HOME   »  江戸時代   »  幕末期のできごと  »  生麦事件は、単純な攘夷殺人事件と分類されるべきなのか

生麦事件は、単純な攘夷殺人事件と分類されるべきなのか

文久2年(1862)8月21日、4人の英国人が生麦村で薩摩藩の島津久光の行列と遭遇した。その時英国人は騎乗のまま行列を横切ろうとし、薩摩藩士はこれを止めようとしたにもかかわらず、それを無視してそのまま進んだので、激昂した藩士が英国人に斬りかかり、1人が死亡し2人が負傷したという事件があった。世に言う「生麦事件」である。

Namamugi_incident.jpg

学生時代にこの事件のことを学んだ時は、当時は攘夷の気運が高まり外人殺傷事件がしばしばおこり、その事例として「生麦事件」が説明された記憶がある。

通説では4人の英国人は島津久光の行列を「横切ろうとした」ことになっているが、当時英国公使館の通訳で、のちに駐日公使を務めたアーネスト・サトウの著書を読むと、英国人は決して隊列を横切ろうとしたのではないようだ。

51J4J25X4AL__SL500_AA300_.jpg

「(リチャードソン)は、香港のボラデール婦人およびウッドソープ・C・クラークとウィリアム・マーシャルという二人とも横浜に住んでいる男と一緒に、神奈川と川崎の間の街道を乗馬でやって来たところ、大名の家来の行列に出会い、わきへ寄れと言われた。そこで道路のわきを進んでゆくと、そのうちに薩摩藩主の父、島津三郎(久光)の乗っている駕籠が見えてきた。こんどは引返せと命ぜられたので、その通りに馬首をめぐらそうとしていたとき、突然行列中の数名の者が武器を振るって襲いかかり、鋭い刃のついている重い刀で斬りつけた。リチャードソンは瀕死の重傷を負って、馬から落ちた。…」(岩波文庫『一外交官の見た明治維新(上)』p.60)

生麦事件

Wikipediaに事件当時の生麦村の写真が出ている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%BA%A6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

島津久光がこの時に率いていた軍勢は400人以上だったというが、こんな狭い道で島津久光の行列と遭遇し、4人の英国人は騎乗のままで久光の駕籠に近づいていったことになる。
当時のわが国では『公事方御定書』に、武士が「無礼」を受けた時は斬殺されても処罰されないことが定められていた。
しかしリチャードソンらのやったことは、ただ無礼なだけではなく、制止したにもかかわらず騎乗のまま藩主の父親である久光公に接近していったのである。現代でもパレードの最中に、中央にいる大統領や国王に向かって、制止されても接近していく人物がいたとしたら、国によっては射殺されてもおかしくない。
日本語が分からなかったのだろうと書いている人もいるが、ものものしい警護の行列で、何度も「止まれ」「馬を降りよ」と言われれば、日本語が理解できようができまいが、どうすればよいかは、場の空気で分かって当然ではないのか。

Wikipediaを読み進むと、このような記述がある。
事件が起こる前に島津の行列に遭遇したアメリカ人商人のユージン・ヴァン・リードは、すぐさま下馬した上で馬を道端に寄せて行列を乱さないように道を譲り、脱帽して行列に礼を示しており、薩摩藩士側も外国人が行列に対して敬意を示していると了解し、特に問題も起こらなかったという。ヴァン・リードは日本の文化を熟知しており、大名行列を乱す行為がいかに無礼なことであるか、礼を失すればどういうことになるかを理解しており、『彼らは傲慢にふるまった。自らまねいた災難である』とイギリス人4名を非難する意見を述べている
また当時のニューヨーク・タイムズは『この事件の非はリチャードソンにある。日本の最も主要な通りである東海道で日本の主要な貴族に対する無礼な行動をとることは、外国人どころか日本臣民でさえ許されていなかった。条約は彼に在居と貿易の自由を与えたが、日本の法や慣習を犯す権利を与えたわけではない。』と評している
また、当時の清国北京駐在イギリス公使フレデリック・ブルースは、本国の外務大臣ラッセル伯爵への半公信の中でこう書いている。『リチャードソン氏は…わが国のミドル・クラスの中にきわめてしばしばあるタイプで、騎士道的な本能によっていささかも抑制されることのない、プロ・ボクサーにみられるような蛮勇の持ち主である』

よく大名行列で通行人が土下座を強いられる場面を時代劇などでよく見るのだが、Wikipediaによると、土下座を強いられるのは徳川御三家の場合のみで、それ以外の場合は、通行人は脇に下がるだけで良かったのだそうだ。だから米商人のヴァン・リードは、道を譲り脱帽して敬礼するだけで問題がなかったということになる。

20120719_1952195.jpg

また当時のわが国では、安全のために、武士であっても狭い市中での乗馬は禁止されていたそうだが、外国人は意に介さずに乗りまわっていたという。そのように外国人がやりたい放題にしていたのは、安政の不平等条約で治外法権が認められていたために、わが国には外国人を裁く権利が存在しなかったことが大きかったようだ。
しかしながら、治外法権を認めたということは、わが国は彼らに対して日本の法や慣習を犯す権利を与えたというわけではない。そう考えると、本来謝罪すべきなのはわが国の法律や慣習を無視して、騎乗のまま貴人の駕籠に向かっていったイギリス人にあったという考え方も成り立つのである。

またWikipediaは、事件直後に現場に駆けつけた英人医師のウィリス博士が、兄に宛てて書いた手紙の内容を紹介している。
誇り高い日本人にとって、最も凡俗な外国人から自分の面前で人を罵倒するような尊大な態度をとられることは、さぞ耐え難い屈辱であるに違いありません。先の痛ましい生麦事件によって、あのような外国人の振舞いが危険だということが判明しなかったならば、ブラウンとかジェームズとかロバートソンといった男が、先頭には大君*が、しんがりには天皇がいるような行列の中でも平気で馬を走らせるのではないかと、私は強い疑念をいだいているのです
*大君(タイクーン):徳川将軍の外交称号

当時、このような意見を持つ外国人がどれだけいたかはわからないが、彼等の振舞いに問題があったと指摘している外国人の記録が、このようにいくつも存在することは注目して良いだろう。

東禅寺事件

この事件が起きる1年前の文久元年(1861)に水戸藩脱藩の浪士14名が江戸高輪東禅寺のイギリス公使館内に侵入し、オールコック公使らを襲撃した事件(第1次東禅寺事件)や、文久2年(1862)に東禅寺警備の松本藩士伊藤軍兵衛がイギリス兵2人を斬殺した事件(第2次東禅寺事件)があったが、外国人が狙われた単純な攘夷事件と、この生麦事件とは本質的に異なる東禅寺事件で襲撃されたイギリス人は、わが国の法律や慣習に照らして問題のある行為をしたわけではなかったが、生麦事件の場合は、もし同様のことを日本人が行なえば、確実に切り捨てられていた事案である。

しかしながらこの生麦事件は、わが国の通史においては、攘夷殺人事件の事例として分類されている。
この理由は、徳川幕府がイギリスとまともな交渉をしないまま、外圧に負けて賠償金の支払いに応じたことと関係があると考えている。
普通に考えれば、紛争の相手国に対して謝罪したり賠償金を支払うという行為は、自国の方に非がある事を、公式に認めたということになる。
ということは、その紛争に関する歴史記述において、自国側に非がある事を誇大に書かれたとしても、公式に認めた以上は文句が言えないことになる。
歴史にifは禁物かも知れないが、もし江戸幕府が生麦事件の賠償金を拒絶していたら、この事件が「攘夷殺人事件」に分類されることはなかったと思う。

ところで、江戸幕府に謝罪させて賠償金を手に入れたイギリスのやり方は、相当強引なものであった。いわゆる「砲艦外交」で江戸幕府に圧力をかけたのである。
翌文久3年(1863)に、イギリスは江戸幕府に対して生麦事件に対する謝罪と賠償金10万ポンドを要求し、薩摩には犯罪人の処罰と賠償金2万5千ポンドを要求することを通告し、さらに幕府に圧力を加えるため、英仏蘭米の4か国艦隊を横浜に入港させている

当時江戸幕府は、東禅寺事件の賠償金の支払いについて英国と交渉中であったのだが、2人のイギリス兵が斬殺されたこの事件の賠償金は、のちに生麦事件の賠償金と同時に支払われ、その金額は1万ポンドであったという。どう考えても生麦事件の幕府に対する賠償要求額の10万ポンドは高すぎる

当時、将軍徳川家茂は京都を動けない状況にあり、イギリスとの交渉にあたったのは老中格の小笠原長行だったが、この生麦事件の賠償金の支払いを巡って幕議は紛糾した。一旦は支払うことで決したのだが、将軍後見職・徳川慶喜が京都から戻り賠償金支払い拒否を命じたことから事態が流動化し、支払期日の前日になって支払延期が通告されたために英国が激怒。ニール代理公使は艦隊に戦闘の準備を命じたという。
しかし、再び江戸で開かれた評議においては、尊攘派の水戸藩が介入して逆に支払い拒否が決定されてしまう。
そこで江戸の閣老たちは、事態収拾のためにフランスの代理公使と司令官に調停を依頼したが、フランスは江戸幕府からの仲裁の依頼を拒絶してイギリスの要求に従うように勧告し、さらに横浜の防御をフランスの手に委ねるように要求したという。

200px-YoungSatow.jpg

冒頭で紹介したアーネスト・サトウの著書の文章をしばらく引用しよう。
日本政府がフランスの当局者を説いて日本側のために仲裁に立たせようとしたことは、完全に失敗した。もっとも、この仲裁の依頼と同時に、外国人はみな直ちに横浜から退去すべしというばかげた要求が行なわれたのだから、仲裁のできるわけはなかったのだ。日本政府は、6月24日にニール大佐に通知書をおくり、賠償金を支払うから受領の時刻を知らせてくれといってよこした。これに対するイギリス側の回答は、分割払いという先般の協定は、日本政府の方で破ったのだからすでに無効であり、今日中にその全額を支払わねばならぬというのであった。
 これはその通りに実行された
。…」(同上書 p.98)

この賠償金支払いは老中格小笠原長行が幕府に無断で行ったという説と、将軍後見職の一橋慶喜の了解を得ていたという説があるが、いずれにせよ、責任ある立場にありながらイギリスと交渉らしい交渉もせず、相手の要求した全額を支払ったことは情けない話である。

江戸幕府が支払った賠償金は、東禅寺事件の賠償金と合わせて11万ポンドだが、当時の為替相場は1ポンドが2.5両だったと、次のURLに書かれている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%88%E3%82%A6
とすると、11万ポンドは275千両。ちなみに通訳生として採用されたばかりのアーネスト・サトウの年俸は200ポンドで500両、新撰組の近藤勇の年俸は480両だったという。

ただ、江戸幕府はこの賠償金を無条件で支払うつもりではなかったらしく、アーネスト・サトウの著書によると、老中格小笠原長行は同じ日に、諸港を閉鎖して外国人をことごとく国外に追放せよという将軍の命令を伝達したというのだが、当然のことながらイギリスがそのような命令に応じるような国ではなかった。

同日付のイギリスの回答を読むと、その強圧的な姿勢に多くの読者が驚かれるのではないだろうか。ポイントとなる部分を紹介したい。
「…ただ今閣下を通じて行われた軽率な通告は、文明国と非文明国とを問わず、あらゆる国の歴史に類を見ざるところであります。それは実際上、条約締結国全体に対する日本自身の宣戦布告にほかなりません。直ちにこれを取り止めなければ、その結果は最も苛酷かつ最も効果的な懲罰によって、その罪を償わなければならぬでしょう。この旨、閣下より大君陛下の上聞に達せられ、さらに大君によって確実に天皇に奏上せらるべきものと愚考いたします。…」(同上書 p.102)
要するに、「賠償金は頂戴しておくが、国外に出ていけという命令を撤回しないならば、貴国との戦争が避けられない。その代償は高くつく。」と脅しているのだ。

アーネスト・サトウはこの著書の中で、この時期に江戸幕府がイギリスに接近してその支援を受けたり、横浜の防御をフランスに委ねていたとしたら明治維新は為し得なかったという意味のことを書いているので紹介したい。裏を返すと、幕末期においてはイギリスもフランスも、わが国の一部でも植民地化するチャンスを窺っていたということだろう。

イギリス側か大君に与えようという物質的援助…政策がうまく実行されれば、大君は祖先伝来の地位に安定し、その後継者を転覆させた1868年の革命は困難となり、おびただしい流血なしには成就しなかったであろうし、また日本国民は、外国の援助で日本の地位を強化した支配者を嫌悪するに至ったであろう。そうなれば大君は苛酷きわまる抑圧手段によらなくてはその地位を保ち得なくなり、国民は恐るべき永久の独裁政治下に屈服を余儀なくされたであろう。大君の閣老が、外国からの援助申し出を拒否するだけの充分な愛国心を持ち合わせたことは、まことに喜ぶべきことであった。かくして、日本人は自己の力で自分の救済を行なうようになり、革命が勃発した時も、生命財産の損失をわずかの範囲に食い止めることが出来たのである。…もし日本人がヨーロッパの某国人(訳注 フランス人)の提言を受け入れたとしたら、それは永久に阻止される結果になったかもしれない。」(同上書 p.102-103)

話を生麦事件に戻そう。
イギリスは生麦事件の賠償金を、江戸幕府からだけではなく、薩摩藩からも獲ようとしていた。
江戸幕府は、イギリスの要求する賠償金を全額支払ったのだが、薩摩藩の場合は、薩摩側には何も落ち度はないので、イギリスが要求した犯人の処罰にも2万5千ポンドの賠償金の支払にも応じるつもりはなかったのである
そこでイギリス公使代理のニールは、クーパー提督率いるイギリス東洋艦隊7隻を錦江湾に派遣して、砲艦外交によって薩摩藩からも賠償金を獲ろうとしたのである。

薩英戦争のことを書くとまた長くなるので次回に記すことにしたい。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事
Comment
この事件後…。
この殺害されたリチャードソンという若者…、確か生麦事件は、彼が上海からやって来てまだ1週間もたっていない頃だったと記憶しています。
それにしても、大名行列のしきたりを周り者のものが教えていたら…と思ったりもします。

薩摩藩は確かに2万5千ポンドの賠償金を払っていないですね。幕府がその分まで支払っています。まあ、条約を締結したのは実質上の日本国政府である幕府ですから、薩摩藩の支払わないという言い分が成り立つでしょう。

この後に、横浜で薩摩藩は後に東大教授(歴史学)になる「重野安繹(しげのやすつぐ)」という人物が全権大使としてイギリスのニールと談判しているようですが、重野はこの談判の中で一歩も譲歩していません。また、この談判の中で、イギリスから薩摩藩が蒸気船を購入する件について提案し、それを操縦するための人材育成として薩摩の若者をイギリス留学させる提案までしています。

まあ、殺害されたリチャードソン氏はいろいろ彼の方にも問題があったにせよ、結果として英国が薩摩藩に接近する契機を作り、また、彼の死を悼み、感謝する内容の顕彰碑が確か横浜に作られているみたいですよ。

まあ、この生麦事件がなかったら、幕末の政局に薩摩藩があれほどコミットすることはなかったのではないかとの意見もあるようです。
Re: この事件後…。
鹿児島のタクさん、コメントありがとうございます。
さすが、よくご存知ですね。

次回に書く記事のためにいろいろ調べていますが、重野安繹という人物がニールと談判した話は知りませんでした。情報ありがとうございます。
この事件が英国が薩摩藩に接近する契機になったことはその通りですね。

Wikipediaによると、薩摩は幕府から金を借りて25千ポンドに相当する6万300両を薩英戦争のあとに支払っているようですが、もう少し調べてみたいと思います。

それにしても江戸幕府の対外交渉は弱腰すぎて、ひと昔前のわが国の外交交渉に似たところがありますね。

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
コメントありがとうございます。

私も子供の頃から欧米はいい国だと長い間刷りこまれていましたが、たまたま戦前の本を読んだ機会に、今の日本人に伝えられていない史実が山ほどある事を知りました。それまでは戦前の本は軍国主義的な本ばかりだと思っていたのですが、実証的にわかりやすくかかれている本がかなりあって、そういう史実も知らなければ本当の歴史は分からないと考えるようになりました。

そんな史実を、このブログでこれからも紹介できればと思います。
外交を支えるもの…
しばやんさん…こんにちは。
しばやんさんの史料収集及びその分析等…すごいなあと思います。

私にはちょっとレベルが高すぎますが、貴ブログを読んで、できる範囲で勉強をしてみたいと思っています。また、感想や意見が書けそうな場合は、これからもよろしくお願いいたします。

幕府の“弱腰”外交についてですが、最初の米国(ペリー&ハリス)について…例えば前者のペリーに対しては林大学頭復斎、後者のハリスについては岩瀬忠震らが中心になって対応しています。

日米和親条約締結についてはその交渉の中で林大学頭復斎は、通商を認めなかったことを含め“弱腰”とは言えないような交渉をやっているようです。ペリーの日記には、「林大学頭復斎にやりこめられた。」というような内容が書かれているとのこと、何かの本で読みました。(出展が書けるといいのですが…すみません。『日本遠征記』?)

また、4年後の日米修好通商条約の交渉を担当した岩瀬忠震は、ハリスの提示した案に対して、徹底的に譲歩させています。ハリスも手記で岩瀬忠成のことを称えています。

この辺りまでの対米交渉は幕府の担当者およびそれをサポートした官僚はよくやったといえるのではないかと思います。

まあ、アメリカは当時植民地主義にまだ走っていませんし、その後は同国内での南北戦争で日本のことまで、あまり手が回らなかったのでしょうか。

それに対して英国・フランスに対しては、わが国はかなりひどくやり込められているように感じます。まさに、しばやんさんが書かれている通りだと思います。

帝国主義真っ只中の外交…。全体としては危ない橋を渡りながらも、幕府も明治政府も、我らが先人たちは本当によくやってくれたと私は思います。それは日本が植民地にならずに済んだというその一点でのみですが…。

外交で“強腰”に出るには、その背景に「軍事力」がなければ、当時の帝国主義の世の中では、非常に難しいことは言うまでもないでしょう。日本はこの時期、圧倒的に軍事力で劣っていた。この時代、明治も含め、外交の背景には軍事力が絶対的に必要だったのは当たり前のことなのでしょうね。

いや、当時だけでなく、今でもそのことは変わっていないかもしれません。米国・ロシア・中国…。

人類がちょっとは賢くなっていることを願っています。
Re: 外交を支えるもの…
鹿児島のタクさん、コメントありがとうございます。とても励みになります。

学生時代は歴史の教科書や参考書にほとんどリアリティを感じず、歴史の勉強が面白いと思った事はほとんどなくて、ただ書かれていることを丸覚えしただけでしたが、このブログを始めてから、教科書で書かれているような内容と、実際にあったこととは別であることがわかってきました。

なぜわが国が、この時代に西洋諸国の植民地にならなかったのかを考えていくと、生麦事件から薩英戦争にいたる薩摩藩の対応が、英国に強いインパクトを与えたことは確実です。国を守るために命を懸ける人間がたくさんいるような国は簡単には占領できない事を悟ったのではないでしょうか

いつの時代もどこの国でも、国を守るためには軍事力も重要ですが、健全な愛国心や愛郷心も不可欠です。薩英戦争で兵士や民衆が土地をすてて逃亡していたら、英軍の上陸を許していたでしょう。そうなると、江戸幕末の歴史は別の展開をしていたかもしれません。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (上位500)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル