HOME   »  大正時代~第二次世界大戦~連合国占領期   »  太平洋戦争  »  「ハル・ノート」は、アメリカが日米開戦に持ち込むための挑発だったのか

「ハル・ノート」は、アメリカが日米開戦に持ち込むための挑発だったのか

前回の記事で、わが国に日米開戦を決断させたとされる「ハル・ノート」を書いたのは、後にソ連のスパイであったことが判明した米国財務省次官のハリー・ホワイトであったことを書いた。また当時のルーズベルト政権の内部や周りには、ハリー・ホワイトだけでなく数多くのソ連スパイや工作人、協力者が存在したことが、戦後アメリカが解読に成功したソ連の情報文書(『ヴェノナ文書』)で判明しているのだ。

この『ヴェノナ文書』だけでは信じられない人もいるだろうが、旧ソ連側からも工作人が「ハル・ノート」作成に関与したことを裏付ける証言が近年になって出てきている。元ソ連NKVD(内閣人民委員部、後のKGB)工作員であったビタリー・グリゴリエッチ・パブロフが、当時このホワイトに接触し、ホワイトが草案を書くにあたって参考にするようメモを見せたと、近年になって証言しているのである。

パブロフは1995年にホワイトとの交渉などを『スノウ作戦』という自著に記し、1997年にNHKの特別番組の取材を受けて、その内容についてはわが国でも放送されたそうだが、この時のインタビューの内容の詳細が須藤眞志氏の『ハル・ノートを書いた男』(文春新書p.129-164)に記述されている。

ハルノートを書いた男

須藤氏の著書によると、パブロフとホワイトが会ったのは1941年の5月で、ワシントンで昼食を共にした時間にパブロフはホワイトにメモを渡している。証拠を残さないためにそのメモはその場で回収されたために内容の検証は不可能だが、そのメモの内容のいくつかが「ハル・ノート」の草稿に少なからずの影響を与えた可能性が高い。

またパブロフの著書『スノウ作戦』の内容の一部が産経新聞社の『ルーズベルト秘録 下』(p.272-276)に紹介されている。

ルーズベルト秘録

パブロフがホワイトに渡したメモがそのままハル・ノートになったわけではないようなのだが、その『スノウ作戦』という本には「作戦は見事に成功し、日本に突きつけられた厳しい対日要求、ハル・ノートこそがその成果だった」と書いていることは注目して良い。

では、ハル・ノートとはどのような内容で、なぜわが国はその内容を最後通牒と考えたのか。その点についてはあまり教科書には書かれていないのである。

次のURLに原文および日本語訳が紹介されているが、重要な部分は第2項の各条文である。
(英語原文) http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/dic/data/hullnote.html
(日本語原文ならびに口語訳)
http://members.jcom.home.ne.jp/rekisi-butaiura/hull%20note.htm
この内容が日本側に失望を与えたというのだが、そのことは8か月にわたる日米交渉の経緯をある程度知らなければ理解しづらい。

Wikipediaに日米交渉の経緯が書かれているので、それを参考に纏めてみる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88
1941(昭和16)年11月20日に日米交渉においてわが国は以下の「乙案」を提示した。
「1.日米は仏印以外の諸地域に武力進出を行わない
2.日米は蘭印(オランダ領東インド)において石油やスズなどの必要資源を得られるよう協力する
3.アメリカは年間100万キロリットルの航空揮発油を対日供給する
備考:(A) 交渉が成立すれば日本は南部仏印進駐の日本軍は北部仏印に移駐する (B) 日米は通商関係や三国同盟の解釈と履行に関する規定について話し合い、追加挿入する」

アメリカ政府は日本の「乙案」についての対応を11月21日に協議し、3か月間は日米の通商関係を資産凍結令以前の状態に戻すなどの内容の「暫定協定案」を検討していたが、26日早朝までにハル国務長官とルーズベルト大統領との協議が行われ、「暫定協定案」が放棄されて、ホワイト作成の「ハル・ノート」を提示することになったという。

「ハル・ノート」について、わが国が到底飲めなかった部分は以下の点である。
・支那大陸やフランス領インドシナからの即時無条件完全撤退(第2項-3)
・汪兆銘政権(南京政府)を見捨てて重慶の蒋介石政権(重慶政府)を支持すること(第2項-4)
・日独伊三国同盟の死文化(事実上の破棄)(第2項-9)
我が国に対しこれだけのことを要求しておきながら、わが国が最も強く求めていた経済封鎖解除に関する回答は一言もない。これでは石油などの必要資源が得られる保証が全くない。

今まで何度か紹介した倉前盛通氏の解説を紹介しよう。
「この電文をうけとった時、日本の首脳部は青天の霹靂に打たれた感を持ち、米国は、どうしても日本との戦争を欲しており、もし日本が手を出さなかったなら、米国の方から攻撃が加えられることをはっきり知らされた。それは、完全な日本への無条件降伏要求であり、『日本は明治維新以前の四つの島にもどれ』という通告であった。…

0815-pal01.jpg

極東軍事裁判の判事として列席したインドのパール判事は、その判決文、『日本無罪論』の中で、『アメリカ政府が日本政府へ送ったものと同じ通牒をうけとった場合、モナコ王国、ルセンブルグ大公国のような国でさえも、アメリカに対して武器をとって起ち上がったであろう』と述べている。およそ、世界の外交史でハル・ノートのように極端に挑発的な最後通告は空前絶後といえるであろう。…
米国が何故、この時点で態度を急変させたか、それは米国の戦争準備が完了したからである。大戦に参加する決意をさだめてから、米国は鋭意、戦争の準備をすすめていた。10か月にわたる日米交渉も、実はアメリカが時を稼ぐための芝居にすぎなかった。徹頭徹尾,不誠意であったのはアリカの方である。…
ハル国務長官は、ハル・ノートを日本につきつけたあと、米国の陸海軍首脳に対して、『これで僕の仕事は終わった。あとは君たちの仕事だ』と洩らしている。英国大使にも同じことを伝えた。
ルーズベルトは、日本の回答を待つことなく、11月27日付で米国前哨指揮者に『戦争体制に入れ』という命令を発した。真珠湾は断じて不意打ちではなかったのである。」(倉前盛通『悪の論理』p.77-78)

前回の記事に書いた通り、当時のわが国の石油消費量は年間約400万トンで、その95%近くを米国からの輸入に頼っていた。また当時のわが国の石油の備蓄は600万トン程度しかなく、その状態でアメリカは7月に石油をわが国に輸出しないことを一方的に通告してきたのである。それから約4か月日米交渉が続いた結末がハル・ノートで、石油の備蓄はさらに減って、開戦したころは1年分程度の備蓄しかなかったのである。これではハル・ノートを受諾したところでわが国の経済が成り立つはずがないではないか。満州や朝鮮半島や台湾やインドシナの権益をすべて捨てて石油も資源も手に入らないのでは、国民の支持が得られないどころか、暴動になってもおかしくない。

嶋田繁太郎

当時の海軍大臣であった嶋田繁太郎はこう語ったという。
「十一月二十六日、ハル・ノートを突きつけられるまで、政府、統帥部中、だれ一人として、米英と戦争を欲したものはいなかった。日本が四年間にわたって継続し、しかも有利に終結する見込みのない支那事変で、手いっぱいなことを、政府も軍部も知りすぎる程知っていた。天皇は会議のたびに、日米交渉の成り行きを心から憂慮されていた。第二次近衛内閣も、東条内閣も、平和交渉に努力せよという天皇の聖旨を体して任命され、政府の使命は日米交渉を調整することかかっていた。」(同上書 p.80-81)

東郷茂徳

また当時の外務大臣であった東郷茂徳は、こう述べている。
「ハル・ノートを野村大使からの電報で受けとった時、眼もくらむばかりの失望にうたれた。日本が、かくまで日米交渉の成立に努力したにもかかわらず、アメリカはハル・ノートを送って、わが方を挑発し、さらに武力的弾圧をも加えんとする以上、自衛のため戦うの外なしとするに意見一致した」(同上書 p.81)

驚くなかれ、アメリカ陸軍元帥、GHQ最高司令官を歴任したダグラス・マッカーサー自身が1951年の5月に上院軍事外交共同委員会で、この戦争を日本の自衛戦争だという趣旨のことを述べている。
http://www.chukai.ne.jp/~masago/macar.html

マッカーサー

「日本が抱える八千万人に近い膨大な人口は、四つの島に詰め込まれていたということをご理解いただく必要があります。
そのおよそ半分は農業人口であり、残りの半分は工業に従事していました。
潜在的に、日本における予備労働力は、量的にも質的にも、私が知る限りどこにも劣らぬ優れたものです。
いつの頃からか、彼らは、労働の尊厳と称すべきものを発見しました。つまり、人間は、何もしないでいるときよりも、働いて何かを作っているときの方が幸せだということを発見したのです。
このように膨大な労働能力が存在するということは、彼らには、何か働くための対象が必要なことを意味しました。
彼らは、工場を建設し、労働力を抱えていましたが、基本資材を保有していませんでした。
日本には、蚕を除いては、国産の資源はほとんど何もありません。彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他にも多くの資源が欠乏しています。それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。 これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという恐怖感がありました。
したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。」
マッカーサーは朝鮮戦争でソ連軍と対峙してはじめて、満州を共産勢力に渡さないことが、わが国が国を守る為に必要であったことを理解したのだろうか。いずれにせよ、この発言の4か月後にアメリカはわが国の占領政策を変更し、わが国を独立させようとバタバタとサンフランシスコ講和条約を締結することになるのである。

「窮鼠猫を噛む」のことわざの通り、「ハル・ノート」を受け取ったわが国は生存権をかけて日米開戦の道を選択せざるを得なかったというのが真相であったと思うのだが、敗戦国の悲しさで、この戦争の責任のほとんど全てがわが国に擦り付けられた状態にあるのが現実である。
アメリカやロシアや中国など戦勝国にとって都合の悪い史実のほとんどが伏せられているために、わが国はリアリティのない浅薄な歴史記述を押し付けられて、それがマスコミや教科書に拡散され、いつの間にか日本人の常識になってしまっているのは残念なことだ。
しかし、この洗脳を解かないことには、本当の意味でわが国の「戦後は終わらない」のだと思う。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓           
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

関連記事
Comment
キッシンジャー
  こんにちは、分り易い解説ありがとうございます。陰謀論の、きちんとした証拠とまでは言えないけど、キッシンジャー著の『外交』(日経新聞社、1996年)の「上巻」のp530--531においても、ハル・ノートで「満洲を含む全占領地から日本が撤退することを要求するように指示した。日本がこれを受諾できないことをルは知っていたに違いない」と書かれています。キッシンジャーも、ルーズベルトがわざと日本を追い込んだことを確信しているのです。
 また、真珠湾攻撃後、12月11日に、三国同盟を結んでいたドイツが、対米宣戦布告した事に触れ、「なぜドイツのヒトラーが米国の参戦に自由を与えたかは、満足いく説明が未だにない」と、米国としては、ドイツ側が宣戦してくれてほくそ笑んだ、と言う経緯を間接的に説明しています。
 明白な記述ではないけど、キッシンジャーは、ルーズベルトの思惑どおり、日本に開戦の火ぶたを切らせ、それにドイツも同調して「対米宣戦布告」してくれるという、おまけまでついたと言っているのです。
Re: キッシンジャー
室長さん、コメント頂きありがとうございます。

キッシンジャーの著書にハル・ノートのことが書かれていることは知りませんでした。情報ありがとうございます。

「戦勝国にとって都合の良い歴史叙述」の擁護派は、その歴史叙述に矛盾する説が出てくるとすぐに「陰謀論!!」とレッテルを貼るのですが、それはあまりに矛盾する史料が数多く出てくるので、議論をすればすぐに化けの皮が剥がれることを怖れているのでしょう。
第二次大戦についての通説に関して、キッシンジャーまでもが疑問を持っていたことは、興味深いところです。

室長さんは立派なブログをお持ちなのですね。私はブルガリアのことはほとんど何も知りませんが、時々覗いて勉強させていただきます。
感想
偶然しばやんさんのブログを見つけたので、読ませていただきました。
しばやんさんが何度もおっしゃるように、秀吉の朝鮮出兵、徳川のキリスト教弾圧、日中戦争、太平洋戦争など、学校の授業ではなぜそのような事態になったのか全く理解ができませんでした。
単純に時の権力者が暴走したから、という程度にしか理解できていませんでした。
しばやんさんの見解もあくまで数ある説の一つに過ぎないと思うのですが、結論ありきで過去の資料を示している通説よりは、はるかに説得力のあるものだと思いました。
特に、日中戦争と太平洋戦争については小林よしのり氏の「戦争論」を読んでいたので、ある程度理解しているつもりでしたが、そこに共産主義者の暗躍があるとは目からうろこでした。
今後も新しい歴史の見方をぜひご教示いただければと思います。ためになる記事を書いていただきありがとうございます。
Re: 感想
はやとさん、コメントありがとうございます。このブログの多くの記事を読んで頂いたことがとても嬉しいし、また励みになります。

はやとさんがおっしゃるように、私の考えも一つの仮説に過ぎません。
私の説の多くは、当時の記録や戦前の書物などに記されているものを参考にしたものですが、現在広められている多くの説は、そのような当時の記録や見解を無視した上で成り立っていることを是非多くの人に知っていただきたいと思います。

読者の方が通説に疑問を持つようになり、本当は何があったのかを自分で考えるきっかけになればとの思いで、これからもネタが続く限り頑張ります。

これからも時々覗いてみてください。
民族自決・自治に理想のもとに
・鉱物、石油資源供給を担保に、インドネシア民族独立解放戦線、他各民族独立解放戦線に38式”アリサカ”銃弾・砲弾大量供与でも考えるべきだった。いきなり正規戦ははやりすぎではないでしょうか?戦後ではなく
戦前にです。
Re: 民族自決・自治に理想のもとに
私のブログでハルノートにいたるまでの記事を書いていますので読んでください。わが国がなぜそのような決断をせざるを得なかったかを、納得ができるまでその自分で史実を追ってみてください。

その背景を追わずして、結果だけを現在のあなたの価値観で感覚的に判断してはいけません。
日本は工業力・軍事力だけでなく、外交力・諜報能力でも負けていた
岡崎久彦氏が「日本の正論 21世紀日本人への伝言」で書いているのですが、『 日本は、ハルノートを公表し、真珠湾を奇襲せず堂々と宣戦布告をすればよかった。 そうすればアメリカの国内世論を味方にすることができ、いかにルーズベルトといえどももたなかっただろう。 アメリカを動かす大きな力は世論である。 アメリカの世論こそ独裁者である。』

確かに、ルーズベルトが絶対に戦争をしないことを公約に大統領になったことから、日本がハルノートの内容をアメリカの大手新聞社にばら撒いていれば、結果的に外交交渉によって戦争回避が可能だったかもしれません。 やはり、日本外交に、諜報能力(情報収集力)、情報分析力、戦略的判断力が欠けていたことが致命的だったのでしょう。 現在でも、日本外交がお粗末なのが心配です。
Re: 日本は工業力・軍事力だけでなく、外交力・諜報能力でも負けていた
もえおじさん、コメントありがとうございます。

岡崎氏の指摘の通りかもしれませんが、当時のわが国の主要なマスコミはコミンテルンの秘密宣伝部のコントロール下におかれていたはずです。実際にわが国の情報工作に加わったアーサー・ケストラーの告白によると、大正15年(1926)の時点でコミンテルンの秘密宣伝部が日本の新聞と雑誌19のメディアをコントロールしていたのだそうです。アメリカのマスコミも同様な工作下にありましたので、『ハルノート』を世界に公表して、アメリカの世論を動かすことは難しかったのではないでしょうか。

日本外交に情報力や戦略的判断力が欠けていたことは否定しませんが、昔も今も外国の工作機関に弱く、特に戦後はスパイ天国であることが大問題だと思います。政治家や官僚の数多くが工作されている国に、まともな外交は期待できません。
日本外交の最大の問題
岡崎久彦氏の意見は、当時の米国国会議員の9割が欧州の戦争に参戦ことに反対だったということを基にしています。 実際のところ、米国を参戦に向かわせたのは、真珠湾攻撃が「卑劣な奇襲」と呼ばれ米国民の怒りをかったことが大きかったです。

日本におけるスパイ活動ですが、半分以上は産業スパイであり、様々な企業・研究機関から直接あるいはネットを通じて技術情報を盗み出すことが目的です。 もちろん、民主党政権時代ほどではないにしろ、中国韓国などの工作員の息のかかった政治家や官僚、報道機関の偏向は問題です。

しかし、政治経済に関して米国の圧力に屈している点が日本外交の最も大きな弱点であると考えます。 例えば、日本の「バブル経済と崩壊」はアメリカによって仕掛けられた壮大な罠だったという指摘があります。 日本が大量に保有する米国債も売れません。

軍事的有事の際に、アメリカ軍が日本を守ってくれる保障もありません。 日本はもっと主体的に安全保障(国防、食料・資源の確保)に取り組むべきです。
中ソから日本を守るための日米同盟であるべき
日本に核弾頭の照準を合わせている中ソが仮想敵国なのは当然ですが、米国が日本を対等の同盟国とみなしている訳ではないということを理解しておく必要があります。

米国からみれば、ドイツも日本も共産圏からの脅威に対する盾の存在なのでしょう。
Re: 日本外交の最大の問題
もえおじさん、コメント感謝です。

このブログでも書いていますが、真珠湾を「卑劣な奇襲」にしたのも、米国による情報工作があったと考えています。人種差別をアメリカのマスコミが煽ったのも、背後にコミンテルンの工作があったと考えています。

産業スパイもありますが、政治家や官僚やマスコミなどはかなり米中韓などの工作がかかっていることを感じざるを得ません。もし工作がないのならば、とっくの昔にわが国でも「スパイ防止法」が通っていたはずです。

「バブル経済と崩壊」の背景と、わが国は「もっと主体的に安全保障に取り組むべき」という点は私も同意見です。
Re: 中ソから日本を守るための日米同盟であるべき
いずれの国も自国の国益を最重要して動きますし、アメリカが常に味方である保証はありませんね。
そろそろわが国も、自分の国は自分で守るという当たり前の国になって欲しいものです。
面白いわ。今までピンとこなかった部分がビシっとハマった感があります。
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。4年以上前に書いた記事にアクセスして頂けるだけでもありがたいのに、コメントまで頂いて感謝です。

こういう真実が広まって、マスコミなどで流布される歴史叙述に疑問を持つ人が増えれば嬉しいです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル