HOME   »  明治時代   »  北清事変から日露戦争  »  なぜ米国は日露戦争開戦当初から日本の勝利を確信したのか

なぜ米国は日露戦争開戦当初から日本の勝利を確信したのか

前回の記事で、日露戦争開戦を決断した直後に伊藤博文がセオドア・ルーズベルト米大統領と親しい金子堅太郎を呼んですぐに渡米することを強く要請し、実際に金子がアメリカに渡り大統領に会うと、米大統領が「今度の戦いは日本が勝つ」と明言したことに金子が驚いたことを書いた。
大統領は日本が勝利する理由を詳細には述べなかったが、参謀本部や海軍兵学校長に日露の戦力や様々な情勢を詳細に調べた上での結論のようなのだが、ではアメリカはこの時点において日露戦争についてどのような分析をしていたかを知りたいところである。

前回記事で紹介した金子堅太郎の『日露戦役秘録』を読み進んでいくと、金子はある日、旧友のヘンリー・アダムスから晩餐会に招待される場面が出てくる。

330px-Henry_Adams.jpg

このヘンリー・アダムスと言う人物はピューリッツァー賞を受賞したアメリカの作家、歴史家で、Wikipediaによると曽祖父は第2代大統領のジョン・アダムスで祖父は第6代大統領のジョン・クインシー・アダムスだ。そして、父はアメリカ南北戦争当時に駐英公使を務めた歴史家、チャールズ・フランシス・アダムズで弟は歴史家・批評家のブルックス・アダムズというからすごい家系である。このヘンリー・アダムス金子堅太郎のハーバード大学時代の親友で、前回の記事で紹介した外務大臣・ヘイの知恵袋と言われていた人物なのである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%A0%E3%82%BA

金子の著書の中に、ヘンリー・アダムスが晩餐会の挨拶のなかで、アメリカが日露戦争をどうとらえていて、この戦いがこれからどうなると考えているかについて述べている部分があるので、その部分を引用しよう。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176348/46

「彼(ヘンリー・アダムス)の言うところによれば、今度の戦争はまったくロシアの宮中の大官と、陸海軍の軍人が結託して朝鮮を取ろうという策で、この戦(いく)さが画策されたのだ。それのみならず宮中の大官は、皇帝・皇后の信任を得て宮中に勢力のあるベゾブラゾフと軍人とを結託せしめて、実際兵を1万満州に送れば5万も送ったように言って日本を恫喝し、全く脅喝手段で日本を屈服させようという政策を執っている。また軍艦にしたところで、日本を脅威するために旅順に送るのである。これただ脅喝手段で刃血塗らずして朝鮮を取ろうというのが彼らの策略である。それ故に日本が朝鮮を渡して宜しく願いますと言って平和を乞わなければ、到底日露の問題は解決しない。のみならず、旅順にいる極東の太守アレキシーフという人は、宮中に非常に勢力のある人で、また貴族の仲間にも勢力のある海軍大将である。これが旅順に頑張っている。事実このアレキシーフの政略は、脅喝手段をもって海軍なり陸軍なりで、いざといえば戦さをすると脅喝したならば、日本はひと縮みになるから、それで往けると思ったのがこの人の政策である。ところが、国交断絶するや否や、仁川港においてワリヤークその他の軍艦が日本の軍艦の為に打ち沈められたという電報が来て、ロシアの宮中の大官も、皇帝も皇后も悉く恐怖の念に侵されて、非常に驚いた。こんなに負けるつもりはない。戦さをせずして、脅喝手段で嚇(おど)すつもりでおったのが本当の戦争になった。その時の宮中の驚きというものは非常なものであったということをこの人から聞いた。」

アメリカは、日露戦争の開戦直後におけるロシアの内情をかなり良く掴んでいたようである。
1902年から1903年にかけてロシアの極東政策が対日融和派と対日強硬派に意見が割れ、対日強硬派であるベゾブラゾフは日本に圧力をかけて朝鮮を手に入れようとし、ニコライ2世は強硬論の影響を受けて1903年に強硬派のアレクセーエフを極東総督に任じている。

300px-Alexeev_E_I.jpg

当時の極東はロシアの領土でもなく保護領でもない。にもかかわらず、政治・軍事問わず極東に関するあらゆる問題を管轄する極東総督を置き、アレクセーエフという人物に中国・韓国・日本など近隣諸国に対するロシア帝国の外交までも任せたのである。
開戦直前まで蔵相を務めていたセルゲイ・ヴィッテの『ウィッテ伯回想記』を読むと、このアレクセーエフの無思慮が、日露開戦に繋がったことが書かれている。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1180407/191

しかし、なぜロシアは、わが国に圧力をかければ朝鮮が獲れると考えたのであろうか。
両国の開戦時の戦力を単純比較すると、確かに圧倒的にロシアが優勢であった。Wikipediaには「露・日 歩兵66万対13万、騎兵13万対1万、砲撃支援部隊16万対1万5千、工兵と後方支援部隊4万4千対1万5千、予備部隊400万対46万」とある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E9%9C%B2%E6%88%A6%E4%BA%89
海軍においても艦艇の保有トン数は45万トン対、26万トンであったが、ロシアの海軍は太平洋艦隊とバルチック艦隊に分かれていて、極東に於いてはわが国とほぼ同等の戦力であったとされる。

ロシア側では、日本と戦って負けるはずがないと、はじめから高を括っていたようだ。
4年間日本で過ごした陸軍武官ゲ・バノフスキー中佐は「日本軍が精神的基盤を自分のものにし、その上にあらゆるヨーロッパ式軍隊の機構を築いて、ヨーロッパの最弱小国に太刀打ちできるまでには、数十年、おそらく100年はかかることであろう」と報告していたというし、開戦8か月前に来日して陸軍などを視察したクロポトキン大将も「日本兵3人にロシア兵は1人で間に合う。われわれは13日間に40万の軍隊を満州に集結できるし、その用意もしている。これは日本軍を敗北させるのに必要な兵力の3倍である。来たるべき戦争は、戦争と言うよりも単に軍事的散歩にすぎない。」と豪語していたという。
日清戦争後の下関条約の後の三国干渉で、わが国が戦わずして領土を手放した前例があったこともロシアを強気にさせた要因の一つだろう。

では逆に、なぜアメリカは、ロシアの戦力の方が日本のそれよりも圧倒的に優っていたにもかかわらず、日本が勝つと考えたのか。
金子堅太郎を晩餐会に招待したヘンリー・アダムスの挨拶を続けよう。

「また、彼(ヘンリー・アダムス)は語を続けて一箇年この戦(いく)さが続けば、ロシアは必ず内から壊れてくる。東洋に往っている兵士も本気に戦さするつもりで往っているのではない。恫喝手段の道具になって往っているのであるから、1ヶ年日本が頑張っていれば、きっとセントピーターズブルグ*から内輪割れがする。…そうすれば必ずフィンランドまたはあの方面から内乱が起こって、とうとうロシアの方から講和談判をしなければならぬようになるから、そのことは今私が貴下(金子)に言っておくから、よく記憶してもらいたい。」
*セントピーターズブルグ:ロシア帝国の首都。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176348/47

ヘンリー・アダムスは、日本が勝つことをすでに確信していたのだか、その理由は、日本は挙国一致して戦っているが、ロシアは内乱が起こってもおかしくない危険な情勢で、人心も離散しているという分析のあとで、戦費調達の問題を述べている。

ロシアは先年ユダヤ人をキシネフその他で虐殺している。ところが、ヨーロッパのユダヤ人は吝嗇で金持ちで、金権を握っている。ロシアは軍費を今はフランスから借りているけれども、これは長くは続かない。そうすると結局フランス・イギリス・ドイツにいるユダ人から借りなければならぬから、早くユダヤ人を懐柔して、金権を握っているユダヤ人に対してロシアに金を貸すなということを言えと彼(ヘンリー・アダムス)は忠告した。
 これがすなわちシフというユダヤ人がヨーロッパにおいて、高橋是清と談判して、第一公債、第二の公債をシフの手を経て募集したことと符合している。日露戦争についてはユダヤ人はロシアには一文も貸しておらない。ユダヤ人がロシア人に貸さないのに反して、日本には莫大な軍費を貸した。これはユダヤ人がロシアに於いて非常な虐待を受けた復讐であると思う
。」

Russian_pogrom_map.gif

少し補足すると、帝政ロシアの末期に各地でユダヤ人の虐殺事件が発生している。上記地図の白い地域はユダヤ人強制移住区で赤い点が、虐殺事件が起きた場所のようである。次のURLにこの地図や、事件現場の写真が多数紹介されている。
http://matome.naver.jp/odai/2138007344688035201

キシネフ(Kishineu)は現在のモルドバ共和国の首都だが、日露戦争開戦の前年である1903年の4月に、この都市で50人近くのユダヤ人が殺害されたほか数百人が負傷し、多くのユダヤ系商店や住宅が破壊されたという。ユダヤ人のヤコブ・シフがなぜ日本に資金支援したかは、このような事情を知ってはじめて腑に落ちる話である。
以前このブログで樋口季一郎が昭和13年(1938)の3月に多くのユダヤ人難民を救った事を書いたが、この樋口が前年12月の極東ユダヤ人大会で述べた演説の中に「キシネフのポグロム」という言葉が出てくる。2年前に次のURLの記事を書いたときには、この言葉の意味が解らなかったが、ロシアがユダヤ人を虐殺し多くの犠牲者が出た1903年4月にキシネフで起きた虐殺事件のことを指しているようだ。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-187.html

ヘンリー・アダムスの話を続けよう。ポイントはロシアの弱みがどこにあり、どうすればロシアに勝てるかを具体的に述べている部分である。

「なお、日本に忠告したいことがある。それは早くフィンランド、およびスウェーデンの地方に日本から密使を送って、フィンランド人を煽(おだ)て、スウェーデン人を煽動して、その地方に内乱を起こさせ、そうしてロシアの背後を衝け。シベリアに兵を送ろうとしても、フィンランド・スウェーデンの国境に内乱が起これば、その方に兵を遣らねばならぬから、日本とフィンランドと両方に兵を分割して送ることはロシアの痛手である。そうすればロシアに内乱が必ず起こる。その煽動の費用は二三百万円もあったらよかろうと思う。軍艦一艘沈めたと思えば安いものじゃないか。…早くあそこに密使をやってかき回せ、ということをヘンリー・アダムスが私に言った。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176348/48

明石元二郎

更にアダムスは、このことを日本政府に伝えよと言うので、金子は桂総理大臣と小村外務大臣に書面で詳しく伝えたという。
そして金子は、わが国はこのアダムスの献策にもとづいて明石元二郎陸軍中佐をフランスに滞在させ、明石はフィンランド、スウェーデン、ノルウェーに手を廻してかき回したことを聞いたし、そのことは明石元二郎の伝記にも記されていると述べている。

明石の工作活動によりロシア国内の反戦、反政府運動に火がついて、ロシアの対日戦争継続の意図を挫いたことは有名な話だが、このアイデアがヘンリー・アダムスの献策がきっかけになっていたということは、金子の『日露戦役秘録』を読んで初めて知った。ここまで読み進むと、日露戦争の本質は何であったのかと考えこんでしまう。

前回の記事で米大統領が金子に対し、日露戦争は「日本に勝たせなければならない」と言い、米外務大臣もこの戦争は「日本がアメリカの為に戦っていると言っても良い」と述べた事を書いた。
金子堅太郎は、大統領も外務大臣も、陸軍大臣も海軍大臣も、日本を応援していることを素直に喜んだのであるが、よくよく考えると、イギリスにとってもアメリカにとっても、わが国がこの戦争に勝利することは、自国の国益に叶う事であったのである。

イギリスにとってはロシアの南下を防いでインドと中国における自国の利権を守ることとなり、アメリカにとっては、将来満州に経済進出していくために、邪魔なロシア勢力を満州から排除することが出来る。両国にとっては日本がロシアに勝てば、戦わずして満足な結果を得ることになるのだ。だからイギリスは光栄ある孤立政策を捨ててわが国と同盟を結び、日露戦争でわが国の後ろ楯となって第三国の参戦を阻止し、またアメリカは金子堅太郎にわが国にロシアに勝つ秘策まで授けたのではないだろうか。

もちろんわが国はロシアの侵略から自国を守るために戦ったのであり、「英米の代理戦争」という言葉は使いたくないのだが、なぜ途中から別の国が参戦せず日露二国だけで戦うことができたのか、なぜロシアは戦争を継続するための資金が枯渇したのか、なぜロシアで内乱が起こったのかということなどを考えていくと、英米の巧妙なアジア戦略が垣間見えて来るのである。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご参考】
このブログで、こんな記事を書いています。良かったら覗いて見てください。

カリフォルニア州の排日運動が、日露戦争後に急拡大した背景を考える~~米国排日1
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-260.html

日露戦争後のアメリカにおける日本人差別の実態~~米国排日2
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-261.html

米人弁護士が書いた日露戦争後のカリフォルニアの排日運動~~米国排日3
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-262.html

日露戦争以降、わが国は米国黒人の希望の星であった~~米国排日4
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-263.html

パリ講和会議で人種差別撤廃案を提出した日本とその後の黒人暴動など~~米国排日5
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-264.html

第一次大戦以降、中国の排日運動を背後から操ったのはどこの国だったのか~~その1
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-238.html

米英が仕掛けた中国の排日運動はそれからどうなったのか~~中国排日その2
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-239.html

中国の排日が我が国を激しく挑発するに至った経緯~~中国排日3
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-240.html

中国全土に及んだ「排日」がいかに広められ、誰が利用したのか~~中国排日4
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-241.html


関連記事
Comment
ユダヤの戦略
ユダヤ資本家が登場してきましたね。
この頃から(実は維新前から?)カネのチカラで世界を動かしてきたユダヤ資本家の策略に日本も巻き込まれてゆくのですね。一方ではロシア革命を支援し、一方では日露戦争で日本を支援して帝政ロシアを倒したという構図がよくわかりました。日本は膨大な借金を背負わされましたが。
安倍総理は瑞穂の国の経済、日本を取り戻すと言っておきながら見事に変節してユダヤ資本家の路線に乗っかった政策を推進しています。いくら優秀で理想を持った政治家でも正面から反抗することはできなさそうです。
現在ユダヤ資本に真っ正面から立ち向かっている政治家にロシアのプーチン大統領がいますが、どうなるか楽しみです。
Re: ユダヤの戦略
国が工作する場合とは違い、記録がほとんど残らないやり方をされると、どこまでが史実かを判断することは難しいところですね。彼らの工作があると考えれば世界の動きが分かりやすくなりますが、それが正しいことを誰もが納得できるような論拠が欲しいところです。

明治維新以前から今日まで、わが国がどこまでユダヤ資本家の影響を受けているかは、正直言ってよく分かりませんが、その可能性までをも否定しているわけではありません。何か論拠となるような関係者の記録や新聞報道などがあれば、ご教示下さい。
失礼しました
先走った書き方をして申し訳ありません。
ポグロムの解説で紹介されていたNAVERまとめを読んでいまして、関連項目に「日露戦争から原発?!日本が太平洋戦争に突入した理由が哀しすぎる」があります。

シフの帝政ロシア打倒工作は徹底しており、第一次世界大戦の前後を通じて世界のほとんどの国々に融資を拡大したにも拘らず、帝政ロシアへの資金提供は妨害した。

30年戦争(1618年-1648年)以降、太平洋戦争まで全ての国際戦争はユダヤ系資金によって行われた。

などの項目をつい読み耽って、つい「ユダヤの陰謀説」に走ってしまいました。
しかし陰謀かどうか別にしてもグローバリズムも共産主義もユダヤから生まれた世界を貧しくする発明であることは間違いないと思います。
Re: 失礼しました
NAVERまとめは時々読みますが、読み進んでいくと確かに「すべての国際戦争はユダヤ資本によって行われた」ような気がします。しかしもう少し根拠となる記録などを明確にしてほしいところですね。
「ユダヤ人」といっても、人によって考え方は異なるでしょうし、どこかの国の邪悪な意志を隠すために「ユダヤ人」という人種を悪者にしていることも考えられますね。
そのような仮説を頭から否定するわけではありませんが、信じる前に史実についてはしっかり押さえておきたいものです。

ユダヤ金融資本は、幕末から日本に影響を与えてきたと、thinkerというサイトで読みました。坂本竜馬が武器を買っていたトーマス・グラバーが、ロスチャイルドの配下の人間だったと。また、伊藤博文など(確か4人)イギリスに留学させてもらっていたとか。
ロスチャイルドの母親が、「息子たちが望まなければ戦争は起きません。」と言ったそうです。もしそうなら、全ての戦争を引き起こしたのは彼ら、ということになりますね。確かに、戦争を起こせば彼らは利益を得るのですから。
Re: タイトルなし
世界中に紛争の火種を仕掛けて武器を売って儲けている連中がいますが、それだけでは歴史が動いているわけではなく、もっと複雑な関係が背後にあるのだと思います。
確かに、以前はマスコミを利用して国民を洗脳することは簡単に出来ましたが、ネットが発達した現代では容易ではないでしょうね。国民が簡単に為政者やマスコミに騙されるほど馬鹿ではありません。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (上位500)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル