HOME   »  地方の歴史と文化を訪ねて   »  三重県  »  伊勢の廃仏毀釈と伊勢神宮の式年遷宮に多大な貢献をした尼寺のこと

伊勢の廃仏毀釈と伊勢神宮の式年遷宮に多大な貢献をした尼寺のこと

慶光院

前回の記事の最後に、おはらい町のなかに国の重要文化財に指定されている建物があることを書いたが、この建物の名前は「神宮祭主職舎本館」といい、明治の廃仏毀釈の時に廃寺となった「慶光院」という尼寺の境内地と建物を伊勢神宮が買い取り、明治5年(1872)に神宮司庁の庁舎となり、明治23年(1890)に神宮祭主職舎となって今日に至ったものである。

伊勢神宮の御膝元である伊勢国(三重県)で廃仏毀釈が相当激しかったことは最近知った。Wikipediaでは100ヶ所以上の寺院が明治初期に廃寺になったと書かれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%83%E4%BB%8F%E6%AF%80%E9%87%88

国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』で、伊勢の廃仏毀釈に関する記述のある本を捜していたところ、大正13年に出版された利井興隆氏の『祖国を憶ひて』という書籍に、こんな記述があるのを見つけて驚いてしまった。(原文は旧字旧かな)
伊勢の内宮外宮に寺が189、尼寺が21あって寛文11年(1671)11月14日に焼失しました。大神宮と仏教との関係の深いことはこの一事をもっても知られます。しかるにその後、山田の奉行桑山下野守はこれが再建を禁じました。仏教排斥の意味をそこに見ることが出来ます。」(『祖国を憶ひて』p.38)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/981991/24
伊勢神宮の御膝元で何度か大火があったようだが、この地域にこんなに多くの寺があったというのは知らなかった。

仏教遭難史論

『近代デジタルライブラリー』でさらに関連書籍を捜すと、大正14年の羽根田文明氏の『仏教遭難史論』という書籍が見つかった。この本には極めて興味深いことが具体的に書かれている。しばらく引用させていただく。(原文は旧字旧かな)
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983346/84

「明治初年に、伊勢国山田に、度会府(わたらいふ)を置き、旧公家橋本實梁(さねやな)を、府知事に任ぜられた。同地宮川と五十鈴川との中間地を、すべて川内と呼んだ。これ神宮の神領地域である。
その川内神領地に、天台、真言、禅、浄土等の、各宗寺院が、60余個寺あり、中にも外宮の神宮寺に常明寺、内宮の神宮寺に天覺寺、又天照皇山、大神宮寺というのがあった。同地は元神領にて、両神宮の所在地であるから、排仏思想者たる橋本知事には好都合の地であった。
ここに橋本知事は、神宮の神職と結託して、己が廃仏思想を実現せんとて、まず川内神領地において一切仏葬を禁止して、悉く神葬すべしと布令した。これ60余個寺の、檀徒を奪い去ったのである
 寺属の檀徒を前に奪いて、後に各寺住僧を呼び出し、今般当地方に於いて、一般、仏葬を禁じて悉く神葬することを布告したに就いて、最早(もはや)各寺とも、寺を維持する資料がない。ゆえに各寺院とも、住僧と檀徒総代と連署して廃寺願書を差出すとともに住僧は帰俗すべし。すなわち今廃寺を願い還俗*する者は、身分を士族に取扱いかつその寺院に属する。堂塔等の諸建造物、及び什器等、ことごとくみな、前住僧の所得に帰す。もし、この際、廃寺願書を呈せず猶予する者は、近く廃寺の官令降る時は、上記の物件、みな官没となる。ゆえによく利害得失を考え、一刻も早く、廃寺願書を呈出する方が、得策であろうと、説諭に及んだ。」(『仏教遭難史論』p.145-146)
*還俗(げんぞく):僧侶であることを捨て、俗人に戻ること

少し補足しておくと、「神宮寺」というのは、神仏習合思想にもとづいて神社に建てられた仏教寺院である。神社の境内に寺院がある事は今では考えにくいのだが、明治時代の初めまでは当たり前のことであったという。

高村光雲

明治の廃仏毀釈で仏師としての仕事がなくなり、その後西洋美術を学び彫刻家として活躍した高村光雲は『幕末維新懐古談』でこう述べている。
これまではいわゆる両部混同で何の神社でも御神体は幣帛(へいはく)を前に、その後ろには必ず仏像を安置し、天照皇大神は本地(ほんじ)大日如来、八幡大明神は本地阿弥陀如来、春日明神は本地釈迦如来というようになっており、いわゆる神仏混淆が行われていたのである
この両部の説は宗教家が神を仏の範囲に入れて仏教宣伝の区域を拡大した一つの宗教政策であったように思われる。従来は何処の神社にも坊さんがおったものである。この僧侶別当(べっとう)と称(とな)え、神主の方はむしろ別当従属の地位にいて坊さんから傭(やと)われていたような有様であった。政府はこの弊を矯(た)めるがために神仏混淆を明らかに区別することにお布令(ふれ)を出し、神の地内(じない)にある仏は一切取り除(の)けることになりました。」とあり、廃仏毀釈以前は、神社と寺院施設の全体の管理を僧侶が行なっていたようなのだ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000270/files/45960_24248.html


伊勢神宮にも神宮寺があったというのは知らなかったのだが、いろいろ調べると伊勢神宮の「神宮寺」はかなり大規模な寺院であったようである。
寛政9年(1797)に出版された『伊勢参宮名所図会』という書籍に、外宮の神宮寺であった常明寺の絵が掲載されている。

常明院 伊勢参宮名所図

この寺は、明治初期まで伊勢豊受大神宮(伊勢神宮外宮)の祠官を世襲した度会(わたらい)氏と関係が深く、毎年正月8日には外宮の神官が参向し、境内にある神落萱社(かんおとしかやしゃ)に於いて祭りを行い、寺僧も本堂で誦経をしたという。
次の地図で、常明寺門前道から常明寺、そして境内に金毘羅宮があったことを考慮すると、この寺の大きさがおおよそわかる。
http://homepage3.nifty.com/NFC/ise-meisyo3.htm.

また、次のURLの記事によると、現在、伊勢市内の「倭町(やまとまち)」と呼ばれる地名は、明治元年11月までは「常明寺門前町」と呼ばれていて、常明寺自体が明治2年2月に廃絶されると、近くにあった遊郭街も撤去されたという。そのURLには常明寺の跡地の画像も紹介されている。
http://blogs.yahoo.co.jp/t20_in_ise/28192851.html

話を『仏教遭難史論』の記述に戻そう。
仏葬を禁じられ檀家を奪われては、普通の寺院としての収入は激減し、そのうち寺を維持するどころか生活すらできなくなることは誰でもわかる。
度会府の橋本知事は、着任してすぐに仏葬を禁止し、寺院が経済的に成り立たなくなるようにしてから、寺僧を集めて全員に廃寺を迫り、廃寺に応じで還俗したならば、寺の建物や什器の個人所有を認め、応じない場合はすべてを没収すると言明したのだ

明治政府が全国の寺院を廃寺にせよと命令をしたわけではなかった。もし政府の命令であれば、各寺から「廃寺願書」を提出させる必要はなかったはずだ。
だからこそ橋本知事は、自らの信念である廃仏主義を伊勢神宮の神域で実現させるために、まず寺院の収入源を奪い取り、その上で寺院から廃寺願書を出させることにしたのである
当時の知事は地元民から選ばれた者ではなく、明治政府が派遣した役人であり、廃仏の取組は地域によって、また知事の考え方によってかなりの差があったようだ。ちなみに、隣接の藩であった田丸藩の管内では、一つの寺院も廃寺とならなかったという。

『仏教遭難史論』によると、伊勢神宮の神領地域の寺院の内約50ヶ寺が、この時に廃寺願書を出したそうだ
願書を出さなかった寺のうち、3ヶ寺は寺有田を持つなど、檀家からの収入がなくとも寺の維持が可能と判断したものだが、残りの約10寺院は、官憲の迫害に耐えかねて、すでに他国に出奔したか無住になっていた寺であったという。
橋本知事はその後も残された3ヶ寺に対し、様々な嫌がらせをしたのだが、興味のある方は『仏教遭難史論』の続きを覗いてみて頂きたい。この本には、日本各地で廃仏毀釈が激しかった地域の具体的な記録が満載である。

かくして、伊勢神宮の御膝元の神領地にあった寺院のほとんどが姿を消し、さらに橋本知事は仏像仏具類を公売することを禁止したために、それらの寺院にあった仏像などは大半が破壊されたか、危険を冒して闇で取引されたかのどちらかと考えて良い。
ただ欣浄寺という大きな寺院の宝物については本山の知恩院が引き上げたと書かれているが、このような例は少ないと思われる。

setoda_ise.jpg

伊勢神宮の神宮寺にあったと伝えられる平安後期の作である釈迦如来立像が、広島県尾道市の生口島にある耕三寺(こうさんじ)の耕三寺博物館にあるのだそうだが、これはおそらく本物なのだろう。今では国の重要文化財に指定されている木造の仏像だが、外宮・内宮どちらの神宮寺にあったのか、どういう経緯で耕三寺にあるのかはよくわからない。
http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/hoso_kosanji.htm

こういう経緯を知ると、宮川と五十鈴川に挟まれた伊勢神宮の御膝元というべき地域に、江戸時代以前の建物で重要文化財が1件しか存在しないことが納得できる。その1件が、冒頭に触れた「慶光院」という尼寺である。次にこの尼寺のことを記しておきたい。

伊勢神宮の式年遷宮は20年に1度行なわれることになっているのだが、昨年に行われた内宮と外宮の遷宮がそれぞれ第62回目になるのだそうだ。
ところで、式年遷宮の制を制定したのが天武天皇14年(685)で、第1回の式年遷宮は内宮が持統天皇4年(690)、外宮が持統天皇6年(692)であることがわかっている。
しかし、それ以来ずっと20年に1回のルールを守っていたら、昨年の式年遷宮が第62回という数字にはならないことは計算すればすぐわかる。

Wikipediaに今までの式年遷宮の実施時期が纏められているが、応仁の乱から戦国時代にかけて、かなり長期間にわたり遷宮が行なわれなかった時代が存在する。
次のURLを見れば、外宮の第40回式年遷宮は永禄6年(1563)に129年ぶりに行われ、内宮の第41回式年遷宮は天正13年(1585)に123年ぶりに行われたことがわかる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E5%BC%8F%E5%B9%B4%E9%81%B7%E5%AE%AE

この長期間に及ぶ遷宮の中断に終止符を打ったのがこの慶光院の尼僧であったのだ。
この経緯については伊勢神宮崇敬会が作成している季刊誌『みもすそ』49号の特集記事『式年遷宮と慶光院』が、非公開の建物の内部の写真まで掲載していてわかりやすい。
http://www.jingukaikan.jp/sukeikai/imgs_mimosuso/49.pdf
高野澄氏の『伊勢神宮の謎』(祥伝社黄金文庫)にもp71-82に慶光院の事が書かれている。

上記記事やWikipediaなどを参考に、慶光院と伊勢神宮とのかかわりについてまとめておこう。

応仁の乱以降のわが国は下剋上の乱世となり、伊勢神宮では厳しい経済事情から式年遷宮が行なえず、宇治橋の架け替えもままならないまま、あるとき宇治橋が洪水で流されてしまった。
このような痛ましい神宮の姿を見かねて、起ち上がったのが、慶光院の守悦(しゅえつ)という尼僧であった。
守悦は、宇治橋再建の為に諸国を勧進してまわって、浄財を集め、そして延徳三年(1491)についに宇治橋の架け替えを成し遂げている。

守悦から二代目の院主が清順であった。清順は遷宮の費用も勧進で行おうと考えたが、僧職にあるものが遷宮に携わるのは異例であるため、まずは実績を残すために、宇治橋架け替えのために諸国を勧進し、そして天文18年(1549)に宇治橋を架け替えている。
清順はその後、式年遷宮復活に向けて各所に働きかけを行ない、その思いは朝廷や幕府をも動かした。それまでは遷宮の費用は役夫工米の徴収によって調達されていたのだが、清順は諸国を勧進してその費用を集める方式を提案し、朝廷の承認を取り、清順は十年間諸国を巡った末に、ついに外宮の遷宮に必要な資金を調達し、かくして永禄6年(1563)に外宮の正遷宮が129年ぶりに行われたのである。

10年間にわたり浄財を集めたという努力もすごいことだが、いよいよ遷宮が近づくと清順は国司北畠具教の許可を得て、遷宮の1ヶ月の間、伊勢と近江の全ての関所をフリーパスにしたそうだ。そのことによって、多くの民衆が参拝に訪れ、遷宮は成功したという。
清順は宗教家としても、プランナーとしてもなかなかの才能の持ち主であったと思う。

外宮の遷宮を成し遂げた3年後に清順は没し、後を継いだ周養(しゅうよう)が清順の遺志を継いで内宮遷宮費用の勧進事業を進め、織田信長や豊臣秀吉の寄進を受けて、天正13年(1585)に内宮の正遷宮を123年ぶりに行ない、さらに外宮の正遷宮をも22年ぶりに執り行う事が出来たという。

その後慶光院は慶長8年(1603)と、寛永6年(1629)・慶安2年(1649)の正遷宮では江戸幕府から遷宮朱印状が慶光院に下されて神宮に協力したのだが、寛文6年(1666)に伊勢神宮から訴えがあり、以後は徳川幕府が直接に資金を支出して式年遷宮が行なわれたという。
伊勢神宮からすれば、神宮の神官でもない尼僧がいつまでも遷宮を取り仕切り、さらに、そのことで幕府や朝廷からの崇敬を受けていたことが気に入らなかったのではないだろうか。

20101110keikoin.jpg

慶光院は、以前は山田西河原(現在の伊勢市宮後)にあったのだそうだが、慶長年間に豊臣秀吉の命令で現在の場所に移ったという。江戸幕府から遷宮朱印状が慶光院に下されたくらいだから徳川家の信望も厚く、強力な支援者を得たことから慶光院は、これだけ立派な建物を内宮の近くに建てることが出来たのだろう。
慶光院の客殿は2002年に国の重要文化財に指定され、表門と勝手門は三重県の有形文化財に指定され、毎年11月ごろに3日間程度、一般公開されているようだ。

慶光院 伊勢参宮名所図会


上の絵は『伊勢参宮名所図会』だが、右下の建物が慶光院で、その前を人々が歩いている通りが今の「おはらい町通り」すなわち「旧参宮通」である。
この版画には、通りに沿って不動堂や法楽舎という寺院も描かれている。法楽舎は真言密教の祈祷所で内宮だけでなく外宮にもあった施設だが、明治の廃仏毀釈で取り毀されたことは言うまでもない。不動堂も同様だろう。

廃仏毀釈については、たとえば一般的な教科書である『もういちど読む 山川の日本史』には
「政府ははじめ天皇中心の中央集権国家をつくるために神道による国民教化をはかろうとし、神仏分離令を発して神道を保護した。そのため一時全国にわたって廃仏毀釈の嵐が吹きあれた。」(『もういちど読む 山川の日本史』p.231)
などと書かれていて、廃仏毀釈は自然発生的に起こって明治政府は関与していなかったような叙述になっているが、国家権力の関与なくしてどうしてこれだけ多くの寺院を、短い期間で廃寺にすることが出来ようか。

明治新政府は国教をそれまでの仏教より神道に変え、天皇を支柱とする国民国家を目指し、皇室の宗廟たる伊勢神宮を国家祭祀の最高位の一つに位置づけようと考えたからこそ、伊勢神宮の御膝元の地である度会府に、筋金入りの廃仏論者を送り込んだのではなかったか。
もし伊勢の廃仏毀釈が、明治政府の意向を無視して度会府の橋本知事の独断で進められたのであるならば、すぐにこの知事が解任されてもおかしくないと思うのだが、橋本實梁は明治4年(1871)に統合再編成された新生の度会県が生まれると県令となり、明治17年には功を認められて伯爵の位を授けられているのである。

いつの時代もどこの国でも、「為政者にとって都合の良い歴史」が編集されて公教育やマスコミで広められ、「為政者にとって都合の悪い史実」が伏せられて人々の記憶から消えていく。
我々日本人は、幕末から明治の歴史について、いつの間にか「薩長閥にとって都合の良い」「キレイ事の歴史」に洗脳されてしまってはいないだろうか。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         

  

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ







関連記事
Comment
有り難う御座います
素晴らしい記事を拝見致しました。
勉強になりました。
誠に有り難う御座います。
Re: 有り難う御座います
こちらこそコメントいただき感謝です。とても励みになります。
伊勢神宮にも神宮寺が
驚きました。

西行の「何事のおわしますかはしらねども、かたじけなさになみだこぼるる」という歌の説明で、寺僧は五十鈴川を渡って神域に入ることが禁じられていたので、宇治橋の手前から遥拝して詠んだ歌、と聞いたことがありましたので、伊勢神宮には神宮寺が無かったのだ、と思っていました。

勉強になりました。
No title
はじめまして。つねまると申します。

勉強になります、としか言葉がございません。

あの…質問があるのですが。お寺にお育ちと拝見して。
お寺さんへ参ると門は開いているのに時々本堂が閉まってます。お賽銭箱も見当たりません。そんなときは、いったいどうしたらよいのでしょうか?

ご多忙でしょうに、馬鹿な質問で申し訳ございません。
Re: 伊勢神宮にも神宮寺が
私も伊勢神宮は特別だという先入観がありましたが、調べていて驚きました。

記事に取り上げた『伊勢参宮名所図会』の「内宮宮中図」を見ると「僧尼遥拝所」が描かれています。たしかにその場所は五十鈴川の対岸です。

しかし、西行の時代もそうであったかは確信が持てませんし、伊勢神宮の式年遷宮を復活させた慶光院の清順でさえも神域に入れなかったというのが、個人的には信じがたいところがあります。

文永10年(1273年)蒙古襲来(元寇)に際して西大寺の叡尊は伊勢神宮に参籠し大般若経を転読していますが、その時は神域に入れなかったと考えるのも不自然のような気がしていますが、確信しているわけではありません。




Re: No title
コメントありがとうございます。とても励みになります。

確かにお寺には賽銭箱がないことが良くありますね。何が正しい作法かどうかは私も良くわかりませんが、合掌して目を閉じながら、願い事やお礼を心の中で唱えることで充分なのだ私は考えますが、人によってはお金を置いていく方もおられるようですね。
お久しぶりです。
・慶光院のことについては、昭和41年(1966)朝日新聞に連載された、吉屋信子の『徳川の夫人たち』に登場した主人公お万の方が、たしか伊勢の慶光院の住職であったと記憶しています。

連載では、挿絵が大変すばらしく、単行本になった時も、それを楽しみにしていたのですが、まったく収録されておらず、がっかりしました。

しかしながら、江戸期に入っての慶光院が特別な存在であったのは、お万の方にまつわる事柄を抜きにしては、考えられません。

したがって、小説に書かれていたことは、ある種事実の反映であったと思われるのです。

現在、朝日文庫に入っている同書。そして、連載当時の縮刷版を、是非ともご覧くださいますよう。
Re: お久しぶりです。
お久しぶりですね。
お元気そうで何よりです。

ご指摘のとおり、お万の方は慶光院の院主であった永光院が、寛永16年家光に謁見した時に見初められ、春日局によって大奥入りし、還俗後は万と名を改め、第三代将軍・家光の側室となったと書かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%85%89%E9%99%A2

慶光院がそのような存在になったのも、伊勢神宮の正遷宮を成し遂げた歴史があるからなのでしょう。

吉屋信子さんの小説は未読ですが、ブログを書きながら、図書館に通って縮刷版を読むとなると、仕事を離れないと難しいですね。
あらためて
・永光院(※お万の方)が家光に見初められたのは、あくまでも“美貌”と“才知”の故であって、
それ以前の、慶光院についての故事や来歴の所為ではないと、思われます。

それは、永光院が、寺歴はすばらしいものの、“美貌”や“才知”にあふれる女性でなかった場合のことを考えれば、自ずと了解されることだと思われます。

そういう意味でも、貴兄の理解は、先入観の入り混じった“誤解”が見られるやに、思われます。

●永光院は、それまで家光が接した大奥の女性(※ニョショウ)たちには、ないものを持っていたということです。

したがって、家光の彼女に対する関心が、慶光院の以前の住職・清順のゆえであるなどと認識(※誤認)しますと、以後の全体に対する理解や認識に“誤り”が生じてまいります。

●【朝日新聞の連載】については、ストーリーに関心がおありなら、朝日文庫について見られれば十分であって、
私が申し上げているのは、“挿絵”についてなのです。

それらは、何回分かを見られれば、おおよその雰囲気はつかめましょう。
(※この私は、多感な高校生の頃、朝日の連載を読んだのです。
と言っても、家光とお万の方の“恋愛”ドラマに、心をときめかせた訳ではありません。
言わば、新たに知った江戸城の大奥と宮廷文化の入り混じった世界について、関心を抱いたということなのです。)

したがって、あくまでも縮刷版ですべてを読めなどと、申し上げている訳ではないのです。

●作品は、主人公である永光院(※お万の方)の一代記が中心ですので、
当然のことながら、以前の住職(※清順)や幕末の廃仏毀釈のことについては、触れられていなかった?と思われます。
Re: あらためて
すみません、言葉が足りなかったようです。

慶光院は清順が伊勢神宮の正遷宮を成し遂げるまでは普通の尼寺で、故事来歴などで注目すべき点はありません。
守悦という人物がしばらく断絶していた慶光院を中興し、その2代あとの清順が、10年以上諸国を巡って資金を集めて伊勢神宮の正遷宮を成し遂げたときに、豊臣家から支援を受けて、おはらい町の今の場所に移転しましたが、それまではこんな立派な建物ではなかったはずです。
それ以後は正遷宮では江戸幕府から遷宮朱印状が慶光院に下されていますが、慶光院がそのような寺になったのは、清順と次の周容の事績を抜きには考えられないことです。

永光院が美貌”や“才知”にあふれる女性でなければ、家光から寵愛を受けなかったことはご指摘の通りですが、永光院がもし普通の尼寺にいたのなら、徳川家との出会いは難しかったという意味でコメントを書いています。

挿絵の件ははやとちりです。すみません。
伊勢神宮の神職
神宮領につきましては、追い出されたのは僧侶だけではありません。神職も祭主以下全員が明治4年に「王政御一新に付」という理由で、神宮から追い出されました。また、旧師職のものは神職に再びつくことを禁じられています。その後神宮の神職は東京から任命された神官がつくことになりました。
Re: 伊勢神宮の神職
kouさん、コメントありがとうございます。

「神職も祭主以下全員が神宮から追い出された」という話は私の知らないことで興味を覚えるのですが、根拠となる文献が存在するのでしょうか。
2ちゃんねるにはそのように書かれていますが、出典には触れていないようです。もし御存知でしたらご教示ください。

伊勢神宮の神職2
皇學館大學史料編纂所編
神宮御師資料 内宮編
の二に伊勢両宮祭主以下師職名がありその末尾に
「明治四年七月二十四日王政御一新に付神宮祭主以下内宮外宮師職総て職掌とも本日を以て御廃止相成候事」とあります。うちの死んだ祖父さんの話ではマジで突然クビになったらしいです。
Re: 伊勢神宮の神職2
単純な廃仏毀釈だと思っていましたが、かなり奥が深そうですね。

ネットでもっと資料が読めるなら読みたいものです。

情報ありがとうございました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル