HOME   »  地方の歴史と文化を訪ねて   »  兵庫県  »  但馬安国寺の紅葉と柏原八幡神社の神仏習合の風景などを訪ねて

但馬安国寺の紅葉と柏原八幡神社の神仏習合の風景などを訪ねて

さて、旅行の2日目に入るが、朝一番に向かったのは兵庫県豊岡市但東町にある但馬安国寺。紅葉の名所なので朝一番に向かったのだが、すでに大勢の観光客が来ていた。

安国寺2

「安国寺」というと、南北朝時代に足利尊氏・直義兄弟が京都天龍寺の夢窓疎石の勧めにより、後醍醐天皇をはじめとする南朝の戦没者の菩提を弔うために各地に建てたと伝えられ、この但馬安国寺も全国に68ある安国寺のうちのひとつなのだが、いろいろ調べるとそれらの寺をすべて新たに建てたわけではなく、一部は既存の寺院を改称したケースも多いらしい。
この寺は鎌倉時代後期に無本覚心(法灯国師)による開山といわれ、貞和元年(1345年)に「安国寺」と改称されたものだという。

その頃の境内は現在地より南方三百メートルのところにあり、寺伝によると足利幕府より朱印と三百石余の禄が与えられ、七堂伽藍を有した大寺院だったそうだが、享保2年(1717)に火災ですべてを焼失してしまったという。
その後現在地に近い山地に草庵が建てられて、出石宗鏡寺の末寺になったというが、その後も何度か火災に遭い、現在の本堂は明治37年(1904)に落慶した建物なのだそうだ。

思ったよりも本堂は小さくて、これといった文化財は残されていないのだが、毎年紅葉の時期になるとテレビによく報道される寺であることをご存知の方も多いのではないだろうか。

安国寺の裏庭は狭く、斜面にドウダンツツジが流れるように植えられているだけなのだが、11月の半ばには真赤に色づいて、本堂の座敷の障子越しに見る紅葉が額縁の絵のようになる。

安国寺

この写真を観光客の誰もが撮れるように、裏庭のツツジの近くには観光客が近寄れないようにロープが張ってあって、本堂には観光客を数十人ずつ順番に誘導し、座敷で紅葉の写真を存分に撮影させた後、本堂から出て頂いて座敷が無人となる状態をつくる。そこで次のグループが本堂の外から座敷の障子越しに見るドウダンツツジの写真を撮影し、それから本堂に招き入れられる…。そのようにして手際よく観光客を回転させていた。

本堂を出て外に廻って、庭の斜面を彩っているドウダンツツジを見てもそれなりに美しいものなのだが、やはり障子越しで見るのが一番良い。

安国寺つつじ2

庭はこのドウダンツツジがなければただ斜面があるだけのことなのだが、この狭い空間を見事に活かしていることに感心してしまう。

このドウダンツツジは現在の本堂が建てられた際に裏庭に植えられたのだそうだ。とすると樹齢はおそらく110年程度だということになるが、文化財をほとんど焼失してしまったにもかかわらず斜面にドウダンツツジを植えたことで、今ではこの寺に全国から観光客が訪れるようになり、結構な町おこしになっている。
地元の方がテントを張って地元の農産物などを販売しておられたので、椎茸と銀杏を買って帰った。採れて間もない椎茸なのだろう、ずっしりと重くて肉厚で、帰宅後食べたらとても旨かった。

次の目的地に向かう途中の朝来市和田山町で車を停めて『はっかく亭』で昼食をとる。 ここで休息をとったのは、せっかく但馬に来たのだから、新鮮な野菜と少しばかり但馬牛を買い込んで帰りたかったからだ。隣に新鮮野菜の産直店があり、向かいに但馬牛の『太田家』がある。

太田家

グループで牧場を経営しておられる肉屋さんはこの近くに他にもいくつかあるのだろうが、数年前に会社の同僚から教えてもらった『太田家』しか知らないので今年もまた来てしまった。ここでは柔らかくておいしい肉が安く買えるのでお勧めだ。

買い物を済ませてから次の目的地である丹波市柏原(かいばら)町の柏原八幡神社に向かう。

柏原八幡鳥居

この神社は、平安時代の万寿元年(1024) に京都の石清水(いわしみず)八幡宮の分霊を祀った柏原別宮として創建されたのち、貞和元年(1345)の南北朝時代の争乱により社殿が焼失。間もなく再建されたが戦国時代の明智光秀の丹波攻めの兵火でふたたび焼失し、その後羽柴秀吉が黒井城主の堀尾吉晴に社殿の造営を命じて天正13年(1585)に現在の社殿(国重文)が竣工している。

柏原八幡本殿

社殿の前に立つ狛犬は柏原出身の石工・村上照信により文久元年(1861)に制作され、佐吉の傑作だとされているそうだ。次のURLに様々な角度からの狛犬の画像があるが、よく見るとなかなか迫力のある狛犬である。
http://www.228400.com/tatsumi/tanbasakichi/sakichi/sakichi-11.html

この神社の魅力は何と言っても素晴らしい三重塔(県指定文化財)。ここでは神社の象徴的建造物である鳥居や本殿の背後に、仏教の象徴的建造物である三重塔が聳えるという、珍しい光景を見ることが出来る。

柏原八幡神社三重塔

昔はこのような光景を各地で見ることが出来たと思うのだが、明治初期の廃仏毀釈で全国の神仏習合的な施設のうち仏教施設が徹底的に破壊されてしまった。
以前このブログでも書いたが、この柏原八幡宮の本家である京都の石清水八幡宮はもともとはお寺であり、「男山四十八坊」と言われるように石清水八幡宮護国寺を中心とした多くの仏教施設があったのだが、明治元年の廃仏令で僧侶は還俗させられ俗人となり、法施や読経を禁じられ、堂宇も撤去されるか、一部は神殿に変えられてしまった。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-53.html
男山の多くの寺院にあった阿弥陀如来像などの仏像や曼荼羅等の文化財はほとんどが売却されたり捨てられてしまったのだが、本尊であった薬師如来とそれを護る十二神将像は人目を避けるように運ばれて、今は淡路島の東山寺(とうさんじ)に祀られている。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-50.html

本家の石清水八幡宮にあった仏教施設が徹底的に破壊されたにもかかわらず、柏原八幡神社の境内の三重塔がなぜ残されたのだろうか。
境内には以前、神宮寺であった乗宝寺という寺が存在していて、三重塔はその寺の所有であったそうだ。明治の廃仏毀釈の時に乗宝寺の他の堂宇は取り壊されたのだが、この三重塔については中に安置されていた大日如来を取り除いて、この塔を神社の「八幡文庫」と呼ぶことで取壊しを免れた経緯のようだ。

このように神社の境内の中に塔が残されているような事例として、昨年は兵庫県養父市にある名草神社の朱塗りの三重塔のことを書いた。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-228.html

また三年前には奈良県桜井市の談山神社・十三重塔のことを書いた。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-78.html

何れの事例も、寺院であったものを無理やりに神社にしたものなのだが、柏原八幡神社はは神仏習合の荘厳な風景を今も残す数少ない事例なのだと思う。

Wikipediaによると、神社の境内に塔が残されているのは今では全国で18例があるだけなのだそうだが、こういう貴重な景色をカメラに収めることが出来て大満足だ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%8F%E5%8E%9F%E5%85%AB%E5%B9%A1%E7%A5%9E%E7%A4%BE

柏原大ケヤキ

ところで柏原八幡神社の鳥居の近くに、大きなケヤキの木がある。樹高22mで推定樹齢は1000年と言われている大木なのだが、なんとこの木の根の1本が、幅8メートルの奥村川をまたいで自然の橋を形作っており横から見ると、その根の太さに驚いてしまう。

IMG_2284.jpg

地元では「木の根橋」と呼ばれているようだが、このケヤキは兵庫県文化財(天然記念物)にも指定されているようである。
https://www.city.tamba.hyogo.jp/soshiki/bunka/ookeyaki.html

丹波市柏原町を後にして、最後の目的地に向かう。
この旅行の初日に、兵庫県加古川市の鶴林寺や姫路市の随願寺を訪ねてきたのだが、2つの寺の共通点は「高麗僧恵便(えべん)」にゆかりがあることである。
このブログで何度か書いたことだが『日本書紀』には、わが国で仏教が拡がったのは敏達天皇13年(584)に蘇我馬子が播磨の国にいた恵便という僧を師としたことから始まると明記されている。
そして恵便にゆかりのある安海寺という寺が、兵庫県多可郡多可町八千代区中村に残されている。

安海寺

敏達天皇13年(584)に仏像2体を手に入れた蘇我馬子は司馬達等らに仏教修行者を探させて、播磨の国にいた高麗人の恵便を見つけて仏法の師としたのだが、国内に疫病が流行ったために排仏派の物部尾輿(もののべおこし)らは、仏教信仰がその原因であるとして排仏活動を行ない、恵便も迫害を受け還俗させられたらしい。
そして、現在の八千代区大矢笠形谷にある稚児岩の洞窟に閉じ込められたと伝えられている。
その場所に室町時代にはお寺があったらしく、それが安海寺の前身だとされている。
予約すれば中に入って拝観できたかもしれないが、この寺の本尊の木造阿弥陀如来坐像は平安時代の後期のもので、兵庫県の文化財に指定されているそうだ。

ネットでいろいろ調べていくと、安海寺の佐藤住職は恵便についてかなり研究しておられるようだ。2008年に「高麗僧恵便 播磨ゆかりの地サミット」というイベントが姫路市で行われ、パネラーとしてこの寺の佐藤住職が話された内容が、在日の方の機関誌『平和統一News第20号』「播磨と渡来人(第5回)」に出ている。渡来人の話は在日の方が興味を持たれることは当然だと思う。
http://fpuhg.main.jp/news20.pdf

どこまで史料の裏付けがあるかはよく解らないが、このイベントで佐藤住職が話された内容を姫路市の英裕司氏が要約されたものが、ネットで見つけることの出来る恵便という人物についての一番詳しい文章である。
しばらく引用させていただく。

「今から1400年前、恵便法師は弟子の百済僧 恵聡(えそう)を伴って日本へ来られた。
しばらくして、仏教に反対する物部氏による仏教弾圧がはじまる。この時、恵便法師と弟子の恵聡は捕らえられ、生駒山に送られた。しかし、都に近いとの理由で今度は播磨の赤穂に流され、最後に播磨の多可郡八千代(安海寺のある地域)に流された。物部氏は、二人を無理やり還俗させた上、『右次郎』『左次郎』と呼び、逃げないように家に閉じこめた。(他の伝承では弾圧から逃れ、隠れ住んだという話が主流だが、ここでは捕えられ幽閉されたということになっている。)
その間、還俗した恵便法師は村の娘と恋におち、一子を授かる(?!)。村娘の名前は、『恵忍』といったそうだ。数年後、恵便法師は一人息子を弟子の恵聡に託し、ひそかに朝鮮半島に逃亡させることに成功する。これが故に、恵便法師笠形山の洞窟に幽閉されてしまう。今も恵便法師がわが子の無事を祈りながら、彫ったとされる山石の地蔵菩薩が残っている。
ほどなく聖徳太子を中心とする崇仏派が排仏派の物部氏を滅亡させるといった政変が起こるのであった。
その後、仏教の指導者をさがして、蘇我馬子の使いが播磨の地にやって来た。ここで恵便法師は中央に復帰することになった。(この辺りの経緯は事実である。都からの使いが直接、幽閉されていた山奥に来たのか、それとも恵便法師がこの場所から脱出して、播磨の姫路に隠れ住んでいた時に、都の使いが来たのかはっきりしない)ともかく都に戻った恵便法師は、蘇我馬子の師となり、3人の尼僧を出家させるなど大活躍した。
時は流れて、595年、弟子の恵聡が恵便の子を連れて日本に戻ってくる。実はこの恵便の子こそは、名を恵慈(えじ)といい、のちに聖徳太子の師となった有名な高僧なのである。なんと高僧 恵慈と恵便法師が前述したように親子であったのだ。」

聖徳太子の仏教の師となった「恵慈」は『日本書紀』では「慧慈」と違う字で書かれていて、「恵便の子」であるとは一言も書かれていない。恵便が娘と恋に落ちた話や、二人の間に恵慈を生んだという佐藤住職の話は何を根拠にしているのだろうか。

ところで相生市のホームページにも、恵便についてこんな伝承が残されていることが紹介されている。
兵庫県相生市矢野町瓜生に羅漢の石仏があり、欽明天皇の時に、矢野に流された恵弁と恵聰の2人が瓜生の岩窟に入り、すべての人を仏に引き合わせようとの願いからその石仏を彫ったというのだ。
しかしその伝承には恵弁と恵聰が還俗させられて『右次郎』『左次郎』と呼ばれたことは佐藤住職の話と一致しているものの、恵便が恋に落ちて子供ができたという話はないようだ。
http://www2.aioi-city-lib.com/bunkazai/den_min/den_min/densetu/04.htm

相生市のホームページも根拠となる文書についての記載がないのは残念だが、恵便に関しては『日本書紀』の記述とは異なる伝承が複数残されていることは注目して良いだろう。どこまでか真実であるかは人によって感じ方が異なるのだと思うのだが、この時期に恵便という渡来人がわが国に仏教を広めたことについては確かな事だと思うのだ。

帰宅途上中国自動車道で渋滞に巻き込まれて帰るのに随分時間がかかってしまったが、あまりよく知らなかった播磨や但馬の聖徳太子と恵便のゆかりの地を巡り、紅葉もカニも楽しめて、いい旅行だった。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
しばやんさま、こんにちは
燃えるようなドウダンツツジですね。美しいです。
但馬は、この夏、川崎尚之助の生い立ちを訪ねて出石を旅しました。

川崎家の墓のあった願成寺や、また川崎家ともゆかり深く、出石藩主代々の菩提寺であった宗鏡(すきょう)寺のご住職様達から、貴重なお話を沢山聴くことができました。情に厚いお国柄であることも昔から変わらないようで嬉しく思いました。
出石の寺社仏閣もそうですが、但馬というところは独特の歴史やたたずまいを醸していますね。
神仏習合したお寺、いいですね。半端ない知恵と工夫をこらして、廃仏毀釈の時代をすりぬけた寺はどれだけあったでしょうか。高麗僧恵便(えべん)のことも、いつも詳しく書いて下さり勉強になります。しばやんさまありがとうございます。

FC2へのお引っ越し作業は完了しましたか?
ご苦労さまでした。
Re: しばやんさま、こんにちは
美雨さん、心温まるコメントありがとうございます。

出石には何度か行きましたが、ブログを書いていない時期はそばを腹いっぱい食べて、出石城を歩いた程度でした。宗鏡寺というお寺もなかなか良さそうですね。
但馬に限らず、田舎に行くと、昔ながらの風景が残されているところがいくつもあります。

廃仏毀釈の時代は有名寺院もかなり苦労したようですが、いろいろ調べていくと、仏像を護るためにさまざまなドラマが残されています。
金毘羅大権現や但馬妙見、石清水八幡などのドラマは結構面白いですよ。

廃仏毀釈に関しては、非常に詳しく調べているminagaさんのサイトがすごいですよ。
美雨さんにお勧めです。
http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/sinbutubunri.htm

ブログ移転も歴史関連の記事はほぼ移し終えました。
太字にしたいところなど、細かいことを言えばいろいろありますが、年が明けてしばらくしてから正式に移転しようと思っています。
神仏習合
ドウダンツツジ、綺麗ですね。座敷の畳が赤く映えていて見事です。

神仏習合のこと、興味深く拝読しました。石清水もそうですが、上下の鴨神社も例外ではなかったと聞いた覚えがあります。伊勢の神宮以外の主な神社には神宮寺があったのだそうですね。

お寺には今でもその名残がある場合が多いようです。おそらくご存知と思いますが、京都の修学院にある「赤山禅院」の本尊は泰山府君で中国の神様、七福神があったりもして、まるで神社のようですが、叡山の重要な塔頭ですよね。

仏教伝来直後からすでに神様と仏様はごちゃまぜだったのだとか。そういう状態が日本人に合っているのだということなのでしょうか。
Re: 神仏習合
クッキングホイルさん、コメントありがとうございます。

ご指摘通りで、下鴨神社にも上賀茂神社にも神宮寺がありました。
伊勢神宮には、神宮寺はありませんでしたが不思議な尼寺が今もあるそうです。
来年には伊勢神宮も訪れてレポートしたしと思います。

赤山禅院は不思議な場所ですね。おっしゃる通り、神社のようです。

日本人は一神教は肌が合わないような気がします。豊かな自然に恵まれて自然と共生する哲学は多神教の方が落ち着きが良さそうです。
お久しぶりです[i:63734]
・しばらく、ご無沙汰しておりました。相変わらずの御健筆で、何よりです。私は足を持たないので、知り合いに頼まなければ、遠出は叶いません。
近在の景勝地に紅葉見物、そして地元の佳肴をお楽しみとのこと。大慶至極に存じます。

●文中に何度か出てくる“ドウダンツツジ”。日本語の作法としては、二度目以降に登場する場合、人名ならば“名字”或いは“彼”、今回のようなやや長い植物名のような場合は、前半を省略して、短く“ツツジ”としてきたのです。

完全形を何度も繰り返すと、文が冗長になり、締まりのないものとなってしまいます。今後は再読し、工夫なさることを、切望します。

・また、天龍寺の開山“夢窓”が登場しますが、彼は「夢窓礎石」でなく、「夢窓疎石」なのです。
京都に生まれ、しかも生家が寺家であるからには、こういった著名な僧侶の名前を間違えるようでは、困ります。

▼ところで、丹波の柏原八幡神社をお訪ねになったとのこと。
拙が、予てより気になっているのは、そこに地元の石工で、全国的に名工と謳われた左吉作の狛犬が奉納されているとのこと。

その台座に刻まれた「奉献」という二文字は、遠く離れた「筑前福岡の女儒者、亀井少琴の手になるものである」と地元では説明されているようです。

しかしながら、これは大きな間違いです。亀井少琴(1798-1857)は、福岡藩儒亀井昭陽(1773-1836)の娘です。したがって、学者の家の娘ですから、小さい頃から祖父(※亀井南冥)や父の薫陶を受け、漢詩文や書画はたしなみましたが、けっして“儒者”ではないのです。(※今ならば、“学者”の妻です。)

書画の腕前は、嘉永五年(1853)に出された『古今南画要覧』の「閨秀」の項に収録されているほどです。特に墨竹が得意で、小生も六曲一双の詩書画屏風や画幅を数点蔵しています。

しかしながら、この狛犬が奉納されたのは、彼女が没して4年後の文久元年(1861)です。彼女の筆跡が、どのようにして齎されたものか、気になる所です。

彼女の文字は、どちらかというと、女性らしい“優雅(※優美)さ”には欠けますが、それは祖父の書風を受け継いだもので、父昭陽も同様な“亀井流”とでも言うべき書を、ものしています。
したがって、けっして『kotobank』に言うような「朝鮮の書に影響を受けたもの」ではありません。
この解説は、祖父南冥や父昭陽の書(※文字)を見たことがないことから来る、大きな蛮勇(※誤解)です。いずれにせよ、こういった見当外れな解説は、「百害あって、一利なし」です。

『kotobank、亀井少琴』
http://www.google.co.jp/search?client=ms-docomo_link-jp&guid=on&hl=ja&ie=Shift_JIS&q=%8bT%88%e4%8f%ad%8b%d5

http://www.google.co.jp/gwt/x?gl=JP&hl=ja-JP&u=http://www.pluto.dti.ne.jp/~fujika/prev/syokinnokoto.html&client=ms-docomo_link-jp&q=%E4%BA%80%E4%BA%95%E5%B0%91%E7%90%B4&sa=X&ei=RUqmUvvaNMTWkAW5_4GQCQ&ved=0CDUQFjAH
Re: お久しぶりです
竪町の隠居さん、お久しぶりです。

「夢窓疎石」の件、ご指摘ありがとうございました。文字変換をしたときに気が付かず、お恥ずかしい限りです。ご指摘により修正させていただきました。

亀井少琴という人物のことは全く知りませんでした。情報ありがとうございました。
狛犬が有名であることも知らずに、本殿や三重塔ばかりカメラに収めてしまいましたが、台座の文字まで有名な書家が書いたものだったのですね。
祖父南冥や父昭陽の書も良く知りませんが、これから勉強させていただきます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは。いつもお世話になっております。
こちらの記事を読んで柏原八幡神社へ再訪致しましたの。横レスになってしまいますが、狛犬の台座の文字、再検証しないといけないなと反省です。
以前訪問した時は苔むした風情の狛犬だったのですが、数年前に修復されて綺麗になっておりました。
柏原八幡神社の三重塔と鐘楼と社殿が並ぶ景色を「昔はこれが普通だった」どころか、気づきもしない方が多いので、とても残念。
内容は薄いですが、目で見てわかるようにするのが私にできる事かなと拙い記事を書き連ねております。しばやん様に教えていただきながら、いろいろなものを見て、学んでいきたいです。
いつもありがとうございます。
Re: タイトルなし
こちらこそ、いつもお世話になっています。
つねまるさんは行動範囲が私に近いので、こちらも勉強させていただいています。

台座の文字の件は、私の読者から教えて頂きました。ブログを書いていると、いろんな方から教わることがあります。

子供の頃に親しんだ、古き良き日本の伝統社会とその風景があちこちでおかしくなっています。

少しでもその良さを伝えて後世に残していきたいと思っているのですが、つねまるさんも同じ思いなのかもしれませんね。お互い、これからも頑張って行きましょう。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル