HOME   »  南北朝~室町~安土桃山時代   »  朝鮮出兵  »  第二次朝鮮出兵(慶長の役)も秀吉軍の連戦連勝であった~~朝鮮出兵3

第二次朝鮮出兵(慶長の役)も秀吉軍の連戦連勝であった~~朝鮮出兵3

前回は第一回目の朝鮮出兵である「文禄の役」の概略を書いた。
この戦いは陸戦では多くの朝鮮民衆が日本軍を支援して連戦連勝で勝ち進んだが、船の進路を阻まれて補給路を断たれて前線が孤立し、さらに前線の食糧倉庫を焼かれてしまったために一旦漢城に戻って体制を立て直すのだが、そこでも日本軍の食糧倉庫が焼かれてしまい、窮した日本軍は和平交渉に入るのだが、日本側の和平交渉を担当した小西行長と小西如安が早く交渉を終えるために偽りの降伏文書を作成したことが後に発覚し、秀吉が激怒する。秀吉は直ちに第二次朝鮮出兵を命じ、第二次朝鮮出兵と言われる「慶長の役」が始まるのだ。

慶長の役ルート

第一回目の「文禄の役」は明の征伐が目的であったが、「慶長の役」は朝鮮征伐が目的であった。諸将に発せられた慶長2年(1597)2月21日の朱印状(『立花家文書』等)には「全羅道を残さず悉く成敗し、さらに忠清道やその他にも進攻せよ。」「これを達成した後は守備担当の武将を定め、帰国予定の武将を中心として築城すること」とあり、朝鮮半島の西南部を侵攻し、半島南部に城を築き城主を定めてわが国の領土とするという計画だったようだ。

全羅道への進撃

九州・四国・中国勢を中心に編成された総勢14万人の日本軍に、李氏朝鮮軍は釜山周辺に布陣する。最初の「漆川梁(チルジョンリャン)海戦」は7月16日に水陸から攻撃した日本軍が大勝し、朝鮮水軍の幹部指揮官の元均らを戦死させ、軍船のほとんどを撃沈して壊滅的打撃を与えている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%86%E5%B7%9D%E6%A2%81%E6%B5%B7%E6%88%A6

李氏朝鮮水軍勢力をほぼ一掃した日本軍は、8月16日に黄石山城、南原城の二城を陥落させ、さらに全州城に迫るとそこを守っていた明軍は逃走し、8月19日に日本軍は全州城を無血占領している。そしてまたたく間に朝鮮半島の南東部である全羅道、忠清道を占領してしまった。

慶長の役画像

海上では、李舜臣率いる朝鮮水軍の残存部隊が日本水軍を攻撃したが痛打を与えると速やかに退却し、この鳴梁海戦の結果日本軍は全羅道西岸を制圧した。また、拠点を失った朝鮮水軍は、全羅道北端まで後退した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%B4%E6%A2%81%E6%B5%B7%E6%88%A6

ここで日本軍は、当初の計画通り朝鮮半島南部(東は蔚山から西は順天に至る範囲)の恒久領土化を目指して、城郭群の建築に取り掛かる。

蔚山倭城

しかし完成直前の蔚山倭城に12月22日に明・朝鮮連合軍56,900人が襲撃してきた。 加藤清正をはじめ日本軍は、食糧準備の出来ていないままの籠城戦となり苦戦するが、1月3日に毛利秀元等の援軍が到着し、翌日に水陸から明・朝鮮軍を攻撃し敗走させて日本軍が勝利している。

その後城郭群が完成し、九州衆が城の守備のために朝鮮に残留し、四国衆・中国衆と小早川秀秋は予定通り順次帰国して、翌年以降の再派遣に備えたという。

秀吉は翌慶長4年(1599)に大軍を再派遣して攻撃する計画を発表していたが、8月18日に死去し、五大老や五奉行を中心に、密かに朝鮮からの撤収準備が開始された。

9月に入って明・朝鮮連合軍は総力を結集して三つの倭城(蔚山、泗川、順天)の同時攻撃をしかけるが、第二次蔚山城の戦いでは、加藤清正が明・朝鮮連合軍を撃退し防衛に成功。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%94%9A%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
泗川の戦いでは島津軍7000が明・朝鮮連合軍20万を迎撃し、結果連合軍8万を討ち取り壊滅させた記録がある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%97%E5%B7%9D%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
また順天を守っていた小西行長も順天城の戦いで勝利している。
http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E9%A0%86%E5%A4%A9%E5%80%AD%E5%9F%8E_%E9%A0%86%E5%A4%A9%E5%80%AD%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

順天倭城の戦い

上の図は順天城の戦いを描いた図だが、これだけ鉄砲で待ち構えられたら、明・朝鮮軍に勝ち目がなかったことが誰でもわかる。
李氏朝鮮の公式記録『宣祖実録十月十二日条』には「…資糧、器械稱是, 而三路之兵, 蕩然俱潰, 人心恟懼, 荷擔而立…」(三路に分かれた明・朝鮮連合軍は溶けるように共に潰え、人心は恐々となり、逃避の準備をした)と書かれている。

10月15日秀吉の死は秘匿されたまま五大老による帰国命令が発令され、命令を受領した小西行長は明軍の陸将劉綎との交渉により無血撤退の約束を取り付けたのだが、引き揚げてくる日本軍を李舜臣率いる朝鮮水軍が明の大将陳璘(ちんりん)率いる水軍と共に海上を閉鎖し、撤退を妨害した。
そこへ島津軍の引き揚げ船団が合流し、露梁津(ろりょうしん)の戦いが起こる。島津軍は苦戦するが、この戦いで朝鮮水軍の大将李舜臣も明水軍の副将鄧子龍(ていしりゅう)は戦死している一方、島津軍の主だった武将で戦死者はいなかった。この戦いでは日本軍が負けたと書く歴史家もいるが、この戦いにおいて日本軍は敗走したのではなく、目的は海戦海域を脱出して釜山に戻ることでありその目的はしっかり果たしているのだ。この戦いで敗れたのは、日本軍の進路妨害に失敗したにもかかわらず追撃もせず、主要な武将を失った明・朝鮮連合軍の方ではないのか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%B2%E6%A2%81%E6%B5%B7%E6%88%A6

かくして日本の出征大名達は無事に日本に帰国し、秀吉の計画は成功に至らぬまま秀吉の死によって終結してしまうのだ。

以上見てきたとおり、日本軍は慶長の役では一戦たりとも敗北していないのだが、何故五大老は日本軍に帰国命令を出したのであろうか。この点については、秀吉が死亡し、家康等有力大名間の権力を巡る対立が顕在化して対外戦争を継続できる状況ではなくなったと考えられている。

明史朝鮮伝

明史・朝鮮伝』では秀吉の朝鮮出兵をこう総括している。
豊臣秀吉による朝鮮出兵が開始されて以来7年、(明では)十万の将兵を喪失し、百万の兵糧を労費するも、中朝(明)と属国(朝鮮)に勝算は無く、ただ関白(豊臣秀吉)が死去するに至り乱禍は終息した。」(自倭亂朝鮮七載,喪師數十萬,糜餉數百萬,中朝與屬國迄無勝算,至關白死而禍始息。)
http://halto112.blogspot.com/2011/07/3_20.html

このように中国の正史である『明史』で、明と朝鮮には「勝算がなかった」と総括している事実は重たいはずだ。なぜなら正史というものは、自国に都合の良いことは誇大に書き、都合の悪いことはあまり記述しない傾向にあるものであるからだ。事実は、明・朝鮮連合軍が大敗し、たまたま秀吉が死んだことで戦争が終わったということは明も認めている真実なのだ。

お隣の韓国の歴史教科書にはこの秀吉の朝鮮出兵をどう書いているか、興味があったのでちょっと調べてみた。
「…全国各地で儒生、農民、僧侶などが義兵を組織し、いたるところで倭軍をうち破り、苦しめた。義兵は自発的に立ちあがり、自分の家族と財産、そして村を守る一方、国家を守るために倭軍を迎え撃った。
義兵は、自分の地元の地理に明るく、地形をうまく利用することができただけではなく、自然条件に合った武器と戦術を活用したために、少ない犠牲で大きな被害を与えた。…」(勝岡寛次『韓国・中国歴史教科書を徹底批判する』[小学館文庫]所収)

随分勇ましい記述であるが、日本軍の圧倒的な鉄砲の威力の前にほとんどの戦いで大敗している史実とはかけ離れた記述になっている。一部の地域で義兵があった記録はあるが、日本軍の大半の地域で朝鮮民衆が日本軍に味方した事実や、当時の朝鮮人口の3割から5割は奴婢身分であり、この時に国王や両班に多くの民衆が反旗を翻した史実を書かなければ嘘を書いているのと同じだ。

この韓国が、日本の歴史教科書に何度も修正要求書を提出している。
http://homepage2.nifty.com/tanimurasakaei/new_page_114.htm
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110719-00000023-yonh-kr

「壬辰倭乱」という用語は、韓国では「秀吉の朝鮮出兵」を意味するが、韓国政府は文部省検定済みの扶桑社の教科書の記述について、「出兵」ではなく「侵略」という言葉を使え、この原因は「秀吉の個人的妄想とだけ記述」せよ、「日本軍によりほしいままにされた人的・物的被害の様子を縮小」するな、などとコメントしている。

要するに「秀吉の朝鮮出兵」は日本軍の侵略行為であり、朝鮮民衆はその被害者でひどい目に遭っているとのイメージを日本人に広げたいのである。いずれ書くことがあると思うが、他の時代についても同様のスタンスだ。韓国にとっては、李氏朝鮮が劣悪な身分制度であったことを隠蔽し、秀吉を侵略者であるとすることが都合が良いと考えているのだと思う。
韓国の教科書は国定教科書であり、いずれの時代の対日関係史の出来事はほとんどが日本が悪いと決めつけている。こんな教科書で全国民を指導すれば、韓国が「反日国家」となるのは当たり前のことある。
スタンフォード大学のアジア太平洋研究センターの日・中・韓・米・台の高校歴史教科書についての報告で、韓国の歴史教科書については「韓国は日本が自国以外に行った行為には興味はなく、日本が自分たちに行ったことだけに関心がある。」とし、自己中心的にしか歴史を見ていないと指摘したそうだが、これは多くの日本人が納得する話ではないのか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E5%95%8F%E9%A1%8C

そもそも一方的な韓国側の主張に、なぜ日本の教科書が配慮する必要があろうか。
私は「近隣諸国条項」を撤廃すべきだと思うのだが、それができないのであれば、中国や韓国の正史や公式記録等にいくらでも彼らの主張に反論できる根拠があるので、それを使うべきだと思うのだ。
当時の李氏朝鮮国の身分制度のことはもちろんのこと、朝鮮出兵において韓国人の民衆の多くが日本軍に加担したことを出典や論拠を明確にしたうえで堂々と日本の教科書に書き、先方の教科書記述にも論争をしかけるくらいのことが必要ではないのか。いずれの国にとっても重要なのは、それぞれの時代の様々な出来事についてその時代背景を把握した上で、史実に基づいて真摯に真実を探求することであるはずである。

どこの国でも、他国の圧力で史実に基づかない歴史記述を押しつけられるようなことが続けば、次第に他国に軽んじられるようになり、国民は自国に誇りが持てなくなり、国がバラバラになって衰退していくだけだと思うのだ。
史実に忠実であるならば、国によって歴史の見方に違いがあっても許容できるが、史実に基づかない歴史を無理に押しつけてくる国に対しては、わが国は史実を示して反論するしかない。政治家は安易に謝罪を繰り返すのではなく、もっと歴史を学んで言うべき事を言って欲しいものである。
***************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
武器だけでなく、兵士の質、実戦経験でも勝っています。最後の海戦も日本の勝ちです。向こうは撤収中を奇襲して返り討ちにあっただけ。
「支那朝鮮は民衆もろとも惨敗しています。」ゲリラもすぐに対策されて各個撃破された。
左翼支那朝鮮とかは雑魚。
Re: タイトルなし

李氏朝鮮の公式記録『宣祖実録』や中国の公式記録『明史』を読めば、秀吉軍が連戦連勝であったことは確認できます。その事実をなぜ我が国の教科書に書かないのでしょうか。
また、史実に基づかない歴史を無理に押しつけてくる国に対しては、わが国は中韓の公式記録に書かれていることを示して堂々と反論すべきだと思います。
教科書に載せる際には「連戦連勝だったが戦争目的は未達成のまま撤退した」、そう書かないと客観性を欠く。戦場で連勝することが目的でもないでしょうし。
Re: タイトルなし
その点はご指摘の通りですね。教科書を書く機会があればそう書きますが、声がかかることはないでしょう。
歴史の偽りは許さない
1️⃣前回は第一回目の朝鮮出兵である「文禄の役」の概略を書いた。
この戦いは陸戦では多くの朝鮮民衆が日本軍を支援して連戦連勝で勝ち進んだが、船の進路を阻まれて補給路を断たれて前線が孤立し、さらに前線の食糧倉庫を焼かれてしまったために一旦漢城に戻って体制を立て直すのだが、そこでも日本軍の食糧倉庫が焼かれてしまい、窮した日本軍は和平交渉に入るのだが、日本側の和平交渉を担当した小西行長と小西如安が早く交渉を終えるために偽りの降伏文書を作成したことが後に発覚し、秀吉が激怒する。

①朝鮮民衆が日本軍を支援して連戦連勝で勝ち進んだと書いてるけど、日本人は他国の軍隊が侵略して来たら歓迎ムードになってその軍隊を支援するのかな?
②日本軍の食糧倉庫が二度も焼かれて降伏文書を書いたと言うのは負けたって言う事じゃない?しかも軍隊にとって食糧はどれだけ重要なのか知るはずなのに二回も焼かれた それでよく他国を侵略出来たね

2️⃣朝鮮半島の西南部を侵攻し、半島南部に城を築き城主を定めてわが国の領土とするという計画だったようだ。

この作者も認めてるじゃない?侵攻して我が国の領土にする計画だと
(出兵)の意味:軍隊を派遣してその国を支援或いは苦しんでる方々を救出の為に行う行為。
(侵略)の意味:他国に攻め入って土地や財物を奪い取ること。武力によって、他国の主権を侵害すること。
これは間近がいなく侵略行為だと思う
私は日本人でもなく、韓国人でもない
この歴史を客観的に見た限り話にならない所が多すぎ、歴史はちゃんと正しく書くべきだと思う
Re: 歴史の偽りは許さない
宣祖帝の時代の出来事の李氏朝鮮国の公式記録である「宣祖実録」に、朝鮮の民衆が朝鮮政府を見限り、日本軍に協力する者が続出したことが記されています。

「人心怨叛,與倭同心」(人心は怨み叛き、倭に同調するのみ)
「我民亦曰:倭亦人也,吾等何必棄家而避也?」(我が民は言った「倭もまた人である。どうして我々が家を捨てて逃げる必要があるのか?」)

当時の李氏朝鮮は両班(ヤンパン)を最上位とする強固な身分制社会で、全人口の三割から五割は奴婢身分でした。
したがって、日本軍が漢城に進駐しても「京中の市民、安居して移ら」なかったばかりか、朝鮮の王である宣祖が「賊兵の数はどうか。半ば是我国の人と言うが、然るか」と尹斗壽に尋ねたように、日本軍には朝鮮の民衆が半分近く含まれていたというのが真実なのです。
そもそも、日本軍は大量の鉄砲がありましたが、朝鮮軍は鉄砲を持っておらず、刀も槍も弓矢も性能は日本の武器の方がはるかに優秀で、朝鮮軍は逃げるだけだったで、連戦連勝したのは当然です。

秀吉の朝鮮出兵が終わって60年程度あとに、船が難破して李氏朝鮮に流れ着き1653~66年の間出国が許されず朝鮮に留めおかれていたオランダ人のヘンドリック・ハメルという人物が「朝鮮幽囚記」(平凡社東洋文庫)に、こう記述しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%A1%E3%83%AB
「奴隷の数は全国民の半数以上に達します。というのは自由民と奴隷、あるいは自由民の婦人と奴隷との間に一人または数人の子供が生まれた場合、その子供たちは全部奴隷とみなされるからです。…」
なぜ朝鮮民衆が日本軍を歓迎したか、当時の記録を見れば誰でもわかるでしょう。

こういう公式記録や当時を伝える外国人の記録を無視して叙述するどこかの国の歴史は、史実に無視した「ファンタジー」でしかありません。もっと当時の記録を調べて勉強してください。歴史は、史実に基づいて書くものです。
歴史の偽りは許さない
掠奪・奴隷狩りは「乱取り」「乱妨(濫妨)」「乱妨取り」「人取り」などと呼ばれ戦国時代を通して日本各地で日常的に見られた現象である。史料として挙げられている中の有名どころだけでも島津氏、相良氏、紀伊国の守護細川氏と根来寺との戦闘、安房里見氏、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信、織田信長、徳川家康、豊臣秀吉(例では秀吉の部将仙石権兵衛)などなど名だたる武将たちの軍が掠奪や奴隷狩りを組織的に繰り返し行い、それに随行していた商人たちの手によって掠奪品や奴隷となった人々の売買が行われている。

日本だって奴隷制度は酷かったじゃない?
その時代の日本は奴隷狩りって言う言葉まで使ってたからね しかも日常茶飯事的に😱😱😱

日本軍が攻めて来たからといって我が家まで捨てて逃げる事が出来ない人もその中にいたんじゃないの?

俺は貴方が間違っていると言うんじゃなく、歴史が間違ってるって事です。間違った歴史をいくら勉強しても結果は同じだろう



Re: 歴史の偽りは許さない
戦国時代に乱捕りが行なわれたことはこのブログでも書きましたが、国民の半分近くが奴隷であった国と同列に並べるのはいかがなものでしょうか。あれだけ多数の自国民を奴隷身分にしていた国は国民国家と呼ぶに値しません。

歴史はいつの時代でもどこの国でも、時の為政者が統治に都合の良いように綺麗ごとを書いて編纂します。真実はそんなところにはないことを、このブログで何度も書いている通りです。
韓国で聞いた話
吉井英一「韓国はなぜ反日なのか」に、興味深いことが書かれている。
「秀吉の出兵について、かって日本時代を経験した世代の人が次のとおり語った。
『百済滅亡のとき、日本は百済救援のため2万7千の大軍を送ったが白村江の戦いで唐軍に破れ、百済人の1/3(約20万人)が日本に亡命した。亡命した百済人やその子孫は祖国を滅ぼした唐への報復と、祖国回復を思い続けたが日本は戦乱が続きこの願いはなかなか実現しなかった。そして秀吉による天下統一の結果、ようやくそれが可能になった。秀吉が最初朝鮮王に「明を討つ、道案内を頼む」と申し入れた事実は、秀吉の目的が唐(の後身国である明)への報復であったことを示している。朝鮮王がこれを拒否したため秀吉軍はまず朝鮮を攻めた。また、耳・鼻を削ぐという残忍な戦いとなったのは、それが唐と組んで百済を滅ぼした新羅(の後身国朝鮮)に対する報復の戦いだったからである。』
これを聴いた著者が、「興味深い説ですね」と言ったところ、韓国人に「説ではなく真実なのです」と叱られてしまった。」
日本人は、この「真実」を強く主張するのがよいと思う。これは秀吉の出兵が侵略ではなかったことを主張できる唯一の説(ではなく真実)であり、しかも韓国で信じられている真実なのである。
この真実をもとに考察すれば、日韓併合は百済人の子孫による祖国回復の実現であり、日中戦争は唐(の後身国)への報復だったと解することができる。
日本人の発想では800年も経って報復に出かけるなど考えられないが、隣国の大統領が「加害者と被害者の関係は1000年経っても変わらない」と広言したことでわかるように、800年など大陸的スパンで言えば大して長くないのである。

Re: 韓国で聞いた話
桃太郎さん、コメントありがとうございます。

古代史はまだまだ不勉強なので、よくわかりませんが、百済の人口の約三分の一が日本に亡命したことは当時の記録に残されているのでしょうか
。また900年以上も百済人出身者が唐を報復しようとし、秀吉も当への報復を目的としていたという話はにわかに信じがたいです。韓国人が「真実」だと思っている論拠を知りたいところです。

私の考えは、以下の通りです。
「秀吉はなぜ朝鮮に出兵したのか~~朝鮮出兵1」
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-188.html
アルマダの敗北
私個人としては、秀吉の死とスペイン無敵艦隊の敗北が日本に伝わったという二つの条件が重なって朝鮮出兵は中止されたと理解しているのですが、日本に無敵艦隊の敗北が伝わったのはいつ頃だとおもいますか?
Re: アルマダの敗北
WIZARD03さん、コメントありがとうございます。

そういう可能性は否定しませんが、アルマダの海戦は1588年ですから、第1回目の朝鮮出兵より4年も前になります。

いつ頃スペインの敗戦がわが国に伝わっていたかについての記録は読んだことがありませんが、秀吉が朝鮮出兵を考えたということは、この戦いに勝算があることを確信していた可能性が高いです。このことは秀吉のフィリピンとの交渉を見ればわかります。

しかし、秀吉の死を機に兵を引いても、スペインが朝鮮半島を占領することがないと確信しないと、本当は、簡単に戦争を終わらせることは出来ません。

そこまで認識して兵を引いたのか、ただ太閤が死んだから兵を引いたのかは、当時の確かな記録を見つけてから議論すべきだと思います。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル