HOME   »  2010年12月
Archive | 2010年12月

一乗谷遺跡、永平寺から越前竹人形の里へ~~越前カニ旅行一日目その1

毎年カニのシーズンに旅行していることは何度かこのブログに書いた。今年は越前のカニを求めて芦原温泉に宿泊することとし、福井県の名所旧跡などを巡る計画をたてて、11/27~28にかけて旅行をしてきた。

27日の朝に自宅を出て、最初に訪れたのが「一乗谷朝倉氏遺跡」。

一乗谷朝倉遺跡紅葉

パンフレットによると、「朝倉氏は現在の兵庫県養父市八鹿町の豪族で、南北朝時代に朝倉広景が主家の斯波高経に従って越前に入国しました。朝倉孝景の代、1467年の応仁の乱での活躍をきっかけに、一乗谷に本拠を移し、斯波氏や甲斐氏を追放して越前を平定した。」とあるが、「朝倉家伝記」や「朝倉家記」によると、朝倉氏は南北朝時代にはすでに一乗谷を本拠にしていたようである。

その頃の京都は応仁の乱で荒廃しており、多くの公家や高僧、文人たちがこの一乗谷に避難してきたために、この一乗谷は発展し「北ノ京」とも呼ばれたそうだ。
朝倉孝景の頃から全盛期を迎え、最盛期の人口は一万人を超えたと言われている。

しかしながら、朝倉氏は天正元年(1573)の刀禰坂の戦いで織田信長に敗れこの一乗谷を放棄して大野に逃れたのち、信長の軍勢はこの一乗谷に火を放ち、城下町は灰燼に帰してしまう。

その後信長から越前八郡を与えられた柴田勝家は、本拠地を水運・陸運に便利な北ノ庄(現在の福井市)に構えたために、辺境となった一乗谷は次第に田畑の下に埋もれていったそうだ。

以前は朝倉館前の唐門や山沿いの庭園跡が見えるだけだったのだが、昭和42年から遺跡の発掘が始まり、調査が本格化したのは翌年かららしい。
はじめの頃はめぼしい遺構は発見されなかったのだが、1mほど掘り下げると堆積土の中から礎石が顔を出し、それから発掘調査が一気に進行したとのことだ。

ところが、その頃この近辺は農業構造改善事業による水田の区画整理や造成工事が始まっており、計画では遺跡のかなりの部分が破壊されるところであったようだ。郷土史家や井上鋭夫教授、青園謙三郎氏等が県当局に強く陳情し、間一髪のところでこの遺跡が守られたとのことである。

地元の人が水田や畑地を国に売り払い、昭和46年(1971)に遺跡全体の278haが国の特別史跡に指定されて以降さらに発掘調査が進められ、平成7年には調査に基づき当時の町並みが200mにわたり復元されている。

一乗谷遺跡全貌

上の写真は遺跡から復元町並を眺めたものだが、遺跡の規模があまりにも大きくて、復元された部分が随分小さく感じてしまった。

一乗谷朝倉氏遺跡唐門

一乗谷川を橋で渡ると、朝倉館跡正面の堀に面して唐門が建っている。こんな場所に門があるので、てっきり朝倉家の門が今も残っているように錯覚したのだが、自宅に帰ってから調べると、朝倉氏の遺構ではなく後に建てられていた松雲院の寺門として朝倉義景の菩提を弔うために作られたもので、現存の門は江戸時代中期に再建されたものだそうだ。

一乗谷朝倉邸跡

唐門を抜けると朝倉家第五代当主の義景が住んだ館の跡があり、建物の礎石や庭園が残されている。三方は土塁と濠で囲まれており広さは6500㎡程あるという。

他にも庭園跡がいろいろ残っていて特別名勝にも指定されているのだが、時間があまりないので省略して次の観光地である永平寺を目指す。

寛元2年(1244)、道元禅師によって建てられた「傘松峰大佛寺(さんしょうほうだいぶつじ)」が永平寺の開創にあたり、寛元4年(1246)に山号寺号を「吉祥山永平寺」と改められた。
寺号の由来は、中国で初めて仏法が伝えられた後漢の明帝の時の元号「永平」からで、意味は「永久の平和」ということだそうだ。

その後暦応3年(1340)に兵火で伽藍が焼失したほか、何度か火災にあい、現存の諸堂はすべて近世以降のもので、主な建物では山門(寛延2年[1749])、法堂(はっとう:天保14年築[1843])以外は明治以降のものである。

永平寺傘松閣

上の写真は最初に見学する傘松閣(さんしょうかく)の156畳敷きの大広間。天井には昭和初期の画家による絵が描かれている。そこから、僧堂(明治35年築)、仏殿(明治35年築)、法堂、大庫院(昭和5年築)、山門等を見て廻るのだがとにかく広く、これらの建物が回廊でつながっていて、ずっとスリッパを履いて見学していく。

永平寺紅葉1

永平寺の紅葉を少し期待していたのだが、もともと楓などはあまり植えられていないようで、圧倒的に杉等の針葉樹が多く、時おり色づいた葉を見ることが出来る程度だった。

永平寺

鬱蒼と茂る老杉の奥にある唐門。永平寺の写真で必ず出てくる有名な場所なのだが、残念ながらここは観光客には公開されていなかった。

永平寺の近くで駐車させていただいたお店で土産に団助の「ごま豆腐」を買った後、次の観光地である「越前竹人形の里」を目指す。

越前竹人形の工房入口

何年前か忘れてしまったが初めて越前竹人形の写真を見た時に、竹細工でこんな人形が作れるのかと驚いたことがあるのだが、ここでは竹細工職人たちの手技を見学することが出来る。ここが工房の入口である。

越前竹人形髪の毛

中では竹人形制作の実演をしていた。竹の節から節までの部分を縦に細かく割っていき、1mm程度の細さのものを更に4分割して人形の髪の毛などに使うそうだ。この作業だけでも大変だと思うのだが、この繊維を小さな人形の頭部に2000本以上植えていくのだそうだが、気の遠くなるような作業だ。
作業だけではない。それぞれ形が違いまた加工の難しい竹の曲面や節をどう組み合わせてどう活かし、どんな作品に仕上げるかはいくら手先が器用でも簡単な事ではないだろう。

越前竹人形制作途上

越前竹人形の歴史はそれほど古いものではなく、もともとは昭和27年に師田保隆さんと弟・米長三四郎さんが農閑期に竹製の花額を作っていたのを、余りの竹を使って人形が作れないかと試作研究して、いくつかの人形を作ったのが始まりだそうだ。それが、評判を得て次第に大きな人形を作るようになり、全国的な賞を多数受賞して越前竹人形は福井県の新しい伝統工芸品として認知されるようになり、今では海外にも販売されているのである。

越前竹人形作品

創作竹人形展示館「黎明」には素晴らしい作品が展示されているので必見だ。どこにでもある竹が、こんな姿に生まれ変わることが奇跡のように思えて、小さな人形を見ながら飽きることがない。

二人の兄弟が素晴らしい仕事をし、師田保隆氏の長男の師田黎明氏が芸術性を高めていった。その努力が実を結び、地元に大きな職人の工房や販売所や食堂が出来て、地元の方が働ける職場もできた。そのエネルギーを今多くの地方が失ってしまっている。

竹の素材を活かしながら、匠の指先が人形に命を吹き込んでいく職人の世界。
何もかもが機械化されて職人の世界が消えていく中で、福井の山里で人形作りの新たな職人が生まれ育っていることに感動を覚えた。ひたすら人形と向き合い誇りを持って働く職人を見て、少し元気をもらったような気がした。
*****************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事

千古の家、丸岡城、東尋坊から芦原温泉へ~~越前カニ旅行1日目その2

越前竹人形の里で素晴らしい竹人形を見た後、「千古の家」と呼ばれる坪川家住宅を見学に行く。

坪川家住宅

パンフレットには「坪川家の先祖坪川但馬丞貞純は北面の武士で、源三位頼政(げんさんみよりまさ)の後裔といわれている。今を去るおよそ700年前、故あって、この地に定住した。…建てられたのは中世末期であるとされ、全国的にも貴重な民家の一つとされ…、昭和41年に国の重要文化財に指定され」たと記されている。

「北面の武士(ほくめんのぶし)」とは、上皇(じょうこう:皇位を後継者に譲ったあとの天皇の呼び名で「院」ともいう)に仕えて、院の北面下臈に詰め、身辺の警護あるいは御幸に供奉した武士のことをいう。また「源三位頼政」とは源氏でありながら平清盛に信頼され従三位まで上り詰めたが、治承4年(1180)以仁王に平氏打倒を働きかけ、以仁王の令旨を得て反平氏勢力の蜂起を促そうとしたが、計画が露見したため平氏の追討を受け、宇治平等院の戦いで敗れて自害した源頼政(みなもとのよりまさ)のことだ。

その源頼政の後裔と言われる坪川但馬丞貞純がこの地に定住した後、坪川家は周辺の集落を司る七人の名司の筆頭として高い格式を持ち、近代になって丸岡町に統合されるまでは代々村長を務めていたのだそうだ。

屋根は茅葺きだがすごく重厚感に満ち迫力がある。室内は撮影禁止で紹介できないのが残念だが、荒々しく削られた太い栗の柱がこの家を支え、面白いのは「股柱」と呼ばれる二股に分かれた太い柱の一方の枝を短く切って側桁を支え、他方を斜め上にのばして上屋桁を受けている。すなわち、1本の柱で二本の柱の役割を持たせたものが三本も使われていた。

坪川家庭園

東側の庭は国登録記念物に指定されているのだが、残念ながら紅葉が最も美しい時期は過ぎてしまったようだ。
また別棟で坪川家伝来の古文書や屏風などの宝物も展示されていた。

次に現存する最古の天守閣と言われる丸岡城(別名:霞ヶ城)を目指していく。

丸岡城

丸岡城は天正4年(1576)に柴田勝家の甥である柴田勝豊によって築かれた城で、二重三層の天守閣は、領主の居館としての機能を持った望楼式天守で、屋根は「笏谷石(しゃくだにいし)」と呼ばれる石材を使った石瓦で葺かれており、現在この建物は国の重要文化財に指定されている。

昔の丸岡城

昔の城郭は五画形の広い濠を有し、外郭に侍屋敷を配置し、さらに外濠があって寺院民家を包容した城下町が形成されていたのだが、大正期から昭和にかけて濠は埋められてしまい、今は天守閣と石垣の一部が残されているのみである。

日本の城の天守のうち江戸時代以前に建設され現在まで保存されているものを「現存天守」とよぶが、7つの天守閣(水戸城、大垣城、名古屋城、和歌山城、岡山城、福山城、広島城)が太平洋戦争で焼失し、戦後の失火で松前城も焼失し、「現存天守」は12*あり、丸岡城はその中で一番古いものである。* (弘前城、松本城、丸岡城、犬山城、彦根錠、姫路城、松江城、備中松山城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城)

丸岡城地震

しかしながら、丸岡城は昭和23年(1948)の福井地震で石垣が崩れて上の画像のように倒壊してしまい、昭和30年(1955)に元の古材を8割近く使用して修復再建されたそうである。

日本一短い手紙として有名な「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」は徳川家康の功臣の本多作左衛門重次が陣中から妻に宛てて書いたものだが、この中の「お仙」は本多作左衛門重次の嫡子の仙千代で、その後仙千代は本多成重と名乗り福井城主に仕えて武勲をたてたことにより、この丸岡城の第六代城主となっていることはここへ来て初めて知った。
また丸岡城は日本100名城、日本さくら名所100選にも選ばれており、福井県の観光には欠かせないスポットである。

次の観光地は東尋坊だ。
昼からは激しいにわか雨が何度かあったが、運よく東尋坊は雨に降られずに観光することが出来た。しかし、楽しみにしていた観光遊覧船は風も波も強かったために残念ながら欠航していた。

東尋坊2

東尋坊は輝石安山岩の柱状節理という、世界で3箇所しかないといわれる奇岩が続き、東尋坊先端に浮かぶ雄島と共に天然記念物に指定されている。

東尋坊1

左の画像が有名な三段岩。雨の後でかなり岩が濡れており危険なので、あまり奥には進まなかった。

東尋坊の散策路を一通り歩いてから、雄島にも渡ってみた。

大湊神社

雄島にある大湊神社は昔から航海・漁業の守護神として崇敬されてきたが、 天正年間(1573~1591)に織田信長の兵火にあって焼失し、現在の社殿は元和7年(1621)に福井藩主松平忠直公により再建されたものである。この建物と伊邪奈岐命の木彫の座像が県指定の重要文化財になっている。 さらに進めば灯台や、磁石を狂わす磁石岩などがあるのだが、雨の後で地面がぬかるんでいたので、それ以上奥に行くのは諦めた。

夕刻近くになったので、芦原温泉で予約した旅館に向かう。
もちろん料理はカニ会席料理で、料金も高かったので大きなカニを期待していたのだが、カニに黄色いタグはなかったし、カニも思っていたよりか小振りのものだった。

本物の越前ガニには黄色いタグが付いているはずなのだが、本物の越前ガニを食べるには、去年の香住のように民宿を予約した方が良かったようだ。温泉や設備などは申し分なかっただけに残念だ。

東尋坊は子供の頃に家族で来た記憶があるのだが、その当時は岩場に通じる商店街がもっと賑わっていたように思う。今は、多くの観光客はただ店前を通り過ぎるだけで、随分空店舗が増えているのが気になった。

このようなことは東尋坊だけの話ではないが、昔はホテルの売店も小規模で、ロードサイドなどに土産物を沢山まとめ買い出来るような店もなかったので、観光客は観光地の売店で御土産を買っていた。わかりやすく言うと、昔は観光地の売店とホテルとは共存共栄の関係にあったのだと思う。
しかし、今ではホテルでも、高速のサービスエリアや道の駅などでも御土産が買えるようになって、観光客にとっては便利だが、観光地の小さな商店は大幅に売上を落とし、利益が出なくなってしまって閉鎖が相次いでいる。

地元の商店の経営の仕方にもっと工夫が必要なのかもしれないが、行政も地元との共生を考慮しない大手業者の参入を認め過ぎてはいないだろうか。
観光地は土地全体で醸し出す文化や空気を失ってしまっては旅行客にとっては魅力のないものになってしまう。 地元の企業がいくら努力しても、またいくら観光客が増加しても、都会資本の会社が潤うばかりで地元があまり潤わないのであれば、次第にその観光地は活力を失い、その魅力も色あせていくのではないだろうか。
観光客のために作られた大きな施設がバラバラに私的な利益を追求するのではダメで、地元の発展のために存在し行動する共生の価値観が必要なのだと思う。
***************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事

芦原温泉からみくに龍翔館、三国港、旧岸名家、養浩館庭園を訪ねて~越前旅行2日目

旅行の二日目は朝から雨だった。
芦原温泉の朝風呂に入り食事をゆっくり済ませたが雨はやまず、雨が止む事を祈りつつ旅程の順番を変更し、まずは「みくに龍翔館」に向かう。

みくに龍翔館2

上の画像が「みくに龍翔館」なのだが、一度見たら二度と忘れないようなユニークなデザインだ。この五層八角形の建物が明治12年から大正3年まで三国に「龍翔小学校」として存在し、「みくに龍翔館」はその小学校の外観を模して昭和56年に建てられた郷土資料館である。

龍翔小学校とエッセル

明治9年に三国を訪れたオランダ人の土木技師G.A.エッセルが、この龍翔小学校をデザインしたのだが、このG.A.エッセルと言う人物はトリックアートの天才画家M.C.エッシャーの父親だということがパンフレットに書いてある。

エッシャー騙し絵

M.C.エッシャーは面白い絵を数多く残しているが、名前を覚えていなくとも、上の絵はどこかで見たことのある人がほとんどだろう。

みくに龍翔館北前船

展示物は三国の自然と古代史、北前船で栄えた三国湊のにぎわいや、三国仏壇、三国箪笥などの工芸品や職人の作業場の復元、三国にゆかりのある文学者の書棚や書斎の復元や、トリックアートなどが展示されており、結構見ごたえがある。

三国祭りの山車

上の画像は毎年5月20日に行われる福井県指定無形民俗文化財である三国祭の、明治時代の山車を復元したものだが、この大きさには驚いた。高さは10mはあるだろう。
今ではこんなに大きなものが曳かれることはないそうだが、以前の三国の町は日本海交易でかなり豊かな暮らしがあったようだ。

建物の5階はこうもり傘のようになっている部分だ。ここから360度の景色が遠望できる。
日本海方面を臨むと、九頭竜川の河口が見え、そこに長い三国港突堤が突出しているのがわかるだろうか。

龍翔館からの日本海

G.A.エッセルが三国に滞在したのは、そもそもはこの突堤を作るためであったのだが、文明開化の風潮の中で三国の人々が三国の繁栄のシンボルとして小学校の建設を計画しており、たまたま三国に来ていたG.A.エッセルにそのデザインを依頼したというわけだ。

G.A.エッセルが来日したのは明治6年(1873)で30歳の時だった。大阪の淀川水系の調査を手始めに各地を回り、三国に来たのが明治9年(1876)。
当時、三国湾に流れる九頭竜川の上流から運ばれる土砂が河口に堆積して船舶が入港できなくなっている問題を解決するために、彼が三国に派遣されたのだそうだ。

土砂が河口に堆積する問題をG.A.エッセルは長い弧形の突堤を作って河口を狭め、九頭竜川の水圧を強めて土砂を吐きだす方法を考えて設計した。彼はオランダに明治11年(1878)に帰国し、工事は同じオランダ人のデ・レイケの監督指導により明治11年に着工し、この突堤が完成したのは明治15年(1882)だという。

三国突堤

雨がやんだので、三国港に向かってこの突堤を見に行く。冬の日本海の風は強く波も荒々しかったが、この厳しい環境で、130年近く経っても未だに土砂を河口から吐きだして、現役の突堤として活躍しているのは素晴らしい。この三国港突堤は明治時代に外国人が作ったものであるにもかかわらず、平成15年に国の重要文化財に指定されていることも凄いことである。

みくに龍翔館のホームページにはG.A.エッセルの記事が掲載されており、それによるとエッセルは母国に帰国後官僚として活躍するのだが、自らの人生を振り返って回想記を綴っているらしい。その中の第二巻が日本に関する記述だそうだが、三国に関する記述が突出して多いそうである。三国での生活が強く印象に残ったのだろうか。
http://www.ryusyokan.jp/escher.html

三国港をあとにして、すぐ近くの旧岸名家に向かう。
旧岸名家は代々材木商を営んでいた新保屋岸名惣介(しんぽやきしなそうすけ)の町屋であり、国の登録文化財に指定されている。

岸名家

このあたりは、北前船全盛期の幕末から明治にかけて三国の商業の中心であったところで、船問屋などが立ち並んでいた場所だったそうだ。

かぐら建て

妻入り屋根の正面に平入りの前半分を付けた建築様式は三国独特のもので「かぐら建て」と呼ばれている。三国には旧岸名家のほかにも「かぐら建て」の民家が多くのこっているようである。

旧岸名家の内部は帳場や台所、座敷などが復元されており、中を見学することもできる。
三国は俳諧が盛んで、岸名家初代の昨嚢が松尾芭蕉の高弟であった支考から文台を授かり「日和山吟社」を結成し、初代の宗匠として三国の俳諧を隆盛に導いたのだそうだ。

この「日和山吟社」は300年たった今も続いているそうである。

岸名家2階

旧岸名家の2階には、立机式といって宗匠の就任式の座席が再現されている。

三国から福井市に向かったが、福井市に近づくと雨が激しく降ってきた。

養浩館庭園2

次の観光地は福井藩主松平家の別邸であった養浩館とその庭園だが、雨の中の鑑賞となってしまった。昔のままで残っているのであればいいのだが、残念ながら建物は昭和20年(1945)の福井空襲で焼失してしまった。また庭園の敷地内に、大正11年に小学校が建てられていたのを移転されて、整備・復元されたものである。

養浩館庭園1

米国に日本庭園専門雑誌の「Sukiya Living(数寄屋リビング)/The Journal of Japanese Gardening」2010年度日本庭園ランキングにおいて、この庭園は3年連続で第3位に選ばれているそうだ。ちなみに第1位は島根県安来市にある足立美術館、第2位は京都の桂離宮で第4位は栗林公園なのだが、紅葉の盛りも過ぎてこの雨では、その価値はよくわからなかった。確かに綺麗な公園ではあるのだが、栗林公園の他にも兼六園など他にも名園がいろいろあるなかで、何故この庭園を米国人が高く評価するのかちょっと不思議に思った。
次のURLが、米国人が選んだベスト50なのだが、日本人の感覚とは違うような気がする。
http://www.rothteien.com/magnet/shiosai2010.htm

隣の郷土歴史博物館にも入り、近くのめしやで昼食にして時間をつぶしたが、雨がやむ気配がなかったので、次の観光をあきらめて帰途につくことにした。

ここ数年間は、旅行して天候に恵まれることが多かったのだが、今回は久しぶりに雨に降られてしまった。
福井県にはまだまだ見たいところがあるので、今度福井方面に行く時は、敦賀から小浜の名所を中心に巡りたいと思っている。
****************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル