HOME   »  南北朝~室町~安土桃山時代   »  朝鮮出兵  »  多くの朝鮮民衆が味方し勝ち進んだ秀吉軍~~朝鮮出兵2

多くの朝鮮民衆が味方し勝ち進んだ秀吉軍~~朝鮮出兵2

前回の記事で秀吉の軍隊に加勢した朝鮮の人々が多かったことを書いた。この点については教科書には全く記述されていないところである。第一回目の朝鮮出兵である「文禄の役」の記録を見てみよう。

秀吉の朝鮮出兵については日本のみならず李氏朝鮮や明国にも記録が残されており、「文禄の役」の戦の経緯は次のサイトでコンパクトに纏められている通りで、日本軍は連戦連勝で平壌まで進んでいる。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~t_tajima/nenpyo-4/ad1592a.htm

朝鮮出兵については、山川の日本史をはじめ多くの教科書には「朝鮮民衆の激しい抵抗にあって苦戦した」と簡単に書いているのだが、それならばなぜ簡単に日本軍が平壌まで進む事が出来たのか。

文禄の役ルート

まず、日本軍が上陸した釜山(プサン)では4月13日の早朝に攻撃開始後数時間で日本軍は釜山城に攻め入って勝利している。
日本軍が短時間で勝利した理由は簡単だ。日本軍は大量の鉄砲があったが朝鮮軍は鉄砲を持っておらず、刀も槍も弓矢も性能は日本の武器の方がはるかに優秀だったからだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%9C%E5%B1%B1%E9%8E%AE%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

日本軍が釜山を橋頭保として北の漢城(ソウル)に軍を進めて行くためには、釜山から数キロ北にの東菜城を陥落させる必要があった。翌4月14日早朝に戦闘開始し、この戦いでは朝鮮軍は奮戦し8時間持ちこたえるのだが兵器の差で日本軍が勝利し、北から現地に向かっていた慶尚道の全軍の指揮官らは、その報を聞いて逃げたという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%8E%B1%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

文禄の役

その後、4月24日に「尚州の戦い」、4月28日に「弾琴台の戦い」があり、いずれも日本軍が簡単に勝利し、5月3日には現在のソウルである首都・韓城が陥落する。

韓城では戦いらしい戦いはなく、小西行長らの一番隊が漢城に到着した時には、守備隊は誰もいなかったという。前日に宣祖王は平壌に向かって逃亡していたのだ。

Wikipediaにはこう書かれている。
「…漢城は既に一部(例えば、奴婢の記録を保存していた掌隷院や、武器庫など)が略奪・放火されており、住民もおらず放棄されていた。漢江防衛の任に当たっていた金命元将軍は退却した。王の家臣たちは王室の畜舎にいた家畜を盗んで、王よりも先に逃亡した。全ての村々で、王の一行は住民たちと出会ったが、住民たちは王が民を見捨てて逃げることを悲しみ、王を迎える礼法を守らなかった。
また、明の朝鮮支援軍が駆けつけると、辺りに散らばる首の殆どが朝鮮の民であったと書かれてある。景福宮・昌徳宮・昌慶宮の三王宮は、日本軍の入城前にはすでに灰燼となっており、奴婢は、日本軍を解放軍として迎え、奴婢の身分台帳を保管していた掌隷院に火を放った…」。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E7%A6%84%E3%83%BB%E6%85%B6%E9%95%B7%E3%81%AE%E5%BD%B9

当時の李氏朝鮮は両班(ヤンパン)を最上位とする強固な身分制社会で、全人口の三割から五割は奴婢 (ぬひ、奴隷の一種) 身分だったと言われている。「宣祖実録」によると、このとき朝鮮の民衆は朝鮮政府を見限り、日本軍に協力する者が続出したというのだ。
宣祖実録」は宣祖帝の時代の出来事の李氏朝鮮国の公式記録だが、原文で良く引用されるのが宣祖帝が漢城を脱出するところの記述である。(下の画像のピンク部分)

宣祖実録

「人心怨叛,與倭同心」(人心は怨み叛き、倭に同調するのみ)
「我民亦曰:倭亦人也,吾等何必棄家而避也?」(我が民は言った「倭もまた人である。どうして我々が家を捨てて逃げる必要があるのか?」)

したがって、日本軍が漢城に進駐しても「京中の市民、安居して移ら」なかったばかりか、朝鮮の王である宣祖が「賊兵の数はどうか。半ば是我国の人と言うが、然るか」と尹斗壽に尋ねたように、日本軍には朝鮮の民衆が半分近く含まれていたのである。
http://ccce.web.fc2.com/rekisi1.htm#karairi

韓国の教科書には「(日本軍侵略の為に)文化財の被害も大きかった。景福宮が焼け、実録を保管した書庫が消失した」と書かれているそうだが、史実は朝鮮の民が景福宮等に火をつけたものであり、秀吉の軍隊が漢城に入る前には既にそれらの建物は焼け落ちていたのだ。

多くの民衆が国王に対し、国民のことを顧みずもっぱら後宮を富ませたと罵声をとばし、石を投げたという記録もあるそうだ。
日本軍は、朝鮮軍からの抵抗をあまり受けることなく北進を続け、6月15日には平壌が陥落した。日本軍より先に漢城から平壌に逃亡した宣祖王は、平壌に日本軍が迫ると再び逃亡し、冊封に基づいて明国(中国)に救援を要請。小西行長らの一番隊は和平交渉を模索して平壌で北進を停止した。

7月16日に明軍の援軍が平壌に到着するが、日本軍はこれを撃退する。

朝鮮半島地図

加藤清正らの二番隊が進んだ咸鏡道(半島の北東部)については『(道内)各地の土兵・土豪は役人を捕らえて降る。日本兵は刀剣を使わず』に快進撃したという記録があるそうだ。
人々は日本軍の侵入前に、咸鏡道観察使(知事)柳永立・兵使(軍司令官)李渾さえも捕らえて一気に惨殺してしまい、この結果、咸鏡北道明川以北の八城市は従来の政府役人に代わって、日本軍の庇護のもとに蜂起した民衆が首長となったという。

という具合で、上陸した日本軍は各地で勝利し全羅道を除く全土を早い時期に制圧したのだ。

しかし日本軍の弱点は船にあった。
日本の船の底は平らで、帆を一本かけるだけだから順風でないとロクに使えなかったし、船も小さかった。

亀甲船

一方朝鮮の船は李舜臣(りしゅんしん)が考案した亀の形をした有名な「亀甲船(きっこうせん)」といわれる大きな船で、日本軍の船よりも安定感があり、船体の上部に槍や刀を上向きに植えこんでいたので、日本軍が乗り移って戦うことが困難な構造になっていた。
朝鮮の船は戦うことを前提にした船であるのに対し、日本の船は輸送船団に武士を乗せたようなものだ。
海の戦いでは日本軍は劣勢が続き、全羅道から北上することが出来なくなって、そのために前線に充分な武器や食糧が運べなかったのだ。

朝鮮出兵日本船

日本軍は陸戦では勝ち進んで平壌まで来たが、これから先、明国に進もうにもまともな道路がないし、一方で兵糧は不足する。日本の船は来ないし寒さは厳しくなるばかり。ゲリラも現れ、疫病にも苦しめられたという。これでは日本軍の士気は上がらない。

文禄二年一月八日、李如松(りじょしょう)率いる明軍が平壌に総攻撃を仕掛けてきた。明軍は城の食糧庫に火を放ち、そうなると日本軍ももう長くは戦えない。日本軍は大同江を渡って逃げたが、明兵も朝鮮兵もそれ以上は追ってこなかったという。この平壌の戦いが、陸における日本軍の唯一の敗戦と考えてよい。

明がこの時の戦果を調べさせたところ、李如松が平壌でとった首の半ばは朝鮮人だったという報告があるそうだ。多くの朝鮮民衆が日本軍に加担していたことは確実なのである。

日本軍は一旦漢城に戻って体制を立て直す。補給に問題があるので籠城戦を避け、碧蹄館(へきていかん)で再び明軍と戦い日本軍は大勝し、明軍の李如松は命からがら逃走したという。

文禄二年の三月に漢城の日本軍の食料貯蔵庫であった龍山の倉庫を明軍に焼かれてしまい、窮した日本軍は講和交渉を開始する。これを受けて明軍も再び沈惟敬を派遣し、小西行長・加藤清正の三者で会談を行い、4月18日に日本軍は漢城より釜山へ退却した。

しかし、秀吉には明が降伏したと言い、明朝廷には日本が降伏したと言って双方の講和担当者がそれぞれ偽りの報告したため、両国とも受け入れられない講和条件を要求してきたが、日本側の交渉担当の小西行長と小西如安は偽りの降伏文書を作製して戦争を終結させてしまう。
文禄五年(1596)9月、秀吉は来朝した明使節と謁見。自分の要求が全く受け入れられておらず、自分が明の臣下の扱いであることを知り激怒する。秀吉は明の使者を追い返し朝鮮への再度出兵を決定したというのが、文禄の役の流れである。

このような史実を知ると、第二次世界大戦の日本軍がマレー半島からシンガポールに進み、ジャワやラングーンを電光石火で陥落させたが補給を軽視して失敗した歴史を思い出す人が少なくないだろう。
歴史に学ばない国民は、何度も同じ過ちを繰り返すということなのか。

また当時の記録などを読めば読むほど、わが国で流布している教科書の「明の援軍や朝鮮民衆のはげしい抵抗にあって苦戦を強いられた(山川日本史)」という記述がばかばかしくなって来る。なぜ日本の教科書は朝鮮人口の多くが奴婢身分であり、民衆の多くが日本軍に加勢したという史実を書かないのか。

この朝鮮出兵で多くの朝鮮の陶工が捕虜として日本軍に連行されたとよく言われるのだが、彼等にとっては自国に残っても奴隷(奴婢)の過酷な暮らしが待っているだけではなかったのか。日本で技能者として優遇されるのであれば、日本での暮らしを望んだ人が多くいても不思議ではないのだ。
秀吉の朝鮮出兵が終わって60年程度あとに、船が難破して李氏朝鮮に流れ着き1653~66年の間出国が許されず朝鮮に留めおかれていたオランダ人のヘンドリック・ハメルは「朝鮮幽囚記」(平凡社東洋文庫)に、こう記述しているという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%A1%E3%83%AB
「奴隷の数は全国民の半数以上に達します。というのは自由民と奴隷、あるいは自由民の婦人と奴隷との間に一人または数人の子供が生まれた場合、その子供たちは全部奴隷とみなされるからです。…」
秀吉の朝鮮出兵の後も、李氏朝鮮には相変わらずの身分制度が相当強固に残されていた国だったのだ。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
敗戦もしていない。
歴史から学ばないのは奴ら。
補給軽視ではなく、輸送船の撃沈のせい。
李は弱い。
Re: タイトルなし
李氏朝鮮の公式記録にも書かれているのですから、我が国の政治家はそれを示して反論してほしいところですね。マスコミももっと勉強してほしいと思います。
No title
李舜臣ぐらいのしょっぱい戦績で英雄に祭り上げられているのを見ると、どんだけ朝鮮がダメダメだったかわかりますね。あと、王さまや船長といった上に立つ人間が真っ先に逃げるという民族性が昔からずっと変わらないとは…
Re: No title
そうですね。民族として誇れるような人物は、史実を偽造してしか生まれてこない、低レベルの国ですね。安重根のような単なるテロリストが英雄と祭り上げられるのは、どう考えてもおかしな国です。
朝鮮水軍は補給船を撃破したことなどない(´;ω;`)
>海の戦いでは日本軍は劣勢が続き、全羅道から北上することが出来なくなって、そのために前線に充分な武器や食糧が運べなかったのだ。

↑これ嘘です。豊臣軍は当初から、全羅道北上輸送航路なんて考えてませんでした(´;ω;`)
兵糧・補給物資はすべて釜山から川あるいは陸路配送です。
特に文録の役では全羅道が手付かずの完全な敵地でしたので全羅道沿岸コースなんてありえません!
ほぼ99.9%の日本人が誤解しております(´;ω;`)

あと、鳴梁海戦の330隻ですか?あの船団の目的は陸上部隊への補給運搬船ではなく、全羅道の沿岸制圧です。
この点も、韓国人・日本人ともども誤解しております(´;ω;`)

特に韓国人の間では ”鳴梁で補給船団が壊滅したので豊臣軍は漢城攻略を諦めて南に下がった” との説が定説になってるようです(´;ω;`)
大きな誤解です。
Re: 朝鮮水軍は補給船を撃破したことなどない(´;ω;`)
文禄2年(1593)4月12日の午後に日本軍は釜山に上陸し、翌日に釜山を陥落させています。慶尚道水軍はほとんど全ての水軍船舶(主力艦の板屋船を含む)を戦わずして沈め、潰走したために日本軍は簡単に勝利しました。
その後の陸戦も簡単に日本軍が勝利していったのは、弓矢が主力武器だった朝鮮軍に対し日本軍は大量の鉄砲を保有していたので勝負にならず、5月3日には首都・漢城を陥落させています。当然それまでの食糧補給は陸路でしかありえません。
しかし、首都・漢城を陥落が落ちたのなら、漢城から先へ兵士や武器や食糧を運ぶのに船で運ぶことを考えるのが当たり前です。「豊臣軍は当初から、全羅道北上輸送航路なんて考えてませんでした」と書かれておられるのは、当時の記録にそのような史料が存在しているからだとしたらご教示下さい。
Wikipedia「文禄・慶長の役」に詳しく書かれていますが、朝鮮水軍が慶尚道水域への進入を決断して迎撃を開始したのは5月4日で、「7日、この朝鮮水軍は加徳島に向かう途中、斥候の報告で巨済島の東側の玉浦に停泊する藤堂高虎らの水軍と輸送船団を発見し、南に転じてこれを攻撃した。不意を突かれて日本側は十分に防戦できず、李舜臣・李億祺・元均の三将は朝鮮側でこの戦役初めての勝利を得た」とあり、日本軍の輸送船団が漢城に向かっていましたが、その後の海戦でも日本水軍は敗れて、制海権を奪うことができませんでした。もし制海権が奪えていたら大量の兵士と武器と食糧を漢城に送り込んで、平壌より先を攻撃できたはずです。
鳴梁海戦というのは4年後の慶長の役の海戦ですが、混同しておられるのでしょうか。

朝鮮水軍は補給船を撃破したことなどない(´;ω;`)
>「豊臣軍は当初から、全羅道北上輸送航路なんて考えてませんでした」・・・そのような史料が存在しているからだとしたらご教示下さい。

↑いえいえ、その逆でして、韓半島左回りで補給物資を運ぶという計画に関する資料が出てこないのです。
資料が何一つ出てこないということはそういう運搬計画が最初からなかったとしか考えられません(´;ω;`)

考えても見てください。当時の船は風力と人力任せですからスピードも出なく、途中あちこちで休憩を取らなければなりませんよね?
途中の全羅道・忠清道はまだ敵地のままなんですよ?

一日で釜山から漢城に到達できるのならともかく、何日もの間敵地の全羅道・忠清道で休憩取りながら北上するのは危険すぎると思いませんか?
停泊できるような港に関する情報もなかったでしょうし。

↓鳴梁後の李舜臣の動きですが、古群山島まで何日かかってます?
漢城はさらにずっと北なんですよ。
plaza.rakuten.co.jp/1592to1598/diary/200802290000/

玉浦の輸送船団とは、倭城建設のための資材搬送船だったのかもしれませんし、もしかしたら洛東江を遡り、陸上部隊に物資を運搬するための船団だったのかもしれません。(豊臣軍は陸路と川を使って陸上部隊に物資を輸送してた模様)

↓小西行長が平壌を攻略した際に結構な量の兵糧を押収してますよ。

城中積糧數十萬石, 皆爲賊有, 倭將遂據平壤『朝鮮王朝実録・宣祖修正実録』

小西が平壌から動かなかったのは彼が明との和解交渉を望んでいたからです。
黒田官兵衛は8月の漢城の軍議で 漢城周辺に支城を築き守備を固めるべし と主張したそうですが。
小西隊はさっさと北進すべきだった(´;ω;`)
平壌で数十万石の兵糧も得たことだし、そのまま勢いに任せて北進し朝鮮王を捕まえに行くべきでした。(´;ω;`)

実はこの時、明軍最強の遼東軍閥は、李如松率いる主力部隊が”哱拜の乱”鎮圧のために出払ってていたので小西隊にとって明侵攻の絶好のチャンスでした。
豊臣軍は夏のうちに一挙に明領土内に攻め込むべきでしたが慎重過ぎましたね(´;ω;`)
Re: 朝鮮水軍は補給船を撃破したことなどない(´;ω;`)
朝鮮軍には日本軍のような大量の鉄砲はなく、主な武器は弓と剣でした。だから兵力の差で日本軍は釜山上陸後、わずか21日で漢城を陥落させています。1日平均30km近い行軍ができたことは、朝鮮軍の抵抗がほとんどなかったことを意味しています。全羅道についても武器は同じですから結果は同じです。
日本軍が簡単に勝ち進んだのは、兵器の差もありますが、朝鮮の民衆が日本軍に協力したことが大きいです。オランダ人のヘンドリック・ハメルは「朝鮮幽囚記」で国民の半分以上が奴隷身分であっと書いていますが、その身分の人々が日本軍に協力していた記録が『宣祖実録』に残されていますし、明の記録にも李如松が平壌でとった首の半ばは朝鮮人だったという報告があります。全羅道が危険であったというのは幻想に過ぎません。
船はそんなに遅くはありません。対馬から釜山まで50kmはあると思いますが、文禄の役では6時間で到着しています。
釜山からソウルは江戸から大阪に行く程度の距離だと思いますが、日本の菱垣廻船では江戸―大阪は10~14日で到着しました。時速10km4大量の兵士や食料や弾薬など荷物をわざわざ陸揚げして運ぶよりも、そのまま船で前線の近くまで運ぶ方がはるかに早く、労力も少なくて済みます。制海権を奪えば、釜山から漢城まで2週間もかからないでしょう。
もちろん敵兵の食糧を奪ったりしたでしょうが、そんな方法では安定した食糧補給が出来ず勝利は不可能です。そもそも食糧だけでなく、鉄砲を主兵器とする戦いは大量の火薬と弾薬が不可欠です。補給が続かなければ戦えません。
Re: 小西隊はさっさと北進すべきだった(´;ω;`)
朝鮮国王をつかまえたとしても火薬と弾薬が枯渇しては、兵力の優位さが失われてしまいます。さらに明領土を攻めるには、大量の火薬と弾薬の補給が不可欠ですが、日本軍が制海権を奪えなかった充分な補給がなく、小西隊が先に進まなかったのは当然でしょう。
徳富蘇峰の『近世日本国民史』に朝鮮の役を3巻に詳述しています。明、朝鮮、日本の史料を満載していますので参考にされたらよいと思います。ネットで誰でも読むことが可能です。
近世日本国民史. 第7 豊臣氏時代 丁篇 朝鮮役 上巻
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223744

近世日本国民史. 第8 豊臣氏時代 戊篇 朝鮮役 中巻
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223757

近世日本国民史. 第9 豊臣氏時代 己篇 朝鮮役 下巻
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223773

>一方朝鮮の船は李舜臣(りしゅんしん)が考案した亀の形をした有名な「亀甲船(きっこうせん)」といわれる大きな船で、日本軍の船よりも安定感があり、船体の上部に槍や刀を上向きに植えこんでいたので、日本軍が乗り移って戦うことが困難な構造になっていた。


連合国の嘘には割りと敏感なのに、なんで朝鮮の与太話は鵜呑みにするんですか?
しばやんさんが貼られた亀甲船の模型は朝鮮征伐から約200年後に描かれた亀甲船の想像図を元に造った更なる想像の産物です。
有名な船である事は間違いありませんが、実際の亀甲船の実態は不明です。

はっきりしてる事といえば、当時の詳細な記録が存在しないのを良いことに過剰に美化してる事くらいでしょう。
仮に亀甲船を5隻建造したという朝鮮側の記録を鵜呑みにしたとして、たかだか数隻で戦況を激変させるほどの大戦果を挙げられると本気でお思いですか?
連合国の嘘を暴くのも重要ですが、朝鮮の嘘にも等しく向き合うべきです。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: タイトルなし
福沢さん、ご指摘ありがとうございます。

ご指摘の通り亀甲船の実態はよく分かっておらず、画像は「復元図」ではなく「想像図」にすぎないことは知っておりましたが、そのことを文章の中に入れておくべきでした。

また亀甲船が5隻しかなかったことは、恥ずかしながら知りませんでした。しかし朝鮮水軍が5隻であったわけではありません。たとえば文禄元年(1952)の玉浦海戦では、91隻の朝鮮水軍の舟が出動し、日本側の船団は、諸説ありますが50隻前後の船の大半が焼失してしまっています。

明の諸葛元聲の『両朝平壌録』という書物に「和兵水戦に利非ず。その船を造る多しと雖も、尖小にして脆薄、我が舟の平衝なるに当たるに足らず。」と書かれています。
日本の舟は小さすぎて波に大きく揺られて鉄砲が通用せず、逆に火砲を放たれて船が焼かれてしまったようです。

玉浦海戦では亀甲船は1隻あったという説があるようですが、亀甲船はなかったという説が多数説のようです。
亀甲船の有無にかかわらず、文禄の役では海戦では日本軍に勝ち目がなかったことは確かだと思います。

Re: Re: 小西隊はさっさと北進すべきだった(´;ω;`)
煉火さんへ

何の根拠も示さずに、自分の想像で小西はこう考えていたなどと書かれても何の説得力もありませんよ。もっと史実や当時の記録に忠実な姿勢がなければなりません。歴史は妄想の産物ではありませんから。

もし小西隊が北に進んで勝ち進んでいったとしても、火薬や弾が尽きれば火を点けられて滅ぼされるだけです。制海権を握って兵器・軍備の補給が出来る体制が整わなければ先には進めません。

黒田孝高が小西行長にこれ以上進むのは危険だと警告したことが黒田家の記録に残されているようですし、朝鮮側の記録でも、実行には移されなかったにせよ、唐と組んで平壌の日本兵を挟撃する計画がありました。補給に問題のある平壌に留まる事にも危険がありました。補給を考えずに進軍することがいかに愚かなことであるかをもっと考えてください。

あなたのコメントは、今後同様なレベルであれば、これから削除させていただきますのでご承知おきください。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル