HOME   »  明治時代   »  廃仏毀釈・神仏分離  »  江戸時代になぜ排仏思想が拡がり、明治維新後に廃仏毀釈の嵐が吹き荒れたのか

江戸時代になぜ排仏思想が拡がり、明治維新後に廃仏毀釈の嵐が吹き荒れたのか

このブログで何度か明治初期の廃仏毀釈のことを書いてきた。
この廃仏毀釈のためにわが国の寺院が半分以下になり、国宝級の建物や仏像の多数が破壊されたり売却されたりしたのだが、このような明治政府にとって都合の悪い史実は教科書や通史などで記載されることがないので、私も長い間ほとんど何も知らなかった。

梅原猛氏は「明治の廃仏毀釈が無ければ現在の国宝といわれるものは優に3倍はあっただろう」と述べておられるようだが、ではなぜ明治初期に廃仏毀釈がおこり、数多くの文化財を失うことになったのか。

標準的な教科書である『もういちど読む 山川日本史』には、明治政府は「はじめ天皇中心の中央集権国家をつくるために神道による国民教化をはかろうとし、神仏分離令を発して神道を保護した。そのため一時全国にわたって廃仏毀釈の嵐が吹き荒れた。」(p.231)と簡単に書いてあるだけだ。
廃仏毀釈の嵐」などというわけのわからない言葉を使って誤魔化しているが、このような文化財の破壊行為が犯罪にもならず取締りもされなかったことはなぜなのか。

前回の記事で、岐阜県安八郡神戸町にある日吉神社に三重塔や仏像が残されていることを書いた。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-338.html

柏原八幡三重塔

また以前このブログで兵庫県丹波市柏原町にある柏原八幡神社にも三重塔が残されていることを書いたが、このように神社の境内に仏塔が残されているケースはわずかだけで、数多くの塔がこの時期に破壊されてしまっている。上の画像は昨年撮った柏原八幡神社の三重塔であるが、このような神仏習合の景色が、廃仏毀釈で破壊される以前には、全国各地にあたりまえのように存在したはずなのだ。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-289.html

柏原八幡

日本の風景を一変させた廃仏毀釈は平田篤胤の国学や水戸藩の排仏思想の影響が大きかったとよく言われるのだが、江戸時代の幕末にこの様な、過激な思想が拡がった背景についてわかりやすく解説している本を探していたところ、国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』の中から、昭和18年に出版された菊池寛の『明治文明綺談』の文章が目にとまった。そこにはこう述べられている。

徳川幕府が、その宗教政策の中心として、最も厚遇したのは、仏教であった。それは、幕府の初期に、切支丹の跋扈で手を焼いたので、これを撲滅するため、宗門人別帳をつくり、一切の人民をその檀那寺へ所属させてしまった。
 そのため、百姓も町人も寺請手形といって、寺の証明書がなければ、一歩も国内を旅行することが出来なかった
。それは勿論、切支丹禁制の目的の下に出たものであったが、結局、檀家制度の強要となり、寺院が監察機関としても、人民の上に臨むことになったのである。
 しかも、この頃から葬式も一切寺院の手に依らなければならなくなり、檀家の寄進のほかに、葬式による収入も殖え、寺院の経済的な地位は急に高まるに至った。 
 僧侶を優遇するというのは、幕府の政策の一つなのであるから、僧侶は社会的地位からいっても、収入の上からいっても、ますます庶民の上に立つことになった。
 そして、このことが同時に、江戸時代における僧侶の堕落を齎(もたら)したのである
。江戸三百年の間、名僧知識が果たしてどのくらいいただろう。天海は名僧というよりも、政治家であり、白隠は優れた修養者というよりも、その文章などを見ても、俗臭に充ちている。しかも世を挙げて僧侶志願者に溢れ、…しかも彼らは、宗教家としての天職を忘れ、位高き僧は僧なりに、また巷の願人乞食坊主はそれなりに、さかんに害毒を流したのである。…
それだけにまた、江戸時代ほど僧侶攻撃論の栄えた時代はなく、まず儒家により、更に国学者により、存分の酷評が下されている。
堂宇の多さと、出家の多きを見れば、仏法出来てより以来、今の此方のようなるはなし。仏法を以て見れば、破滅の時は来たれり。出家も少し心あるものは、今の僧は盗賊なりと言えり。』(大学或問[熊沢蕃山の著書]) 

荻生徂徠も、
今時、諸宗一同、袈裟衣、衣服のおごり甚(はなはだ)し。これによりて物入り多きゆえ、自然と金銀集むること巧みにして非法甚し。戒名のつけよう殊にみだりにて、上下の階級出来し、世間の費え多し。その他諸宗の規則も今は乱れ、多くは我が宗になき他宗のことをなし、錢取りのため執行ふたたび多し』(政談)
と、その浪費振りと搾取のさまを指弾している。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041877/57

儒者の熊沢蕃山(1619-1691)や荻生徂徠(1666-1728)までが、当時の仏教界をこれほど厳しく批判していることは知らなかった。排仏論を唱えたのは平田篤胤(1776-1843)のような国学者ばかりではなかったのだ。さらに名君と呼ばれた藩主までもが、かなり早い時期から、仏教の堕落を批判している。わかりやすいように藩主の生存年を付記して菊池寛の文章を再び引用する。

「…学者の排仏論のほかに、政治家であって真先に排仏論を唱えたのは、水戸光圀(1628-1701)で、その死ぬときには僧を遠ざけ、儒法を以て葬ることを命じている。そのほか領内を調査して、いかがわしい淫祠寺院を破却し、破戒の僧尼をどし還俗させている。
 このほか、岡山の池田新太郎光政(1609-1682)、会津の保科正之(1611-1673)、さらに下って水戸の徳川斉昭(1800-1860)、当時名君といわれた藩主はみんな盛んに排仏をやっている。彼らの儒教的教養からみれば、仏教の堕落は、言語道断だったのであろう。こうした底流の下に、明治維新を迎えたのである。仏教が徹底的にやっつけられるのはやむを得ない形勢であったのだ。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041877/59

仏教遭難史論

菊池寛は小説家だから、あまり信用できないという人もいるだろう。
以前このブログで伊勢の廃仏毀釈のことを書いたときに引用させていただいた、羽根田文明氏の『仏教遭難史論』という本がある。羽根田氏は仏教側の論客のようだが、この本の中で格式の高い寺院ほど腐敗していて、その仏教界の腐敗が廃仏毀釈を招いたと述べておられる。この本も、『近代デジタルライブラリー』で誰でもネットで読むことが出来る。

「…諸寺の寺領は、諸侯の知行よりかは少なく、公卿の家領よりかは多かった。即ち日光山輪王寺の壱萬三千石、増上寺の壱万石、比叡山延暦寺、三井園城寺の各五千石を最多とし、以下二三千石、または数百石、或は数十石を最小として、いずれも幕府の墨印、奉行の朱印が下付せられてあった。そして寺領の石高は、幕府より現米で渡るのではなく、領地から年貢米として、寺門に収納するのである。…各寺に役所があり、俗役人があって、各領内の行政、すなわち領民の願伺届、及び訴訟の事務を取り扱った。そしてこれらの俗務は、寺侍いわゆる俗役人の専務にして、僧徒は毫もこれら俗事に関係せず、所謂、長袖風にて金銭の価格、収支の計算等、すべて経済の何たるも知らず、却って之を卑しめ、識らざるをもって誇りとしておった。…

…将軍家、及び諸侯の菩提所、勅願書はじめ、由緒ある寺院は、寺領の外に、堂塔、坊舎の営繕費などは、またみな官費、公費を以て、支弁するのは勿論、臨時の風水害等のある場合は、直に屋君を派遣して、損所を修理せしめた。ゆえに是等特待の寺院は、素より多額の寺領を有して僧侶は、手許の有福なるに任せ、曾て人生艱難の何たるも知らず、常に飽食暖衣して、日夜歓楽に耽り、宗祖の辛苦経営も、済度衆生の行業も、更にこれを知らず、ただ識るものは、栄花と、権威を振るうことばかりであった。実に仏教の衰勢を招き、近く明治維新の大打撃を受くべき素因を、早くここに、作っておった。実に自業自得の結果、如何ともすること、能わぬぞ是非もなき。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983346/21

談山神社と明日香散策 021
【談山神社 十三重塔】

羽根田氏はこのような仏教界の腐敗があり、排仏説を唱える平田篤胤らの説に多くの人々が共鳴したのは自然の成り行きだとも書いておられる。

当時、世人の多くが、仏教界の腐敗に愛想をつかしおる矢先に、かかる耳新しき、日本的の説を聞いたのであるから、靡然として、人心の之(平田篤胤らの説)に向かうのは、自然の勢である。しかも、当時水戸あたりから、しきりに尊王攘夷の説の宣伝せられ、上下一般に、その説を歓迎せんとする、傾向のあるを好機に、排仏思想の儒者も、国学者も協心一致して、神道の力をもって、王室を復古し、もって神道を隆盛ならしめねばならぬ。神道を盛んにするには、まず第一に、廃仏毀釈の必要あるということに、儒者、神学者、国家者、みな同心一致して、その実施の機会を待っていたら、ほどなく幕府の大政返上となり、ついで王政復古の大号令となり、新政施行機関として、先ず神祇官、太政官、諸省の設置となり、人材登用の趣意により、右三者の有志家は、それぞれ官省に出仕して、国政に参ずる地位を得た。これが近縁となり、ここに各自理想の廃仏毀釈を、事実上に施行せんと企んだ。時に新政府は、内外の政務混乱して、緒に就かざる機会に乗じて、陽に朝威を借り、陰に私意を含み、無智、無学に、しかも惰眠に耽る僧界に対し、迅雷一声思いのままに、廃仏毀釈の暴挙を実行するに至った。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983346/33

名草神社三重塔
【名草神社三重塔】

神仏習合の神社においては社僧と呼ばれる僧侶がいて、社家の神主もいたのだが、社僧と神主との関係はどのようであったのか。羽根田氏はこう述べている。

「もっとも各神社に、社家の神主もあったけれども、みな社僧の下風に立ち掃除、または御供の調達等の雑役に従い、神社について、何らの権威もなかったのである。しかれども伊勢神宮を始め、その他に社僧なくして、神主の神仕する神社もあったが、いわば少数であった。
社僧の神社に奉仕するのは、僧徒が神前で祝詞を奏するのではなく、廣前に法楽とて読経したのであるから、社殿に法要の仏具を備え付けるは勿論、御饌(みけ)も魚鳥の除いた精進ものであった。神前に法楽の読経することは、古く詔勅を下して、之を執行せしめられたのである。…
…いずれの神社にも、神前に読経して法楽を捧げたものである。かかる情態(ありさま)であるから、遂にはかの八幡宮の如く、神殿内に仏像を安置して、これを神体とする神社が多くあった。大社が既にこの如くである故に、村落の小社は、概ね仏像を神体にしたのである。…
…堂作りの社殿に、極彩色を施し、丹塗りの楼門や二重、三重、五重の塔のある神社もあって、純然たる仏閣の如くであったのが事実である。故に神社の実権は、全く僧徒の占領に帰し、神主はその下風に立て、雑役に従事するのみ。何等の権力もなかったから、神人は憤慨に堪えられず、僧徒に対して怨恨を懐き、宿志を晴らさんとすれども、実力なければ、空しく涙を呑み、窃に時機の来たらんことを待っておった。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983346/15

このような流れの中で、慶応3年(1867)10月に仏教を厚遇してきた江戸幕府第15代将軍の徳川慶喜が大政奉還したのち、維新政府は慶応4年(明治元年:1868)3月以降、神仏分離に関する命令をいくつか出している。
そのうちの幾つかを読み下し文で紹介したい。原文はいずれも漢文で、廃仏毀釈に詳しいminagaさんのホームページの次のURLに、明治政府の出した神仏分離に関する命令が集約されている。
http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/s_tatu.htm

3月17日神祇事務局達
今般王政復古、旧弊一洗なされ候につき、諸国大小の神社に於いて、僧形にて別当*、あるいは社僧など相唱え候輩(やから)は、復飾**仰せ出され候…」
*別当:社寺を統括する長官に相当する僧職
**復飾:僧侶になった者が、俗人に戻る事。「還俗」とも言う。

さらに3月28日には、2つの神祇官事務局達が出ている。
中古以来、某権現*、あるいは牛頭天王**の類、その外、仏語をもって神号に相唱え候神社少なからず候。いずれも、その神社の由緒、委細に書付、早々申出づべく候」
「仏像を以て神体と致し候神社は、以来相改め申すべき候こと。附り、本地***等と唱え、仏像を社前に掛け、或は鰐口、梵鐘、仏具等の類差し置き候分は、早々取り除き申すべきこと」

*権現:仏が仮の姿で現れたものとする本地垂迹思想による神号
**牛頭天王:祇園社などの祭神。祇園精舎の守護神とも薬師如来の化身とも言う。
***本地:衆生を救うためにとる神などの仮の姿を垂迹と呼ぶのに対し、仏・菩薩の本来の姿を言う。

また4月24日には太政官達が出ている。
「このたび大政御一新につき、石清水、宇佐、筥崎等、八幡大菩薩の称号止めさせられ、八幡大神と称し奉り候様、仰せ出され候こと

四つ割りの南無阿弥陀仏碑
【苗木藩 常楽寺の四つ割りの南無阿弥陀仏碑】

維新政府の神祇官には国学者・平田篤胤の弟子で篤胤の婿養子となった平田銕胤(かねたね)や、銕胤の長男の平田延胤(のぶたね)や、平田篤胤の門人で苗木藩の全寺院を廃仏毀釈で破壊した青山直道の父親である青山景通がいて、神祇官の考えが「廃仏」に傾いたのは自然の流れであったと思うのだが、これらの維新政府の「達」には仏像や仏具などを「取り除き申すべきこと」とは書かれていても、「破壊せよ」とか「焼却せよ」とはどこにも書かれていないことは注目して良い

明治初期においては政府の権力は脆弱で、神祇官事務局達や太政官達にはそれほど強い強制力はなかったようなのだが、全国各地に平田派の国学者が多数任官されていて、それに影響された神官が数多くいたという。
それゆえ、維新政府が考えていた以上に破壊行為に走るケースが多く、実際に破壊行為に及んだのは地方の事務官や神官だったという

慶応4年4月10日の太政官布告では、仏像などの破壊行為を戒めている。意訳すると、
「…旧来、社人と僧侶の仲は善くなく、氷と炭の如くであり、今日に至り、社人どもが俄に権威を得て、表向きには新政府の御趣意と称し、実は私憤をはらすようなことが起きては、御政道の妨げになるだけでなく、必ずもめ事を引き起こすことになる。…」
とあるが、この布告は各地で極端な廃仏毀釈が行なわれたことを暗示している。

しかしながら、明治政府はその後も神仏分離を求め、寺院の収入源を断つような命令を出し続けて、仏像等を破壊する行為を厳しく取り締まることも処罰することもなかったのである。
税所篤

以前このブログでも書いたが、新政府で兵庫・堺・奈良の県令・知事を歴任した薩摩藩出身の税所篤(さいしょあつし)のように、廃仏毀釈で寺宝を強奪して売却することにより私腹を肥やしたとされる人物もいた。その意味では明治政府も共犯者である。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-177.html

明治初期に大量の文化財が破壊されたことについては、明治政府や地方の事務官や神官に責任があった事は確実なのだが、仏教界にも問題がなかったわけではない。

江戸時代の長きにわたり仏教界が腐敗していた状態を放置し、改革を怠ってきたことが排仏思想を生むきっかけを作ったのだが、仏教を擁護してきた江戸幕府が倒れて明治維新が神仏分離の命令を出すと、多くの僧侶が抵抗らしい抵抗もせずに、信者を見捨てて自分の身を守るために還俗してしまった。そのことが廃仏毀釈時に多くの文化財を失うことに繋がってしまったのだが、このような時にこそ僧侶は体を張って、信者と力を合わせて文化財を護って欲しかったと思う。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓  
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
      







【ご参考】
このブログでこんな記事を書いてきました。
よかったら、覗いてみてください。

苗木藩の廃仏毀釈と、その史跡を訪ねて
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-179.html

寺院が神社に変身した談山神社
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-78.html

香住から但馬妙見山の紅葉と朱塗りの三重塔を訪ねて~~香住カニ旅行2
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-228.html

但馬安国寺の紅葉と柏原八幡神社の神仏習合の風景などを訪ねて
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-289.html

伊勢の廃仏毀釈と伊勢神宮の式年遷宮に多大な貢献をした尼寺のこと
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-314.html

日吉神社、大垣城、南宮大社から関ヶ原古戦場に向かう
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-338.html

関連記事
Comment
仏教側が一方的な被害者のように考えていましたが、部分的な責任もあったというのはなるほどと思いました。
Re: タイトルなし
仏教の腐敗もありましたが、それにしても破壊行為に及んだのはやはりやりすぎだと思います。
戦国時代のルイスフロイスの記録を読むと、キリスト教の宣教師が信者に対して仏寺の破壊を何度も教唆していたことがわかりますが、その時期のキリスト教徒による文化破壊と同様のことが、明治のはじめに起こったのだと考えています。
他の宗教や価値観を許容しない考え方や宗教は、異質なものとの共生ができない未熟さがあり、文化の破壊行為を行ないながら、自分は正しいことをやっていると信じているのでなかなかやっかいです。
廃仏毀釈は別に僧侶の「腐敗」が主な原因ではありません。
他宗教(陰陽道、修験道、巫女、民間信仰など)も同様に弾圧されているからです。その他漢方など明治以前の文化はことごとく否定され、日本語をフランス語にしようなんて輩まででる始末。
ほんとうに西洋コンプレックスがひどかった時代で「神道」も全く異質のものになってしまいました。

土着の山岳信仰の神を神社に祀り、僧侶が読経する、、
そんな日本の宗教観が完全に消滅してしまったことは嘆かわしい限りです。

今も神社の由緒では神仏分離は黒歴史として記載されていないことがほとんどです。はたして今の祭神は500年前もその祭神だったのか。それは古い地誌などを読まなければわからなくなってしまった。

ただ現在でも陰陽道系の神社は神道の名のもと泰山府君を祀っていたりしますね。大将軍八神社などは神仏分離に触れ、「祭神を素盞鳴尊とした理由は 、(中略) その神格が大将軍神と似通っている事から関連付けられたと思われる。」とまるで人事のように適当に書き、スサノオを無視するように大将軍を今でも信仰していておもしろいです。

Re: タイトルなし
神社の由緒もそうですが、寺の由緒にも廃仏毀釈のことを書かないところがほとんどですね。
原因はもちろん他にもありますが、仏教の腐敗は当時の記録にも散見されますので、私は主要な原因のひとつであると考えています。。

幕末に「西洋コンプレックスがひどかった」というのは出典などを示して頂きたいです。「日本語をフランス語にしよう」と誰が書いていますか、興味のあるところです。西洋かぶれの連中が、廃仏毀釈の中心勢力だとお考えなのでしょうか。
腐敗していたのは確かでしょう。
故に節操無く還俗した僧侶や神官となった僧侶も多く、
仏法を捨て去ってしまった者も多かった。
しかしその腐敗が廃仏毀釈の「主原因」ではない、ということです。その他の宗教習俗の廃止もしかり。

西洋コンプについては岡倉天心やフェノロサ、鹿鳴館あたりで調べていけば当時の外国人のコメントも含め多く出てくると思います。

フランス語云々については「国語外国語化論」あたりで調べると良いかと思います。
Re: タイトルなし

幕末から明治初期を話題にしているのに、鹿鳴館時代が出てくるとは思いませんでした。

もう一度私の質問に答えて頂けませんか。

「西洋コンプレックスがひどかった」というのははっきり出典などを示して頂きたいです。いつ誰によって書かれた記録なのですか。「日本語をフランス語にしよう」といつ誰が書いていますか。
そのような西洋かぶれの連中が、廃仏毀釈の中心勢力でしたか。
西洋かぶれの連中が「中心」というと特定の人物や組織のみを表すような言い方になってしまいますが、そんなことは申し上げておりませんよ。

ただ「仏教会が腐敗していたから神仏分離・廃仏毀釈がおこった」というのは主原因ではないということを言っているだけです。(もちろん仏教勢力の権勢や腐敗を否定しているのではありません)

例えば、伊藤博文の側近であり、法整備に関わった金子堅太郎氏の「戊辰物語」によれば「その頃の太政官役人の威張りようといったらすごかった。何しろ薩摩、長州、土佐、の田舎侍が事実において天下を取ったのだから滑稽なほどであった。【中略】坊主が役人に虐められたのもこの頃のことだ。神信心の公卿度もが上に立ったものだから、このさい坊主を叩き潰せという剣幕で神仏分離などという事を始めた。」なんていう面もあったりします。

欧米コンプの出典、、ということを私がたとえば日本人や外国人などの言葉をもってして「これが証拠だ」と言ったところで何の意味もなさないので、それこそおすすめした「岡倉天心」を調べていくと、その周りの人間や社会情勢や西洋かぶれの連中とのやり取りなども含めて理解できるかと思いますのでそのほうがよろしいのでは。

岡倉天心などはうまいもんでして、その欧米コンプを逆に利用して「日本の伝統美術は西洋人にも認められている」ということを前面に出し、文化財保護の法整備に乗り出しています。(結局西洋美術派からの妨害は強く公職を追われてしまいましたが)

フランス語云々の出典については志賀直哉「國語問題」で検索すればよろしいかと。また、森有礼などは一時日本語の英語化をウィリアム・ホイットニーに相談し、反対されていますね。

むしろ私としては「明治時代に欧米コンプなどなかった」という出典のほうが知りたいのですが。

それでは失礼します。
Re: タイトルなし
志賀直哉が『国語問題』を書いたのは昭和21年です。岡倉天心もフェロノサも廃仏毀釈の時代よりもはるかにあとに活動していますね。

「ほんとうに西洋コンプレックスがひどかった時代で「神道」も全く異質のものになってしまいました。」というコメントは、廃仏毀釈の相当あとの時代のことを書いておられるのならば理解できます。
国語をフランス語にしようとした西周に注目。
明治初期神祇行政において平田派より力を持っていた津和野学派(神仏分離は彼らの政策であって、平田派=気吹舎)と大変近しい関係(津和野学派の神学者は彼の通った藩校の師範)であることはもっと注目されていいだろうと思います。

津和野学派は、始祖の大国隆正が一時期平田篤胤の門をくぐっていますので、平田派に分類されることも多いですが、隆正は早い段階で「師説を超え」て、水戸学派と折衷し、自ら本教本学と名乗り、津和野藩主を巻き込んで一大学派を形成しております。
廃仏を積極的に進めた津和野学派と、復古を進めようとした平田派とは、似て非なるものです。所謂国家神道の形成者は、平田派ではなく津和野学派とみて間違いないでしょう。
Re: タイトルなし
津和野藩は水戸藩と同様に、幕末時に廃仏毀釈を行なっていますね。
津和野藩主であった亀井茲監やそのブレーンであった大国隆正・福羽美静が明治維新政府の宗教政策の中心を担っていますが、大国は平田篤胤の門下なので、平田神学と同様な内容だと思っていました。

平田派と大黒派の書き残した文章が紹介されているような文献や、両派の違いが分かる書物などがあればご教示下さい。

西周は津和野藩出身で国語をローマ字表記にしようとした人物であることは知っています、フランス語に変えようとしたことは初めて聞きました。
参考文献をご教示いただければありがたいです。
彼は同じ津和野藩出身の亀井茲監や大国隆正・福羽美静とどのような接点があったか、ご存知でしたらご教示下さい。
とても勉強になりました
こんばんは。

南丹市の九品寺に行ったとき、政府の方針が決まった途端に、略奪に近い形でお寺の大事なものが土地の者により奪われ売られ、今はアメリカに、と知りました。

書写山や、奈良では朽ちた仏像を見ました。

明治政府のバカー!っと単純に思っていました。
なるほど、様々な事態が熟して限界だったのですね。とてもわかりやすくて勉強になりました。ありがとうございます。

しばやん様の記事は旅の参考書です。関西にいて嬉しいな。トルコのエルトゥールル号のあそこも久々に行ってきましたよー。
Re: とても勉強になりました
こんばんは。コメントありがとうございます。

随分古い記事まで読んで頂いてとても嬉しいです。
エルトゥールル号の話を知ったのは今から15年近く前のことですが、その頃から教科者やマスコミが垂れ流す歴史記述に疑問を感じるようになりました。ひとりでただ本を読むだけだと、遅々として勉強が進まなかったのですが、ブログを始めてから、読者の皆さんから感想を頂いたりするととても励みになって、論文を読んだり古い本を読むことが苦にならなくなりました。

つねまるさんは高尚な趣味をお持ちなんですね。日本の伝統文化を後世に残すために、これからもがんばってください。
坊主が命張って文化財を守らなかったって・・・
刀狩りでろくな武器も持ってねぇのに
粗暴な輩が焼き討ちに回ってくりゃ
そりゃどんな聖人だって逃げ出すわ
いつの時代のことをイメージしておられますか
この方は、戦国時代のキリシタン武士らの社寺の焼き討ちのことを書いておられるのでしょうか。「聖人」とはキリスト教の宣教師あるいは信者の事なのでしょうか。

キリスト教徒による文化破壊は秀吉の刀狩よりも前に起こったことです。多くの場合キリシタン大名が率先して社寺を焼き討ちしたり破壊していますが、武器や松明を持って火をつけに来る武将に社寺が抵抗できるはずがありません。それでも多くの寺院で本尊など貴重な仏像を守り抜いています。
高山右近の所領であった北摂の寺は千年以上の歴史がある寺がいくつかありますが、堂宇は高山右近らに焼かれても、平安時代の仏像が今も数多く残されていることを勉強して欲しいです。

この方は明治の廃仏毀釈に関する私の記事にコメントしておられますが、この文化破壊はキリスト教とは何の関係もなく、刀狩りとも関係ありません。
明治政府がやったのは神仏分離令
まず、明治政府は廃仏毀釈をやっていません。明治政府がやったのは神仏分離令です。
廃仏毀釈は、仏教を憎悪していた神官や庶民がそれを拡大解釈して行ったのです。
その仏教への憎悪を招いたのは、江戸時代を通じて形成された仏教界自身の堕落に他なりません。
だから仏教界の堕落こそが主原因です。

さらに根本的なことを言えば、神仏習合がそもそもの原因ですよ。
世俗的な堕落だけでなく、原理的な堕落は、宗教は「その場」、「その時」が最優先される宗教じみたものに変えていきます。
宗教のような非合理な情熱は強固な原理があるから守られるのです。
なんでもありにしてしまえば、なぜ守らねばならないのか、何をどう守ればいいのか、失われた場合にどう復興すればいいのか、そういうことがわからなくなってしまう。
神仏習合によって培われた文化は魅力的です。それが失われたのも残念なことです。
しかし、それは宗教としての原理を忘れ、借り物の権威を混ぜあわせて無茶苦茶なことをやってきてしまったということが基盤にあります。
Re: 明治政府がやったのは神仏分離令
備人さん、コメントありがとうございます。

確かに明治政府は、「取り除け」とは命令しましたが、「破壊せよ」と命令したわけではありません。
だからといって、明治政府に責任がないとは言えないでしょう。

日吉山王権現の社司であった樹下茂国は神祇官神祇事務局権判事に登用されていて、慶応4年3月以降に出された神仏分離令に関与していました。そして神仏混淆禁止の朝令が出た直後に日吉山王権現の仏像仏具などを徹底的に破壊しています。この人物を明治政府は、処罰したでしょうか。

多くの廃仏毀釈を調べましたが、寺や仏像の破壊は明治政府が派遣した県令が命じていますね。しかも首謀者は処罰されていませんね。もし「仏教を憎悪していた神官や庶民がそれを拡大解釈して行なった」のであるならば、器物損壊罪で処罰されなければならないでしょう。
国家神道というけれど
神主である松平家が子爵で、坊主である大谷家が侯爵でしたね。敗戦までは。国家神道体制下、なぜ、神主が坊主よりも爵位が2階級も下なのか、誰も説明していない。
Re: 国家神道というけれど
コメントありがとうございます。

あまり爵位のことは詳しくないですが、調べると松平家は侯爵(明治21年に伯爵からランクアップ)で、大谷家は伯爵ですね。
松平氏にもいろいろありますが、宗教だけではなく明治維新の功績などで決められているようですね。私のブログにも書きましたが、東西本願寺とも維新政府に相当な資金を支援しています。

侯爵
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%AF%E7%88%B5
伯爵
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%AF%E7%88%B5

何事も東照大権現様のいうたとおり
・松平元康殿は、若いころ”一向宗門徒”一キ宗とないせんしたんですがね。”厭離穢土キンキュウ浄土”の旗さしものをつかっつた。浄土門徒だったんでしょうか?
・南光坊天海、黒衣の宰相崇でん等を重要した。
・維新政府はそれらの反動でしょうか?
Re: 何事も東照大権現様のいうたとおり
「厭離穢土欣求浄土」は「おんりえど ごんぐじょうど」と読みます。
確かに浄土教の用語ですので、浄土教の信仰があったのでしょうが、熱心であったかどうかはわかりません。

後半部分については、時代がそんなに離れているので「反動」なんてものではないでしょう。


明治維新を調べていたら
はじめまして、お邪魔致します。

近所の神社やお寺などが、明治のころに統廃合されて、村に1つの寺、鎮守が1つになってしまったとありました。
調べていたら、ここにたどり着きました。
こんなことになっていたんですね。

明治維新では、徳川家の大政奉還でほぼ流血せずに革命が起きたと習いました。
革命がおこったのですから、民衆はそれまで執権していた武士たちを何故許した?んだろうと思っていたのですが、なるほど僧侶たちに目が向いていたんですね。
そりゃ、戸籍から墓場まで寺に管理されていたら、矛先はそっちですね。文化財は残念ですが。
Re: 明治維新を調べていたら
通りすがりさん、コメントありがとうございます。

切支丹に手を焼いた徳川幕府が、すべての国民をどこかの寺院の檀家とさせるという寺請制度を作って、宗旨人別帳で檀家を管理させました。いわば寺院は、今の役所の様な仕事を受け持つことによって徳川時代の治安が保たれたのですが、討幕派にとっては民衆を掌握するために寺の宗旨人別帳を押さえる必要があったのだと考えています。

廃仏毀釈で破壊されなかったとしても、収入が激減した多くの寺院は衰退していったことでしょう。人口に対して寺が多すぎたこともまた事実ですから。
神奈川で当時の古文書が
神奈川では、廃仏毀釈に対する、当時の古文書が発見されたそうです。
廃仏を実行した役人と、住民との対立などが記載されているとのことでした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000035-mai-soci
Re: 神奈川で当時の古文書が
ラングドック・ラングドシャ さん、情報ありがとうございます。

とても興味深い内容で、もっと知りたくなりました。写真の男神像も現物を見たいところです。出版なりWebで公表されるとありがたいのですが…。
郷土史家の村田公男さんは、いい研究をしておられる人ですね。プロの日本史研究者でこういう研究をする人がいないのが残念です。
中国共産党による文化破壊は悪い破壊で
大日本帝国による文化破壊は仕方ないですましてしまう右翼の連中がバカらしく思える記事ですね。

靖国神社の英霊のように戦争利用のために軍人をこぞって神として祀ることが日本文化だなんて思いませんし。

そもそも一部例外はあるかも知れませんが日本の神ってそんな誰でもがなれるようなものではなかったはず。少なくとも地域レベル以上で信仰される対象としては。

地域の民間信仰において人物が神として祀られていることはあってもそれらは大抵が地元の名士であったり、不幸な死に方をした人の怨霊を鎮めるためだったり。

明治以降で日本の宗教観はかなり変わってしまったんだなと思います。

確かに江戸時代の仏教の締め付けや腐敗もあったかも知れませんが、それって大した大義名分にならないと思うんですよね。政権が変わったのだから良い方向へ持って行ける土壌もあったわけだし。まるでイラク戦争後に民衆が美術館に略奪に入る光景のようです。

この記事がもっと広まってほしいと願うばかりです。
Re: タイトルなし
さくやさん、嬉しいコメントありがとうございます。
3年も前に書いた記事を読んで頂く誰でもありがたいことなのに、コメントまで頂いて恐縮です。

いつの時代も為政者は、自らが為して来たことを美化することは当たり前で、彼らの主張ばかり学んでは真実は見えてこないものだと思います。歴史を学ぶものは、勝者が勝手に編纂した歴史叙述を鵜呑みするのではなく、ほんとうは何があったのかを知る努力をすべきものだと考えています。

私と異なる意見の方もおられることと思いますが、様々な観点からこのような問題を幅広くいろんな方が議論するようになればと祈っています。
こんばんわ、始めまして「市郎右衛門」と申します。
ブログを書き始めて1年10ヶ月に成りました。私は理系(生物系)で日本史は高校でしか勉強したことは無いのですが、単身赴任で米子に行ったことから出雲にはまり込んで、寺社仏閣巡りや城を廻るようになりました。
しばやんさんの様なすごい方の足元にも及ばないと、ただただ憧れているだけだったのですが、いつの間にかブログ仲間も出来まして、少しずつではありますがブログや歴史の楽しさが、改めて分かるようになってまいりました。TOPの方とはどんな方だろうとは推測しつつも、御挨拶なんてとんでもないと思っていたのですが、憧れの方とお話してみたいの気持ちが強くなって、僭越ではございますが、コメントをさせていただく事にいたしました。
まだまだ知識もこれからの私ですが、ブログも拝見して参考にさせて頂きたいです。又、知識が増えて来ましたらお話もさせて頂きたいと思っております。
又、そ~とコメントさせて頂きます(笑)。よろしくお願いいたします。大変失礼いたしました。
Re: こんばんわ、始めまして「市郎右衛門」と申します。
市郎右衛門さん、コメントありがとうございます。

市郎右衛門さんのブログも読ませていただきましたが、なかなか読ませるブログですね。写真も市郎右衛門さんのこだわりを感じます。

私は、大学は経済学部でしたが、高校時代はどちらかというと理数系の勉強が好きで、日本史や世界史は苦手でした。というか、歴史教科書の叙述を嘘っぽく感じてあまり面白みを感じませんでした。

社会人になって、実家の歴史について調べたことを契機に、廃仏毀釈に興味を覚えてから次第に自分なりに日本史を勉強するようになりました。ブログを初めてからは、勉強しながら記事を書く自転車操業が続いていますが、読者の方からエネルギーをいただきながらなんとか続いています。

いつまでネタがもつか自分でもわかりませんが、これからは市郎右衛門さんのブログも覗かせていただいて、古代や但馬や山陰の話題などをいろいろ勉強させていただきます。

市郎右衛門さんのブログは始めてわずか1年10カ月なのになかなかの人気ですね。歴史の記事は、しっかり調べて書けば、必ず検索サイトからのアクセスやリンクからのアクセスで、古い記事も多くの人に読んで頂けるようになります。長く続ければもっとアクセスが伸びると思いますよ。

今後ともよろしくお願いします。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル