HOME   »  明治時代   »  廃仏毀釈・神仏分離  »  水戸藩が明治維新以前に廃仏毀釈を行なった経緯

水戸藩が明治維新以前に廃仏毀釈を行なった経緯

前回は、明治維新後に神仏分離令が出されて、各地で廃仏毀釈が起こった事情を書いた。

昔は出雲大社のような有名な神社にも三重塔などの仏教施設があったのだが、「神仏分離」とは神仏混淆の習慣を排し、神社と寺院とをはっきり区別させようという考え方だ。

出雲大社 寛永期

上の図は寛永期(1624~1645)の出雲大社の絵図だが、このように出雲大社においてさえ境内の中に三重塔があったことがわかる。

名草神社三重塔

この三重塔が、兵庫県八鹿町の但馬妙見山にある日光院という寺に移され、明治維新で名草神社の所有となったことを以前このブログで記事に書いた。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-228.html

なぜ出雲大社が三重塔を手放したかというと、寛文の大造営の時に、宮司の千家尊光が松平直政と図り、両部神道から唯一神道に変換する方針で臨んで出雲大社の神仏習合は廃されることとなり、三重塔、経蔵、鐘楼が境内から撤去されることに決定したからである。
次のURLにそれぞれの建物や仏像仏具がどの寺に移されたかが記載されているが、この記事によると、出雲大社の梵鐘は福岡の西光寺という寺に今も残され、国宝に指定されているという。
http://www.d1.dion.ne.jp/~s_minaga/iti_tajima_myoken.htm

このように神仏分離」は神と仏を分離することであり、仏教施設や仏像仏具を徹底的に破壊する考え方ではないはずだ。しかるになぜ、明治維新期の「神仏分離令」に過剰に反応して、「廃仏毀釈」という異常な破壊行為が行なわれたのか。

いろいろ調べていくと、このような仏教施設などの破壊行為は明治維新で初めて行われたのではないようだ。
前回の記事で紹介した羽根田文明氏の『仏教遭難史論』には江戸末期の水戸藩の「廃仏毀釈」の経緯が記されているので引用させていただく。文章の中の「義公」は水戸藩・二代藩主で「水戸黄門」としても名高い徳川光圀(1628~1701)のことである。

1024px-Tokugawa_Mitsukuni.jpg

「義公が寺院を整理し、僧侶を淘汰せるは、寛文5年(1665)に始まる。この年、寺社奉行の新職を設け、阿原景隆、山縣元纜の二名をこれに任じて、国内の寺社、僧尼、巫祝(みこ)を調査せしめ12月始めて、寺社の法令を頒(わか)ち、翌6年(1666)8月の法令に曰く

 『総て諸宗とも、在々所々に至るまで、その所々に過て、小寺多く有之に付、檀方みな、分け散りて、古跡、大地、衰微に及び、由来ありし寺にも、渡世成り難く間、然るべき学僧は住居せず、況や其外の小寺共に、無智、無下の愚僧のみにて、法外の営仕る僧どもは、俗ともしらず、民を迷わし、国の費をなし、風俗の禍とも成り候に付、無益の小寺ども、このたびご穿鑿(せんさく)を遂げ、破却仰せ付らるものなり。…
右の通り、破却仰せ付らる小寺ども、家財の儀は、坊主に下され候。路錢にし、何方へも心次第に参り候とも、又還俗致したき候者は、渡世の品により、居所仰せ付けられ下され候事。寛文6年午8月』」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983346/34

徳川光圀公はこの改革で2千以上の寺院の整理を行ない、同時に神仏混淆をも禁じたという。

「…当時の神社は、いずれもみな神仏混淆の状態で、その神体が仏像であることが多かった。義公はこれを非なりとして、悉く改めて神鏡、又は幣を神体になさしめた。なお天満宮の社殿に、あらぬ装束したる木造の祀れるを改め、有職家に命じて、衣冠束帯の制を調査せしめ、さらに菅公(菅原道真公)の影像の伝われるを比較研究し、その宜しきに随い、新たに造作して、各社に安置せしめた。…」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983346/35

しかし、徳川光圀公は寺院を整理しただけではない。一郷一社の制を定め、正しき由緒ある神を祀ってその地の鎮守として、「淫祠」と判定された神社も3千以上整理している
一方、光圀公の生母、谷氏の墓のある久昌寺の移築や、祇園寺などいくつかの寺を新築しているし、仏像などを寄付したり修理したりしているという。

羽根田氏は徳川光圀公の宗教政策をこう纏めている。
義公の期するところは、決して廃仏ではなく、ただその神祇たり仏道たるを問わず、いずれもその純一ならんを欲し、その伝説の誤れるはこれを訂し、古式に反するはこれを復し、かくて迷信を排して、国民の信仰を純潔ならしめんとするにあるや、疑うべからずである。」
分かりやすく言えば、当時は新興のいかがわしい宗教施設が藩内の各地にあり、また堕落した仏教僧が少なからず存在したのでそれらを整理し、由緒正しい社寺を残したということなのであろう。

大日本史

また水戸藩は代々学問を尊び、徳川光圀公は『大日本史』の編集を始めたことが教科書にも書かれていたが、その後水戸藩が財政難に陥り、蝦夷地にロシア船が出没するようになると、次第に水戸藩の学問が藩内外の諸問題に意見を出すようになっていく。

水戸藩第9代藩主の徳川斉昭は、会沢正志斉や藤田東湖らを重用したというが、どちらも筋金入りの排仏論者であり尊王思想家であった。

藤田東湖
藤田東湖

例えば天保2年(1831)に藤田東湖らは藩主に対して「大筒など御指しつかえも御座候わば、処々濡仏、灯籠その他無用の仏具類御取り潰し、御張り立てに相成り候わば、一廉の御用に相成り候のみならず、民心の惑をも破り、旁(かたがた)一時の良策にもこれあるべし…」などと意見具申している。要するに、大砲を作るのに梵鐘や仏像などを鋳つぶして使えと言っているのだ。
この時は水戸藩内に於いて反対意見も出たようだが、のちに第9代藩主・徳川斉昭は、藤田東湖らの意見を取り入れて大砲を製造している。 

岩波文庫に山川菊枝が著した『覚書 幕末の水戸藩』という面白い本がある。そこに当時の水戸藩の廃仏毀釈の話がでている。

幕末の水戸藩

「 (藤田東湖の)この献策に基づいて天保13年(1842)、左の布告が出た。
水戸御領中、年々不作、折から御収納も相減じ、思し召すように御届き相成らず候に付き、よんどころなく、御領中寺院のつき鐘、銅仏をもって大砲に遊ばされたき思召』」 
 つき鐘は大郷は一村に一つ、小郷は数村に一つだけ残し、その他はお引上げと決定し、同時に淫祠、邪教と認められたもの二百余寺のお取りつぶし、不良僧侶、修験者等の放逐、還俗等が行なわれた
。また水戸東照宮から僧侶を放逐し、今まで神仏混淆であったのを、神道一方にした。」(岩波文庫『覚書 幕末の水戸藩』p.90-91) 

この時の執政・戸田銀次郎は、仏像の鋳潰しは斉昭公の評判を落とすことになると強く反対したのだが、斉昭公がこれを一同に諮ると、無用の濡れ仏は鋳つぶせということで衆論一致したという。

しかし、信仰の対象であった仏像・仏具を取上げることに対し村民の強い抵抗があったことは言うまでもない。にもかかわらず、寺社奉行の今井金衛門は徹底的に仏像・仏具をかき集めた。
奉行所の小役人どもは…銅鐘や銅の仏像仏具のみならず、大砲鋳造には何の用にもなさぬ木仏、石仏までとりあげた。仏を敬う村民の意向を汲み、自身仏罰を恐れもする村役人たちが、平身低頭、木仏石仏などの引き上げご猶予を嘆願に及んでも、今井らは御領主さまの仰せ付けという一言ではねつけ、おどしつけて、どんな仏像も片はしから荒縄でくくって車につみあげ、寺社奉行の役宅に運ばせた。…」(同上書 p.95)

そう言えば太平洋戦争の時にも、武器を作るために寺の梵鐘が集められたことがあったが、大小の仏像・仏具までをも取り上げようとする藤田東湖らの意図は、仏教排斥以外の何物でもないだろう。寺社奉行の役宅に運び込まれた仏像の内、木仏・石仏は使い道もないので、明治になってもしばらくは、その空き地に山のように積まれて雨ざらしになっていたという。

さらに天保14年(1843)6月に寺社改正令を発して、藩内の寺院に対し次のように布達している。
「近来、僧侶ども風儀よろしからず、不如法の者少なからず候うところ、めんめん承知奉り候う通り…宗法相守申すべき筈のところ、愚民を惑わし、金銭を貪り、或は肉食、博奕、女犯等の類も、少なからず候ようなり行き候う段、御政教の妨害に相成候うのみならず、本山宗門へ対しても、相すまざることにつき、この度それぞれ御咎仰せ付けられ候う。…」

375px-Tokugawa_Nariaki.jpg
徳川斉昭

徳川斉昭公は200寺以上を整理し、大砲を作るために約600個もの梵鐘を鋳つぶしたというが、今まで神仏混淆であった水戸東照宮(主祭神:徳川家康)まで神道一方にしようとしたのはやりすぎであった。

水戸東照宮

水戸東照宮の僧侶を放逐し、藩祖・徳川頼房公が寄付した灯籠まで鋳つぶしたことが江戸幕府の耳に入り、弘化元年(1844)に、幕府は徳川斉昭に隠居謹慎を命じている。
その罪状は「一、無断で大砲を鋳造したこと。二、寺院を破却したこと。三、東照宮を神道化したこと」の三か条が含まれていたという。

羽根田氏は徳川斉昭の宗教政策をこう纏めている。
「(徳川斉昭公は)、信仰の念、乏しくして見るべからず。而して廃仏の志気盛んにして、毫も風流、雅趣の見るべきなく、心中おのずから狭量にして、寛宏大度の余裕なく、物を容るる余地なく、思い迫って行うところ、また極端に渉る。…盲人滅法界に、廃仏の一道に突進して、民怨を買い、民心を得ること能わず。剰え朋党の内争を醸しだし、為に維新の大業に関ずること能わず、いたずらに失敗の事績を、青史に止むるに終わったのである。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983346/50

しかしながら、このような水戸藩の廃仏が、薩摩をはじめとする明治維新を推進した勢力に大きな影響を与え、明治維新直後の神仏分離即ち廃仏毀釈の手本となったと考えられるのだ。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ






【ご参考】
このブログでこんな記事を書いています。
よかったら、覗いてみてください。

なぜ討幕派が排仏思想と結びつき、歴史ある寺院や文化財が破壊されていったのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-175.html

奈良の文化財の破壊を誰が命令したのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-176.html

廃仏毀釈などを強引に推し進めて、古美術品を精力的に蒐集した役人は誰だ
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-177.html

苗木藩の廃仏毀釈と、その史跡を訪ねて
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-179.html

明治初期、廃絶の危機にあった東本願寺
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-81.html

明治の初期に、鹿児島県で何があったのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-83.html

明治期の危機を乗り越えた東大寺
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-84.html

関連記事
Comment
数珠つなぎです
こんばんは。いつもお世話になっております。
寒いですねー!寒いというより、痛いぐらい。しばやん様はいかがお過ごしでしょうか?
先日、鳴門大橋から志度寺辺りを廻りましたが、光國の実兄の頼重も吉田神道家の猪熊兼古を招き神仏分離を少し行ったと知りました。
貴記事でまたひとつ学ぶ事が出来ました。ありがとうございます。さすがに水戸へはすぐには行けないのが残念です。
Re: 数珠つなぎです
つねまるさん、いつも読んで頂きありがとうございます。

廃仏毀釈に興味を覚えてから、それ以前のお寺がどのようなものであったかということに関心が強いのは、私自身がお寺に生まれ育ったからなのだと思います。それ以前の神社や神道がどのようなものであったかという観点から考察することも大切ですね。

恥ずかしながら猪熊兼古のことは良く知らないのですが、私もその方面も勉強しなければなりませんね。
はじめまして!
はじめまして。
検索より失礼します。
神道のことは知っていたのですが、廃仏毀釈の先駆けだとは知りませんでした。
ありがとうございます。
質問なのですが、水戸藩の神道を信仰した人=天狗党というふうにはなりますか??
斉昭が奨励したのなら天狗党の人がほとんどなのではないのかと疑問に思いました。
お手数ですがご回答のほどよろしくお願い致します。
Re: はじめまして!
とうふさん、コメントありがとうございます。

天狗党の乱に合流した人数は最大で1400名程度と言われているろようですが、水戸藩で神道を信仰した者が全員天狗党かというと、それは言い過ぎだと思います。思想的には近いものがあったかしれませんが、いつの時代も過激な行動をとるメンバーは決して多くはありません。
ありがとうございます!
天狗党に所属している人はもっと多いのかと思ってました!
そうなんですね。
私の周りにはわりと神道の人がいるので、新しいことを知れて良かったです。
ありがとうございます!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル