HOME   »  江戸時代  »  松尾芭蕉と河合曾良の『奥の細道』の旅の謎を追う

松尾芭蕉と河合曾良の『奥の細道』の旅の謎を追う

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ馬の口をとらえて老をむかふる物は、日々旅にして、旅を栖(すみか)とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲(へんうん)の風にさそはれて、漂泊の思いやまず、海浜(かいひん)にさすらへ、去年(こぞ)の秋江上(こうしょう)の破屋(はおく)に蜘蛛の巣をはらひて、やゝ年も暮れ、春立てる霞の空に、白川の関こえんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神(どうそじん)のまねきにあひて取もの手につかず、もゝ引きの破(やぶれ)をつゞり、笠の緒付(つけ)かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先(まづ)心にかゝりて、住(すめ)る方は人に譲り、…」

有名な『奥の細道』の冒頭の部分だが、古文の教科書にも出ていたので何度も口ずさんだ記憶がある。

gakan01.jpg

松尾芭蕉は元禄2年(1689)の3月27日、弟子の河合曾良とともに、『奥の細道』の旅に出たのだが、この二人が歩いた距離が半端ではなかった。
全行程約600里(2400km)を150日で歩いたということになるのだそうだが、当然のことながら当時の旅は基本的に自分で歩くしかなかったし、何度も山を越えなければいけなかった。雨が降れば道路はぬかるんだと思うのだが、そのような道を、草鞋をいくつも履き潰しながらこれだけの距離を歩いたことはすごいことなのである。

aamap999.gif

次のURLに『奥の細道』の全行程と日付が出ているが、3月27日に江戸深川を出発した芭蕉がわずか3日後の4月1日に日光東照宮を参拝している。車で走れば150kmにもなる距離を、1日平均50km近く歩いたことを意味している。
http://www.asahi-net.or.jp/~ee4y-nsn/oku/aamap999.htm

当時、江戸日本橋から京都までの東海道五十三次(約492km)を、旅人は徒歩で2週間前後かけていたようだが、14日で計算すれば歩行距離は1日平均して35kmである。当時芭蕉が4 6歳であったことを考慮すれば、芭蕉が相当な健脚であったと言わざるを得ない。観光が主たる目的である旅行であるのに、なぜこんなに急いで歩く必要があるのか誰しも疑問に思うところだ。

そこで、こんな見方が存在する。Wikipediaは、芭蕉の1日の移動距離の大きさに触れた後、こう述べている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%B0%BE%E8%8A%AD%E8%95%89

「…これに18歳の時に服部半蔵の従兄弟にあたる保田采女(藤堂采女)の一族である藤堂新七郎の息子に仕えたということが合わさって『芭蕉忍者』が生まれた。
また、この日程も非常に異様である。黒羽で13泊、須賀川では7泊して仙台藩に入ったが、出発の際に『松島の月まづ心にかかりて』と絶賛した松島では1句も詠まずに1泊して通過している。この異様な行程は、仙台藩の内部を調べる機会をうかがっているためだとされる。『曾良旅日記』には、仙台藩の軍事要塞といわれる瑞巌寺、藩の商業港・石巻港を執拗に見物したことが記されている(曾良は幕府の任務を課せられ、そのカモフラージュとして芭蕉の旅に同行したともいわれている。」

auto-fdeh38.jpg

松尾芭蕉は寛永21年(1644)に伊賀国(現在の三重県伊賀市)で生まれたのだが、「伊賀」と言えば忍者の里として有名な場所である。
父・松尾与左衛門は阿拝郡柘植郷(現在の伊賀市柘植)の無足人(準武士待遇の農民)で、母・梅は百地(桃地)氏出身とも言われ、いずれも伊賀忍者の一族であったという説もあるようだ。

少し気になったので、伊賀忍者の歴史を調べてみた。
伊賀国では、藤林・百地・服部の上忍三家が地侍を支配下に、最終的に合議制を敷いて、外部からの侵略に対しては結束して戦った歴史がある
伊賀衆は天正6年(1578)に織田信雄が伊賀国を支配するために送り込んだ滝川雄利(たきがわかつとし)を追放し、その報復として攻め込んできた織田信雄(おだのぶかつ)の軍をも翌年に壊滅させたという。(第一次天正伊賀の乱)
しかし天正9年(1581)に織田信長が大軍を編成して攻め込んで来た際には伊賀衆は壊滅的な打撃を受け(第二次天正伊賀の乱)、百地丹波以下100名が紀州に落ち延びたと言われている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%AD%A3%E4%BC%8A%E8%B3%80%E3%81%AE%E4%B9%B1
その後天正10年(1582)に、信長の招きで徳川家康が少数の供回りで堺の見物中に本能寺の変が起き、この際に家康らを三河の岡崎まで安全に帰らせる(神君伊賀越え)ために、服部半蔵正成らの伊賀衆や甲賀衆が家康の警護に当たったことが評価され、その後服部半蔵は徳川家に重用され、伊賀衆や甲賀衆も徳川家に召し抱えられるようになって、諸大名の内情を探ったり、大奥の警護、屋敷の管理や江戸城下の治安警護などを行なったという。

再び芭蕉の話に戻そう。
明暦2年(1656)、芭蕉が13歳の時に父・与左衛門が死去し、兄の半左衛門が家督を継いだが、その生活は苦しかったと言われている。
また寛文2年(1662)、19歳の時に服部半蔵の従兄弟にあたる保田采女(藤堂采女)の一族である藤堂新七郎の三男・良忠に仕えたそうだが、芭蕉はこの頃に良忠とともに俳句を学び、俳諧の道に入ったという。
ところが寛文6年(1666)23歳の時に、藤堂良忠が死亡し藤堂藩への仕官の道が途絶えてしまう。芭蕉は突如脱藩して京へ上り、その6年後には江戸へ住まいを移している。
次のURLに松尾芭蕉の年譜が詳しく記されているので、興味のある方は参考にしていただきたい。
http://www.bashouan.com/psBashou_nenpu.htm#t01

伊賀の国で生まれたことや、服部半蔵の親族に一時仕えたことや、異常に健脚であることが『芭蕉忍者説』の主要な論拠になっているようだが、他にもいくつかの論拠がある。

宗長

室町時代の連歌師・柴屋軒宗長(さいおくけん そうちょう)は、朝比奈家の掛川城について詳しい記述を残しているなど、連歌師として各地を渡り歩きながら、諜報活動をしていたことが窺われるのだそうだが、各地を旅する者に接近して、情報収集を依頼する者が出てきてもおかしくないという考え方がある。
条件が良ければ、芭蕉も応じることがあったのかも知れないが、これだけでは芭蕉が諜報活動をしていたと断じる論拠にはならないだろう。

また、2人の156日にもわたる旅費をどうやって捻出したのかと疑問を持つ人も少なくない。俳句による収入だけではとても生活できず、別の安定収入がなければこのような長期間にわたる旅行に出ることは考えにくいとの視点である。

俳句を作ったり指導することで、当時どの程度の収入になったのかはよく分からないのだが、芸術や文学の世界では、知名度の低い時期は多くの収入を得られないという構造は今も昔も変わらない。
いろいろ調べていると、寛文12年(1672)に江戸に下り(29歳)、日本橋にあった小沢卜尺の家に起居するようになってから、延宝8年(1680)深川の芭蕉庵に移る(37歳)までの間に、芭蕉が神田川の水道工事に携わった時期があったようだ。

『東京の川と橋  知命庵論考』というホームページの第三章に『6 芭蕉と神田上水』という文章がある。
http://hix05.com/rivers/river03/river036.html
知命庵氏によると、芭蕉の弟子の森川許六という人物が著した『風俗文選』という書物に、この様な記述があるという。
世に功を遺さんが為に、武小石川之水道を修め、四年にして成る、速やかに功を捨てて、深川芭蕉庵に入りて出家す

20120519135024d36.jpg

神田上水は家光の時代(1629)に作られて、樋が木製であったために何度も改修や修繕が加えられ、特に延宝5年(1677)から8年かけて行われた改修工事は大規模なものであったらしく、芭蕉がこの工事に4年間関わったことが、先ほど紹介した芭蕉の年譜にも記されている。
普通に考えれば、もし芭蕉が諜報活動に従事していたならば、この様な仕事に就く必要があるとは思えないのだ。

芭蕉が俳諧の宗匠となったのが延宝5年(1677)で、この頃になると連句興行や撰集を刊行するなどして、俳諧師としての収入も安定していたはずだ。
俳諧師として注目されるようになると、裕福な商人や豪農、上級武士などが門人となり後援者となって、俳句を作ったり指導することで結構な収入になったと思われる。
芭蕉の年譜を見ればわかるが、宗匠となった後は各地で句会などを興行し、精力的に句集などを刊行している。また短冊や色紙に何かを書けば、容易に資金が捻出できたであろうし、弟子の家や支持者の家に泊まった日が多いので、実際にはそれほど旅費はかかっていなかったと考えられる。

しかしながら、『奥の細道』の旅行に何らかの諜報目的があった可能性を匂わせる重要な史実がある。
芭蕉に同行した河合曾良という人物は、宝永7年(1710)に幕府の大目付直轄の巡見使・土屋数馬喬直の用人として雇われ、九州地方査察団に加わったという。「巡見使」というのは江戸幕府が諸国の大名・旗本を監視する目的で設置されたもので、情報収集が主な仕事であり、「悪政」と評価された大名は処罰される可能性があった。

河合曾良が巡見使になった年齢は61歳と高齢であったが、Wikipediaによれば「寛文8年頃より長島藩主松平康尚に仕え、天和元年(1681年)頃に致仕」とある。
29年間も公職に就いていなかった人物が、61歳の時にいきなり幕府に雇われたというのは異常なことであり、それまでに何らかの形で、幕府と繋がっていた人物だと考える方が自然ではないだろうか。当然情報収集に関する経験がなければ、その年齢で雇われるはずのない類の仕事なのである

kurobane.jpg

もし芭蕉と曾良に、『奥の細道』の旅をしながら情報を収集する目的があったとすれば、「黒羽で13泊、須賀川では7泊して仙台藩に入ったが、出発の際に『松島の月まづ心にかかりて』と絶賛した松島では1句も詠まずに1泊して通過している」という異様な行程が、少しは理解できるのではないだろうか。

ではその観点に立った場合に、二人はどのような情報を集めようとしていたことになるのか。
河合曾良は『曾良旅日記』という旅行記を残している。それと『奥の細道』とを読み比べると、80ヶ所以上の食い違いがあるのだそうだ。

例えば『奥の細道』には3月30日に日光に入り、翌4月1日に「御山に詣拝(けいはい)す。往昔、此御山を『二荒山』と書(かき)しを、空海大師開基の時『日光』と改(あらため)給う。」と書かれていて、日光東照宮に行ったことは明記されていないのだが、『曾良旅日記』には江戸浅草・清水寺からの紹介状を携えて、養源院という水戸家代々の宿坊に拝観の便宜をはかってもらって、東照宮を拝観したことが記されているようだ。

ところで芭蕉には以前から水戸家と接点があった。
芭蕉の俳句の師匠である北村季吟は水戸家の出入りを許された幕府お抱えの文人だったし、先ほど芭蕉が神田川の水道工事に携わった時期があったと記したが、この神田上水は水戸家の庭園である後楽園にも引き込まれていたのだそうだ。
今でこそ東照宮は誰でも拝観料を支払えば拝観できるが、当時は然るべき紹介がなければ拝観できなかった。芭蕉が東照宮を拝観できたのは、水戸家の便宜によるものだったのだ。

ところで、芭蕉が訪れた際の日光東照宮は天和3年(1683)の大地震により、奥社宝塔が倒壊するなど、社殿全体が被害を受けていて、大規模な修復を行なおうとしていたのだそうだ。そしてその修理費を、江戸幕府は伊達藩に命じていたという。おそらく、江戸幕府は東北の雄藩である伊達藩に巨額の負担を押し付けて藩の弱体化を狙ったのだろう。

4396313071 (1)

宮本健次氏の『日光東照宮 隠された真実』に、江戸幕府と伊達藩とのやり取りについてこう記されている。
『伊達家文書』によれば、芭蕉が日光を訪れる3か月前の1689年1月、伊達藩は、『全面的建て替えではなく、一部修理なら大変ありがたい』という書状を幕府に提出した。その2ヶ月後の3月、将軍綱吉から『日光の修復について申し出ることはまかりならぬ』という返書が届き、両者の間が極めて緊迫したことがうかがえる。芭蕉が日光へと旅立つまさに1ヶ月前であった。
 おそらく、芭蕉は、日光の修復の状況及び伊達藩のその後の動きを偵察する目的を持っていたため、日光と伊達藩領は急いで通過し、句を詠むことも少なかったと金子氏は指摘するのだ。」(『日光東照宮 隠された真実』p.92-93)

金子兜太

「金子氏」というのは、『芭蕉=隠密説』を持論とする俳人の金子兜太(とうた)氏のことである。日光では芭蕉は「あらとうと青葉若葉の日の光」という、日光で詠んだとは思えないような句を残して1泊しただけだ。伊達藩領でも仙台や塩釜や松島や石巻では1句も残さずに通り過ぎている。

面白いことに、芭蕉が伊達藩を訪れたすぐ後に江戸幕府が動いたのだが、これは果たして偶然だったのか。宮本氏は続けてこう述べている。
芭蕉が伊達藩領を訪れたのは5月。その1か月後の6月11日、幕府ははじめて日光の具体的内容を発表した。この時点ではじめて、今回の工事が『一部修理』であることが明らかにされた。伊達藩の希望が受け入れられたのである
 金子氏は芭蕉が日光と領地における伊達藩の状況を幕府に知らせ、それが幕府の判断材料になったというのだ。」(同上書 p.93)

私は金子氏の説に結構説得力を感じるのだが、反応は人により様々であろう。
『俳聖』とまで呼ばれた松尾芭蕉の評価を貶めるつもりは毛頭ないのだが、いくら優秀な作家であっても、旅行を楽しまずしては良い作品が残せないだろうと思うのだ。
芭蕉が有名な観光地であった日光や松島でほとんど創作活動が出来なかったのは、このような事情があったのかもしれない。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ






【ご参考】
このブログでこんな記事を書いてきました。良かったら覗いてみてください。

伊達政宗の天下取りの野望と慶長遣欧使節~~その1
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-43.html

メキシコで歓迎されず、スペインでは諸侯並に格下げされた~~慶長遣欧使節2
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-44.html

教皇謁見を果たしスペインに戻ると、国外退去を命じられた~~慶長遣欧使節3
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-45.html

伊達政宗はいかにして幕府に対する謀反の疑いから逃れたのか~~慶長遣欧使節4
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-46.html

家康の死後の主導権争いと日光東照宮
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-349.html


Comment
昔の日本人は健脚だった
葛飾北斎は80歳を超えて長野県に旅をして絵を描いています。距離的にはかなりのものですが、当然のごとく歩いて旅をしています。

四国の遍路道も徒歩で行けば一日30数キロを歩くのは一般的です。42日で遍路道を回るのが一般的ですがそれを一日平気にに換算すると30-50キロです。遍路さんたちの日誌を読みましたが歩いているとだんだんと慣れて行くようです。
http://www.maenaem.com/henro/faq.htm

ですから35キロでそんなに驚くことはないと思います。

戦争中の日本兵が30-40キロの荷物を背負って何十キロも平気で歩いていました。バターンの死の行進では日本兵は荷物を持って歩き、捕虜たちは何も持っていなくて歩いたのにばたばたと倒れたそうです。

こんな話を聞くと昔の日本人は平均的に足腰が強かったのではないかと思います。
Re: 昔の日本人は健脚だった
KIさん、コメントありがとうございました。勉強になります。

山道の多い四国遍路でそんなに歩いていたとは驚きです。東海道53次は、物見遊山的なところがあるので、ゆっくり歩いたり、観光地で滞在しての日数であることも考慮しなければいけないところです。

『芭蕉=忍者説』では、芭蕉と曾良が異常に健脚であることを強調していることが多いですが、本物の忍者ならもっと歩いたのでしょうね。驚くほどの距離ではないことが分かりました。

中学の頃を
思い出しました。
暗記の宿題で、早く正確にできた順にポイントが
なんて感じでしたので必死になって暗記したのですが、
最初の一節ぐらいしか思い出せなくなってました。
Re: 中学の頃を
悪坊主河内山宗俊さん、コメントありがとうございます。
中学の頃だったか、高校の頃だったか教科書に出ていました。

学生時代は、歴史はただ丸暗記するだけでしたが、歳をとったせいか、いろんな疑問が湧いてきて、通説以外の諸説の根拠などをいろいろ調べるようになりました。これからも時々覗いてみてください。

悪坊主河内山宗俊さんのブログも覗かせていただきました。選挙制度については私も同意見です。小選挙区になってから、マスコミの世論誘導が随分露骨になってきましたし、重要案件の議論が尽くされなくなってきましたね。
芭蕉さん
芭蕉さんの奥の細道といえば、「さみだれを集めて早し最上川」という句が大好きです。

最上川ってどこに有るかさえよくわからないのですが、おそらく梅雨末期の豪雨で、水かさを増した川の濁流が目に浮かぶように思うのです。
Re: 芭蕉さん
私も好きな句ですが、最上川を見たことがないので、一度山形県にも行きたいところです。

小学校だったか中学校だったか忘れましたが、大半の生徒が「五月雨」とあるので春の5月だと思っていましたが、先生から、旧暦なので梅雨の終わりだという事を教えて頂いて納得したことを思い出しました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル