HOME   »  広島県
Category | 広島県

厳島神社と「雛めぐり」

昨年の春、桜の咲くころに宮島に旅行した。

宮島・広島・尾道・福山 063

鮮やかな朱色の鳥居や厳島神社の建物が青い海の色に映えて、あちこちで咲く桜の花がまた美しくて絵になる景色がいっぱいで、何枚も写真を撮った。

平清盛が厳島神社に平家納経を奉納したことからわかるように、この宮島も明治になる前は神仏習合の地であり、大聖院という寺院が宮島全体の僧を束ね、厳島神社の祭祀をつかさどってきた経緯にある。
ところが明治初期の廃仏毀釈で7つの寺院を残してすべての寺院を廃寺にし、厳島神社にあった厳島弁財天や千畳閣にあった釈迦如来坐像などを大願寺に移し、仏像や仏具がなくなった千畳閣は豊国神社の建物になったのだが、宮島ではあまり激しい破壊活動は起こらず、比較的古いものが残されているとのことだ。

宮島千畳敷内部 058

上の写真は千畳閣の内部だが、この祠があるあたりに本尊の釈迦如来座像があったのだろうか。

大願寺と狛犬

上の写真は大願寺で、お寺であるのに狛犬があるのが面白い。厳島弁財天や千畳閣の仏像はここに移されたとのことであるが、今回は、廃仏毀釈の話題はこれくらいにしておこう。

厳島神社の参拝を終えて古い街並みを歩いているとたまたま「雛めぐり」というイベントが宮島民俗博物館ほか何か所かで行われていて、時間がなかったので2か所だけ訪問したが、江戸時代から伝わる立派な雛人形をいくつも見ることができた。

もうすぐひな祭り(桃の節句)の日なのだが、太陽暦ではこの日に桃が咲くことはない。旧暦の3月3日は太陽暦の4月初めにあたり、この時期ならば「桃の節句」という言葉が良く理解できる。
宮島では毎年旧暦の桃の節句前の10日間(3/25~4/3)に、この「雛めぐり」を行っているようである。宮島には古い雛人形を持つ家が何件もあって、毎年展示される人形が変わるそうである。今年のパンフレットが次のサイトに出ている。
http://www.miyajima.or.jp/new/wp-content/uploads/2010/02/e38381e383a9e382b7e8a1a81.pdf
宮島雛めぐり2

上の写真はある旧家で展示されていたものだが、手前の円卓に並べられているものが大正時代のもの。奥の7段のものが昭和時代でその左右の雛人形は江戸時代のものだそうだ。
良く見ると、お内裏様とお雛様の左右の位置が時代によって変わっているのに気がつく。

古来の日本の考え方では、「左」が上位を意味しており、宮中においては天皇と皇后との左右の位置は左(向かって右)が天皇と決まっていたので、雛人形も向って右に男雛を置くならわしであったそうだ。 ところが、西洋では国王と王妃との左右は逆であったため、日本もそれに合わせようという考え方となり、大正天皇の即位以降は天皇と皇后との位置が変更になったそうだ。それに伴い人形の位置も次第に変わっていったということらしい。

宮島雛めぐり

上の写真も江戸時代のもので、かなり豪華なものである。建物には「紫宸殿」とかかれた扁額が掛けられている。

「節句」というのは、伝統的な年中行事を行う季節の節目になる日で、年に五回行われるので「五節句」と呼ばれる。(人日(七草)1/7、上巳(桃の節句)3/3、端午(菖蒲の節句) 5/5、七夕7/7、重陽(菊の節句)9/9)

節句の伝統行事は古代中国から日本に伝わったとされるがで、ひな祭りは三月の最初の巳の日に行われていた上巳節(じょうしせつ)と室町時代の貴族女性の人形遊びである「ひないまつり」が合わさって、原型ができたといわれ、安土桃山時代に貴族から武家社会に伝わり、さらに江戸時代には庶民の間に広まったそうだ。
中国では桃の木は、悪魔を払う神聖な木と考えられており、桃の花を飾ることは子供の無病息災を祈ることとつながっているとのことだ。

子供の頃には雛人形は京都の実家でも毎年飾っていたし、友人の家でも雛人形を部屋に飾っている家を良く見かけたが今ではどうなのだろうか。
昔は、雛人形をあまり長く飾ると女の子の婚期が遅れると考えられて、節句が過ぎるとすぐに片づけていたが、昔はこんな伝統を守って子供と一緒に人形を並べながら、子供を思う親の気持ちを伝え、子供は自分を思う親の気持ちを知り、将来はよき伴侶を早く見つけて幸せに生きることを幼いながらも考える機会を持ちえたのだと思う。

言葉だけではなかなか伝えられないものを、このような家庭の行事を通して小さい子供に伝えていく日本の伝統や風習は本当に素晴らしいと思うのだが、最近の日本人はこのような昔のやり方をあまりに軽視してはいないだろうか。親がいくら子供にお金を使って物を買い与えても、肝心なことが子供に伝えられなければ意味がない。
伝統や風習には様々な先人の様々な英知が詰まっており、長い年月をかけて検証された成功体験があるからこそ、これだけ長く続いているのだということを、振り返るべき時に来ているような気がする。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




鞆の浦周辺の古い街並みを楽しむ

岡山の古社寺を楽しんだ後、宿泊先である鞆の浦(とものうら)に向かう。鞆の浦は広島県福山市の沼隈半島の南端にあり、その周辺の港町を鞆町という。

鞆の浦についてWikipediaにはこう書かれている。
「瀬戸内海の海流は満潮時に豊後水道や紀伊水道から瀬戸内海に流れ込み瀬戸内海のほぼ中央に位置する鞆の浦沖でぶつかり、逆に干潮時には鞆の浦沖を境にして東西に分かれて流れ出してゆく。つまり鞆の浦を境にして潮の流れが逆転する。「地乗り」と呼ばれる陸地を目印とした沿岸航海が主流の時代に、沼隈半島沖の瀬戸内海を横断するには鞆の浦で潮流が変わるのを待たなければならなかった。このような地理的条件から…古代より潮待ちの港と知られていた。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%86%E3%81%AE%E6%B5%A6

鞆の浦では大潮の時の満潮と干潮と潮の満ち引きの高低差は4m近くあるのだそうだ。

江戸時代の航路

昔の船は動力を持たないため、航行は潮の流れに逆らえなかった。大阪に上る船も九州に下る船も、満潮に乗って鞆の浦に入港し、干潮に乗って鞆の浦から出航するのが理にかなっていたのだ。

鞆の浦は古くからの「潮待ちの港」で、鞆町は多くの商人や旅行者がここで宿泊して栄えた港町で、江戸時代の備後福山藩の領内では城下町の福山に次ぎ、人口は5000~7000人を抱えて備後福山藩最大の商都であったそうだ。
しかし明治時代になると、海運が船舶の動力化により潮待ちを必要としなくなったうえに大型船舶が入港できないことや、明治24年(1891)には神戸から福山・尾道までが鉄道路線で繋がり、山陽本線から遠く離れていたことから鞆町は近代化の波から取り残されてしまう。

明治から昭和期の人口の変化はよくわからなかったが、次のURL のレポートを読むと、鞆町の人口は昭和36年(1961)には13千人を超えていた。ところが平成21年(2009)には5千人以下と激減し、しかも高齢者の比率が極めて高い。これからも人口が減り続けていくことになるのだろうか。
http://www.kenshu-hiroshima.jp/downlord_file/shidousha_22_D.pdf

確かに近代化の波に乗り遅れてしまった鞆の浦なのだが、旅行する立場からするとあちこちに明治時代の面影や街並みをそのまま残しているようなところがあって、それが今では魅力的でもある。しかも鞆の浦には温泉があるし、景色も素晴らしい。
鞆の浦周辺は1925年に名勝・鞆公園の指定を受け、さらに1931年に制定された国立公園法において最初に国立公園に指定された地区のひとつでもある。

tomo_map.jpg


最初に訪れたのは備後安国寺。鎌倉時代文永年間に建立された臨済宗のお寺だ。

備後安国寺

室町時代は大変栄えたが戦国時代に衰退して安国寺恵瓊が再興させたという。
しかしながら江戸時代以降に再び衰微し、大正9年に本堂を焼失したのちは相当荒廃した時期があったようだが、その後歴代住職の努力により次第に修復され、昭和時代に入って釈迦堂と堂内の木造阿弥陀三尊像、木造法燈国師坐像が旧国宝(現在は国の重要文化財)に指定されて面目を一新した。
上の画像は釈迦堂を正面から撮影したものである。

次に訪れたのは沼名前神社(ぬなくまじんじゃ)。大綿津見命を主祭神とし、須佐之男命を相殿に祀る海の神様である。

沼名前神社

ここは平安時代に編纂された延喜式神名帳にも名前が出てくる由緒正しき神社で、社伝では今から1800年以上前、神功皇后が西国へ御下向の際、当地に御寄泊になり、この地に社の無いことを知りまず斎場を設け、この浦の海中より涌出た霊石を神璽として、綿津見命を祀り、海上交通の安全をお祈りになられたのが当社の起源という。
写真を撮り損ねてしまったが、境内に国の重要文化財に指定されている能舞台がある。この能舞台は、豊臣秀吉が愛用していたと伝わるもので、伏見城にあったものを徳川幕府により福山城に移築され、1650年代に福山藩主の水野家が沼名前神社に寄進したものだそうだ。

備後安国寺や沼名前神社には狭い道路が気にならなければ無料で駐車できるが、鞆町の中心部にはほとんどの施設に駐車スペースがない。観光客用の駐車場は中心部に3ヶ所あり、私は鞆の浦第1駐車場に駐車した。

第1駐車場前の道路を渡ると「對潮楼」がある。
「對潮楼」は真言宗大覚寺派の福禅寺というお寺の客殿で、江戸時代の元禄年間(1690年頃)に建立されたものでる。

對潮楼

江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用され、正徳元年(1711)に従事官の李邦彦が客殿からの眺望を「日東第一形勝(朝鮮より東で一番美しい景勝地という意)」と賞賛したという。

日東第一形勝

部屋からは手前に弁天島が見え、奥には仙酔島が見える。湖面のような静かな海に、青い空が美しい。

以前このブログでいろは丸沈没事件のことを書いた。この事件は慶応3年(1867)に海援隊が海運業の目的で大洲藩から借り受けた「いろは丸」と、紀州藩の軍艦「明光丸」が広島県の鞆の浦近辺で衝突し、龍馬が乗っていた「いろは丸」右舷が大破して沈没した事件だが、この時の海援隊と紀州藩の交渉が、この對潮楼で行われたのだそうだ。かつて坂本龍馬が訪れた場所に自分がいるのかと思うと少し嬉しい気分になる。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-27.html

鞆の浦路地

對潮楼のすぐ横の路地を歩く。緩やかな起伏のある狭い石畳の道だが、雰囲気がいいのでついシャッターを押してしまった。
この道沿いにオリジナルの雛人形を公開している家があった。

鞆・町並み雛祭り

鞆町では2月9日から3月11日まで「鞆・町並み雛祭り」が実施されており、様々な場所で地元に残された豪華な雛人形が展示されている。会場の大半は江戸時代や明治・大正期の立派な雛人形だが、この家では手作りの雛人形が展示されていた。狐の嫁入りの人形が面白かったので撮影させてもらった。

鞆の津の商家

福山市重要文化財の「鞆の津の商家」。江戸末期の建物だそうだ。ここにも雛人形が展示されていた。こういう古い建物が鞆の浦には何か所も残っていてタイムスリップした気分になるのだ。

ここから「鞆の浦歴史民俗資料館」に向かう。ここが「鞆・町並み雛祭り」のメーン会場である。鞆の浦に縁のある宮城道夫の愛用の琴などが展示されていた。

ここから鞆の浦のシンボルの常夜燈に向かって歩くと「太田家住宅」がある。

保命酒の蔵元中村家

この建物は福山藩の御用名酒屋を務めた保命酒の蔵元中村家の屋敷で、明治時代に太田家の所有となったもので、建物は18世紀後半のもので国の重要文化財に指定されている。
「保命酒」は後で記すが、16種類の漢方薬を使って醸造した薬酒で、中村家が福山藩から醸造販売権を与えられて豪商として成長していったのだそうだ。
江戸時代の保命酒は主に公家や上級武士、豪商などに愛好され、幕末にペリーやハリスが来日した際に、食前酒として出されたという。
文久3年(1863)に尊皇攘夷派の三条実美ら7人の公卿が公武合体派によって京都を追われて長州に逃亡する際、また翌年の元治元年(1864)に長州から船で京都に上る際に、ここに宿泊したことから、太田家住宅は「鞆七卿落遺跡」とも言われているそうだ。

太田家住宅雛人形

ここでも、見事な雛人形が展示されていた。いくつか撮影させてもらったが、主屋に展示されていたこの立派な雛人形がいつの時代のものか聞くのを忘れてしまった。

保命酒の蔵

主屋の奥には保命酒の蔵が並び、白い壁が美しい。中には保命酒に関わる資料が展示されているのだが、今の時期はやはり雛人形が素晴らしい。

太田家住宅雛人形2

一番印象に残ったのは、東京の人形作家が制作したこの人形。よくこれだけのものを制作したものだと感心した。

すぐ近くに「いろは丸展示館」がある。

いろは丸展示館

先程説明したいろは丸沈没事件の概要を展示する博物館で、平成元年に開設された施設である。ここには、いろは丸から引き揚げられた物などが展示されているほか、いろは丸沈没状況のジオラマや、坂本龍馬の隠れ部屋などが再現されている。

すぐ近くに江戸時代に造られた石造りの船着き場がある。画像では写っていないが、干潮でも満潮でも荷物の積み下ろしができるように階段状になっていた。

鞆の浦船着き場

港であるのに波が全く立たず、湖のように静かな港だ。

時間がないので、いくつかの予定をカットして医王寺に向かう。医王寺は山手にあり、鞆の浦全体を見渡せる場所と記憶していた。

鞆の浦遠景

医王寺の境内から鞆の浦方向を撮ったのが上の画像だが、自宅に戻ってネットで確認できる風景と随分異なることに気が付いた。
鞆の浦の全体を見渡せる最高の場所は医王寺太子殿のあるところで、医王寺の本堂横から裏山の中腹を登ること15分の場所だったのだ。
http://www.sawasen.jp/tomonoura/annai/iouji/iouji.html

お土産用に保命酒を買いに行く。
江戸時代に保命酒で財を成した中村家は、明治に入って藩の保護を失い、藩への貸付金も失った上に農民一揆やライバルの出現で経営が成り立たなくなって明治36年に廃業となった。

岡本亀太郎本店

鞆町には現在4件の保命酒醸造元があるのだが、たまたま立ち寄った岡本亀太郎本店で買うことにした。試飲もさせてもらったが、養命酒よりかは飲みやすくて良い。

岡本亀太郎本店の建物

この建物は明治6年(1873)に廃城となった福山城の長屋門を移築して岡本亀太郎本店としたもので、現在福山市指定の重要文化財となっている。こういう立派な建物の店で買ったというだけで、少しリッチな気分になれる。

チイチイいか

すぐ近くのけんちゃんのいりこ屋という店で、鞆の浦の海産物を試食したら旨かったので、衝動買いしてしまった。添加物が一切ない自然の味そのものだ。この商品はこのお店の超売れ筋なのだそうだ。

鞆の浦というところにはあちこちに古き良き時代の面影が残されていて、不思議に癒される。商店までが古い街並みの中にある古い木造の建物であるところがいいのだ。

車に戻り、旅館の景勝館漣亭に向かう。
温泉はラドン含有量の多いラジウム温泉で体の芯から温まって湯冷めしにくい。料理も新鮮な魚料理が何を食べても旨かった。

どこの観光地にも言えることだが、住民全員が観光客相手の仕事に携わっているわけではない。観光客相手の仕事と無関係な人々にとっては、歴史的な景観を残すことは、不便な生活を強いられることにつながる。
そのために歴史ある観光地の多くで、人々が地元で住むことをあきらめて都会に移り住むようになり、次々と古い空き家が取り壊されて町の景観が崩れていくことになるのだが、鞆の浦は古い街並みが良く保存されてきているのに驚かされる。そのためには地元に残った人々にはこれまで数々の苦労があったことだろう。

鞆の浦の街並み

ネットで検索すると、鞆の浦を一部埋め立てて県道バイパスの橋を架ける計画が今もあり、住民の間で揉めているらしい。
最後は住民が決めることではあるが、工事次第では観光地としての鞆の浦の価値の多くが失われてしまう。
道路が広くなって便利になることで人々が幸せになるとは限らない。千年以上の長きにわたり小さな町の中で経済が循環し、人びとがお互いを尊重し合う生活を続けてきた町だからこそ醸し出される優しさと美しさ…。便利すぎて人の助けをほとんど必要としない都会生活者が数十年前に失ってしまったものが、この鞆の浦にはまだまだ残されている。だからこそ、都会から来た観光客が癒される世界があり、遠くから訪れる価値があるのだと思う。

宮崎駿

スタジオジブリの宮崎駿監督は、長編アニメ『崖の上のポニョ』の構成をこの鞆の浦で練ったそうだが、この地域の開発に関してこのような発言をしておられる。
http://homepage2.nifty.com/yagumo/sensui.html

「鞆の浦は、車が遠慮して走っています。道路を造って橋をかけて渋滞をなくせば幸せになるか。そんなことないでしょ。公共工事で何か劇的に変わるという幻想や錯覚を振りまくのはやめた方がいいと思います」
「不便を忍んで生きるんですよ。そういう哲学を持たなきゃいけないんじゃないかと思うんですよね。不便だから愛着もわくというのが人間の心。便利で静かで穏やかで落ち着いているなんてことないですよ。便利はうるさい。不便も良さにつながるんですよ。」
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル