HOME   »  南北朝~室町~安土桃山時代   »  本能寺の変  »  秀吉の「中国大返し」はどこまでが真実か~~本能寺の変5

秀吉の「中国大返し」はどこまでが真実か~~本能寺の変5

天正10年(1582)6月、備中高松城の戦いにあった羽柴秀吉が主君織田信長の本能寺の変での横死を知り、速やかに毛利氏との講和を取りまとめて、明智光秀を討つため京に向けて全軍を取って返した軍団大移動を「中国大返し」と呼ぶのだが、備中高松城(岡山県岡山市北区)から山城国山崎(京都府乙訓郡大山崎町)まで235kmもある。「日本史上屈指の大強行軍」と言われることは理解するのだが、武装した集団が武器・食糧を運びながら、なぜ、本能寺の変からわずか10日で山崎に着くことができたのだろうかと誰しも疑問に思う。

本能寺の変は6月2日の朝だが、そもそも信長が死んだという情報が届かなければ秀吉は動けない。しかし秀吉が毛利と和睦したのは2日後の6月4日である。本能寺の情報は6月3日か4日の未明時期には秀吉の手元に届いていたことになるのだが、この情報が届くのがそもそも早すぎるし、また毛利との交渉がまとまるのも早すぎるのではないかと疑う人も少なくないようだ。
このことから、秀吉が本能寺の変の黒幕であるとする説も存在するのだが、もし秀吉と光秀が共謀していたのなら、山崎の合戦で光秀はそのことを黙って討たれたことになってしまう。そこで光秀が秀吉との共謀が事実ならばそのことを公表すれば、秀吉は謀反の一味となって織田一族との連合はほぼ不可能となり、光秀方に有利な状況を作り出せると考えると不自然な印象がある。

豊臣秀吉

秀吉は謀反に加担はしていなかったが、家康が畿内にいる間に何が起こってもおかしくないことを事前に察知していて、もし何かが起これば、その情報をできるだけ早く伝える指令を出していたのではないだろうか。
明智憲三郎氏の『本能寺の変四二七年目の真実』に『宇野主水(うのもんど)日記』という書物が紹介されている。
宇野主水とは本願寺顕如の祐筆であった人物だが、この日記に、京都滞在を終えて堺に入った家康一行に、織田信長と織田信忠からそれぞれ「長谷川竹」と「杉原殿」という人物が同行していたことが書かれているそうだ。
ところが、「長谷川竹」は本能寺の変後も三河まで家康と同行していることが『信長公記』でも確認できるが、「杉原殿」は忽然と記録から消えているのだそうだ。この「杉原殿」が誰かについては諸説があるようだが、織田家の家臣でもあり秀吉の正室・寧々の叔父でもある杉原家次だと考えられている。

明智憲三郎氏は、こう推理されている。
「秀吉は家康が上洛するタイミングを掴むために、この杉原家次を家康一行に同行させていたとみられます。
 なぜ家康にわざわざ同行させていたのでしょうか。それは家康が信長に会うために上洛する日が本能寺の変の起こる日、ということを知っていたからに他なりません。
果たせるかな杉原家次は六月二日の朝、家康の上洛を確認すると、家康一行と離れ、堺を発って備中の秀吉に注進しました。『惟任退治記』には「備中表秀吉の陣には、六月三日夜半許り、密かに注進あり」と書かれています。注進した人物の名は書かれていませんが、家次が最も早く注進できた人物であることは間違いありません。」(『本能寺四二七年目の真実』p.198)

秀吉が大村由己に書かせた『惟任退治記』には、この杉原家次の名が、本能寺の変翌日の六月三日に備中高松において毛利との和議をまとめたことが書かれているという。また杉原家次は、本能寺の変・山崎の戦いの後は丹波福知山の領主となり、その後は坂本も領有し、京都所司代も兼ねるなど異例の扱いを受けているのだそうだ。
秀吉は、杉原家次が本能寺の変の情報をいち早く伝えたことを、高く評価したという事なのだろうか。

しかし、秀吉はなぜ明智光秀が信長に対して謀反を起こすという事を予見できたのだろう。杉原家次を家康に同行させる前に、その家康と信長が京都で会う日に何かが起こるという確信がなければ適格な指示は出せなかったはずだ。

明智憲三郎氏によると、そもそも秀吉は長宗我部元親と対立する三好康永に肩入れして、信長の四国政策の変更を仕組んだ。長宗我部氏と結びついた明智氏はそれにより窮地に立つことを当然理解しており、それにより光秀がどう動くかに注目していた。
そのタイミングで信長の上洛命令にも従わず、光秀の謀反にも加担せずに秀吉に情報を流した武将がいた。それが細川藤孝(幽斎)である。細川藤孝は安土城で徳川家康と明智光秀が談合した際に同席しており、信長に対する謀反の計画を知っていた可能性が高い。

秀吉が大村由己に書かせた『*惟任退治記(これとうたいじき)』にこういう記録がある。
「長岡兵部大輔藤孝は、年来将軍(信長)の御恩を蒙ること浅からず。これに依って、惟任が一味に与せず。秀吉と心を合わせ、備中表に飛脚を遣わし、爾来、江州、濃州、尾州(近江、美濃、尾張)に馳せ来たり」(同上書p.200: *惟任とは明智光秀のこと。)
日付が書かれていないが、信長の命に従わず6月2日に上洛しなかったことから、比較的早い時期でかつ秀吉が備中にいたという微妙な時に、細川藤孝が重要な情報を秀吉に流したと考えられるのだ。

かくして、秀吉は他の大名よりも格段に早く、明智光秀による信長への謀反の情報を得ることができたのである。

備中高松城水攻め

では、何故一日で毛利との和解が成立できたのか。
この点について明智憲三郎氏は、安国寺恵瓊と共謀していつでも和解できる状況にあり、膠着状態においてタイミングを計っていたと書いておられる。
これにも根拠があって、『惟任退治記』には、「既に毛利からは高松城明け渡しや五ヶ国割譲などの申し入れが再三あった」と正直に書かれており、それを裏付ける古文書が、毛利家に伝わる『毛利文書』に残っているそうだ。

秀吉大返し地図2

次に、備中高松城から山崎までの235kmをどうやって兵をすすめたのか。
秀吉が書かせた『惟任退治記』では、
「六月六日未(ひつじ)の刻、備中表(おもて)を引き、備前の国沼(ぬま)の城に至る。七日、大雨疾風。数か所大河の洪水を凌ぎ、姫路に至ること二十里ばかり、その日、着陣す。諸卒相揃わずといえども、九日、姫路を立って、昼夜の堺もなく、人馬の息をも休めず、尼崎に至る。・・・・・・」とある。

次の表は、明智憲三郎氏がご自身のブログで『惟任退治記』の通りに軍をすすめた場合に、1日何キロ進んだことになるかをまとめたものである。
http://praha.at.webry.info/200911/article_3.html

6月 6日 備中高松*~沼  35km (*午後2時出発)
6月 7日 沼~姫路    70km (大雨疾風)
6月 9日 姫路~明石   35km
6月10日 明石~兵庫   20km
6月11日 兵庫~尼崎   25km
6月12日 尼崎~京都山崎 50km

明智氏が指摘しておられるように、6月の6日と7日の距離は異常な距離だ。武具をつけ、武器を持ち、食糧を持って2万人以上の集団がこれだけの距離を進めるのかどうか。しかも6日は実質半日、7日は大雨疾風の日だ。こんな日に動いたら軍の体力を消耗するだけではないか。

お遍路さん

ちなみに四国八十八箇所巡りのお遍路さんは、40日から50日で1200km、つまり1日で24から30km歩くのだそうだ。それよりも少々長い距離を進むことは理解できるが、70kmというのはその倍以上の距離である。その速さを持続して、武装集団が食糧などを運びながら山道を含む道を進むことができるとは思えない。

ところで、進軍しながら秀吉軍がいくつか書状を書いており、それがいくつか残されている。

中川清秀宛て書状

ひとつは秀吉が摂津の中川清秀に宛てた6月5日付の書状である。これには、「我々は途中の沼(岡山)まで、既に引き返してきている」と書かれているそうだ。この日は、『惟任退治記』ではまだ出発してもいない日である。
また6月8日付の秀吉重臣の杉若無心より細川藤孝の家老松井康之に宛てた書状には「去六日に姫路に入城した、明日ことごとく出陣する」と書かれているという。
秀吉が情報工作のために嘘を書いたという解釈もあり得るが、秀吉軍の行程を見る限りにおいてはどちらの書状正しい可能性のほうが高いのではないだろうか。もしそうだとすると、実際は『惟任退治記』の記録よりも早く秀吉は出発していなければならないことになる。
また、6月9日以降の日程については、「萩野文書」「蓮成院記録」などで確認されているので問題がないそうだ。

明智氏は次のURLで、上記の書状から秀吉軍は4日の朝に出発していると推理しておられる。7日の台風は姫路城でやり過ごし、休息にあてたと行程からすれば無理のない距離配分になっている。
http://praha.at.webry.info/200911/article_5.html

6月4日朝~4日夜  備中高松~沼  35km
6月5日朝~6日夜  沼~姫路    70km
6月7日       姫路(大雨疾風)
6月8日朝~8日夜  姫路~明石   35km
6月9日朝~     明石~兵庫   20km
~10日夜   兵庫~尼崎   25km
6月11日~12日昼  尼崎~京都山崎 33km

ということは毛利軍との和睦が成立するかのうちに備中高松の撤収の準備を始めていなければ不可能だという事になる。明智説によると秀吉はフライングをしていたということになる。

6月4日に出発していたのならば、備中高松から235kmを進軍させたこと自体はそれほど驚くべきことではない。特に姫路からの距離は普通のスピードで進んでいる。
秀吉が山崎に戻るのが早かった最大のポイントは進軍の速さではなく、本能寺の変の情報をいち早く掴み、毛利との和睦を1日でまとめたことによるのだが、それが可能であったのは、初めから何が起こるかがわかっていて、その準備をしていたからだという事になる。

中国大返し絵

では、秀吉が『惟任退治記』で備中高松を出発した時期をなぜ2日も遅らせて書かせたのか。これは、秀吉が事前に光秀が信長に謀反を起こす情報を事前に掴んでいたことを疑われたくなかったからではないのか。
姫路からの行程は多くの人が秀吉軍が進軍するところを目撃していたので嘘を書くわけにはいかなかった。そのために目撃者の少ない備中高松から姫路までの所要日数を誤魔化すしかなかったのだろう。
そのために、毛利との和睦を一日で決着させ、備中高松から姫路までの105kmの道のりを、暴風雨の中1日半で駆け抜ける英雄の物語となってしまった。
有名な秀吉の「中国大返し」は、こういう経緯で秀吉によって作られた話だと思えば、すっきりと理解できるのだ。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
初めまして。
まだ飛ばし飛ばしにしか読んでないのですが、
「本能寺の変 秀吉の陰謀」って本には杉原家次が突如冷遇されたのはどうしてなのかとか、家康は信長を殺害したのは光秀だとは考えていなかったなど、
興味深い内容が書かれていました。
Re: タイトルなし
読んで頂いた上にコメントまで書いて頂き感謝です。古い記事を多くの方に読んで頂いていることがとても励みになっています。
歴史の常識となっている事柄も、調べていくと根拠がいい加減である事が少なくありません。他の多くの史料と明らかに矛盾することが多い場合は、通説を疑うことも必要なのだと思います。多くの史料の記録と矛盾しない仮説を立てて検証することが真実に近づく道だと考えるのですが、わが国では、そうなっていないのは残念なことですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル