HOME   »  明治時代   »  士族の行く末  »  徳川家旧幕臣らが士族身分を捨てて開拓した牧之原台地

徳川家旧幕臣らが士族身分を捨てて開拓した牧之原台地

前回まで、徳川の旧幕臣達が明治維新によって悲惨な生活を強いられていたことを書いてきた。確かに転業に失敗し没落した者が多かったのだが、彼らを救うには彼らが生活できる程度の収入の得られる仕事がなければならなかった。そこで、手付かずの原野の開拓に第二の人生を賭けようとした人物が士族の中から現われた。

海舟座談

岩波文庫の『海舟座談』に、旧幕臣達が士族の身分を捨てて茶畑の開墾を始めた経緯について述べているところがある。

明治2年(1869)、戊辰戦争が終結した頃に勝海舟は二人の旧幕臣の訪問を受けている。
この2人の人物は中條(ちゅうじょう)金之助(景昭)と大草多起次郎(高重)といい、大政奉還後は徳川慶喜を警護する精鋭隊の中心メンバーであり、江戸開城の際には仲間と共に江戸城内で自決するつもりであったが勝海舟の説得で思いとどまり、駿府(静岡)に移住して徳川家康を祀る久能山八幡宮を守護する任務(新番組:精鋭隊を改称)に就いていた経緯にある。
しかし、明治新政府軍が駿府を攻めに来るわけでもなく、暇で仕方がないので、今後の身の振り方を勝に相談しに来た場面である。

牧の原地図

「…また二人(中條・大草)がやってきて言うには、こう二年も待って居ましても、何事もありませず、その上ただ座食していては、恐れ入りますし、皆ナが無事で、ケンカばかりして困りますが、金谷*という所は、まるで放ってありますから、あれを開墾したいと申しますが、どうでしょうかと言うから、それは感心な事だッテ、たいそう賞めてやってネ、その代り食い扶持はやはり送りますと言って、それから仕送りを続けた。」(岩波文庫『海舟座談』p.127-128)
金谷:静岡県島田市金谷。牧之原公園やお茶の郷博物館がある

Iesato_Tokugawa.jpg

明治2年7月に静岡藩知事徳川家達の命が出て、牧之原台地の開墾のために中條・大草らが転住したそうだが、当時徳川家16代の徳川家達はわずか6歳であり、そのような判断が下せる年齢ではなかった。命を下したのは藩の幹事役であった勝海舟や山岡鐡舟あたりが絡んでいたと思われるが、彼らに食い扶持を送り続けるためには、藩が新番組のメンバーに命令を出す必要があったのだろう。
かくして旧幕臣の200余名が士族という身分を捨てて、牧之原台地の開墾のために動きだしたのである。

昭和二年に静岡市市史編纂課が著した『静岡市史編纂資料. 第6卷』にはこう記されている。

「…当時牧の原は耕種する者なく、茫漠たる棄地であったから、今この地を開拓せんとするは、上は富国の義を賛し、下は力食の実を挙げんとするのにあったのだ。ここにおいて新番組二百有余名は、中條景昭、大草高重、其の他18名を幹事として、金谷以南の原野を受け、二百二十五戸の同志ここに移住して、賜地大縄反別一千四百二十五町歩の開墾を初め、茶種を撒き付けた。…翌(明治)三年沼津に移住せし士族(元彰義隊大谷龍五郎外80匹戸)がこれに加わって移住し、合計三百余戸となり、爾来専ら開墾に従事して、同二年より四年に至るまで、徳川家より年々金1万七百円を下付されたという。…」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176974/162

しかしながら、明治4年(1871)の廃藩置県の結果、家禄奉還につき8万円が明治政府から下付されると同時に牧之原は浜松県の管轄となってしまった。徳川家や静岡藩との関係が断たれてしまって、以降の開墾費は下付されなくなってしまうのだが、各自応分の資力を出し合って開墾を進めていくことにより、明治4年(1871)頃の開墾地は200町歩であったのが、明治10年(1877)には500町歩に増加したという。
ちなみに「町歩」というのは1辺の長さが1町(60歩)の正方形の面積を指したが、1891年の度量衡法により300,000アールが3,025町歩と定められ、逆残すると1町歩は9,917㎡となり、1ha(10,000㎡)にかなり近い数字である。同様に100町歩はほぼ1㎢と考えて良い。

明治天皇

明治11年(1878)に明治天皇が、北陸・東海地方御巡幸のあと11月4日に静岡に立ち寄られ、中條と・大草両名を行在所にお召しになり、二人がリーダーとなって牧之原台地を開墾してきた労をねぎらっておられる。(原文は旧字旧かな)
「其の方ども、己巳(明治二年)以来拓地のことに尽力し、同志協力勉励。牧ノ原開墾の儀は、全く其の方ども率先の功少なからず奇特に思召され候。同志中へ金一千円下賜候事。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176974/163

『静岡市史編纂資料. 第6卷』の本文には、彼らがいかに苦労したかについて余り記していないのだが、文中に大草多起次郎が残した記録の原文が掲載されていて、これを読むと彼らの苦労を垣間見ることができる。
もともと何もない場所であったから、道路を作り水路も作り家も建てた。江戸幕府の直轄領の中でも開墾しにくい場所だからこそ長年放置されてきた場所を、建築や土木工事の経験のない旧幕臣達が、刀を鍬に持ち替えて開拓していったことはすごいことだと思う。

大草高重はこう記している。
「明治2年7月中、旧藩知事の命により、開墾方と称し、不肖高重も中條景昭とともに率先し、二百余名を遠州榛原郡牧ノ原へ転住するに際し、水利の便否をはかり、居宅の地を占め、自らこの家屋を造営し拓地に従事し、右開墾費用として藩庁より年金1万2千5百円を給与あり。同4年、廃藩浜松置県の際、右開墾方の称を廃し、該費用金等今後下付あい成らざる旨、同県庁より申し渡されたり。然りと雖も、将来の活治を企画するにより、各自応分の資力を尽くし…専ら茶樹を播布するも、その事業に疎く、加うるに該地は数百年不毛の原野にして、極めて瘠せ地なれば成木もまた晩し。漸く同6年に至り、尠(すこ)しく茶葉を摘採するを得る。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176974/165

私財まで投じて苦労して開拓してきたが4年たって、ようやく僅かの茶葉を摘み取ることができたとある。
しかしその頃には、それまで官有地であった土地が浜松県から各人に下付され彼等の私有地となっていて、そのためにメンバーの中には土地を売ったり、質に入れたりするものが出てきてメンバーの人数も大幅に減っていたようだ。そこで、中條らは再び勝海舟を訪ねている。『海舟座談』にはこう記されている。

「アチラ(中條ら)からまたそう言うてきた。こう御厄介になって開墾が出来ましたが、どう致しましたら宜しかろう、と言うから、それならば言うが、皆ンな三位さま[家達公]の御恩だから、地面は三位さまのもので、お前方はそれを作っているのだと、そう思いなさいと言うた。ダガ、その地面を売るものもあるしネ、質に置くものもあるしネ、今では百人位しか残っていないよ。それでは売ってはすまんと言うから、何に構わない、お前方が勉強したから出来たのだし、アンナ荒地がそれでも売れる程になったのは、お前方の尽力だからだと、そう言って遣ったのサ。ダガ、実に、済まないのサ。二重質に置くものもあるしネ。それはチャンと知っているが、黙っているのサ。何かの時に抑えるつもりだ。大隈(重信)なども、行って見て、感心して、よくあんなに開けたと言ったよ。それで陛下がお召しになって、御賞美になった。それで始末がつけてあるのだ。」(『海舟座談』p.128)

みんなで苦労して開拓したのに、随分多くのメンバーが土地を売るなりして牧之原を離れて行った。ようやく茶を収穫できるようになったのだが、中條らは残ったメンバーだけで収穫したものを売って収入を得ることについて、家達公や離れて行ったメンバーに対して「申し訳ない」という気持ちがあったということのようだ。
勝海舟は、お前たちの努力で開拓して土地が売れる程になったのだから、そんなことは気にしないで売ればよいとアドバイスした。明治天皇が静岡に立ち寄られたのも、おそらく勝が舞台裏で動いていたのだろう。

中條らは土地を開墾し茶葉を作る事に懸命であったが、茶葉をどこにどうやって売るかについてどこまで考えていたのかということが気になった。それまでのわが国の茶の需要は、その時点に存在していた各地の茶畑で充足していた中に新たに500haもの茶畑が出来たのだから、需給バランスが崩れて価格が暴落するリスクはなかったのかと考えたのだが、『静岡市史編纂資料. 第6卷』を読み進むと、明治3年頃は茶と絹の外国人の需要が高く、これらの生産を奨励したことが記されている。
「明治3年3月13日の『もしほ草』に『茶と絹糸を奨励せよ』と題して、
日本の茶ならびに絹糸は、外国人の好く品なれば、江戸近所の諸侯も、茶および桑を広野に植え付けて、盛んならんことを望む。しかる時は貧民もこれにつかわれて生活し国々も富栄にいたるべし。
明治4年静岡県…参事南部廣矛は藩政の後を承けて、茶園の開墾に留意し、開墾の助成をなし、あるいは茶実を下付して播種させ、また県庁に勧業係を置いて殖産興業を行なった。次いで頻年横浜の茶況好良となるにしたがって、県民はますます茶園を増殖するに至り、殊に安倍郡下いたるところに茶園を設けて、茶園に従事しない者はない位であった。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1176974/166

金谷 広重

実は、牧之原の茶畑は徳川の幕臣だけで開拓したものではなかった。
明治3年(1870)に大井川の渡渉制度・川越し制度が廃止され、大井川の両岸にいた約1300人の川越え人足も職を失い、その救済活動が興って、33人の川越え人足と家族が入植牧之原南部への入植が認められたとの記録もあるようだ。
その後、茶業不況などもあり、士族の一部は牧之原を去り、一方で農民たちは茶園面積を増やし経営規模を拡大していったという。
その後茶葉の品質向上が図られ「深蒸し茶」製法が考案されて、芳醇な香りをもつ「静岡牧之原茶」のブランドが発展していった。

makinoharadaityaenn2.jpg

東洋一と呼ばれる広大な牧之原台地の大茶園は、今では5000ヘクタールにもなり、全国の生産面積の4分の1近い広さなのだという。日本のお茶の4割以上は静岡県で作られているのだそうだが、この静岡の茶業の歴史に旧幕臣達が礎を築いた史実はもっと広く知られて良いのだと思う。

今井信郎

余談だが、明治11年に中條景昭らの勧めで静岡県榛原郡初倉村坂本(島田市)に入植し、牧之原台地の開墾に参加した旧幕臣がいた。この人物は幕末には京都見廻組のメンバーで、坂本龍馬が暗殺された現場にいた今井信郎である。
今井は「龍馬を斬った男」として有名な男だが、私はこの事件が京都見廻り組の単独犯行とは考えにくく、おそらく真犯人は別にいると考えている。この点については、ブログで4回に分けて書いたので繰り返さない。

中條景昭像

大井川や島田市街を見渡す高台に、牧之原台地の茶畑を開拓した中條景昭の像が建っているようだ。丁髷(ちょんまげ)姿で帯刀しているのに驚いてしまったが、彼は生涯頭の丁髷を切らなかったのだそうだ。
明治29年1月19日に、中條は生涯を捧げた牧之原の一番屋敷にて77歳で死去し、その葬儀には勝海舟が葬儀委員長を務めたという。仲間たちは中條の死を悲しんで三七21日の間、墓参を続けたと伝えられている。
中條の墓は初倉村(現島田市初倉)種月院にあり、その墓のすぐ後方に「龍馬を斬った男」今井信郎の墓碑があるという。種月院には牧之原開墾先駆者の記念碑もあり、中條と今井の略歴が刻まれているそうだが、一度は行ってみたい場所である。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





【ご参考】
もうすぐ阪神淡路大震災から20年になります。
地震に関していろんな記事を書いてきましたが、関東大震災のあとは地震対策や津波対策がほとんどなされていないばかりか、復興を優先したために多くの事実が隠蔽されてきています。

関東大震災の教訓は活かされているのか。火災旋風と津波被害など~~その1
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-23.html

関東大震災の教訓は活かされているのか。~~その2(山崩れ・津波)
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-24.html

このブログで、龍馬の暗殺事件について4回に分けて書きました。今井信郎についても考察しました。
良かったら覗いて見てください。

坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか①
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-26.html

坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか②
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-27.html

坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか③
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-28.html

坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか④
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-29.html




関連記事
Comment
お茶
こんばんは。今回の一連の記事、いつもにも増して興味深く拝見致しました。旧幕臣の控えめな考え方にも目から鱗です。自分たちだけが儲けて申し訳ない、とは。
お茶の時間に蘊蓄話ができますねー。とても面白かったです。
ここ数日、徳島の板東俘虜収容所を記事にしているのですが、しばやん様なら何か記事にされてるに違いないと思って検索。旧ブログの記事を拝見致しました。
本当に様々な事柄をご存じなのでいつも頼りにしております。
Re: お茶
つねまるさん、コメントありがとうございます。

戦前には結構活字になっている話が、戦後はスッポリ消えてしまっているのは残念ですね。
私も、こんなブログを始めたためにネタ探しの日々が続いています。幕臣の生活を書こうとしたのは、塚原渋柿園の著書を見つけてからでした。私自身が面白いと思ったので書きたくなりました。

板東俘虜収容所は映画で感動して、いつかは行こうと思いながら、延び延びになっています。つねまるさんに先を越されてしまいましたね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル