HOME   »  地方の歴史と文化を訪ねて   »  奈良県  »  東大寺戒壇院と、天平美術の最高傑作である国宝「四天王立像」

東大寺戒壇院と、天平美術の最高傑作である国宝「四天王立像」

新薬師寺の国宝仏像を鑑賞した後、続けて天平時代の国宝仏像が見たくなった。

東大寺の戒壇院には有名な国宝の「四天王立像」がある。この仏像は今までテレビや写真でしか見たことがなかったのだが、ずっと以前からこの仏像を自分の目で見たいと思っていたので、新薬師寺を見た後に奈良公園を抜けて東大寺戒壇院に向かった。

東大寺戒壇院

上の画像が東大寺戒壇院だ。戒壇院は誰でも知っている東大寺大仏殿から300m程度西側にあるのだが、ここに来る観光客はかなり少なかった。

「四天王立像」のことを書く前に、東大寺戒壇院の歴史をパンフレットの記事などを参考にまとめておく。

天平勝宝6年(754)に僧鑑真が来朝し、東大寺大仏殿の前に戒壇を築いて、聖武天皇をはじめ百官公卿四百人に戒を授けた記録があるが、同年五月一日孝謙天皇の戒壇院建立の宣旨により、東大寺戒壇院が造営されたそうだ。創建当初は金堂、講堂などが建てられていて、かなり大きな寺院であったらしい。

東大寺戒壇院戒壇堂

その後、治承4年(1180)、文安3年(1446)、永禄10年(1567)の三度の火災により、創建当初の堂宇をすべて失い、国宝の「四天王立像」が安置されている現在の戒壇堂(上の画像)は享保17年(1732)年に建立されたもので、現在奈良県の重要文化財に指定されている。

ところで、「戒壇」とは受戒の行われるところで、「受戒」とは僧侶として守るべき事を確かに履行する旨を仏前に誓う厳粛な儀式のことだ。

創建当初の「四天王立像」は銅造のものであったらしいのだが今はなく、今の国宝「四天王立像」は東大寺内の「中門堂」から移されたものと言われているそうだ。その「中門堂」も焼失して今の東大寺にはない建物であり、よくぞこの戒壇堂に天平時代の最高傑作が残されることになったものだと思う。

入堂すると二重の檀があって、参拝者は下の檀に上がってぐるりと一周しながら上檀の四隅に立つ各像と目の前で対面することになる。

東大寺戒壇院四天王2

東大寺戒壇院四天王1

東南隅に剣を持つのが持国天、西南隅に槍を携えて立つのが増長天。北西隅に巻物を持つのが広目天、北東隅に宝塔を高く掲げているのが多聞天である。

像の高さは163cmほどの等身の像で、増長天のみが口を開いて忿怒形をしているが、広目天・多聞天・持国天は口を閉じてはいるものの内面に怒りを秘めており、それぞれの表情に深みがあり、写実的で迫力がある。

特に広目天の眉間に皺を寄せ両眼を細めて遠くを凝視する表情や、多聞天の口をへの字に曲げてすぐにでも怒りが爆発しそうな表情が印象に残った。像の足元で脅えている邪鬼の表情もまた面白い。
この天平時代に、人間の内面の怒りや感情をこれほど高度に描写する天才仏師が日本にいたというのが凄い。

この「四天王立像」を制作した仏師はいったい誰なのだろうか。

Wikipediaによる「東大寺」の解説によると、この「四天王立像」は、「法華堂の日光・月光菩薩像とともに、奈良時代の塑像の最高傑作の1つで、国中連公麻呂(くになかのむらじきみまろ)の作」と書かれているのだが、この「国中連公麻呂」という人物は何者なのか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BA

「続日本紀」の巻第三十三光仁天皇の宝亀五年(774)の記録の中に「国中連公麻呂」が亡くなったことと、その業績などが簡記されている一節がある。しばらく引用してみる。

「冬十月三日、散位・従四位下の国中連公麻呂が卒した。もとは百済の人である。祖父の徳率(百済の官位の第四位)・国骨富は、近江朝廷(天智朝)の癸亥年(663)に本国が滅びる戦乱にあって帰化した。天平年間に、聖武天皇が広大な願いをおこして盧舎那仏(東大寺大仏)の銅像を造ろうとした。その高さは五丈(15m余り)である。当時の鋳造の工人はあえてそれに挑む者はいなかったが、公麻呂は大変優れた技巧と思慮があり、ついにその仕事をなしとげた。その功労によって、最後には四位を授けられ、官も造東大寺次官兼但馬員外介になった。天平宝字二年に、大和国葛下郡国中村に居住していたので、地名に因み「国中」の氏を命じられた。」(「続日本紀(下)現代語訳」講談社学術文庫p133-134)

と、ここには国中連公麻呂が東大寺大仏の鋳造に関わった事だけが書かれている。これだけ大きなプロジェクトに関わった人物が、他にも多くの仏像を造ったことは間違いないのだろうが、「続日本紀」に国中連公麻呂が異例のスピードで昇進した記録と、「寧楽遺文」という書類に東大寺三月堂の不空羂索観音の制作に関わったと思われる記述がある程度らしいのだ。では戒壇堂の四天王寺立像の制作者が国中連公麻呂という説は何を根拠にしているのだろうかというと、それについては過去の記録は何もないようなのだ。

奈良時代の天平期には素晴らしい仏像がいくつもあるが、制作した仏師が記録で判明しているものはわずかしかない。
東北大学名誉教授の田中英道氏はこの時期の仏像を作風や技術、表現力のレベル別に分類されて、以下の仏像はいずれも同一人物の手になるものであり、国中連公麻呂の制作によるものである可能性が高いと結論付けておられる。(「国民の芸術」)

【東大寺大仏殿】盧舎那仏(東大寺大仏)
【東大寺三月堂】不空羂索観音像、日光菩薩像、月光菩薩像、執金剛神像(秘仏)
【東大寺戒壇院】四天王立像
【新薬師寺】十二神将像
【唐招提寺】鑑真和上像
【法隆寺夢殿】行信僧都像

日光月光菩薩
<不空羂索観音像(中央)、日光菩薩像(右)、月光菩薩像(左)>

執金剛神像
<執金剛神像>

田中英道氏はこう書いている。(同書p250-251)
「…西洋「中世」美術でさえも、現在では様式に基づいて議論が行われ、出来る限り作者認定の試みが行われている。」
「…日本における奈良時代のこの大芸術家だけが、日本でも世界でも知られていない。作品があれば当然、それを作った作家がいる、という平凡な事実が、わが国ではなぜか無視されている。
 わが国では、史料がなければ、作家を認定することが出来ぬという、悲しむべき美術史家の史観におおわれていきた。「様式」観察を基礎とする美術史的な訓練に欠けた考察しかなかったとも言える。作風を検討し、多くの眼が共通性を一致して認める。そこではじめて、作風認定による一人の芸術家が生まれる。それが美術史の基本である。史料はその上に補強材料として組合わせられていくにすぎない。」

さらに田中英道氏は「公麻呂の芸術性はミケランジェロに相当する」と書いておられるが、この評価は人によって異なるだろうし、田中英道氏が掲出した作品がすべて国中連公麻呂の作品だとすれば、ミケランジェロよりも上だと考える人がいてもおかしくない。しかも国中連公麻呂の時代はミケランジェロよりも800年も以前にこれらの仏像を造ったことになる。
私にとっては天平期の仏像の方が深いものを感じるし、少なくとも奈良時代においては、日本の彫刻や造形技術、その芸術性が世界最高レベルにあったことは間違いないのだと思う。
****************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
NoTitle
いいですね!この前東大寺行って四天王立像見たんですよ。
Re: NoTitle
コメントありがとうございます。

東大寺は子供のころから家族で行ったり、遠足で行ったりしましたが、大仏殿と二月堂と三月堂を見ても戒壇院に足を運んだことがなかったので、この記事を書くために2年前に行きました。

観光客は少なかったですが、素晴らしい仏像をじっくり鑑賞できて良かったです。
四天王像
日本史の文化史で四天王像を学んだ受験生です。

教科書には名前こそ載っているものの納得いくほどの情報が得られずネットで調べていたところこのブログに行き当たりました。

仏像の表情や製作者について詳しい考察がなされていることにとても感心しております。自分が実際に仏像を目の前にすることがあったとしてもここまで深く読み取れるかどうか...

日本史を勉強していると実際にその場所に行ってみたい、その物を見てみたいという衝動のような欲望に包まれます。しかしなにせ時間に追われた身分ですので行動には当分移せそうにありません(お金もかかるし)。大学に受かってから、いやもっと先になるかもしれませんが、お金と時間に余裕が生まれたらぜひ本物を見て回りたいです。
Re: 四天王像
コメントありがとうございます。
若い方が日本の文化や伝統に関心を持っていただけると、とてもうれしいです。

希望の大学に合格されることを祈ります。頑張ってください。
夏休みの課題の為四天王像を検索しこのブログを見つけました。
日本史の先生より像の素晴らしさは日頃教えられてきましたが改めて見ると画像からでも伝わる迫力に圧倒されました。

課題のよい資料になりました。
ありがとうございます!
Re: タイトルなし
りこさん、コメントありがとうございます。

私も子供の頃は、8月の最終週で、一生懸命夏休みの課題に取り組んでいました。
お役に立ててうれしいです。

こんなに素晴らしい作品が1300年も以前に造られていたことは、すごいことだと思います。
本物を見に行く機会があるといいですね。
35年前と30年前に2度行きました。
薄暗い堂内に目が慣れてくると、それは素晴らしい
迫力のある四天王に心を奪われたことを思い出しました。
当時は観光客は皆無に等しく、2回とも一人で見ることが
できました。独り占めでした。
当時は近所にかがみ亭というおいしいかやくご飯の店が
あったのを思い出しました。
Re: タイトルなし
あんずパパさん、コメントありがとうございます。

私は5年前に訪れてこの記事を書きましたが、その時の観光客は2~3名程度だったでしょうか。国宝の空間を独り占めすることは出来なかったにせよ、それでも存分に美しい仏像を楽しませていただきました。
東大寺を訪れた観光客のほとんどが大仏殿だけを観て帰られますが、二月堂、三月堂、戒壇院はぜひ足を運んでほしいものです。

「かがみ亭」というお店はなくなってしまったのでしょうか。氷室神社の横にある「下下味亭」という名の店がネット検索でひっかかりますが、カフェのようですね。
修学旅行の下調べをしていてこのブログを見つけました。
改めて仏像の凄さ、またこれらがとても昔に作られたことを思うと実際見るのがとても楽しみになりました。
ひとつお伺いしたいことがあって、この記事のお写真を学校のレポートに使わせていただいてもいいですか?
よろしくお願いします。
Re: タイトルなし
修学旅行が楽しみですね。
建物の写真は私が撮りましたが、仏像の写真ネットからの借用です。
私の撮影した写真は利用していただいてかまいません。
はい。楽しみです。
ありがとうございます。使わせていただきます。
戒壇院四天王ですが、今は下の段から見上げる形ですが、
私が昔(約四十年以上前)初めて訪れた時は、四天王と
同じ位置で見れました。広目天の鋭い眼差しが忘れられません。
自分と同じ眼の高さどの像も今にも動きそうで怖い思いをしました。
Re: タイトルなし
ハチさん、コメントありがとうございます。

昔は四天王と同じ位置で見れたとは羨ましい限りです。

東大寺には何度か行きましたが、戒壇院に訪れたのはこのときが初めてでした。
大仏殿は観光客でいっぱいでしたが、戒壇院は不思議と観光客が少なくて国宝の魅力を堪能して帰りました。私も広目天が一番好きです。今日の世界に通用する、すごい作品だと思います。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル