HOME   »  大正時代~第二次世界大戦~連合国占領期   »  戦争と共産主義  »  「二・二六事件」と中国の「西安事件」に垣間見えるコミンテルンの影

「二・二六事件」と中国の「西安事件」に垣間見えるコミンテルンの影

前回の記事で、昭和10年(1935)の第7回コミンテルン大会におけるスターリン演説を紹介し、当時コミンテルンが立てていた戦略は、日本を支那とアメリカ・イギリス、ドイツをイギリス・フランスと戦わせて、最後に漁夫の利を占めることであったことを書いた。

このコミンテルン大会の後でわが国と中国で起こった事件を調べてみると、不可解でかつ重大な出来事が相次いでいることに気が付く。

先に中国側の出来事から見て行こう。
まず、第7回コミンテルン大会期間中に、モスクワにいた駐コミンテルン中国共産党代表団が、中国共産党と中華ソビエト共和国中央政府が共同で、日本の中国進出に対抗するよう要求した「八・一宣言」を発表した。
その当時中国国民党は反共主義者である蒋介石が率いており、蒋介石は日本に対しては宥和的な姿勢で臨みつつも、共産党に対しては激しい攻撃を加えていた。
多くの戦死者が出ていた共産党軍は、第7回コミンテルン大会の前年の1934年10月に瑞金から脱出してソ連国境に近い延安に逃れたのだが、この時も蒋介石軍に追撃されて65千人もの兵士を失っている。
「八・一宣言」を無視してさらに蒋介石は延安への攻撃を図り、共産党軍が壊滅的状態になるかと思いきや、ここで「西安事件」が起きて事態が一変するのだ。

西安事件

西安事件」とは1936年12月12日に西安で張学良らによって蒋介石が拉致監禁されて内戦の停止・政治犯の釈放などを要求した事件である。当初、蒋介石は張学良らの要求を強硬な態度で拒絶したのだが、共産党の周恩来らが西安入りして蒋介石らと話し合いがもたれてから、蒋介石の態度が急変する。
前回の記事で書いた盧溝橋事件がおこり日中戦争に突入すると、国民政府は中共掃討を放棄し、第二次国共合作が成立して、抗日全面戦争に進んでいく流れだ。

蒋介石監禁の報を受けた当初、中国共産党は蒋介石殺害を検討したようだが、スターリンからは「蒋介石を釈放しなければコミンテルンを除名する」と恫喝されて、中国共産党は国民党と手を組んで(「国共合作」)抗日戦を継続することとなった。どうやらスターリンは、早期に内戦を終焉させて日中戦争に持ち込み、日本を中国に釘付けにさせて対ソ戦を回避させるという思惑が存在していたようだ。

拉致監禁された蒋介石に対して周恩来が何を話したのかについては、記録が何もなく、本人も死ぬまで語らなかったために今も不明なままである。
ところで、もし「西安事件」が起こらなかったら中国共産党はどうなっていただろうか。 当時蒋介石に近かった文学者、外交官の胡適は「西安事変がなければ共産党はほどなく消滅していたであろう。・・西安事変が我々の国家に与えた損失は取り返しのつかないものだった」と述べているが、それほどこの事件は絶妙なタイミングで起こっているのだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%AE%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6
次にわが国の出来事を見てみよう。

第7回コミンテルン大会の翌年の昭和11年(1936)の2月に二・二六事件が起こり、昭和12年(1937)7月に盧溝橋事件がおこり、同じ月に通州で日本人居留民が大量に虐殺される事件が起こっている(通州事件)。
またその年の12月に日本軍が南京を占領するが、この時に日本軍による大虐殺があったかなかったかで今も議論が続けられている。南京占領についてはいずれこのブログで書くことがあると思うが、日中間の争いを泥沼化させることがコミンテルンの戦略であったという流れの中で見ることが必要であるし、中国側の言っていることを鵜呑みにすることは危険であると考えている。

通州事件

また、我が国の教科書や通史には「南京大虐殺」は載せても「通州事件」を載せることがないのだが、「通州事件」を載せないというのは教科書記述としてはかなり公平性を欠くものだと思う。通州事件についてはネットでいくらでも読むことができるが、このような残虐な手口は卑劣な挑発行為であると誰でも思うのではないだろうか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6
今回は二つの虐殺事件はこの程度にして、「二・二六事件」について振り返ってみることにする。この事件は『もう一度読む山川日本史』にはこう記述されている。

226事件

「…軍部はしだいに政治的発言権を強め、日本は、ワシントン海軍軍縮条約を廃棄し、ロンドン海軍軍縮会議も脱退して、着々と軍備拡張をすすめた。
このころ、陸軍の内部では皇道派と統制派の派閥的対立もからんで緊張が高まりつつあったが、1936年(昭和11)2月26日、皇道派の急進的な陸軍青年将校が、千数百名の兵士を率いて反乱をおこし、内大臣斉藤実・大蔵大臣高橋是清ら要人を殺害し、首相官邸などを占拠した。これが二・二六事件である。戒厳令が出され、反乱はまもなく鎮圧されたが、陸軍当局はその指導者を処刑し、陸軍部内の統制を確立するとともに、事件後の広田弘毅内閣に圧力をかけて、軍部大臣現役武官制を復活させるなど、政治の主導権をにぎっていった。」(『もう一度読む山川日本史』p.299-300)

事件の経緯についてはこれ以上詳しく書くつもりはないが、この事件によって軍部の勢力地図はどう変わったのかがこの教科書では良くわからない。
前回紹介した、倉前盛通氏の『悪の論理』にはこの点についてわかりやすくこう書かれている。

「これは同じ年に発生した中国の西安事変と、同じ目的を持っていた。
当時の陸軍内部は『蒋介石と和解し、ソ連に対抗するための国力の充実をはかろう』という派と、『対ソ作戦は棚上げにして、まず、シナ大陸を支配しよう』という二つの派に大別されていた。皇道派、統制派、中間派、いろいろな名称があり、一人一人の派閥関係には不明な点もあるが、いずれにせよ、二・二六事件によって『蒋介石と和解し、対ソ作戦の準備に力を入れよう』と主張する人々はほとんど陸軍から排除され『支那大陸への侵攻』を考えるグループによって陸軍の主導権が握られたことは疑いを入れない。ここにも、日中を戦わせようとする米ソ双方の巧妙きわまる陰謀工作が伏在していたと筆者は信じている。
こうしてみると、昭和十年の第七回コミンテルン大会、昭和十一年の二・二六事件と西安事変、昭和十二年の日支事変勃発(盧溝橋事件)の四者の間には密接不離の脈絡があることがわかるであろう。
昭和10年代に、この点をいうことはタブーであった。うっかり、こんなことをいえば、『皇軍を侮辱する気か』と憲兵隊に引っ張られることは明らかであった。
敗戦後も、この点を指摘することはタブーであった。これを言うことは『日本帝国主義の罪科を、米ソ両国と中国共産党に着せようとする反動分子の詭弁』として袋叩きに合うことは必至だったからである。」(倉前盛通氏『悪の論理』p.64-65)

倉前氏が書いている『蒋介石と和解し、対ソ作戦の準備に力を入れよう』と主張する人々は『皇道派』で、『支那大陸への侵攻』を考えるグループは『統制派』と言われるグループだと考えて良いが、『二・二六事件』を機に皇道派将校は予備役に追いやられて統制派が実権を握り、さらに退役した皇道派の将校が陸軍大臣になることを阻むべく、「軍部大臣現役武官制」が復活されたために、その後、特に陸軍は政治色を強めていくことになる。
統制派が実権を握るという事は、日中が戦うということであり、「軍部大臣現役武官制」が復活して軍隊が暴走したら総理大臣ですら止められない仕組みを導入してしまったという事は、まさにコミンテルンのシナリオ通り進んだということではなかったのか。
倉前氏が指摘しているのは、日中が同じ時期に、お互いが相戦う方向に突き進んだことに何らかの工作があったのではないかというのだが、確かに日中両国で、コミンテルンにとって都合のいい勢力だけがタイミングよく残り、双方の戦いが泥沼化する体制が完成したというのは、とても偶然だとは思えないのだ。

前々回の記事で紹介した三田村武夫氏の『大東亜戦争とスターリンの謀略』に、二・二六事件で被告となった反乱将校らの獄中手記がいくつか紹介されているが、これを読むと、当時の皇道派の反乱分子は、目の前の戦いに勝つことよりも、わが国の国家改造を第一に考えていたようである。現代人のイメージからすれば少なくとも右翼ではなく、反ソ・反共とは言いながら左翼の考え方に近いところがある。

例えば栗原中尉はこう書いている。

栗原安秀

「多くの同志にとり極めて不幸なりし二・二六事件は…大国民運動の前衛戦となりしことを自負し、以て自ら慰むるものなり。…事件以後は、青年将校の運動より、下士官、兵を一丸とせる大運動へ発展せざるべからず。」
「今日本を誤りつゝあるは、軍閥と官僚だ、その二者を殲滅せば失へる財閥は、自ら崩壊せざるを得ざるべく、財閥の背景なくして売国的政党の存立するなし。昭和維新も、兵卒と農民と労働者との力を以て軍閥、官僚、政党を粉砕せざる間は招来し得ざるものと覚悟せざるべからず」 (三田村武夫『大東亜戦争とスターリンの謀略』p.123-124) と、最後の文章はまるで革命の闘士のようだ。

注目すべきは、新井元陸軍中尉の文章だ。
「国家改造を夢見ながらも、青年将校と幕僚との間には、十月事件以降溝ができた。続いて起こった血盟団や昭和七年の五・一五事件は、いづれも青年将校の流れをくむものであつたが、幕僚を主体とする軍はこの機会を巧みにつかんで、ついに政党政治に終止符を打つた。政権把握の軍の野望達成には、最早国内テロの必要はなくなつた。戦争が開始されれば、必然的に軍の権力は拡大する。望むのは戦争だけである。国際的進出―対外侵略―と併行し、その企画統制の下に国家改造を断行する。これが永田鐡山を首領とする統制派幕僚の政策であった。
政党政治が崩壊しても、それだけでは青年将校の国家改造運動は、到底おさまる筈がなかつた。昭和三年来全国を襲つた深刻な不景気、特に中小商工業社や、農、山、漁村の困窮を最も敏感に感じ取つたのは、兵と直接接触する青年将校である。腐敗した政党と貪欲な財閥を打倒し、悩む下層階級を救おうといふのが、かれらを貫く思想であつた。…中でも東北地方の冷害で、満州に出征した兵の家庭では、姉妹が娼婦に売られる悲劇さえ起きていた。この社会矛盾の解決なしには、青年将校の間に広まつた国家改造の機運はおさまる道理がなかつた。」

226事件2

新井がこの事件によって軍の政権掌握の野望のために国内テロは不要となったと言っているのは注目して良い。この文章から、この事件によって統制派が実権を掌握したことでわが国は戦争に突き進んで、敗戦革命による「国家改造」を断行するというシナリオが垣間見えるのである。
ところで新井中尉は二・二六事件の叛乱者としてではなく、司令官軍隊を率い故なく配置の地を離れたために、禁固6年を言い渡された人物である。

前々回の記事で、レーニンの「敗戦革命論」のことを書いたが、これらの青年将校のかなりの部分はこの考えに従っているか、あるいは何者かに洗脳され焚き付けられて、そのように動かされていたのではないだろうか。

第6回コミンテルン大会の決議の一部を再度引用してみたい。
「帝国主義戦争が勃発した場合における共産主義者の政治綱領は、
(1) 自国政府の敗北を助成すること
(2) 帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめること
(3) 民主的な方法による正義の平和は到底不可能であるが故に、戦争を通じてプロレタリア革命を遂行すること
共産主義者はブルジョアの軍隊に反対すべきに非ずして進んで入隊し、之を内部から崩壊せしめることに努力しなければならない」

新井中尉が、「青年将校の間に…国家改造の機運がおさまる道理がなかった」と書いている通り、このレーニンの「敗戦革命論」に刺激されて、軍隊を「内部から崩壊せしめる」ために入隊した隊員が少なからず存在し、その中で兵を統率する立場になった者が相当存在していたことは確実だ。そして彼らに手渡された兵器は、敵国から国を守るためよりも、「国家改造」のために、何度かわが国の政治家や経済人や軍閥に銃口が向けられることになったのだ。

軍部の統制派が我が国の実権を掌握したために、政治家では軍部の暴走を止めることが出来なくなっていった。
この軍部の暴走は、大日本帝国憲法第11条により陸海軍の統帥権を持つ天皇しか止めることができなかったはずだ。昭和天皇は、広島・長崎に原爆が投下されソ連が我が国への侵攻を開始した極めて適切なタイミングで終戦のご聖断を下され、わが国がドイツや朝鮮半島のように共産主義勢力により国家を分断される危機を救われたのだが、このことはもっと評価されて良いことではないかと考えている。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓           
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

関連記事
Comment
昔の記事みたいですが一ついいでしょうか。

>広島・長崎に原爆が投下されソ連が我が国への侵攻を開始した極めて適切なタイミングで終戦のご聖断を下され

このきわめて適切なタイミングというのは、米ソにとっての適切であって日本にとっては最悪なタイミングではないですか。
なぜソ連参戦の直後が最適なのでしょう。

実際はドイツ降伏後3ヶ月でソ連が参戦するという情報を大本営は掴んでいました。
それを知っていてソ連に和平の仲介を打診したり、原爆投下とソ連参戦まで降伏を引き延ばしていたのです。
このタイミングは正に最悪ですよ。
それをご聖断とは。。
言葉がないです。
Re: タイトルなし
この記事にも少し触れましたが、日本の軍部にはコミンテルンの指令で動くメンバーが少なからずいました。
そして、昭和20年6月には、共産主義者が軍部の中枢部にいて、ソ連参戦による日本の共産主義革命を画策していました。そのことは、一昨年に英国立公文書館所蔵の最高機密文書ULTRAの公開で確実です。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-295.html

昭和10年のスターリンの演説にも明らかなとおり、ソ連の戦略は日米を戦わせて、両国を疲弊させた後に侵略して一気に共産国化することでした。始めからソ連は、和平交渉などに応じるつもりはなく、日本領土を奪いに行くタイミングをはかっていました。ソ連に和平仲介を打診したのは共産主義国家建設に向けた『敗戦革命』工作だったと考えています。

アメリカがわが国の共産化に向かう動きを見て、原爆を投下し戦争を終結させようとしました。それに最後まで抵抗したのが、ソ連とソ連と繋がっていたわが国の軍部の勢力です。「終戦クーデター」が起こりましたが、彼等はソ連にわが国をある程度侵略させようとするメンバーでした。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-296.html

もし天皇陛下のご聖断があのタイミングで行われなければ、わが国のかなりの部分がソ連の支配下になっていたはずです。あのタイミングは、アメリカと今の平和な日本にとっては最善で、ソ連およびソ連に繋がったわが国の政治、軍部勢力にっては最悪だったと思います。

私のブログの『ポツダム宣言』シリーズを一通り読んで頂ければ、理解していただけると思います。
月早々のレスありがとうございました。
しばやんさんの言われるのは、あれより遅い降伏に比べたら最適という意味なのでしょうが、ソ連参戦より早く、原爆投下よりも早く降伏していた方が明らかに日本にとってよかったと思うのです。
それなのに、あのタイミングをご聖断と言って崇め奉るのは一種の宗教のように感じます。

今の日本を平和な日本というのもおかしいのでは。
平和にみえて実際どれだけの富が収奪されてきたのか知っていたら平和とは言えないと思う。
Re: タイトルなし
現実問題として、わが国が「ソ連参戦より早く、原爆投下よりも早く降伏」しようとしても、アメリカが終戦に応じなければ戦争は終わりません。アメリカは、わが国に対して決定的に有利な状況を作らない限り、終戦交渉に応じることはなかったと思います。その状況を作るために、アメリカはソ連参戦を前に原爆を落としました。

一方わが国の軍部は、ソ連主導で戦争を終わらせて、わが国を共産主義国家にする考えを持つ者が主導権を握っていました。そのためにはまずソ連を参戦させて、わが国を侵略させる考えでした。
鈴木首相の秘書官を務めた松谷誠・陸軍大佐が、(昭和20年)4月に国家再建策として作成した『終戦処理案』では『戦後日本の経済形態は表面上不可避的に社会主義的方向を辿り、この点からも対ソ接近は可能。米国の民主主義よりソ連流人民政府組織の方が復興できる』として、戦後はソ連流の共産主義国家を目指すべきだと書いていますし、同年4月に陸軍参謀本部戦争指導班長、種村佐孝大佐がまとめた終戦工作の原案『今後の対ソ施策に対する意見』でも、(1)米国ではなくソ連主導で戦争終結 (2)領土を可能な限りソ連に与え日本を包囲させる (3)ソ連、中共と同盟結ぶ――と書いています。この時期には、ソ連と繋がっていたか、ソ連びいきであった連中が軍部を牛耳っていたことを理解しないと、なぜ天皇陛下の終戦の詔勅を録音したレコード盤を軍部が奪い取り戦争を継続しようとしたのか、阿南陸相がなぜ自決したかを理解することは不可能です。

わが国の軍部で戦争を止める結論が出すことができない状況で、戦争をやめることは不可能でした。あの戦争を止めることができたのは天皇陛下しかいなかったのですが、あのタイミングで終戦の詔勅が出たからこそ戦争を止めることができたと考えています。それよりも早い時期はアメリカも日本軍部も終戦に応じるはずがありませんでした。それより後だと、わが国本土がアメリカとソ連が戦う戦場となり、もっと多くの犠牲者が出ていたことは確実です。
私は「聖断」であると崇めるつもりで書いているのではなく、適切なタイミングで詔勅が出たという意味で書いています。誤解なきように願います。

この点については私のブログのポツダム宣言シリーズで書いていますので、一通り目を通して頂ければ幸いです。
感謝
素晴らしい歴史資料をありがとうございます。
私はチューブ講座を多数掲示して若い人に近代史の啓蒙をしています。索引はtkyokinken です。

危機の時代一層のご活躍とご指導を期待しています。
Re: 感謝
落合道夫先生、コメント頂きありがとうございます。

実は先生の本は、平成20年に受賞された頃に買いました。
あの頃は、三田村武夫氏の『大東亜戦争とスターリンの謀略』を読んで近代史に興味を持ち始めた頃でした。
ブログを始めたのはその翌年ですが、初めのうちは近代史で通説以外のことを書くと左巻きの読者からのリアクションが怖くて、あまり反論の来そうにない「廃仏毀釈」などの話題を拾ってばかりでした。

昭和の歴史を書くようになったのは比較的最近のことですが、多くの読者に励まされながら、スターリンの戦略という視点から第二次世界大戦と日米の動きを自分なりに書き記してきました。自分の記事が近代史を長年研究されてきた先生の目にとまり、お褒めの言葉を頂いたことはとても励みになります。

サラリーマンをしながら、近現代史の重たいテーマを書き続けることはさすがに荷が重くて、時折旅行したり、気軽な話題を書いたりしていますが、これからも、日本人の常識となっている歴史の見方と異なる視点から、古代から現代までの話題を幅広く拾っていこうと考えています。

恥ずかしながら、先生がYoutubeで講座を開いておられることは知りませんでした。興味のある時代なので、勉強させていただきます。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル