HOME   »  明治時代   »  士族の行く末  »  静岡に移住した旧幕臣たちの悲惨な暮らし

静岡に移住した旧幕臣たちの悲惨な暮らし

前回は、徳川家が駿府(静岡)に移封されることになり、徳川家とともに駿府に移住することを希望した誇り高き旧幕臣とその家族を乗せた米船は、奴隷を運搬するのと同様の方法で彼らを運んだことを書いた。劣悪な環境で二昼夜半帆船に揺られて清水港に着いたあとの彼等の生活はどんな具合であったのか興味を覚えて、引き続き塚原渋柿園の『五十年前』を読み進む。

たとえ無禄であっても徳川家をお供して駿府に移住(無禄移住)するという旧幕臣がかなりいたのだが、武士とはいえ収入がなくては生活が成り立たないことは言うまでもない。
塚原も無禄移住者の一人であったが、藩としても何も与えないわけにはいかなかったようで、わずかながら給料を支給していたようだ。塚原はこう記している。

清水湊

「私の給料というものは、1ヶ月に1人半扶持に1両2分という取前だ。(部屋住だから当主の半減)かねての約束だから、私はその金1両で自分を賄って、残余の1人半扶持と金2分をば親父に送った。その住む長屋のあばら素胴も、自炊も、酒が飲めぬのも仕方がないが、いかな駿州の田舎でも一両は実に食いかねた。據(よんどこ)ろなく、非番の折には、城内から一里半程の城の腰の海辺(今鉄道の通っている焼津の近傍)へ行って、青海苔を採って来て干して食う。あるいは藤枝の山手の太閤平、盃松などの谷に行っては蕨やぜんまいなどを摘んでは食う。…」とかなり苦労したようだ。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933646/32

「扶持(ふち)」というのは、主として下級武士に蔵米や現金のほかにあたえられた米で、「1人扶持」とは、武士1人1日の標準的生計費用を米5合と算定し、年にして1石8斗(5合×360日=1800合=1.8石)、俵に換算すると、1石=2.5俵なので、「1人扶持」は4.5俵(1.8石×2.5倍)、「一人半扶持」なら6.75俵(4.5俵×1.5倍)という計算になる。
現在価値にすると、1俵は約60kgで、米1kgを400円で計算すると「1人半扶持」は162千円程度(6.75俵×60倍×400円)、1ヶ月にすると13500円となる。
さらに塚原は1両2分の給金があったが、日本銀行金融研究所貨幣博物館の資料によると、「慶応3年(1867)頃で1両で米が15~30kg買えた」とある。
http://www.imes.boj.or.jp/cm/history/historyfaq/1ryou.pdf
従って1両の現在価値は、米1kgを400円で計算すると6千円~12千円となり、2分というのは1両の半分(3千円~6千円)を意味する。

まとめると、塚原が藩から受け取っていたのは、現在価値に直して月あたり22千円~31千円程度で、本人は6千円~12千円程度で1ヶ月を生活し、残りを両親に与えたということになる。
当然この程度の収入では、二十歳の塚原がまともな食事をすることは難しく、非番の時には海や山で食べるものを探すという生活であったことを記している。

では、塚原の両親はどんな生活であったのか。

六十余州名所図会 駿河 三保の松原

「…ある日父の許から手紙が来た。その手紙によると、右の禅叢寺から岡清水という所に引っ越した。その家は右に三保の松原を見て、左に富士、頗(すこぶ)る好い景色であるから、家は汚く狭いが是非一日来て見てくれろ、とのことである。私も久しく逢わぬから是非行きたい。そこで田中から宇津谷(うつのや)を超え、安部川を渉って、日の薄暮に漸く父の家へ尋ね当てた。
 まず一同に挨拶して、其の好景色という景色を見ると。成るほど好景色!…絵も及ぶまじき眺望(ながめ)ではあるが。また其の家の汚穢(むさく)るしさといったら、筆にもは及ばぬほどの汚さだ
 私の江戸の市ヶ谷の住居も、決して美麗の、立派のというではないが。とにかく400坪程の地面があって、座敷から隠居所まで大小の間数が十一間、小禄ながら幕府の下士の家として相当なものであったのが。どうだろう。今見るその家と言ったら、6畳に2畳、三尺の台所に1つ竈。四谷の鮫が橋か芝の新網あたりにある田楽長屋という気色(けしき)の、しかも古い古いぶち毀れかかった建地の、天井もなくて、その板葺(こけら)の屋根も半分腐朽(くさ)っている。…実際これが自分の住居かと思ってみると、はなはだ面白くも思われないので『お母さま、実にひどい家ですなあ!』と私が言うと、『いえお前、そんな事言っておくれで無いよ。これでもお前、お泊りさん(移住者の異名)にしちゃ好い分のだよ。あの禅叢寺にいっしょに居た○○さんの家は、町ではあるが裏屋でね、△△さんの引っ越した先は村松の百姓いえの破壊(ぼろ)けた馬屋を直したのさ。これでもここは一軒だてさ。物置の差掛けでもこしらえりゃ当分の凌ぎにはなりますよ。ナニお前、どうせ凌ぎさ。』―――得意ではもとよりあるまいけれども、むしろこの家に、自ら慰めて、住むという心になられた母人の心がいじらしい、と私は思って、黙っていた。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933646/35

塚原が東京にいた時には、敷地が400坪程度で、部屋の数が11間もあったのだが、静岡に移って住むことになった家は、天井もなく屋根も半分朽ちたような6畳に2畳と台所があるだけの小さな古家だった。しかし、こんなボロ家に住んだ塚原家は、徳川家家臣の移住者の中では良い方だったという。

「…母の口状ではないが、実際、乞食小屋でも一軒の家を我がものにして、親子夫婦、とやらかくやら凍餒(とうたい:凍えることと飢えること)の厄(やく)を免れていったのは、当時の移住者として上等の口だった。現にある人の如きは、真にその三餐(そん)の資(し)につきて、家内七人枕を並べて飢えて死に。死後その近隣に見出されて一村の大騒ぎとなったということも、そののちに聞いた。今日の人の目から見たならば、死ぬまでジッとして一家7人、頭を揃えて往生するなどは、人間として余りに意気地(いくじ)がなさ過ぎる。そこらににある芋大根を掘ってきてなり、命一つはどうにか?というでもあろうが。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933646/37

塚原渋柿園

塚原は、仲間の餓死事件に強いショックを受けたようである。

「とにかく旗本八万旗という、多数の、しかも世渡りにごく不慣れの人間が、一事に無禄の乞食となって他国にさまようというのだから、修羅や餓鬼の悪道に堕ちるのは当然の成り行きで(ある)。…私はこの餓死なる件について非常な教訓を受けている。何かと言えば、『不屈の精神も、食を得る手の働きが伴わねば、即ち経済的生活を得ねば、終にその貫徹を見ることができぬ』という、それである。想うにこれら凍餒の惨話を残した人々も、江戸を出る時、目的の半途で、こんな浅ましい最後の屍(しかばね)を人に見せようとは決して決して思わなんだに違いない。…惜しむべしその無能の手は、この目的や精神を貫き得るまでの年月を支うべく、生命保続の物質をその肉体に与えぬ。…」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/933646/38

苦しい生活を覚悟して家族とともに静岡に移住して来たからには、新しい時代をどう生きるかについての夢や希望があったはずなのだが、食べるものもまともに得られない状態ならば、生きるということすら難しい。
塚原は「無能の手」という言葉を用いているが、いくら生活が苦しくても、せめて海や山に行って少しでも栄養価のある食材を探すなり、工夫すればもう少し何とかなったはずだと、餓死した仲間のことを惜しんでいるのだと思う。

斗南藩

このようなひどい生活を強いられたのは旧幕臣ばかりではなかったようだ。
戊辰戦争で官軍に降伏した会津藩は23万石であったが、3万石に減封された上に、下北半島の斗南(となみ)に移封となり、2800戸、17300人余りが極寒の地に移住することとなった

海路で移住したメンバーは大きな問題はなかったようだが、陸路で移住を決意したメンバーは、宿泊に難色を示す旅籠が多い上に、駕籠の使用も認められず、移動中に飢えや寒さで絶命した人が少なくなかったそうだ。
その上、入植先での生活もかなり厳しいものであったという。Wikipediaによると3万石とはいっても、藩領の多くは火山灰地質の厳寒不毛の地であり、実際の税収である収納高(現石)は7,380石に過ぎなかったという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E6%B4%A5%E8%97%A9#.E6.96.97.E5.8D.97.E8.97.A9

『ぐるりんしもきた』には、「一人一日三合の扶持米は保証されていましたが、国産米に南京米を混ぜた粗悪なものでした。でんぷんを作ったり、海草の根を加工したり、松の木の白皮を食べたり農家の残飯を漁ったりしたと言いますから飢餓地獄そのものだったようです。冬に入ると餓死や凍死、栄養失調などで死者が続出しました。」と記されている。
http://www.shimokita-kanko.com/?p=2415

この様な史実を教科書に載せろとまでは言わないが、明治政府がこれら多くの人々の犠牲の上に成り立っていたことを知らなければ、明治という時代を公平な観点から評価できないと思うのだ。

いつの時代もどこの国でも、「勝者にとって都合の良い歴史」が編集されて公教育で広められ、「勝者にとって都合の悪い真実」が伏せられて、人々の記憶から消えていく。

よくよく考えると当然のことなのだが、勝者は「歴史」の叙述の中で、自らの支配の正当性をアピールすることによって、政権の長期安定をはかろうとするものなのだ。
だから勝者は、彼等にとって都合の良い「キレイごとの歴史」を拡散して国民を洗脳し、「勝者にとって都合の良い国民」を作ろうとする傾向にある。
そのために、幕末から明治にかけての歴史は、薩摩藩・長州藩を主役とし、その指導者は偉人として描かれて、それに抗した側は敵として描かれるか無視されることとなる。

歴史叙述においては、往々にして、道理に合わなくても勝てば正義になり、道理に合っていても負ければ正義でなくなってしまうものなのだが、明治維新からすでに147年が経ち、もう薩長両藩の影響を考えなくても良い時代であるにもかかわらず、未だに薩長中心史観で描かれた歴史が、公教育やマスコミで広められていることに疑問を感じざるを得ない。

このことは江戸幕末から明治時代の歴史記述に限ったことではなく、いつの時代においても同様のことが言えるのだが、どの時代を学ぶにせよ、勝者が編纂した歴史や記録に偏らず、もっとさまざまな視点から、それぞれの時代を考察する必要があるのだと思う。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





【ご参考】
1月の話題で、このブログでこんな記事を書いています。
良かったら、覗いてみてください。

1300年以上の古い歴史を持つ神峰山寺と本山寺を訪ねて
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-139.htm
神峰山寺は毎年1月9日の「初寅会」には修験者によって「大護摩供」と「火渡りの神事」などが行われています。
本山寺の毘沙門天立像は日本三大毘沙門天(鞍馬寺、朝護孫子寺、本山寺)のうちの一つで、国の重要文化財に指定されており、毎年1月3日、5月第2日曜日、11月第2日曜日の午後1時から3時に御開帳となります。

出石散策の後、紅葉の美しい国宝・太山寺へ
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-360.html
太山寺本堂を舞台に、1月7日に走り鬼と3匹の太郎鬼・次郎鬼・婆々鬼が松明(たいまつ)を持ち、太鼓の音に合わせて踊り悪霊を退治する行事(鬼追儺)が行われます。

若草山の山焼き
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-140.html
今年は1月24日(土)に行われます

『明暦の大火』の火元の謎を追う
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-119.html
明暦3年1月18日(1657年3月2日)から1月20日(3月4日)にかけて、猛烈な火が江戸を襲い、江戸市街の約6割が焼失し、焼死者が十万人余も出ました。


関連記事
Comment
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
年末年始のテレビの歴史番組などを見ていますと、やはり一面的で出自の不明確な話をもとに制作していると思われるものがいくつかありました。しばやんさんのお蔭で歴史を眺める姿勢を学んだ感じです。
Re: タイトルなし
ならばさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨年はならばさんのコメントで何度か励まされましたが、今回も早速うれしいコメントを頂き感謝です。

最近は、ほとんどテレビを観ずにもっぱら自室にこもっています。
テレビ番組や教養書的なものの大半は、つまるところ、一般の日本人を洗脳する道具ではないかと考えるようになりました。

ブログを書き始めてから、真実は当時の記録を当たらないと見えてこないものだということが少しずつわかってきました。今年も、封印された史実を少しでも見つけて、伝えていきたいと考えています。
また、時々覗いてみてください。



初めまして
塚原渋柿園の静岡移住についての話は、つい最近「幕末の武家」(青蛙房)という本で読みました(”明治元年”というタイトルの話者です。)柴田宵曲という人が速記した話だと思います。でもこのサイトには、この本に出ていない話も取り上げてあって、幕末の士族の困窮の様子がよくわかりますね。私は長州藩士の子孫で、明治ごろは割と苦労していない側なんですが、なぜか没落士族の話は胸に迫ります。岡本綺堂のファンだからでしょうか。

お気に入りに入れましたので、今後過去記事も含めて少しずつ読ませていただきます。
(ちなみにしばやんさんは私くらいの年の方でしょうか。団塊ですが)
あ、私はTVを持っていません。私もそう思っています。
Re: 初めまして
はじめまして。嬉しいコメントをいただき、とても励みになります。

塚原渋柿園という人物は、この記事を書く少し前に安東優一郎氏の著書を読んで知り、国会図書館のデジタルコレクションで塚原渋柿園の著書を探して、その当時の士族の没落に関する記述を見つけた次第です。

今は図書館に行かなくても、自宅のPCでいくらでも昔の本が読める便利な時代になりました。

私は「ポスト団塊世代」で、今は62歳です。もう少し会社勤めが続きそうです。
テレビは家族が観るので一応はありますが、観るのはサッカーとテニスのほかは毎週見ている番組が3つだけある程度です。ニュースや解説は、テレビの報道や解説はあまり信用していないので、もっぱらネットで情報を収集しています。

太田愛人著「明治キリスト教の流域」
始めまして、私は63歳で今は郷里の信州に住んでいます。
さて、太田愛人さんは南部藩出身の人で、銭形平次を書いた野村胡堂氏とも交友があり、皇后さまの相談相手であられた神谷美恵子さん(戦後文部大臣を務めた前田多門を父に持つ)とも親交がある方です。旧幕臣の静岡移住で減封されて苦しい生活を送った中からキリスト信仰に目覚めた幕臣がいることが、またそういう人たちからキリスト教が広められたことが、本著に書かれています。それでいろいろ調べていましたらこのサイトにも詳しく書かれていて感謝です。
Re: 太田愛人著「明治キリスト教の流域」
山崎さん、コメントありがとうございます。

私ももうすぐ63歳になります。ひょっとすると学年が同じかもしれませんね。

敗者の歴史は昔は読む機会がほとんどなかったのですが、今はネットでいろんなことが自宅で学べる時代になっています。
図書館が近くになくても、パソコン一つあれば厖大な関連書籍を見つけることが可能です。
一度『国立国会図書館デジタルコレクション』で、人物名やキーワードなどを入れて検索してみてください。
http://dl.ndl.go.jp/

昔は本の出版の損益分岐点が低かったので、いろんな視点から書かれた書物を多数見つけることができます。この記事
も「塚原渋柿園」で検索して見つけました。

ありがとうございます。
有名な札幌農学校のクラークよりも、勝海舟の要請で、福井藩主松平春嶽のもとで英学を教えていたグリフィスの友人、エドワードワーレンクラーク氏が静岡県の賤機舎に招かれたどうです。私たちの時代には敗戦の影響下でアメリカのご機嫌を取る教育で、戦後の教育基本法に、
日本人としての自覚とか、民族的自主性とかいうような欠くべからざる一つの大切な観点が欠如しており、恰も無国籍のコルモポリタンの養成を志す如き印象を与える危惧が新渡戸稲造全集第1巻の月報の中に日高第四郎氏が書かれています。
しばやんさん
京都のお寺にお生まれとのこと。そしたら山田無文禅師をご存知ですね私も、山田無文氏の書かれた本を何回も読みました。氏はミッテラン大統領ともあっていらっしゃいます。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
御儒学者の回心 中村正直
今読んでいる本から、投稿させてもらいます。
スマイルスの『自助論』を翻訳した中村は『西国立志編』を著し明治4年に完成する。彼の52歳に書いた「自叙千字文」によると、ヴィクトリア朝時代の英国の富に驚く一方、障碍者、弱者への配慮が社会的に確立されていることに深く感銘を受けたことが記されている。『西国立志論』こそ、時代の敗者として困窮していた幕臣や旗本の精神的糧として読まれ、ひいては新興日本の志ある者たちによって好んで読まれた。この明治4年は彼を有名にしたもう一つの文章「擬泰西人上書」を匿名で発表し、天皇も洗礼受けてキリスト教徒になることを進めている。
Re: しばやんさん
山崎さん、コメントありがとうございます。

京都のお寺に生まれ育ちましたがあまり仏教の勉強はせず、山田無文氏の著書は未読です。会社勤めをしながらこんなブログを書いていますので、歴史以外の本を読む時間をとることは難しそうです。
日本の歴史
NHK教育日曜部の朝5時から放映の「心の時代」で以前放映された中に、西洋に詳しい日本の学者が、歴史を誤っている点を指摘していました。例えば楠木正成は正しい人なのに愚鈍な後醍醐天皇が過ちを犯した点を指摘し、『群書類聚』を見てみなさいと、娘の名前は忘れましたが、その番組の主人公にさとしていました。また、軍部は世界を分からないから危険なことも指摘していました。ほかにも、義人が(菅原道真など)葬った事など邪悪なことをしたものです。
敬天愛人の出所について
愛人は元の意味は日曜学校や夜学学校などミドルクラスによる労働階級の教育と向上のための運動であり、心身障碍者や孤児、寡婦、老人などの救済運動などを総じてこの時代の英国のミドルクラスを特徴づける『ビクトリア朝の慈善』であった。著者太田愛人氏が憤慨しているのは「愛人」の乱用、悪用,誤用である。情婦、妾、囲いなどの語を愛人に一括して当節のジャーナリズムの不見識にどうしても一矢報いる必要を感じておられる。漢字を終生愛用した敬宇先生が、今日の取り違えた愛人使用を知ったら、慨歎するであろう。
そういえば、先ごろお亡くなりになった三笠宮殿下も新聞は世の中の傾向を知るために留めておられたのこと。
洋学者の家系 杉山孫六と土屋彦六
抜粋 静岡バンドの土屋は75歳で生を終える数年前に自ら死を予期し遺書を認め、葬儀の指揮をなし「過称せらるることを懼れ単に聖書と祈祷するに止めよ」といった通り、葬儀も極めて質素に営まれたらしい。最初の伝道者として一つの型を生涯い遺して入ることは資質の高さを示すものと言えよう。派手な葬儀や墓碑銘で自らを飾ろうとする習慣を拒否する態度は勝海舟が墓碑に「海舟」の二字のみ刻ませた見識の高さを連想させ、薩長閥の成り上がりの跋扈する世相に対する、旧幕臣のプロテストとしての生涯と死であったともみなすことができる。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル