶川氏筆記』に詳しい。
該当部分の現代語訳は前回の記事で紹介したので繰り返さないが、この記録によると浅野内匠頭は吉良を「この間の遺恨覚えたるか」と声をかけて切り付け、取押えられてから大勢の前で「上野介の事については、この間からずーっと意趣があったので、殿中と申し、今日の事(勅使・院使の接待)のことに付き、恐れ入るとはいえ、是非に及ばず、討ち果たしたい理由があり」と何度も繰り返し口にしたという記述があるのみで、過去にどのようなことがあって吉良に恨みを持つに至ったかについては、浅野は何も語らなかった。

その後浅野内匠頭に対し老中の取調べがあり、取り調べにあたった目付の一人が記述した『多門伝八郎筆記』によると、こう書いてある。
http://www.eonet.ne.jp/~chushingura/siryo/siryo02c.htm

「私が内匠頭さんに『どうして場所を考えずに上野介さんに切りつけたか』と聞きました。内匠頭さんは一言の弁解もせず、『お上に対しては少しも恨みはありません。上野介には個人的な恨みがあり、前後も忘れて殺そうと切りつけました。この上はどのような処分でもお受けいたします』と答えました。
なおも内匠頭さんは『しかしながら、上野介を打ち損じたのはいかにも残念である』と悔しがっていました。」

というのだが、この『多門伝八郎筆記』は自己宣伝の臭いが強く、史料としてはあまり評価されていないようなのだが、この文書にも浅野が吉良に恨みを持った具体的な理由が書かれていないのは、浅野が何も語らなかったので書けなかったのだろう。

浅野内匠頭は即日切腹が命ぜられて田村右京太夫の屋敷に預けられる身となり、そこに訪ねてきた家来の片岡源五右衛門に遺言を残している。その遺言には

「兼ねては知らせ置く可く存ぜしも、その遑(いとま)なく、今日のことは已むを得ざるに出でたる儀に候。定めて不審に存ず可き乎。(かねてから知らせておこうと思ったが、その時間がなく今日やむを得ずやってしまった。さだめし不審に思うだろう。)」

と書かれているだけなのだが、この言葉を赤穂に持ち帰って大石内蔵助に伝えても、主君が吉良を斬りつけた理由は、誰もさっぱり判らなかっただろう。

このとおり死ぬ間際まで浅野内匠頭は吉良を斬りつけた理由を語らないまま処刑されてしまったのである。

しかし元禄15年12月14日に吉良邸への討ち入りは実行された。
浅野の家臣たちは主君が刃傷事件を起こすに至った理由が少しでもつかめたので討ち入りを決心したのかというと、そうでもなさそうだ。

浅野内匠頭家来口上

前回に紹介したが志士たちが討ち入りを決行した際に吉良邸の門前に突き立てられたとされる『浅野内匠頭家来口上書』という書状が残っている。
ここには内匠頭が「吉良上野介殿へ意趣を含み罷りあり候処(何か到底我慢ができないことでもあったでしょうか)」と述べているだけで、主君が吉良に刃傷に及んだ理由については、討ち入りを実行した時点でも何も分かっていなかったようなのである。

口上書はさらに「右喧嘩の節、御同席に御差留の御方これあり、上野介殿討留め申さず候。内匠頭末期残念の心底、家来共忍び難き仕合にご座候。…」と続き、討ち入りの理由は要するに、主君が吉良を恨んで殺そうとしたのだが、梶川与惣兵衛に止められて思いを成就することができなかった。なき主君が生前に果たそうとしたことを主君に代わって成し遂げたい、と言っているだけなのだ。
単刀直入に言えば、主君が殺そうとして殺せなかった吉良を殺して、主君の無念を晴らしたいということだが、これは仇討というよりも、恨みを残して死んだ主君の霊を鎮めるための行動と理解した方が適切であるような気がする。

吉良邸討ち入り

忠臣蔵』の物語がテレビや映画などで毎年のように放映されて、四十七士の討ち入りが義挙であると考えることが日本人の常識のようになっているのだが、忠義を奨励していた将軍綱吉や側用人柳沢吉保をはじめとする幕閣は、当時の民衆は四十七士に対する同情と讃嘆が白熱し、志士たちを預けていた細川、松平、毛利、水野各家から助命嘆願書が提出されていた中で、四十七士を死罪とするか切腹させるか助命するかで随分対応に苦慮した記録が残っている。

Wikipediaによると
「幕閣の中にも『夜中に秘かに吉良を襲撃するは夜盗と変わる事なし』と唱え、磔獄門を主張した者もいた(『柳沢家秘蔵実記』)。その一方で、主君仇討ち事件に大いに感激した幕閣もいて、その内部でも意見の違いがあった。」

「学者間でも議論がかわされ、林信篤や室鳩巣は義挙として助命を主張し、荻生徂徠は『四十六士の行為は、義ではあるが、私の論である。長矩が殿中もはばからないで罪に処されたのを、吉良を仇として、公儀の許しもないのに騒動をおこしたことは、法をまぬがれることはできない』と主張した。この荻生の主張が採用され、浪士には切腹が命じられた。『浅野は殿中抜刀の犯罪で死罪なのに、吉良を仇と言うのはおかしい。幕府の旗本屋敷に乗り込み多数を殺害する騒動には死罪が当然』というのが江戸幕府の見解ということになる。」とまとめられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E7%A6%84%E8%B5%A4%E7%A9%82%E4%BA%8B%E4%BB%B6

200px-Ogyuh_Sorai.jpg

荻生徂徠の意見書は、理路整然としたもので非常にわかりやすい。この意見が将軍を動かして赤穂浪士に対し「切腹申付」を決心させたものである。福島四郎著『正史忠臣蔵』という本に現代語訳がでている。この本は今は絶版となっているが、次のURLの「林大学頭と荻生祖裸の対立意見」のところで誰でも読むことができる。
http://books.salterrae.net/amizako/html2/seishichuushinngura.txt

「大石ら四十余人は、亡君の仇を復したといわれ、一般世間に同情されているようであるが、元来、まず上野介を殺さんとしたのであって、上野介が内匠頭を殺さんとしたのではない。だから内匠頭の家臣らが上野介を主君の仇と狙ったのは筋違いだ。内匠頭はどんな恨みがあったのかは知らんが、一朝の怒りに乗じて、祖先を忘れ、家国を忘れ、上野介を殺さんとして果たさなんだのである。心得ちがいといわねばならぬ。四十余人の家臣ら、その君の心得違いを受け継いで上野介を殺した、これを忠と呼ぶことができるであろうか。しかし士たる者、生きてその主君を不義から救うことができなんだから、むしろ死を覚悟して亡君の不義の志を達成せしめたのだとすれば、その志や悲しく、情に於いては同情すべきも、天下の大法を犯した罪は断じて宥 (ゆる) すべきではない。」

「…内匠頭は殿中を憚らずして刃傷に及び処刑せられたのであるから、厳格に言えば内匠頭の仇は幕府である。しかるに彼らは吉良氏を仇として猥りに騒動を企て、禁を犯して徒党を組み、武装して飛道具まで使用したる段、公儀を憚らざる不逞の所為である。当然厳罰に処せられるべきであるが、しかし一途に主君のためと思って、私利私栄を忘れて尽したるは、情に於て憐むべきであるから、士の礼を以て切腹申しつけらるるが至当であろう。…」

「…もし私論を以て公論を害し、情のために法をニ、三にすれば、天下の大法は権威を失う。法が権威を失えば、民は拠るところがなくなる。何を以て治安を維持することができよう。」

荻生徂徠はこのように赤穂浪士同情論を排して法を犯した罪を問うべきであり、情のために法を曲げれば、法が権威を失って治安を維持できないと述べており、法治国家として極めて当然のことを述べている。

荻生徂徠よりももっと厳しく、儒学者の佐藤直方は「…仙石の屋敷まで自訴して出て、上の命を待った。これは死をのがれ、あわよくば賞誉してもらおうとの魂胆に外ならない。流浪困窮して腹立ちまぎれに吉良を討ったもので、忠義心や惻怛(そくだつ:いたみ悲しむ)の情から出た行動ではない」と、もっと厳しい評価をしているのだ。

97ccaf989f565fd89a2b08b692798976.png

荻生徂徠佐藤直方も現代でも通用するような正論を堂々と述べているのだが、幕府も自らの命を捨てて亡き主君の思いを成し遂げた四十七士を義士と認め、義士の行動を賞賛する世論に迎合した『忠臣蔵』が書かれ、それが舞台で演じられ映画やテレビ番組でも何度も放映されて、史実とかなり違う物語が日本人の常識になってしまった。

しかし、一旦日本人の常識となってしまうと多くの人の思考が停止してしまい、異論が耳に入らなくなることは決して好ましい事ではない。大激論となった四十七士の処分に関する議論を少しでも知ることで、元禄時代がもっと身近に感じられて、この時代の歴史を学ぶことが楽しくなってくる。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加


赤穂浪士に切腹を許した江戸幕府の判断は正しかったのか~~忠臣蔵3

吉良邸討ち入りを決行した赤穂浪士を死罪とするか、切腹させるか、助命するかで意見が割れて幕府がその判断に随分苦慮したことを前回の記事で書いた。

当時の著名な学者にも意見を求め、結局荻生徂徠の意見が採用されて赤穂浪士たちには切腹が命じられたのだが、五代将軍徳川綱吉はこの裁断を下すのに、なんと四十日近くかけたのだそうだ。

綱吉

将軍綱吉といえば貞享4年(1687)に出した「生類憐みの令」があまりに有名で、厳しい態度で政治に臨んで民衆を苦しめたイメージがあるのだが、学問を重んじて文治政治を推進し、好景気を現出して近松門左衛門、井原西鶴、松尾芭蕉らの文化人を生み、新井白石、室鳩巣、荻生徂徠らの学者を多く輩出し、最近では少なくとも綱吉の治世の前半については評価が高まっているという。
綱吉は特に儒学(朱子学)を重視した影響から尊皇心が非常に厚く、元禄14年(1701)の松の廊下事件の際に、浅野内匠頭が大名としては異例の即日切腹に処されたのは、将軍綱吉が朝廷との大事な儀式を浅野のために台無しにされたことに激怒し、直ちに切腹させることを命じたからである。

しかしながら松の廊下事件の時は、浅野内匠頭の切腹を即日に執行させた将軍綱吉が、吉良邸討入りの時は赤穂浪士の処分の決定に四十日近くかけてしまったのは何故なのか。
普通に考えれば、綱吉が松の廊下で吉良を斬りつけた浅野内匠頭の行為を許せないのであれば、浅野の家臣が吉良を討ち取った行為を直ちに厳罰に処す裁断がおりなければ辻褄が合わないのだ。

将軍綱吉の考えが明確に文章で残されているわけではないが、裁断を下すのに四十日近くかかったという事は綱吉が厳罰説ではなかったことを意味する。
幕府の公式的な考え方は大学頭の林信篤が唱えた助命論と考えるべきであろう。
林信篤の説は、「天下の政道は忠孝の精神を盛ならしむるを第一とする。国に忠臣あり、家に孝子あれば、百善それから起って、善政おのずから行われる。」と、赤穂浪士のように家臣が主君に対して絶対的に忠実であるならば、当然大名の将軍に対する忠義も揺るがないという考え方で、「もしかかる忠義の精神を一貫して亡主のために尽した士を処罰する時は、忠孝御奨励の御趣旨を滅却することになり、御政道の根本が覆ってしまう。」と、四十七士を直ちに無罪とすべきと論じている。

しかし、幕閣の中には赤穂浪士を厳罰に処すべきとの意見もあり、幕府は当時の学者に意見を求めたところ、同様に死罪とするか、切腹させるか、助命するかの意見が分かれたが、法の権威を維持すべきとの荻生徂徠の説が採用され、全員切腹と相成った。

死罪説と切腹説との違いは、赤穂浪士を単なる犯罪者として処刑するか、武士の体面を保つ方法で処刑するかの違いで、赤穂浪士を義士と認めるかどうかにポイントがある。また助命説は、赤穂浪士を義士と認めて助命させようとする説であり、結論は異なるものの討ち入りを義挙と考える点では切腹説と同じである。

忠臣蔵討ち入り

赤穂浪士の討入りを普通に考えれば、徒党を組んで他人の家に押し入って主人を殺すという犯罪行為である。吉良上野介は、処刑された浅野内匠頭が恨んでいたという理由で殺された被害者であったにもかかわらず、吉良を殺した赤穂浪士の行為を幕府が「義挙」とした判断を、吉良の関係者にとっては容認し難いものであっただろう。

この赤穂浪士の討入りを義挙とすることにこだわった幕府の判断に、問題はなかったのだろうか。
幕府は、大学頭である林信篤の「家臣が主君に対して絶対的に忠実であるならば、当然大名の将軍に対する忠義も揺るがない」の考え方で赤穂浪士を義士として認めてしまったのだが、この判断は幕府の大失敗で、後に幕府を滅ぼすことにつながったという説があることを最近になって知った。

今回の記事のはじめに将軍綱吉が儒学(朱子学)を重んじたことを書いたが、そもそも江戸幕府は徳川家康の時代に武家政治の安定のために朱子学を公式学問として採用している。その理由は朱子学が主君への絶対の忠誠を説くものであったからだ。

しかし、朱子学において忠誠を尽くすべき対象は「覇者(武力をもって統治する者)ではなく王者(徳をもって統治する者)である」とされており、その解釈において山崎闇斎(やまざきあんさい)のように「天皇こそが王者であり、この国を統治する者は幕府ではなく天皇家であるべきだ」との考えを持つ学者が当時は少なからず存在した。

山崎闇斎

山崎闇斎の提唱した朱子学は崎門(きもん)学と呼ばれて、水戸学・国学などとともに幕末の尊王攘夷思想に大きな影響を与えたとされている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%B4%8E%E9%97%87%E6%96%8E

山本七平

評論家の山本七平氏が、山崎闇斎の門下生である浅見絅斎(あさみけいさい)こそが明治維新の招来者であると主張しているのだが、浅見絅斎は赤穂浪士を完全な義士と高く評価した人物であり、主著の『靖献遺言(せいけんいげん)』は尊王思想の書で幕末の志士達の必読書となり、明治維新の原動力の一つとなった書物だと言われている。

井沢元彦氏の『逆説の日本史⑭近世爛熟編』で山本七平氏の文章が紹介されている。
「…浅野長矩は法を犯して処刑された。そのことを否定している者はいない。…違法行為をした、しかしそれが未遂であった。そこでそれを既遂にしようとしたのが赤穂浪士の行動だから、法の適用が正しいというのなら、赤穂浪士の行動も否定しなければ論理があわない。現代でも『殺人未遂で逮捕され処刑された。その判決は正しく、誤判ではない。従ってそれは怨まない。しかし未遂で処刑されては死んでも死にきれまい。ではその相手を殺して犯行を完遂しよう』などということは、それを正論とする者はいないであろう。こうなれば結局、…理屈はどうであれ、私心なく亡君と心情的に一体化してその遺志を遂行したのは立派だという以外にはない。これでは動機が純粋ならば、法を犯しても倫理的には立派だという事になる。」(『現人神の創作者たち』)

「…対象が天皇で、幕府が天皇に対して吉良上野介のように振舞ってこれを悩ませ、天皇が幕府を怨んでいると思い込んだ人間が『靖献遺言』を読んだらどうなるであろうか。何しろ死んだ浅野長矩に対して心情的にこれと一体化できるなら、勝手に天皇の心情なるものを仮定し、一方的にこれに自己の心情を仮託してこれと一体化し、全く純粋に私心なくそれを行動に移したら、その行為は法に触れても倫理的に立派だということになる。いわば処刑されても殉教者のような評価を受けることになるのである。…」(『現人神の創作者たち』)

赤穂浪士の討入りはただの殺人事件として処理すべきであったのだが、幕府は事件を起こした浪士を犯罪者とはせず義士であることを認めてしまった。
そのために、この事件は『忠臣蔵』として歌舞伎や人形浄瑠璃で繰り返し演じられ、赤穂浪士の討入りは義挙であるとの考えが人々の間に定着していった。
さらに、天皇が国を統治するべきであるとする山崎闇斎浅見絅斎の思想が、幕末時期に倒幕思想として急激に広まっていった。

このように幕末に倒幕運動が盛り上がった背景をたどっていくと、幕府が赤穂浪士を義士と認めてしまった事から始まったという説にはかなり説得力がある。

井沢元彦

井沢元彦氏が『逆説の日本史⑭近世爛熟編』で指摘している通り、明治天皇の父である孝明天皇はあくまで幕府の力による鎖国維持を望んでいたのだが、多くの「勤王の志士」は「倒幕こそ天皇の意志」と勝手に考え、倒幕運動をすることが正義であると考えて行動していったのである。
この点については昭和の『2.26事件』を起こした陸軍将校についても同様で、武力を以て元老重臣を殺害すれば天皇親政が実現し、彼らが政治腐敗や、農村の困窮が収束すると考えて昭和天皇が信頼していた政府の重臣達の殺害に及んだのと良く似ているのだ。

山本七平氏の言う「勝手に天皇の心情なるものを仮定し、一方的にこれに自己の心情を仮託してこれと一体化し、全く純粋に私心なくそれを行動に移したら、その行為は法に触れても倫理的に立派だということになる」と信じたメンバーが、実際に日本の歴史を動かしていったことになる。
朱子学の「忠義」なるものを重視して国の統治を行うという考え方そのものが、一歩誤れば危険な方向に進む要素があることを知るべきである。

江戸幕府が赤穂浪士を義士と認めたことは、言い方を変えると、幕府の法よりも超越する正義があることを幕府自身が認めたということである。幕府は自ら墓穴を掘ったと言うこともできるのだ。

もし幕府がこの時に赤穂浪士を直ちに打ち首にしていればどうなっていただろうか。
赤穂浪士はただの殺人犯であるので『忠臣蔵』という物語は成立せず、山崎闇斎浅見絅斎の説が全国に広がることもなかっただろう。とすれば幕末の倒幕運動があれほどに盛り上がることもなく、明治維新で天皇中心の国に生まれ変わることもなかったかもしれないのだが、無能な江戸幕府がペリー来航以降の対応を誤って近代国家への脱皮ができずに、列強にもっと多くの国富を奪われていたことも考えられないわけではない。

わが国の歴史を見ていると、何度も大きな危機に遭遇しながらも様々な偶然に助けられたり、新しいリーダーが現われたりして、結果としてベターな方向に進んでいくことがよくある。
昨今のわが国の情勢は決して楽観できるものではないが、過去の歴史がそうであったように、様々な難題を抱えながらも、なんとかうまく乗り越えていって欲しいものである。
***************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加


江戸幕府が赤穂浪士の吉良邸討入りを仕向けたのではないのか~~忠臣蔵4

赤穂浪士による吉良邸討入りの前日である十二月十三日に赤穂藩筆頭家老の大石内蔵助が赤穂の花岳寺の恵光師、正福寺の良雪師、神護寺にあてた手紙が残されている。大石の遺書とも呼ぶべきものだが、そこには驚くべきことが書かれている。

大石内蔵助書状

次のURLで原文と現代語訳が掲載されている。現代語訳を引用させていただく。
http://www.eonet.ne.jp/~chushingura/gisinews07/news194.htm

「東下りの関所においても無事であり、心配していたことも無く下向できました。他の同志も追々に江戸に入り、私も江戸に入りました。これについては噂も色々あるようです。若年寄もご存じの様に思いますが、何のおかまいもありません。吉良邸を打ち破ることは特別で、その通りにさせておこうとしていると推察しています。私たちが亡君のための忠義の死と感じたのでしょうか、何の障害もなく、安堵しています。」

幕府は赤穂浪士が江戸に集結をし、いよいよ吉良邸の討入りをすることについて知っていながら、その通りにさせようとしていると大石は感じているのだ。
この大石の手紙を読むと、江戸幕府が赤穂浪士の討入りを実現させようとした可能性を誰しも感じることであろう。

忠臣蔵吉良邸討ち入り

赤穂浪士の討入りは普通に考えるとおかしなことだらけである。江戸の治安に携わっていた同心たちは一体何をしていたのであろうか。
武装集団が他人の家に不法侵入して命を奪った行為が放置され、吉良上野介を討ち取った赤穂浪士が吉良の首を槍に結び付けて、両国から泉岳寺まで堂々と歩いて帰れたこと自体が不自然に思えるし、取締りが何もなされなかったとについて、幕府の誰も責任が問われなかったというのも奇妙な話である。
討入りについては幕府が期待をし、そうなるように仕向けたと考える説が根強くあるようだが、その説が根拠としているのはこの手紙だけではない。

具体的に幕府が赤穂浪士の討入りを誘導したことが立証できるような文書が存在すれば話は簡単なのだが、そんな記録が残されるはずがないので確実な証拠となるものは何もない。しかし、そのことを匂わせるような話はいくつもあるのだ。

幕府の頂点はいうまでもなく五代将軍綱吉であるが、その側近ナンバーワンの柳沢吉保と他の老中達や三奉行などの上層部は、赤穂浪士の吉良邸討ち入りの話をかなり早い段階から聞いていたはずだ。
作家の長谷圭剛氏は、『仕組まれた日本史』(新人物文庫)の中でいくつか興味深い事実の指摘をしておられるので、この論考を参考に松の廊下事件以降の出来事を時系列で整理し、てみよう。

まず元禄14年(1701)の出来事だが、
① 赤穂浅野家の本家である広島浅野家は、松の廊下事件があった3月14日の夕刻に、老中秋元但馬守に対して、浅野長矩が庭先で切腹させられたことが五万石の大名に相応しい扱いであったかという照会をしている。そのあとで、検視役であった庄田下総守は責任を取らされて大目付を罷免されている。
それ以来広島浅野家は秋元老中となにかと接触し情報を交換している。(広島浅野家は、大石らが無謀な行動を引き起こせば責任を問われて改易などの処分を受ける可能性があり、そのために大石らの行動を監視していた。)
② 赤穂城の収公が決まった3月に大石内蔵助は江戸幕府宛に吉良上野介の処分と赤穂浅野家再興の嘆願書を出している。この嘆願書は「願いがかなえられなければ、籠城して一戦も辞さない」ともとれるような内容であった。
③ 幕府内部も含め、一般庶民においても「赤穂浪士はいつ復讐戦に立ち上がるか」と期待する空気が充満していった。
④ 3月に吉良上野介は高家筆頭の地位を退いた。8月には呉服橋の屋敷周囲の住民が赤穂浪士の襲撃を恐れて上野介の退去を願い出ており、上野介は屋敷替えとなった。幕府は都心から遠く上野介の警護を受け持つ上杉家との連携が不便な本所に吉良を移転させた。
また幕府は12月には上野介の家督を養子の義周(よしちか)に譲ることを認めた。(これで吉良家の処分がなくなった。)

次の元禄15年(1702)になると、
① 7月に幕府は、浅野長矩の弟である大学長広を藩主とする赤穂藩再興の拒否が正式に決まり、それを受けて大石内蔵助は同月に円山会議を招集し討ち入りをすることを決定した。
② 12月に吉良邸討入りを決行
という流れである。

討入り事件の後の話ではあるが
① 討入り後、勘定奉行、町奉行、大目付らが中心になって構成した「評定所」が、将軍の諮問により提出した「存寄書(ぞんじよりしょ)」によると、赤穂浪士の処分に対しては好意的であった。

② 将軍綱吉自身も、松の廊下事件の際に独断で浅野と吉良の処分を決めたことに後悔していた記録がある。徳川幕府の公式記録である『徳川実紀』によると浪士の討入りの後の綱吉の言葉として、「その忠義義烈のさま、淑世にはめずらしき程のことにて、彼らそのまま助け置きたく思へども…」という文章がある

以上の事実を述べたところで幕府が討入りを誘導したことを立証できるわけではない。しかし、将軍綱吉をはじめ幕府の内部で赤穂浪士に対して好意的で、吉良邸討入りの実行を期待し、それが成就したことを評価した人物が少なからずいたことは間違いなさそうだ。

しかし幕府は吉良上野介を処分しないことを決定し、吉良を治安上問題のある場所に屋敷替えさせ、さらに大石らが念願していた赤穂浅野家の再興をも正式に拒否してしまった。
赤穂浪士にとってはすべての希望が閉ざされたが、一方で上野介は仇討の容易な場所に転居し、幕府は討ち入りを取り締まろうとはせず、むしろ自由に活動させている。
「これでは大石らに吉良邸を討入りせよと言っているのと同じではないか」と感じるか感じないかは、人それぞれの感性によって異なることになるのだろう。

また別の視点から、「赤穂浪士は江戸幕府によって匿われていた」という主張をしておられる元国土交通省河川局長の竹村公太郎氏の推理も面白い。

土地の文明

今では絶版になっている『土地の文明』という書物に書かれている内容だが、この全文を次のURLにアクセスすれば Google bookで拝読することができる。
http://books.google.co.jp/books?id=hSsot1rfoT0C&pg=PA29&lpg=PA29&dq=%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%9F%8E%E6%AD%A3%E9%96%80%E3%80%80%E5%8D%8A%E8%94%B5%E9%96%80&source=bl&ots=ZZw57j4cbT&sig=g3QGmNoQbyomzskkhNazRULB7v4&hl=ja&sa=X&ei=boMFT-jQHcqamQXT8bmAAg&sqi=2&ved=0CDcQ6AEwBA#v=onepage&q=%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%9F%8E%E6%AD%A3%E9%96%80%E3%80%80%E5%8D%8A%E8%94%B5%E9%96%80&f=false

竹村氏の指摘で初めて気が付いたが、赤穂浪士の内16名は江戸城の半蔵門に近い平河天満宮近辺に潜伏していたそうだ。

江戸城地図

半蔵門は橋がなく土手を進んで江戸城内に進むことができる場所であり、この付近には、徳川御三家や親藩らの重要大名の屋敷が立ち並んでいた。江戸で最も警備が強固な場所であったような場所に赤穂浪士が潜伏していたというのは、竹村氏の言葉を借りると「指名手配の過激派が警視庁内部の空き部屋をアジトにした」ようなもので、確かに不自然なことである。

幕府には赤穂浪士に吉良を討ち取らせたい理由があったからこそ、赤穂浪士を自由に動かして吉良を討ち取らせたのではないかというのが竹村氏の仮説である。
竹村氏の著書によると、徳川家には吉良家を抹殺したい理由が徳川家と吉良家との100年にわたる歴史から論証されていくのだが、結構説得力があり面白い。詳しくは上記のURLの第三章に書かれている。

竹村氏の説も興味深いが、幕府が裏で討ち入りを工作したにせよ、討ち入りが決行されるまでに世論の強い後押しがあったことは見逃せない。なぜ赤穂浪士の討入りを期待する世論がこれほどまでに盛り上がったのだろうか。
ひょっとするとこの赤穂浪士人気も幕府が裏で工作したのかもしれないが、このような物語に民衆が飛びつく素地がなければ始まらない。

綱吉

この点については、綱吉の政治は一般大衆にほとんど支持されていなかったことを知る必要がある。
「生類憐みの令」が特に有名だが、実際に処罰された事例などを読むと、綱吉の評判が悪くなるのは当然だと思う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%A1%9E%E6%86%90%E3%82%8C%E3%81%BF%E3%81%AE%E4%BB%A4

たとえば、
元禄8年(1695年)10月16日:法令違反として大阪与力はじめ11人が切腹。子は流罪。
元禄8年(1695年)10月29日:元禄の大飢饉(1695年〜1696年)の最中、中野に16万坪の犬小屋が完成。住民は強制的に立ち退きとなった。犬の食費は年間9万8千両。犬小屋支配、犬小屋総奉行、犬小屋奉行、犬医師などを置き、犬金上納金として府民から毎日米330石、味噌10樽、干鰮10俵、薪56束などを納めさせた。
元禄9年(1696年)8月6日:犬殺しを密告した者に賞金30両と布告。
など、動物を守ることが庶民の生活を守ることよりも優先する判断は庶民の支持を得られるはずがなかった。

そこに浅野内匠頭が松の廊下で吉良上野介を斬りつける事件が起こる。幕府は赤穂藩の要望をすべて拒否し、吉良はお咎なしとしたことから、多くの一般大衆が赤穂藩を支持して間接的に幕府を批判した。

討ち入りの起きる前から歌舞伎などで松の廊下事件を模した歌舞伎や浄瑠璃が演じられていたことは注目に値する。

http://www.eonet.ne.jp/~chushingura/gisinews09/news288.htm
上のURLによると、
(1)刃傷事件の1年後(元禄15年3月)に、江戸で『東山栄華舞台』が上演され、
(2)討入りの翌月(元禄16年1月)、江戸で『傾城阿佐間曽我』、京都で『傾城三の車』が上演されたが、幕府はすぐに上演を禁止している。
(3)討入り2カ月後(元禄16年2月)、江戸で『曙曽我夜討』が上演されたが、すぐに幕府は上演を禁止している。

赤穂浪士に切腹が命じられたのは元禄16年の2月4日(上のURLでは切腹の日付が3月24日となっているが、誤りである)だから、討ち入り後の赤穂浪士の処分が幕府でなかなか決まらないうちに、江戸で『傾城阿佐間曽我』、京都で『傾城三の車』が上演されているのだ。
一般庶民の間では、赤穂浪士の討入りが大変な評判であったことは間違いがなく、赤穂浪士を義士とし討ち入りを義挙とする物語が、幕府の結論が出る前に出来上がっていたのだ。

ただでさえ評判の悪かった幕府が、赤穂浪士に討ち入りを成功させてその義挙を讃えることで幕府の人気を回復しようというストーリーを描いた人物がいた可能性を感じるのだが、処分の意見がまとまらず幕府の結論が遅れたうえに、最後は四十七士の切腹という結論に世論は納得しなかった。

鳩山由紀夫

世論に迎合しようとした幕府は、結局のところ、かえって評判を落としただけの結果となってしまった。この点はどこかの国の政府とよく似た話でもある。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加


赤穂浪士の討入りの後、吉良上野介の跡継ぎの義周はどうなったのか~~忠臣蔵5

赤穂浪士四十七人が吉良屋敷に討ち入りをし、主君であった浅野内匠頭に代わって吉良上野介を討ち果たしたのだが、この時吉良の家臣たちはどう戦ったのだろう。

赤穂浪士討入り

忠臣蔵新聞第234号』に、赤穂市発行の『忠臣蔵第一巻(概説編)』にまとめられた吉良家側の死傷者の数がでている。
http://chushingura.biz/gisinews07/news234.htm

それによると、
「本屋内での死者二人、負傷者二人、本屋外での死者・負傷者は六人と一七人、合わせて死者は一七人、負傷者は二八人、合計四五人であった。死者の過半は瀕死の重傷をうけ一五日中に死亡した者、負傷者は寝ていて起き上がったところで切られた者がほとんどである」
「長屋に閉じ込められ外へ出られなかった者は用人一人、中間頭一人、徒士の者五人、足軽七人、中間八六人であり、抵抗しなかった裏門番一人と合わせて一○一人が死傷をまぬかれた。それに、この夜左兵衛の側に寝ていた中小姓一人、徒士の者三人が行方不明となっている。これは逃亡したとみられるから、結局吉良屋敷の内にいた者は一五○人」と書いているそうだ。

屋敷の中にいたのは150人で死傷を免れたのが101人というのだが、この中には女子供もいた数字で、内訳はよくわからない。死傷者の多くが寝起きを襲われたというのは吉良側はほとんど警戒をしていなかったということを意味する。武装した赤穂浪士は全員無事で、吉良側は一方的にやられまくったということだ。

吉良側では赤穂浪士討入りがある可能性を日々注意はしていたのだろうが、情報入手ができていなかったようである。一方大石内蔵助には吉良家の情報がかなり詳しくわかっていた。

赤穂浪士軍議

忠臣蔵新聞第195号』に寺井玄渓宛て大石内蔵助の12月14日付け書状が紹介されている。
http://chushingura.biz/gisinews07/news195.htm

「茶会の日もこれで決まった。12月5日に茶会があるというので討入りを考えていましたが、将軍が柳沢吉保殿屋敷をお成りと聞き、延期していました。14日に茶会があるというので、討入りをすることに決定しました」(「会日ヲも自然と承候、先日(5日)これ在り候へ共 御成日故遠慮致し、今日(14日)これ在るに付き明日打込申事ニ候」

将軍の御成り日まで把握していたというのは、赤穂浪士は幕府筋の情報ルートを持っていたという事になる。

吉良側にとってみればいつ来るかわからないものを、毎日受け身で待ち続けるのではいくらなんでも体が持たない。少なくとも武器は寝室の近くに置いて、異変を察知すれば直ちに動ける程度の準備は常々していたことだろう。

当時の江戸には町ごとに設置された「木戸」と呼ばれる仕切りがあり、夜10時以降の通行を制限するために木戸が閉められて、通行するためには木戸番に理由を告げて脇の潜り戸を通してもらう必要があったはずだ。そこでもし異変があれば木戸番や吉良邸の辻番が吉良邸に何らかの合図をしてもおかしくないところなのだが、この辻番や木戸番と赤穂浪士はトラブルなく通過したのか、特に記録が残されていないようなのだ。
脅されて黙って赤穂浪士を通したのかもしれないが、そのために異変を知ることが遅れてしまえば、守る側の吉良側は圧倒的に不利になることは言うまでもない。

ではこの赤穂浪士の討入りを、吉良側ではどう見ていたのか。
吉良上野介の孫で、養子の嫡子で17歳の吉良義周(よしちか)は、討ち入り後の15日に、幕府の検使にこの日の出来事について口上書を差し出している。
次のURLに口上書の原文とともに現代語訳が紹介されている。
http://chushingura.biz/gisinews07/news233.htm

吉良邸

「昨日14日午前3時過ぎ、父の上野介や私がいる所へ、浅野内匠頭の家来と名乗り、大勢が火事装束の様に見えたのが、押し込んできました。表長屋の方は、2ヶ所に梯子をかけ、裏門は打ち破って、大勢が乱入してきました。その上、弓矢や槍、長刀などを持参しており、あちこちより切り込んできました。
家来たちが防いだが、彼らは兵具に身を固めてやってきたので、こちらの家来は死んだり、負傷をしたものがたくさん出ました。乱入してきた者には、負傷させたが討ち取ったものはいません。
私たちの屋敷に切り込んだので、当番の家来で近くに寝ていたものは、これを防ぎ、私も長刀で防戦しましたが、2箇所に負傷し、目に血が入って気を失いました。しばらくして、気がついたので、父のことが急に心配しになりました。今へ行って見ると、最早父は討たれていました。その後は、狼藉を働いた赤穂浪士は引揚げ、居りませんでした」

と、まるで防戦一方で、『米沢塩井家覚書』によると、「御疵も御眉間に少々、御右の御肩下御疵の長さ四五寸ほど、底之はよほど入申候、御あはら骨一本を切り申し、其の砌御身動之の節、かちり々と音の仕る程の事に候」とあり、眉間の刀傷は深く、長さが15cm程であばら骨が1本斬られてかちりと音がしたと書かれている。

武家諸法度には「徒党を組み誓約をなす事を禁ず」という条文がある。赤穂浪士の討入りは明らかに武家諸法度に違反する行為であったし、夜中に人家に忍び込む行為は武士道にも反する行為でもあった。

討入りの日に吉良家に幕府検使目付として派遣された安部式部信旨と杉田五左衛門勝行は、報告書を幕府に提出している。その報告書をうけ、老中一同は、赤穂の牢人たちの所業は「まさに夜盗の仕業である」といった感想を吉良家に伝えたというのだが、五代将軍・徳川綱吉が赤穂浪士の討入りを賞賛したために途中で結論が変わったようなのである。

討ち入りの日からまだ日も浅い元禄15年(1702)12月23日に老中列座のもと幕府・評定所の寄合が開かれ、その内容をつたえる「存寄書(ぞんじよりがき)」(意見書)では、赤穂浪士たちの夜討ちを賞賛し、読みようによっては赤穂浪士を助命したいともとれる内容が書かれている。
吉良家に関わる部分を要約すると次のようなものである。
① 吉良左兵衛義周は「武道不覚悟」で申し訳が立たない。自決すべきなのにそれもできなかったのだから、切腹を申し付けるべきである。
② 吉良家の家来で手合わせをしなかったもののうち、侍身分のものは斬罪に処されるべきである。多少とも働き手傷を負ったものは親類へのお預けに処されるべきである。 ③ 小者・中間は追放に処すのが妥当である。
④ 赤穂の牢人たちが泉岳寺に引き上げるのを傍観した(吉良家の縁家である)上杉家は改易・断絶に処してもかまわない。
⑤ 赤穂の牢人たちについては、武家諸法度の第一条までもちだし真実の忠義であると述べ、四大名家に預けたまま裁定はあとでもよい。

評定所は徳川幕府の最高裁判所のようなもので、その主体である寺社奉行、勘定奉行と町奉行の評定所一座に大目付・目付で構成される。また「存寄書」というものはあくまでも評定所の意見であって幕府の最終決定でもないが、幕府の中枢の考えが反映されてそれなりの影響力がある書類である。

赤穂浪士と吉良家の処分についてその後幕府内部で意見が割れて、綱吉の裁定に日時を要したことはこれまでの記事に書いたので繰り返さない。
赤穂浪士の処分が決まった同じ日(2月4日)に吉良義周は江戸幕府の評定所に呼び出され、義周の討入り当日の際の「仕形不届」(武道不覚悟)を問われ、家名断絶・領地没収を言い渡された。

この処分に納得できなかった義周はその後自ら評定所に足を運んだものの、幕府は「こうしなければ世論が納得しない」といって取り合わなかったそうだ。

そして元禄16年(1703)2月11日、吉良義周は罪人として諏訪藩士130名に護送されて江戸を出発するが、随行の家臣は2名のみで、また荷物も長持3棹とつづら1個だけだったという。

高島城

諏訪藩に到着すると信州高島藩三万石の居城、高島城南之丸の諏訪湖のほとりにある一室に幽閉されたのが、ここでの生活は過酷を極め、寒さの厳しい真冬でも木綿布子1枚で火鉢などで暖をとることもできず、また自殺防止のために脇差や扇子、楊枝、鼻紙などを身に着けることもできなかったという。

さらに幽閉中に悲しい知らせが相次いだ。
宝永元年(1704)6月2日には実父上杉綱憲が享年42歳で死去。同じ年の8月8日に養母(祖母)梅嶺院が享年61歳で死去と、度重なる身内の訃報に義周はかなりショックを受けただろう。

このような厳しい環境での生活のために、義周はたびたび体調を崩し衰弱していく。
幽閉から3年ほどたった宝永2年(1705)10月頃から発熱や悪寒といった症状が出て完全に寝たきりとなり、翌年の1月20日に21歳の生涯を終えたという。

今まで何度か書いてきたが、普通に考えれば浅野内匠頭が殿中で吉良上野介を斬りつけたのであって、吉良上野介は単なる被害者だ。浅野内匠頭は即日切腹となったが、それは幕府が命じたことであり、赤穂藩が仇討ちをするとすれば相手は幕府でなければ筋が通らない。
しかし赤穂浪士が命を奪ったのは松の廊下刃傷事件の被害者である吉良上野介で、この被害者の命を奪う行為は「仇討」と呼ぶべきものではなく、亡君の遺志を完結させて霊を慰める儀式のようなものである。義周にまで罪が問われる理由がどこにあろうか。

夜討ちで吉良邸に侵入してきた赤穂浪士に寝起きで防戦した吉良家からすればこの処分は到底納得できるものではなかっただろう。
無能な幕府の犠牲になった吉良義周のその後の運命は、まことに哀れとしか言いようがない。

法華寺

長野県諏訪市の法華寺に吉良義周の墓がある。そこに次のような熱い解説が記されている。
「義周公未だ赦されず、ひとり寂しくここに眠る。…世論に圧されて、いわれなき無念の罪を背負い、配流された先でつぎつぎに肉親の死を知り、悶々のうちに若き命を終えた。公よ、あなたは元禄事件最大の被害者であった。」

義周の墓
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加


FC2カウンター
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。キーワードを含む全てのブログ記事のリストと、記事の最初の文章が表示されます。記事を探す場合は、カテゴリーで記事を追うよりも探しやすいです。
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
最新記事
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
RSSリンクの表示
タグクラウド

年別アーカイブ一覧
RSS登録er
おすすめ商品
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ
QRコード
QRコード
ブログサークル
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
文字を大きく・小さく
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    人気ページランキング
    集計スタート時期が良くわかりませんが、おそらく2016年の夏ごろから現在までの記事アクセスランキングです。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    読書
    このブログで採り上げた本のいくつかを紹介します
    三田村武夫の 『戦争と共産主義』復刻版

    同上 電子書籍

    同上 自由選書版

    江崎道郎氏がコミンテルンの秘密工作を追究するアメリカの研究を紹介しておられます





    落合道夫氏もスターリンの国際戦略に着目した著書を出されました

    この本で張作霖爆殺事件の河本大佐主犯説が完全に覆されました















    南京大虐殺の虚妄を暴く第一級史料。GHQ発禁本の復刻版







    GHQが発禁にした日本近代化史