HOME   »  地方の歴史と文化を訪ねて   »  奈良県  »  五條市に天誅組と南朝の歴史を訪ねて~~五條・吉野の旅その1

五條市に天誅組と南朝の歴史を訪ねて~~五條・吉野の旅その1

奈良県の五條市に天平時代の建築物である栄山寺(えいさんじ)八角堂という建物が残されていることを知った。何度か戦火に遭い、八角堂だけは焼けなかったそうだが、法隆寺の夢殿のようなこの国宝の建物をこの目で見たいと思って、五條市や吉野郡の天誅組や南朝の史跡を中心に巡る旅行を計画して、先日行ってきた。

栄山寺は、藤原不比等(ふひと)の長子である武智麻呂(むちまろ)が養老3年(719)に創建したと伝わり、その後、武智麻呂を祖とする藤原南家の菩提寺として鎌倉時代になるまで大いに栄え、南北朝時代には南朝の後村上・長慶・後亀山天皇の行宮*(あんぐう)が置かれていた歴史があるという。
*行宮:天皇の、行幸時あるいは、政変などの理由で御所を失陥しているなどといった場合、一時的な宮殿として建設あるいは使用された施設の事。行在所(あんざいしょ)、御座所(ござしょ)、頓宮(とんぐう)とも言う。

境内を少し進むと国宝に指定されている平安時代の梵鐘がある。小野道風(おののとうふう)の書と伝えられる銘文から延喜17年(917)11月3日に鋳造されたものであることがわかっている。

栄山寺本堂
本堂には本尊の木造薬師如来坐像(国重文)がある。たまたま春の御開帳の時期にあたっていて、ラッキーだった。本堂・八角堂は春(4/25~5月第3日曜)と秋(10/25~11月第3日曜)と正月(3が日)に御開帳され、今年の春の御開帳は5月26日までである。
http://inori.meguru-nara.jp/hihou/result.php?e=30

上記URLに御本尊の画像があるが、木造薬師如来坐像(国重文)は室町時代永享3年(1431)に制作されたもので、仏像だけでなく後背も金色が驚くほど鮮やかだった。また左右に並んでいる木造十二神将立像(国重文)も室町時代に制作されたものである。
本堂前には鎌倉時代に建立された石灯籠があり、この石灯籠も国の重要文化財に指定されている。
先日訪れた時は新緑の緑が鮮やかであったが、秋の紅葉の時期もきっと素晴らしいだろう。そして裏山の山頂には藤原武智麻呂の墓があるという。

栄山寺八角堂

これが国宝の八角堂だが、御開帳の時期だったので、中にも入ることが出来た。かなり剥落してしまってはいるが、内陣の天蓋や柱などには装飾画が描かれていて、この装飾画も国の重要文化財に指定されている。

この栄山寺にはほかにも貴重な文化財が多数残されているが、すばらしい文化財を、昔から安置されていた場所で、古いままの姿で、仏像ならば祈りの空間の中で間近に鑑賞しながら、古き時代を偲ぶことができることはありがたいことだ。

栄山寺を出て国道24号線に向かって600m程走ると右に折れる細い道があり、しばらく進むと「宇智川磨崖碑(うちがわまがいひ)」の入口がある。
この磨崖碑に彫られているのは「大般涅槃経(だいはつねはんきょう)」というお経の一部で、彫られた時期は宝亀7年か9年(776か778)で、その頃はこのあたりも栄山寺の境内であったのだそうだ。

宇智川磨崖碑
私はこの宇智川を渡るのを諦めたので、対岸からは彫られた字が岩のどこにあるかよく解らなかったのだが、次のURLには写真などで詳細にレポートされている。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/7460/nara-gojyou-utigawahi.html

五條市立民俗資料館
次に車を五條市立民俗資料館に進める。
江戸時代は、奈良県五條市は徳川幕府の直轄地で、現在の五條市役所の場所に五條代官所があったという。この民俗資料館は江戸末期には五條代官所の長屋門だった建物である。
文久3年(1863)8月17日に尊王攘夷派の天誅組(てんちゅうぐみ)によって五條代官所が焼き討ちにされる事件が起こった。この事件は立場により「天誅組大和義挙」と呼んだり「天誅組の変」と呼んだりするのだが、この資料館には天誅組に関する多くの資料が展示されている。

そして今年はこの事件が起こってからちょうど150年の節目の年になるので、各地でイベントが企画されているようだ。

しかし天誅組のことは、一般的な歴史叙述からほとんど無視されており、私も最近までほとんど何も知らなかった。どんな事件であったのか、Wikipediaなどを参考にして簡単に振り返ってみよう。

徳川幕府が外国勢力に屈して開国した後、幕府勢力に対抗する旗頭として朝廷を担ぎ出す動きが広まり、脱藩した武士たちが尊王攘夷の中心となっていた長州藩に集まり、攘夷派公卿とともに反幕活動を活発化させていった。
この事件が起こった文久3年(1863)には、孝明天皇の勅命を以て幕府に攘夷を迫り、朝廷の権威を高めるために孝明天皇は賀茂神社・石清水八幡宮と2度の行幸をされている。さらに3度目の行幸として大和(奈良)に行幸するという詔が8月13日に発せられた。

天誅組
ここで先に大和入りして天領である五條を平定しようと、中山忠光(明治天皇生母・中山慶子の実弟)、土佐脱藩吉村寅太郎、刈谷脱藩松本奎堂・備前脱藩藤本鉄石ら38名の同志が五條に向かった。これが「天誅組」である。当時の記録によると38名の内18名が土佐脱藩浪士、8名が久留米脱藩浪士であったそうだ。

彼らは8月17日に五條代官所を襲撃し鈴木源内ら役人を殺害し、櫻井寺に本陣を置き五條を天朝直轄地とする旨宣言して「五條新政府」を置いた。

ところが、尊王攘夷派のやり方に反発する薩摩藩と会津藩とが、討幕に繋がる今回の行幸を阻止しようと手を組み、8月18日に宮中でクーデターを起こしたのである。(8月18日の政変)
そのために朝廷の人事変更と孝明天皇の奈良行幸が、急遽中止されることとなり、長州藩と尊王攘夷派公卿たちは京都から追放されてしまう。

わずか1日で、天誅組は、皇軍御先鋒の大義名分を失い、反乱を起こした賊として討伐を受ける側に立たされたのである。
彼らの軍議で決まったのは、解散ではなく徹底抗戦。いずれ尊王攘夷派が決起することを信じて抗戦し、武力討幕が可能であることを証明し、たとえ途中で倒れても、続く者の為に捨て石になることを選択したのである。

総勢100名程度の天誅組征伐に、幕府は近畿一円の藩に出動命令を出して約1万の兵を動員し、天誅組は命からがら十津川へ撤退し、その後大峰山を超えて下北山村に出て、9月27日に吉村寅太郎が東吉野で討たれたのを最後に壊滅してしまった。

彼らの善戦は時代を変える突破口になり「明治維新の魁(さきがけ)」となったという評価は正しいと思う。
その後生野義挙、禁門の変などがおこり、時代は武力討幕へと移っていく。そして4年後、徳川幕府が倒れ明治新政府が誕生した。彼らは自ら新時代を見ることなく散っていったのである。

櫻井寺
上の画像は天誅組の本陣が置かれた櫻井寺である。現在はコンクリート造りのモダンな建物だが、当時の堂宇は国道24号線が計画された時に撤去され、神奈川県箱根町に移築されたのだそうだ。境内には五條代官であった鈴木源内らを殺害した後首を洗ったという「首洗いの石手水鉢」が残されている。

新町通り
五條市の「新町通り」は、江戸時代の情緒漂う古い町並みが残されていて一見の価値がある。電柱と電線くらいは地中に埋めてほしいところだが、漆喰塗の壁や虫籠窓、格子の家々の連なる通りを歩くと、タイムスリップしたような気分になる。
「新町通り」に沿って歩くと古い家並みが続くが、第一次吉田内閣の司法大臣などを勤めた木村篤太郎の生家が「まちや館」として公開されており、木村篤太郎の写真や勲章などが展示されている。さらに行くと「まちなみ伝承館」という施設があり、昔の五條市内商店の「引き札」(ポスターのようなもの)や、雛人形などが展示されていた。

栗山邸
また新町通りの入口あたりには、国の重要文化財に指定されている栗山邸がある。棟札には慶長12年(1607)の銘があり、建築年代のわかっているものでは日本最古の民家なのだそうだが、公開されていないのは残念だった。

賀名生の里歴史民俗資料館
昼食に柿の葉寿司で腹ごしらえをしてから、五條市西吉野町にある「賀名生(あのう)の里歴史民俗資料館」に車を進める。ここには南朝の宝物や天誅組の資料などが展示されている。

堀家住宅
この隣にある立派な茅葺の家が堀家住宅(国重文)で、南北朝時代に3代にわたり天皇の皇居になったとされている。今も住居として利用されているために、中に入るには事前に往復はがきを送付して堀家の訪問許可を得る必要があるのだそうだが、門には天誅組の吉村寅太郎の筆になる「皇居」と書かれた扁額が掛けられていた。

南朝三帝賀名生皇居之址
堀家背後にある丘陵上に黒木御所が造られたとされ、「南朝三帝賀名生皇居之址」と書かれた石碑があり、その近くに『神皇正統記』を著して後村上天皇のために南朝の正当性を主張した北畠親房の墓がある。
北畠親房墓

延元元年(1336)後醍醐天皇が足利尊氏の謀反により吉野に遷られてから、後亀山天皇が京都に戻られた元中9年(1392)までの57年間を南北朝時代と呼ぶのだが、その間南朝の皇居が転々と遷って行ったことを、今回の旅行の下調べで初めて知った次第である。

Wikipediaに南朝の行宮がどのように遷って行ったかが書かれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E8%A1%8C%E5%AE%AE

南北朝系図
後醍醐天皇は吉野山の吉水院に入られたのち金峯山寺の塔頭・実城寺を「金輪王寺」と改名して行宮とされたのだが、この場所で延元4年(1339)に後村上天皇に譲位した直後に崩御され、正平3年(1348)には高師直率いる室町幕府軍が吉野に侵入して行宮を焼き払い、後村上天皇は賀名生行宮に移られたという。
その後長慶天皇が文中2年(1373)に吉野に行宮を戻すも長く維持することが出来ず、天授5年(1379)には今回の記事の最初に記した栄山寺に行宮を移されている。
その後、元中9年(1392)に南北朝合一を迎えるまでは賀名生などに行宮が置かれたと推定されるとある。

南朝のことをよく「吉野朝」というのだが、南朝56年の歴史の中で、吉野に行宮が置かれたのはわずかに20年弱だったとは知らなかった。

しかし、南北朝の合一で全ての問題が解決したわけではなかった。
歴代天皇が承継してきた三種の神器を北朝の後小松天皇に渡したあとは、南朝の後亀山天皇は冷たい仕打ちを受け、以後は大覚寺統(北朝)と持明院統(南朝)が交互に天皇の位につくという約束であるのに皇太子すら立てることもできなかったし、国衙領を支配しても良いという約束も守られなかった。怒った後亀山天皇は再び吉野に戻ったのだが、南北朝合一の事実は残り、以後は北朝系によって天皇位が独占されてしまう。
そして、その後も南朝の子孫は反幕勢力に担がれたりしながら、応仁の乱の頃まで南朝復興運動が続けられたという。吉野の山奥にはその歴史が刻まれているのだ。
<つづく>
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ







関連記事
Comment
猛暑の龍神村
こんにちは。いつもお世話になっております。週末、少しは涼しいかと高野山と龍神温泉に行ってきました。暑かったです。でも、ゲリラ雷雨で一気に気温が下がり、昨日は25度でした。
龍神村の天誅倉(再建)と野迫川村の長慶天皇陵を見てきましたよー。天誅組の移動行程の険しさはすごいですね。
野迫川村の立里荒神社、高野山と廃仏毀釈の歴史を見るような素敵なお社でした。
しばやん様の記事でいろいろな事を学ぶとどこへ行っても楽しくて仕方がないです。ありがとうございます。
Re: 猛暑の龍神村
つねまるさん、こんばんわ。

2年前に書いた記事を読んで頂き、コメントまで頂いてとても嬉しいですし、励みになります。
つねまるさんのような歴史に詳しい方が読者におられると、いい加減な記事が書けませんね。

つねまるさんのブログも、最近は先日丹波に行かれたと思ったら、今度は野迫川ですか。行動範囲の広さと旺盛な好奇心に感心しています。
私は野迫川村はまだ一度も行ったことがないですが、南朝の天皇陵があるのですね。立里荒神社という神社も聞いたことがないですが、よくいろんな神社仏閣を御存知ですね。その流れで川上村の金剛寺にも行かれたのかな。

つねまるさんのレポートがとても楽しみです。
天誅組史跡
こんばんは。いつもお世話になっております。
しばやん様の記事で天誅組を勉強して、すっかり夢中になりました。
168号線を南下すると、五條から天の辻本陣、十津川の本陣と足跡を少し追うことが出来、楽しかったです。
栄山寺にそろそろ行きたいなと思っております。昔行った時は、草ぼーぼーで、壁画には「消え消えの美」です、というシュールな説明がされておりましたが、今はどうなっているのかドキドキします。
Re: 天誅組史跡
こんばんは。こちらこそお世話になっています。

私もこの旅行をするまでは天誅組のことをほとんど何も知りませんでしたが、たまたま天誅組の変から150年の節目に当たっているので、天誅組と南朝・後南朝の歴史を訪ねる旅程を立ててみました。天気がよかったこともありますが、結構楽しむことが出来ました。
栄山寺は、私が訪れた時はたまたま春の御開帳の時期でしたが、明日からは秋の御開帳ではないでしょうか。11月の半ばまではチャンスですね。
栄山寺
こんにちは。いつもお世話になっております。お体の調子はいかがですか?
栄山寺、行って参りました。静かな静かな境内でした。
御開帳中で素晴らしい仏像を拝見することが出来ました。ありがとうございました。
櫻井寺と五條市立民俗資料館にも立ち寄り、天誅組の勉強にもなりました。とても面白かったです。
Re: 栄山寺
つねまるさん、いつもありがとうございます。おかげさまで風邪もだいぶ良くなりました。

栄山寺にさっそく行ってこられたのですね。御開帳の時に行けて良かったですね。私はいつも、古い建物の中で、昔のままの「祈りの空間」の中で仏像を観賞したいと思うのですが、栄山寺のように昔の人が祈った頃と同じように祈ることが出来る場所が随分少なくなっているのは残念なことです。

天誅組は3年前が事件から150年の応当日に当たったのですが、この年にどの程度お客様が五條市を訪れたのでしょうか。私も、この旅行の旅程を立てるために調べることがなければ、櫻井寺や五條市立民俗資料館に立ち寄る事かなかったでしょう。ブログを書き始めて、いろいろ調べるようになったことが、随分旅行を楽しいものにしてくれています。多くの読者に読んで頂き、こちこそ、皆さんにお礼を言いたい気分ですよ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル