HOME   »  大正時代~第二次世界大戦~連合国占領期   »  太平洋戦争  »  『ポツダム宣言』を公然と無視し、国際法に違反した国はどの国か~~ポツダム宣言10

『ポツダム宣言』を公然と無視し、国際法に違反した国はどの国か~~ポツダム宣言10

前回まで『ポツダム宣言』受諾をめぐるわが国の動きを中心に書いてきたが、国内でこれだけ激しく意見の対立があったのは、この『ポツダム宣言』の内容が、連合国とわが国が戦争を終結するための条件を呈示したものでものであったからとも言える。

このシリーズの最初の記事で『ポツダム宣言』に書かれている内容を紹介したが、この宣言で、連合国はわが国に対して、条件付きで戦争を終結させようと提案してきたのである。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-290.html

なぜ連合国が、わが国の本土決戦の前にこのような提案をしてきたのだろうか。
もし『ポツダム宣言』がなければ、連合国が勝利するためには、わが国が降伏するまで攻撃をし続けるしかなかったのだが、わが国は簡単には降伏しそうな国ではなく、本土決戦に突入すると、わが国だけではなく連合国側にもさらに多くの犠牲者が出ることが予想されていた。
ポツダム宣言』が発表された背景には、連合国側に、これ以上犠牲がでることを避けようとする意図が見えてくるのだ。

実は『ポツダム宣言』以前にも、アメリカは、何度もわが国に対して降伏勧告をしていたようだ。
それまでのアメリカの動きを、このシリーズの最初に紹介した山下祐志氏の論文『アジア・太平洋戦争と戦後教育改革(11)――ポツダム宣言の発出』を参考にみていこう。
http://ci.nii.ac.jp/els/110000980158.pdf?id=ART0001156844&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1391217393&cp=

トルーマン大統領

1945年(昭和20)5月7日にドイツが無条件降伏すると、アメリカのトルーマン大統領は次のような対日降伏勧告声明を発している。
日本軍の無条件降伏は日本国民にとってはなにを意味するのかといえば、それは戦争の終結にほかならない。日本を惨禍の淵に追い込んだ軍部指導者の無力化を意味する。兵士たちが家庭に、農場にまた職場に復帰できることを意味する。またそれは勝利の希望のない日本人の現在の苦悩や困難をこれ以上引きのばさないことを意味している。無条件降伏は決して日本国民の絶滅や奴隷化を意味するものではない。」

しかしわが国政府は5月9日に次のような声明を発して、あくまで徹底抗戦することを告げている。
「帝国と盟を一にせる独逸(ドイツ)の降伏は帝国の衷心より遺憾とするところなり、帝国の戦争目的はもとよりその自尊と自衛とに存す。これ帝国の不動の信念にして欧州戦局の急変は帝国の戦争目的に寸毫の変化を与えるものに非ず、帝国は東亜の盟邦と共に東亜を自己の欲意と暴力の下に蹂躙せんとする米英の非望に対し、あくまでも之を破摧しもって東亜の安定を確保せんことを期す。」

アメリカはそれ以降、ザカリアス米海軍大佐によって、14回にわたって降伏勧告を求める放送を実施したのだが、わが国を動かすことはできなかった。

空襲だけでは日本を降伏にまで追い込むことはできないと考えられ、九州上陸作戦および関東平野上陸作戦が検討されていて、その作戦を実行に移したとしても、もし300万人近い内地の日本軍将兵が山地や森林にこもってゲリラ戦を展開したとしたら、米軍側に大量の犠牲者で出ることは確実であり、あまり時間をかけすぎれば、ソ連が対日参戦して北海道や東北を狙ってくることも充分に考えられたのである。

アメリカがそう考えたのも無理もない。米軍は硫黄島、沖縄の戦いで多くの犠牲者を出している。
硫黄島の戦い

例えば、硫黄島の戦いについてWikipediaではこう解説されている。
「日本軍に増援や救援の具体的な計画は当初よりなく、守備兵力20,933名のうち96%の20,129名が戦死或いは戦闘中の行方不明となった。一方、アメリカ軍は戦死6,821名・戦傷21,865名の計28,686名の損害を受けた。太平洋戦争後期の上陸戦でのアメリカ軍攻略部隊の損害(戦死・戦傷者数等の合計)実数が日本軍を上回った稀有な戦いであり、また、硫黄島上陸後わずか3日間にて対ドイツ戦(西部戦線)における「史上最大の上陸作戦」ことオーバーロード作戦における戦死傷者数を上回るなど、フィリピンの戦い (1944-1945年)や沖縄戦とともに第二次世界大戦屈指の最激戦地のひとつとして知られる。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

硫黄島には、米軍は日本軍2.3万人の5倍にあたる11万人もの兵士を送りこんだのだが、日本兵を上回る犠牲者を出していたというのは驚きだ。この戦いで日本兵は約千名が捕虜になった他はほとんどが戦死あるいは自決したという。それにしても、日本軍は少ない兵力ながらも、僅かな武器を有効に用いて、勇敢に戦ったのである。
また沖縄戦も同様に、米兵は日本兵の5倍の55万人の兵士を送り込んで戦ったのだが、8.5万人もの死傷者を出している。

このような日本軍の悲壮な抗戦は決して無駄ではなかったとも言える。もし硫黄島も沖縄も米軍の圧勝で終っていたなら、『ポツダム宣言』のような終戦条件の提示はあり得ず、わが国は本土決戦で焦土となり多くの人命が失われ、敗戦後はドイツなどと同様に国土が分断されていたに違いない。
アメリカでは1944年10月のレイテの戦いが始まる前あたりから、出来るだけ早く条件付き終戦に持ち込もうとする考えがでてきたようだが、硫黄島や沖縄の戦いにおける米軍の犠牲が大きかったことが、その流れを加速させたと言えるだろう。

山下祐志は上記論文でこう述べている。
「日本捕虜の意識調査をしていたジョン・エマーソンらのグループは、すでに1944年10月10日の時点で、日本の早期降伏をもたらすためには国体護持を認め、なおかつ日本人が将来に希望を持ち得るよう『無条件降伏以上のことを告げるべき』との報告書を提出しており、ザカリアス大佐の対日放送もこれに準じたものであった。ゆえにこの日、ジョン・マックロイ陸軍次官が、本土上陸作戦の代案を検討すべきだと主張した。彼の考えは、大統領が立憲君主としての天皇制の保持を認め名誉ある降伏を日本人に勧告する個人的メッセージを発表すべきだ、というもので、この勧告は、もし日本人が拒否した場合には原爆をみまう、という警告と組み合わせて出すのが効果的だとした。彼の提案に対してトルーマン大統領は、原爆にはいっさい言及することなく対日警告文をもっと練り上げるように命じた。まだ、原爆実験成功の確証がなかったことと、ソ連に秘密にしたまま原爆の研究・製造を進めるべきだ、という意見が関係者の間で支配的であったからである。ともあれ、この決定によって、後の『ポツダム宣言』が実現に向かって一歩を進めることになる。」(同上論文 p.14)

その後国務省内で、親日派と親中国派との係争があり、『ポツダム宣言』の公表文書が出来上がるまでにはかなりの紆余曲折があったようだ。

一方わが国にとっては、『ポツダム宣言』が連合国からの終戦条件の提示であったからこそ、受諾するかしないかで国論が2つに割れた。
もしこの文書が無条件降伏を要求するものであれば議論の余地は乏しく、陸軍主導で本土決戦に進んでいたものと思われるのだが、「国体護持」に希望が持てたからこそ、昭和天皇の『御聖断』によりわが国は『ポツダム宣言』の受諾を決定し、終戦することを選択したのである。

重要なポイントなので繰り返して言おう。
『ポツダム宣言』はわが国に無条件降伏を勧告した文書ではなく、戦争を終結させるために連合国からの条件を呈示した文書である。さらにこの文書は、わが国のみならず連合国をも拘束する双務的な協定である。だからこそわが国は、これを受諾したのだ
アメリカもこの文書に拘束されることは、アメリカの公文書の中に記録がある。
「ポツダム宣言は降伏条件を提示した文書であり、受諾されれば国際法の一般規範によって解釈される国際協定をなすものになる」(『アメリカ合衆国外交関係文書・1945年・ベルリン会議』所収第1254文書「国務省覚書」)

ところが『ポツダム宣言』の各条項を、わが国は遵守したのだが、連合国がそれを平然と無視し、わが国でやりたい放題の国際法違反を重ねたのである

連合国の重大な違反行為をいくつか指摘しておこう。
例えば『ポツダム宣言』の第9項には、
日本国の軍隊は完全に武装を解除された後、各自の家庭に復帰し、平和的かつ生産的な生活を営む機会を得ることとなる。」とある。
シベリア抑留

このブログで以前書いたが、50万人以上の日本人が戦後ソ連に抑留された史実は、明らかにこの条項に違反する。ソ連は対日参戦と同時に『ポツダム宣言』の署名国に参加し、この「協定」の拘束を受けているはずだ。

また、わが国が『ポツダム宣言』を正式に受諾した後に、ソ連がわが国の北方領土を占領し不法占拠を続けている問題も、ポツダム宣言の第8項で、領土不拡張を掲げたカイロ宣言の精神を承継しているという原則を侵害している

また『ポツダム宣言』の第10項には、
われわれは、日本人を民族として奴隷化しようとしたり、国民として滅亡させようとする意図を持つものではない。しかし、われわれの捕虜を虐待した者を含むすべての戦争犯罪人に対しては厳重なる処罰を加えられることになる。日本国政府は、日本国国民の間における民主主義的傾向の復活強化に対する一切の障害を除去するものとする。言論、宗教および思想の自由ならびに基本的人権の尊重は確立されるものとする。」とある。

しかし、昭和20年9月から占領軍による検閲がはじまり、占領軍にとって不都合な記述は、出版物であれ放送原稿であれ私信であれ、たとえその内容が真実であっても、徹底的に排除された。
さらにGHQは西洋の世界侵略や奴隷貿易にかかわる研究書や学術書など7769タイトルの単行本を全国の書店、古書店、官公庁、倉庫、流通機構で輸送中のものも含めて没収し廃棄させている。(GHQ焚書)

次のURLに新聞雑誌などに適用された「プレスコード」の全項目が書かれているが、アメリカ・ロシア・イギリス・朝鮮・中国など戦勝国への批判は許されず、占領軍が日本国憲法を起草したことに言及することも許されなかった
http://www.tanken.com/kenetu.html

そもそも、占領軍がわが国に憲法を押し付けることは国際法違反である。
1899年にオランダ・ハーグで開かれた第1回万国平和会議で採択され、1907年の第2回万国平和会議で改訂された『ハーグ陸戦条約』第43条にはこう書かれている。
「国の権力が事実上占領者の手に移った上は、占領者は絶対的な支障がない限り、占領地の現行法律を尊重して、なるべく公共の秩序及び生活を回復確保する為、施せる一切の手段を尽くさなければならない。」

また、東京裁判では「平和に対する罪」「人道上の罪」という国際実定法上根拠のない「事後法」により訴訟が提起され、この裁判で多くの日本人被告が裁かれたのだが、この行為も明らかに第10項に違反している
東京裁判

「A級犯罪」というのは「平和に対する罪」で、「A級戦犯」というのはこの罪を問われた日本人のことである。同様に「B級犯罪」というのは「通常の戦争犯罪」で、「C級犯罪」は「人道上の罪」であり、「A級」「C級」というのはいずれも「事後法」なのである。

そもそも戦争を起こしたことを犯罪とする法律は存在しない。
東京裁判において、連合国が「罪刑法定主義」の法治社会の根本原則に違反して、日本の指導者たちを「事後法」で裁いたことは、裁判らしき形式はとってはいるものの、実態は法律とは無関係の行為である。裁判は法に基づいて裁くものであって、感情や道義で裁くものではないはずだ。
百歩譲って「事後法」で裁くことを許容したとしても、「平和に対する罪」「人道上の罪」という罪状で戦争犯罪人を裁くのであれば、アメリカの原爆投下やソ連のシベリア抑留をなぜ裁かないのか。連合国側には適用されず、わが国にだけそのような罪を適用するのは、「法の下の平等」にも反する行為であり、実態は勝者の敗者に対する野蛮な報復行為でしかなかったのだ。

また『ポツダム宣言』第12項を読めば、現時点で米軍がわが国に駐留していることも協定に違反していることになる。
前記の諸目的が達成され、かつ日本国国民の自由に表明する意志にしたがい平和的傾向を持ち、かつ責任ある政府が樹立されたときには、連合国の占領軍は直ちに日本国より撤収するものとする。」

これだけ重要な違反があるのに、なぜわが国の政治家はアメリカやソ連に対して言うべきことを言わなかったのかと誰しも思うところである。
しかし官僚には気骨のある者がいたようだ。以前紹介した江藤淳氏の『忘れたことと忘れさせられたこと』のp.231にこんな記述がある。
占領中に、日本は『無条件降伏』していないという事実を隠蔽し、封殺しようとする圧力が存在したことについては、証言する人々がある。たとえば『終戦史録』第6巻の月報に執筆していている下田武三氏は『ポツダム宣言による戦争終結は、無条件降伏でないと国会答弁で喝破して、条約局長を罷めさせられた萩原徹氏』の例をあげている。」
萩原徹氏の国会答弁を「国会会議録検索システム」で検索しようとすると、該当部分が引っかからないのだ。占領軍から圧力がかかって速記録から削除されたのだろうか。
http://kokkai.ndl.go.jp/

わが国では戦後の長い間にわたり、「わが国は『ポツダム宣言』を受諾し、連合国に対して無条件降伏した」という謬説が国民に広められてきた。堂々と違反してきた連合国側に問題あったことは言うまでもないが、GHQの占領期が終わってからも、それに対して何も反論してこなかったばかりか、謬説を繰り返すばかりであったわが国の政治家やマスコミ・言論界の罪は大きいと思う。

連合国が重大な数々の違反行為を国民に隠蔽するために「無条件降伏」であることを国民に広めようとしたのだろうが、その安易な対応が「戦勝国はすべていい国だったが、日本だけが悪い国であった」というとんでもない歴史観を押し付けられることに繋がったのだと思う。
そのような歴史観は、戦勝国にとって都合の良い歴史観であることは当然だが、戦争を機に共産主義革命を起こそうとして数々の工作を繰り返した事実を隠蔽するのにも都合の良い歴史観でもある。アメリカだけでなく中国やわが国の左翼が、わが国の歴史教育の見直しの動きに過敏に反応する理由はそのあたりにあるだろう。

東京裁判で戦勝国11人の判事のうち、ただ一人被告全員の無罪を判決した、インド代表のパール判事はこう述べている。
パール判事

「日本人はこの裁判の正体を正しく批判し、彼等の戦時謀略に誤魔化されてはならぬ。日本が過去の戦争に於いて、国際法上の罪を犯したという錯覚に陥る事は、民族自尊の精神を失うものである。自尊心と自国の名誉と誇りを失った民族は、強大国に迎合する卑屈な植民地民族に転落する。」
今のわが国は、パール判事の予言の通りの状態になってはいないか。そして今も身近な国から無理難題を押し付けられているばかりである。

今さらアメリカやソ連や中国を恨んでも仕方がない。世界の国はいずれも、いつの時代も、国益を考えて動いているだけのことである。わが国も現在および将来の国益のことをもっと考えて行動するしかない。当たり前のことだと思うのだが、史実に照らしてまた国際法や慣習に照らしておかしなことは、安易に認めてはいけないのである。そこを何度も認めてしまったからおかしなことが続くのだ。
河野洋平

問題は、わが国が国益を深く考えずに強大国に迎合し、それらの国々が押し付けてきた歴史を十分な検証もせずに受けいれて真実の解明を避けてきたわが国の姿勢であり、政治家やマスコミや教育界や官僚が長い間、国民に歴史の真実を伝えてこなかった姿勢なのである。

今からでも遅くはない。今後のわが国の再生のためには、一人でも多くの国民が歴史の真実を知ることに目覚め、偏頗な歴史観に騙されないことだ。そしてバカな政治家を選ばないことだ。
世論が動いて、政治家もマスコミも米中韓などに安易に迎合できなくなる日は来るのか。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
「ポツダム宣言」…戦勝国の都合のよいように、どうでもよくなった。
しばやんさんへ

ポツダム宣言は、(当初の)文面を見る限り、戦争終結のために、日本並びに敵対国に対して、有益なものだったと思いました。

しかし、各国(戦勝国)のそれぞれの思惑・国益(特に米国)によって、なかなかその通りにならないのも、当然のような気がします。

「ポツダム宣言」は、ある種“公的”なものでしょうから、絶対にお互いに尊重し、順守すべきものであったと思います。

しかし、歴史の流れとはこのようなもので、それぞれの思惑、国益に左右されて、文面がどうでもよいものになってします。また、文面が自国(戦勝国)に都合のよいものに読み替えられるように思います。

勝った者(敵国)に対しては、日本は強くものを言えない。…それでも、言ってほしかったと思いますが・・・。

しかし、最近では、研究が進んだことがあって、「振り子」が元に戻るような感じで、日本だけが悪かったのではなく、戦勝国の思惑・国益のためにあの大戦は行われ、また戦後処理がおこなわれた…というバランス漢学が大きくなっているのでは…。

日本の敗戦後の国際社会で、自分の国(戦勝国)には戦争責任はなく、戦勝国は、責任を日本だけに押し付けたという考え方については、割と多くの日本人が、気づき始めているように感じるのは私だけでしょうか・・・。
Re: 「ポツダム宣言」…戦勝国の都合のよいように、どうでもよくなった。
鹿児島のタクさん、コメントありがとうございます。

当時のわが国が戦勝国の圧力に屈して言うべきことが言えなかったのでしょうが、歴史まで押し付けられてそれを固定化させようとする動きが未だに続いていることについて、そろそろ公式に反論してほしいところです。
中韓が声高に語っている歴史に対する反論は、史実とその証拠を世界にぶつけるだけの事ですからいつでもできるはずです。ネットを通じてそのような考え方が広がって行けば、いずれマスコミも政治家も世論をバックにして、良い方向に向かうことになるでしょう。
No title
ポツダム宣言2のコメ欄荒し?より

>また『ポツダム宣言』第12項を読めば、現時点で米軍がわが国に駐留していることも協定に違反していることになる。
私は法律、法学から「歴史」をつまみ食いしているのですが、こういったあたりは私からすると頓珍漢な文章にしか読めませんな。
ポツダム宣言自体をどう理解するかは法律学の世界でもいろいろ議論があるわけですが(これを「無条件降伏」とは理解しないで「条約」と理解するのが、多分一般的・・・といってもどう違うかもよくわからないのが一般人でしょうが、とにかくごちゃごちゃした議論、厄介な議論がある)、条約的に見た場合にはそのポツダム宣言の履行をしないといけないってのが戦後の帝国議会の議事録なんかを読んでも最大の問題になっているわけです(松本4原則を説明した頃とか)。
そうした文脈から憲法改正であったり戦後民主化の話がでてくる、法的には。
で、当然この米軍駐留根拠は、これだし、逆に言えば以上の条項の範囲に留まるわけ。ここまでは要らない説明で、「だから日米安保に変った」って話。ここだけで話はよかっただろうけどダラダラっと。

>また『ポツダム宣言』第12項を読めば、現時点で米軍がわが国に駐留していることも協定に違反していることになる。
だから、この文章は明白な誤り。この一文は削除したほうがいいかもよ。あなたが思っているより世界はこういうことをきっちりやってるのだよ。明治期に日本が直面したのはまさにこの作法をしらなかったことであって・・・くらいは知ってるでしょ。
ほかに細かいこというと、法律用語っぽく使っているものが他にもいくつか誤り乃至それっぽいものがあるけど・・・まあいいでしょう。

あと、先にふれた、「無条件降伏」ではないというのは日本にとって「いい話」なんだよ、多分逆だと思うだろうけど。古典的国際法の世界での「無条件降伏」ってのがどういうものかを知らないとここらへんがさっぱりわからないだろうけど。
なおこれは「国民に隠蔽」云々に対する反論ではないので誤解なきよう(やってたことは事実だからね)。

あと、東京裁判憎し観はいいのだけど、そうなるとポツダム宣言をもう一度読みましょうねって方を処理しないと片手落ち。そこを言及しないと議論としては成り立たない。東京裁判批判の議論をしている人はポツダム宣言がどういうものかってのがごっそり抜けてるとか、理解ができてない人が多すぎる(文語体が読めてない(笑)とかそんな話じゃなくね)。それはこの記事でのあなたも同様。私も東京裁判は酷いと考えてますが、でもこの議論だけでは片手落ち。単なる我が侭。

コメ欄で不愉快にさせたようなので、正しい知識を一つ置き土産に。あと不愉快にする話もセットで。これも削除するなりなんなりお好きに。
No title
だいたいこの手の主張で「国際法」って単語を遣う人は、国際法なんてな~んにも知らないってのが私の印象。
あなたがそうとは言わない。
さて、『ハーグ陸戦条約』第43条の話をしているが、これに対してはどういう議論があるか知っているのだろうか?、と言うのが第一印象。
一つの見解ではあるが、もっと違った見解もある、簡単に言えば「ハーグ陸戦条約は適用されない」という議論で、それはそれなりに有力な見解なわけだ。この議論はしないで「違反だー」というのは、説明としてはどうなんだろうね?国内でいえば、国際法にせよ、憲法学者にせよ相当な論者が適用されないという見解なわけでね(横田喜三郎、田中英夫、芦部信喜ら)。
というわけで、これだけの文章ならちょっとしたデマゴーグだよね。議論があることと、せめて何か論証の一つや二つくらい書かないと。
あなたからみてレベルの低い私が思うくらいなんだから、レベルの高いあなたならわかってるでしょ?なら、書かないと。
Re: No title
あなた自身が当時の外交文書を「普通の文書を読むのと全く同じスピードで」読める、なんて自分で書いたって、今までのあなたのコメントを読んだ普通の人間は全く信用しないでしょう。

あなたに読解力があるかどうか、あなたの能力が高いかどうかはあなたの文章を読んだ読者が判断することで、自分で言ったところで誰も相手にしてくれませんよ。あなたが自分の実力を認めさせるためには、あなた自身が自分の言葉で自分の論考をまとめて多く読者に納得させる以外に方法はありません。

「ギクシャクした文章しかかけない」のは、自分の頭でしっかり考えていないことを自ら告白しているのと同じです。まだ若いのだから、人の文章にケチをつける前に、自分の知らないことからもっと貪欲に学ぶ謙虚な人間になりなさい。

これ以上この話題で枝葉末節の話をしたくないので、今後あなたのコメントにお返しはしません。あなたのコメントを私が承認する時は、あなたが自分のブログを立ち上げて自分のまとまった考察をされた時だけにしましょう。

あなたのお蔭で随分アクセスが増えたので、その件だけはお礼をしておきます。
確かポツダムは建前上は米英中のものでソ連は関係していなかったはず。そもそもソは昔からジュネーブやハーグに賛成していなかったしね。
後日本が無視した理由のひとつにロシアへ講和の仲介を求めていたからもっといい条件になるって思っていたのもひとつの原因かな
Re: タイトルなし
8月9日の未明にソ連が日ソ中立条約を一方的に破棄し、満州国、朝鮮半島北部、南樺太への侵攻を開始(ソ連対日参戦)しポツダム宣言に参加しました。

ご指摘の通りわが国はソ連への講和の仲介を求めていましたが、ソ連の対日参戦により、ポツダム宣言受諾の方向に流れが変わりました。
何で中国や朝鮮が戦勝国やねん
Re: タイトルなし
中国は戦勝国ですが、韓国はあり得ませんね。
どの国も自国にとって都合の歴史を描く傾向にありますが、どちらもその傾向が強すぎます。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル