HOME   »  南北朝~室町~安土桃山時代   »  本能寺の変  »  家康の生涯最大の危機と言われた「神君伊賀越え」の物語は真実か~~本能寺の変4

家康の生涯最大の危機と言われた「神君伊賀越え」の物語は真実か~~本能寺の変4

歴史の定説では、「本能寺の変」を知った徳川家康は、明智光秀軍や混乱に乗じた落武者狩りなどの遭遇を回避するために、わずか34名の供回りで堺から脱出したのち伊賀の山を越え、大変な苦労をして命からがら三河に帰ったことになっている。(「神君伊賀越え」)
また途中で家康と別行動をとった穴山梅雪(あなやまばいせつ)は、落武者狩りの土民に襲撃されて殺害されたことになっている。穴山梅雪とは武田勝頼滅亡後に甲斐武田家の名跡を継いだ人物である。
家康に関する小説やドラマを見ても、またブログの記事を見ても大半が同様な内容になっている。

前回記事で、当時の史料を読むと家康と光秀はつながっていた可能性が高いことを書いた。
ある読者から質問が来て、もし家康と光秀とがつながっていたとしたら光秀軍が襲ってくることはありえないのだから、家康生涯の最大の危機と言われている「神君伊賀越え」というのは何だったのかという質問を受けた。
その点については前回紹介した明智憲三郎氏の著書に、家康は悠々と三河に帰っているという当時の記録が紹介されているから面白い。

伊賀越えルート

茶屋四郎次郎の『茶屋由緒記』を明智氏が要約した文章を引用する。
「茶屋四郎次郎清延は家康一行の堺遊覧が済んだ旨を信長に伝えるため六月一日に(先発して)京都に向かった。
 本能寺の変が勃発すると直ちに堺へ急信に走り、(途中の中間点に近い)枚方で、(その朝先行して堺を出た)家康家臣の本田平八郎と行き会った。
 (さらに少し堺へ引き返した)飯盛山で家康一行と行き会い、事後処理を相談した。帰国して弔い合戦をすることに評議が決まり、所々山賊の蜂起に遭遇したが、四郎次郎が先発して金を撒いたので所々の者が案内を申し出て、家康は御機嫌よく三河へ帰った。」(『本能寺の変四二七年目の真実』p.165)

また、『伊賀者由緒忸御陣御伴書付』には服部半蔵ら伊賀者190人が伊賀から伊賀白子まで家康のお供をしたことが書かれているそうだ。なぜ、伊賀者が家康の護衛をしたかについては、家康の家臣である大久保彦左衛門尉忠教が『三河物語』にこう書いている。

「…信長がかつて伊賀の国を攻めとられたとき、みな殺しにして、諸国へ逃げた者も、つかまえて殺したが、三河へ落ちて家康をたのんだ人びとを、家康はひとりも殺すことなく、生活の世話をなさったが、国に討ちもらされていた者が、そのときのことをありがたく思っていて『こんなときにご恩をおかえししなくては』と家康をお送りした」(同上書p.166)というのだ。

伊賀越えの道

常識的に考えて200人近い護衛を即座に集めることは難しいだろう。明智憲三郎氏は、家康はあらかじめ伊賀越えをルートに選んで、逃走のための護衛も準備したと推理されているが、私もその通りだと思う。

また、穴山梅雪が死亡したのは落武者狩りの土民に襲撃されたのではなく、切腹して死んだことが三河深渦城主の松平家忠が残した『家忠日記』に明確に記されている。

「六月四日  家康は堺にいたが岡崎へ帰ってきた。家康以下、伊勢を発って大浜に上陸した。町まで出迎えに行った。穴山は切腹した。…」(同上書p.168)

岡崎に到着したのが6月4日というのも注目だ。本能寺の変は6月2日だからわずか3日で、初めて歩く山道を進んで堺から岡崎に戻っていることになるのだが、200kmを優に超える距離を一揆と何度も戦いながら命からがら逃げて帰ったにしてはどう考えても早すぎる。早駕籠にでも乗って、ほとんど何のトラブルもなく岡崎に戻ったのでないだろうか。
ちなみに江戸幕府の公式記録である『徳川実紀』では、「七日に岡崎へかへらせ給ひ。主從はじめて安堵の思をなす。」とあり、さらに3日かけて帰ったことになっている。

家康は信長の仇討ちをするために三河に戻ったのであるから、戦闘準備を整えて西に進んで光秀を討ちに行かなければ筋が通らないのだが、家康は直ちに織田領となっていた甲斐・信濃への進攻を開始し、6月18日に甲斐を治めていた織田家重臣の河尻秀隆を討ち果たし、最終的には織田の領土である甲斐全土と信濃半国を手中に収めてしまっている。

家康には、信長の弔い合戦で光秀を討伐する意志など金輪際なかったとしか考えられない。家康が急いで三河に帰ったのは、武田を滅ぼして織田領になったばかりの甲斐・信濃を徳川の領土とすることしか眼中になかったのではないか。

徳川実紀

もしそうだとすれば、家康にとっては、甲斐を攻めるにあたり武田家を継いだ穴山梅雪の存在は邪魔なものでしかなかったはずだ。穴山梅雪は、一揆勢に殺されたのではなく家康により切腹させられたと考えるのが妥当なところではないのか。『徳川実紀』で、家康が戻った日が3日も違うのは、梅雪が殺された理由を一揆勢とした手前、家康らも何度か一揆勢に襲われる危険があったとしなければ辻褄が合わず、また光秀の討伐ではなく織田領の甲斐・信濃をあまりに早く攻めたのでは織田家に敵対する意図が露見してしまう。

そこで、家康の行動を正当化するために、徳川幕府の正式記録には家康の「神君伊賀越えは家康の生涯最大の危機だった」と書き、大変な苦労をして三河に帰ったこととした。ほとんどの小説はその立場をとり、ネットで書かれている記述の大半も通説と変わらない記述になっている。
では、通説などが「神君伊賀越え」の記述の参考とした、江戸幕府の公式記録をまとめた『徳川実紀』という書物にはどう記されているのか。
『徳川実紀』は歴代の将軍ごとに纏められていて、徳川家康に関する記録は『東照宮御実紀』と称している。次のURLで誰でも読むことができる。
http://www.j-texts.com/jikki/toshogu.html
この文の中に「これを伊賀越とて御生涯御艱難の第一とす」という記述があり、全文検索を使えば該当箇所を容易に探すことができる。
この前後を読むと「伊賀越え」に関する通説はすべてこの『徳川実紀』を参考にしていることがわかる。
一部を紹介しておこう。

「我本國に歸り軍勢を催促し。光秀を誅戮せん事はもとより望む所なり。去ながら主從共に此地に來るは始なり。しらぬ野山に さまよひ。山賊一揆のためこゝかしこにて討れん事の口おしさに。都にて腹切べしとは定たれと仰らる。」
三河に帰って軍隊を引き連れて光秀を討ちたいところだが、ここから帰ろうにも初めて歩く道で野山にさまよい、山賊一揆のために命を落とすくらいなら都で腹を斬るべしと家康が言ったというのだが、嘘くさい話だ。

「穴山梅雪もこれまで從ひ來りしかば。御かへさにも伴ひ給はんと仰ありしを。梅雪疑ひ思ふ所やありけん。しゐて辭退し引分れ。宇治田原邊にいたり一揆のために主從みな討たれぬ。(これ光秀は君を途中に於て討奉らんとの 謀にて土人に命じ置しを。土人あやまりて梅雪をうちしなり。よて後に光秀も。討ずしてかなはざる德川殿をば討もらし。捨置ても害なき梅雪をば伐とる事も。吾命の拙さよとて後悔せしといへり。)」
穴山梅雪は家康と一緒に進むことを辞退し、宇治田原あたりで一揆のために殺害された。一揆勢は光秀に命じられて家康を討うとしたのだが、梅雪を家康と間違えて殺した、などと書かれているが、別行動を取った人物のことをなぜ家康と間違えて一揆で殺されたと断定できるのだろうか。

また『徳川実紀』には19日に秀吉の使いが来て、13日の山崎合戦で光秀を討ち取ったので上洛する必要がないことがわかり、一方で織田領であった甲斐国は信長が死んで一揆が頻発していたのでそれを鎮めるために甲斐に進軍したとある。
先ほど記したように家康軍は18日に織田領の甲斐国を制圧している。それを『徳川実紀』では19日以降に甲斐に進軍したような書き方だ。そのように書くのは、家康が甲斐国をはじめから狙っていたと思われたくなかっただけのことだろう。

日光東照宮

このように家康の時代の江戸幕府の公式記録である『徳川実紀』の一部である『東照宮御実紀』には、真実であることが疑わしい話がいくらもありそうだ。
しかしながら何度も言うように、多くの歴史書や小説やドラマは、このような書物を参考にして書かれている。歴史はいつの時代もどこの国でも、権力者の都合の良いように歪められていくもので、公式記録は特にその傾向が強いと思うのだが、公式記録を参考に書かれた小説やドラマがあまりにも多いために、真実と異なる話が常識として国民に定着してしまってはいないか。

春日局

前回、本能寺の変で明智軍を本能寺まで先導した武将が斉藤利三で、その妹が長宗我部元親の妻であることを紹介したが、この斉藤利三の娘の「福」は稲葉重通(いなばしげみち)の養女となり、江戸幕府の第3代将軍徳川家光の乳母となり、後に「春日局(かすがのつぼね)」として権勢を誇り江戸城大奥の礎を築いたとされる人物である。
乳母という立場は、その気になれば嬰児の命を奪うことは容易にできる。もし徳川家康と明智光秀とが敵対関係にあったなら、敵である明智光秀の重臣の娘を引き取って、孫の家光の乳母に抜擢できるであろうか。家康と利三との間に余程の信頼関係がなければ、このようなことは絶対にあり得ない話である。

斉藤利三は本能寺の変の後、中国から引き返してきた羽柴秀吉との山崎の戦いで先鋒として活躍するのだが敗れて逃走し、その後、秀吉の執拗な捜索により近江堅田で捕縛され、六条河原で斬首となったとされている。
処刑される前に秀吉軍から、謀反に加担した者の名前を執拗に追及されていたはずだ。その時にもし利三が家康の名前を白状していたら、秀吉が直ちに徳川家征伐に動いて、徳川の時代は来なかったかもしれない。
明智憲三郎氏は、利三がこの時に口を割らなかったから家康は安堵して、利三の娘の福を孫の乳母に採用することにつながったことを示唆しておられるが、的を得た指摘であるように思う。
ところで徳川幕府の2代将軍は秀忠で3代将軍は家光だが、明智光秀の名前の字を一字ずつ入れているとも読める。もし明智光秀が敵対していたのならば、秀や光という字を将軍の名前に入れることを忌み嫌っていてもおかしくないとも思う。
家康と光秀とは繋がっていたと考えたほうが正しいのではないだろうか。

見ざる言わざる聞かざる

徳川家康を祀った日光東照宮に「見ざる言わざる聞かざる」の彫刻がある。この彫刻は何のために作られたのだろうか。
人生訓としては普通の人間には含蓄がなさすぎるのだが、謀略を繰り返してきた家康にとっては、子子孫孫の発展のために徳川家の秘密を一切外に洩らすなという強い思いが、この三匹の猿に込められているのかもしれない。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 本能寺の変について
高久令さん、コメントありがとうございます。またかなり古い記事まで読んで頂き恐縮です。
とても、励みになります。

金本位制の話、面白いと思ってネットで調べると、八切止夫氏の仮説が広まっているようですね。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/ya-fuian/newpage11.html#

時代をさかのぼればさかのぼるほど、史料が少なくなっていきますし、根拠とする史料が正確に事実を記しているかどうかも保証の限りではありませんが、それでもできるだけ多くの資料と矛盾しない範囲で仮説を立てるべきで、史料もなしで推理するのは物語の世界です。

八切氏の論文は未読ですが、どのような史料をもとにして書いているのでしょうか。具体的な史料があるなら興味があります。

明智光秀=天海説について
こんにちは。ネットを徘徊していたらこちらのブログに辿り着きました。ブログ主さんの本能寺の変に関する考察が一番真実に近いような気がします。ところで明智光秀には南光坊天海と同一人物説があるのですが、ブログ主さんはどう思われますか?ネットで興味深い考察をしているサイトがこちらにあります。
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/6291/nazo/legend.html
ブログ主さんから見た明智光秀=南光坊天海説の考察、いつか都合つく時にでもお願いします。
Re: 明智光秀=天海説について
としさん、コメントありがとうございます。

本能寺シリーズでは書かなかったテーマですが、興味をもちつつも当時の記録でその説を裏付ける史料がよく分からなかったので、触れませんでした。
面白そうなネタを紹介いただきありがとうございました。

記事に出来るかどうかはわかりませんが、紹介いただいた説や関連する記事を自分なりに読んでみたいと思います。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル