HOME   »  明治時代   »  戊辰戦争  »  戊辰戦争で焼き討ちされる危機にあった日光東照宮~~日光東照宮の危機1

戊辰戦争で焼き討ちされる危機にあった日光東照宮~~日光東照宮の危機1

以前日光東照宮に旅行したときには全く気が付かなかったのだが、日光東照宮の参道に繋がる神橋(しんきょう)の入口に、刀を差して日光山を見つめる板垣退助の銅像があるという。しかし、なぜ徳川家の聖地である日光に、徳川幕府を倒した側の板垣の像があるのかと気になった。


板垣退助像

慶応3年(1867)10月14日の大政奉還ののち、12月9日に王政復古の大号令が発せられ、若い明治天皇のもとに公家・雄藩大名・藩士からなる新政府が発足した。新政府は同日の小御所会議で激論の末、徳川慶喜を新政府に加えず、さらに慶喜に内大臣の官職と領地の返上を命じている。当然旧幕府側はこの措置に強い不満を抱いた。

鳥羽伏見の戦い

そして翌年の1月に、薩長を中心とする新政府軍と、旧幕臣や会津・桑名藩兵を中心とする旧幕府軍との間で、京都の近くで武力衝突が起こり、新政府軍はこれに勝利した。世に言う「鳥羽伏見の戦い」で、「戊辰戦争」はこの戦いよりはじまる。

新政府軍は徳川慶喜を朝敵として江戸へ軍を進め、新政府軍の西郷隆盛と旧幕府軍の勝海舟との交渉により、江戸は戦火を交えることなく新政府軍に占領された。

しかし一部の旧幕臣や会津藩はなおも抵抗して各地で新政府軍と戦ったのだが、彼らの中には徳川政権の聖地日光廟で決戦を行なおうとするメンバーがいた。
慶応4年(1868)4月12日に下総市川の国府台を出発し北上を開始した旧幕府側の歩兵隊約2千名は、日光に向かう途中の宇都宮で新政府軍と激突した。

390px-Utsunomiya-jo_fujimi-yagura.jpg

Wikipdiaの「宇都宮城の戦い」によると、「この歩兵隊は、当時最新鋭の火器を具しフランス式歩兵兵術で訓練された精鋭伝習隊を中心とし、これに歩兵第七連隊や桑名藩隊、回天隊、新選組等が参加、軍総監と軍参謀をそれぞれ大鳥圭介と土方歳三が務めていたとされる。旧幕府軍は下総国松戸小金宿で大鳥率いる本隊と土方率いる別動隊の二手に分かれ、宇都宮城を東西から挟撃するため、それぞれ下野国壬生・鹿沼および真岡へと向かった。」とある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

宇都宮城

この「宇都宮城の戦い」における旧幕府軍残党勢力と、東山道総督府軍を中心とする新政府軍との戦いは、当初は旧幕府軍が優勢であったが最終的には新政府軍が勝利し、その結果、宇都宮城二ノ丸御殿や三ノ丸の藩士邸宅、宇都宮二荒山神社をはじめ、城下の建造物の多くが焼失したそうだ。

新政府軍の猛攻を受けて、これ以上の宇都宮城の維持は難しいと判断した大鳥圭介は、指揮下の軍勢に宇都宮城から脱出して日光への退避を指示し、このあとは戦いの舞台は日光に移り、旧幕府軍は徳川家の聖地である日光廟を背景に日光山に陣を張ったという。

この時に、旧幕府軍の大鳥圭介らと対峙したのが、新政府軍の板垣退助であった。

板垣退助

板垣は鳥羽伏見開戦の直後に土佐藩迅衝隊の大隊司令に任命され、江戸に向かって新政府軍に加わり、東山道先鋒総督府参謀として関東地方を中心にゲリラ戦を展開している旧幕府の大鳥圭介率いる旧幕府伝習隊の討伐を命じられていたという

『我が愛すべき幕末』というサイトに『板垣退助と日光東照宮』という記事がある。
関連する部分を引用させていただく。

「板垣は土佐藩兵を率いて江戸を出発すると、壬生(現在の栃木県下都賀郡壬生町)において、大鳥らが日光東照宮のある日光山を本拠として立てこもっているとの情報を得ました。日光東照宮と言えば、江戸幕府を樹立した徳川家康の祖廟を祀り、文化財的にも非常に貴重な建築物です。板垣はそのような貴重な建物がこれから戦火によって焼失してしまうことを憂い、鹿沼という場所において、日光の末寺を探させ、そこの僧侶を呼び出して次のように言いました。

『日光にはただいま危機が迫っている。敵が日光に立てこもる限り、我々はこれを攻めなければならないが、そうなれば焼討ちにもかけねばなるまい。東照宮を尊敬するのならばいさぎよく撃って出て、今市(現在の栃木県今市市)で勝敗を決すべきではないか。あくまで日光に拠って戦うというのは東照宮(家康公)への不敬にあたるし、建築も兵火からまぬがれない。おぬし、この理を説いて徳川の将を説得せよ』

 板垣は大鳥ら旧幕府軍を日光から下山させ、貴重な建築物である東照宮を焼失から防ごうと考えたのです。
 この板垣の言葉に動かされた日光の末寺の僧侶は、日光の本山へと向かい、そして大鳥ら旧幕府軍の将兵達は板垣の発した言葉に動かされ、最終的に日光山を下山することを承諾しました。
 旧幕府軍が去り、後に日光東照宮に入った板垣は、兵士達に乱暴狼藉を働くことを厳しく禁止し、自らは旧来の作法にのっとって、神廟に拝礼の儀式を行ないました。その板垣のとった立派な態度は、東照宮の僧侶達を感激させたと伝えられています。」
http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/bakumatsu13.htm

板垣を「日光の恩人」であると説明する文章はだいたいこのように書かれているのだが、旧幕府軍の大鳥らが下山したのは板垣の説得によるものと解釈することは正しいのだろうか。

大鳥らが宇都宮から日光への逃避行をしている間に、旧幕府軍には士官・兵士の脱走が相次ぎ、脱走の際に大量の軍資金が持ち逃げされていたようだ。さらに小銃の弾薬が不足していたし、その補給の目途も立たなかった。その上、勇猛な桑名藩兵が4月25日に藩の事情により離脱していたことも大きかったと思われる。

戊辰戦争について詳しく調べておられる『上杉家の戊辰戦争』というホームページで「野州戦争* 第三章:板垣退助と大鳥圭介、今市の地で激突」を読むと、このあたりの事情がかなり詳しく記されている。(*野州=下野国[現在の栃木県]のこと)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~soutokufu/boshinwar/utunomiya/imaichi.htm

新政府軍にすれば、堅固な石垣に囲まれた日光山に篭る大鳥軍を撃破するためには、土佐藩兵から多くの犠牲者が出ることが避けられない。
また旧幕府軍からすれば、日光山は堅固な要害ではあったにせよ、補給の当てがない状態で新政府軍と戦っても勝てる見込みはなく、日光山で玉砕することが避けられない状況にあったようだ。

『會東照大権現』というホームページの『野州戦史料』には、戊辰戦争の野州戦争に関わった人々が書き記した記録の原文が多数紹介されている。
http://www.geocities.jp/aogiri40/siryou.html

4月26日の『日光山東照宮記』によると

廿六日の早天に、別当僧大楽院、卒爾に東照宮神体、並在世の宝器類を荷て山中に入り、栗山村に退き、兵威を避けんと擬して、一社当直の人共に荷を持たしめ奔出つ。」
とあるように、日光東照宮では最悪の事態を考慮して御神体や宝物類を運び出し、3日かけて会津若松城の三の丸南方の東照社に安置したことが記されている。それほど戊辰戦争の戦渦に巻き込まれる可能性が高かったのである。

大鳥圭介

また同じホームページで、旧幕府軍の大鳥圭介が記した『南柯紀行』の4月29日の記録を読むと、大鳥軍のこの日の軍議が二つに割れたことが記されている。

「兵隊中議論二種あり、甲は今此に弾薬兵粮の儲(たくわえ)もなく、持久せば不日困迫に至るゆえ一旦会津境内に入り一体の規律を調え薬粮を備え而して後再び帰り来るを良とすと、乙曰く今眼前に敵兵の来るを見て一戦も為さず会領に入るは武人の恥ずるところなり、薬弾は乏しと雖も血戦して神廟の前に死せば是れ元より願う所の墳墓の地なれば遺憾なしと云。両説共に理あり。乍去乙は真に愉快の見識なれども衆人の行いがたきところにしえ、歩兵共にて殊更土崩瓦解を免れず、故に予は甲説の方穏やかにして全隊を取締るにも最も良しと思えり、因て本日早朝各隊の士官を集会し各別に異見も之れなき故に、今より先ず傷者を運出する手筈を為し今晩にも爰許出発可然と各隊へ令を伝えり。」
http://www.geocities.jp/aogiri40/0429.html

谷干城

かくして、大鳥軍は抗戦を続けるために、29日の夜半から会津藩を目指して脱出を開始しのだが、新政府軍の谷干城(土佐藩)が記した『東征私記』を読むと、その29日の記録はこうなっている。

明日日光を進撃に決議せり。余四五輩を師い物見として関門より五六丁進行の所、赤衣の僧両人従僕五六人を連れ扇を振い来る。蓋し発砲を恐れてなり。余の前に来り恭しく礼して隊長に面談を乞う。余云、我れは土州の軍目付なり、何にても我れ承るべしと云。僧云、然れば暫く此の方へ御出て被下度とて、傍らの明き屋に入り、密(ひそか)に余に語りて云、拙僧は日光の櫻本院、安居院の両人なり。何分暫時の所御進軍御差止め被下度、山内にて戦争に及び候ては険難の地故御怪我も少かるまじ、且神廟寺院も如何相成るやも不計万々心痛に付、是非共暫く御止り被下度と達々相頼み申すにつき、余応じて云、我輩朝命を奉じ賊徒討伐の為来れり、貴僧如何計り懇願すとも、賊の籠りたるを知りながら私に軍を止むることは出来ず、人を損ずるは戦地の習い固より顧る暇なし、併し神廟に放火するは全く不忍所なり、…貴僧彼輩を督責して云べし、進で官軍に当る歟(か)又は軍門に降参する歟、速に索を可決、居ながら官軍を引受て神廟を汚すに至るべからずと。」

このように、新政府軍が翌日に日光を攻撃することは軍議で決定していたのである。
二人の僧侶が現われて、「日光への進軍を思いとどまって欲しい」と懇願してきたが、谷干城は「賊軍が立て籠もっていることを知りながら進軍を止めることはできない」と答えた上で、「日光に残って官軍と戦って神廟を汚すな」と言ったのである。新政府軍は進軍を止めると答えたわけではないのだ。

大鳥軍が日光山を退去したことを知らされないまま、閏4月1日に新政府軍は旧幕府軍との交戦を想定して進軍をはじめたのだが、日光山に到着してみると、予想に反して日光山はもぬけの殻だったというのが真相である。

日光東照宮

かくして、日光東照宮や二荒山神社や輪王寺などの寺社はギリギリのところで戦火から免れたのだが、このような事情を知ると、板垣が旧幕府軍を説得して日光の社寺を兵火から守ったという通説が正しいとは、誰も思えないだろう。新政府軍は旧幕府軍の日光退去を条件に戦闘をやめたわけではなく、軍議通りに日光に進軍したところ、相手が退去したあとだったので戦争にならなかっただけのことなのだ。

板垣退助率いる新政府軍が旧幕府軍に圧力をかけたことが、結果として旧幕府軍を神域から退去させ、日光を戦いに巻き込まれることから防いだ、とでも書くべきところなのだろう。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ






【ご参考】このブログでこんな記事を書いています。良かったら覗いてみてください。

正式な手続きなしで「東京遷都」が強行された背景を考える
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-173.html

東京遷都のあとの京都の衰退にどうやって歯止めをかけたか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-174.html


Comment
板垣退助
板垣退助といえば、昔の百円札を思いだします。マンガ「おーい、竜馬」にあった板垣の描かれ方から、イメージはあまり良くありません。確か竜馬をイジメていたような…。
彼の功績でないのに銅像など作って、誰がイメージアップを図ったのでしょうね?
新しいブログは新鮮
新しいブログ・・なかなかいいですね。
また訪問して勉強させていただきます。
よろしく・・。
Re: 新しいブログは新鮮
前のブログから移転して1年7か月経ちましたが、ありがたいことに、いまだに毎日多くのアクセスを頂いています。
読んでいただいた方が紹介してくださったり、リンクして頂いたおかげだと感謝しています。

歴史のブログは、一生懸命調べて書き続けていれば、古い記事も多くの方から読んで頂けるのでやりがいがあります。
当面この方針で続けていくつもりです。

また時々覗いてみてください。
Trackback
日本史関係のブログで指折りの有名ブログである「しばやんの日々」さんを久しぶりに訪問したら、日光がらみの記事を書かれていた(だいぶ前だけど)。 そこで、私にとって新発見! 戊辰戦争で焼き討ちされる危機にあった日光東照宮~~日光東照宮の危機1 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-350.html 戊辰戦争の時、薩長軍というか新政府軍...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了することが決定しています。BLOGariの旧メインブログの「しばやんの日々」はその日以降はアクセスができなくなりますことをご承知おき下さい。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル