HOME   »  江戸時代   »  田沼時代  »  田沼意次を「賄賂政治家」と貶めたのは誰だったのか

田沼意次を「賄賂政治家」と貶めたのは誰だったのか

学生時代に田沼意次(たぬまおきつぐ)を学んだ時に、「賄賂政治」をしたなどと書かれていてあまり良いイメージを持っていなかったのだが、最近では田沼時代が評価されてきているようだ。

たとえば一般的な高校教科書である『もう一度読む 山川の日本史』を読むと、昔の教科書とは異なる書き方になっていることに気付く。

田沼意次

「…10代将軍家治は直接には政治を指導せず、この時代に権勢をふるったのは田沼意次であった。意次は600石の小身から身をおこして大名となり、側用人、ついで老中として20年間も幕政の中心にいたので、この時代を田沼時代とよんでいる。
意次は幕府の財政を救うため、大商人たちの経済力を利用してそれまでにない積極的な政策をとった。幕府直営の座を設けてと銅や鉄を専売にしたり、一般商工業者の株仲間を積極的に公認して運上・冥加金を徴収したり、俵物とよばれる海産物の増産につとめて中国に輸出するなど、幕府の収入の増大をはかった
しかし下総の印旛沼や手賀沼の干拓事業は、途中で大洪水にあって失敗し、武蔵・上野に反物や綿糸の検査料を徴収しようとしたことも、産地の農民が一揆をおこして抵抗したため廃止となった。
意次が新しい計画をたてると、その利権をえようとする業者が暗躍し、役人のあいだにも公然と賄賂がおこなわれて、政治はみだれ、新事業も健全な発展をみることができなかった。」(『もう一度読む 山川の日本史』p.186)

昔の教科書では、田沼時代に賄賂が横行したこと以外は印旛沼や手賀沼の干拓事業のことが少し書かれていた程度の印象しかないのだが、明和7年(1770)には幕府の備蓄金が171万7529両となって5代将軍綱吉以来の最高値となり、幕府の財政基盤の確立に成功したことは評価して良いだろう。

Tanuma Okitsugu

外国人による日本研究の先駆者で同志社大学で教鞭をとり、瑞宝章を受勲したジョン・ホイットニー・ホール氏は『Tanuma Okitsugu』において『意次は近代日本の先駆者』と評価しているという。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%B2%BC%E6%84%8F%E6%AC%A1

しかしながら、天明3年(1783)の浅間山噴火などを契機として大凶作となり、米価が高騰して各地で百姓一揆が起こる政情不安な時に、意次の実子である若年寄の田沼意知が江戸城内で暗殺され、それ以降田沼意次の力が衰えていく。

田沼意次の失脚についてWikipediaにはこう記されている。
天明6年(1786)8月25日、将軍家治が死去。…8月27日に老中を辞任させられ、雁間詰に降格。閏10月5日には家治時代の加増分の2万石を没収され、さらに大坂にある蔵屋敷の財産の没収と江戸屋敷の明け渡しも命じられた。
その後、意次は蟄居を命じられ、二度目の減封を受ける。相良城は打ち壊し、城内に備蓄されていた金穀は没収と徹底的に処罰された
。長男の意知は一昨年に暗殺されており、他の3人の子供は全て養子に出されていたため、孫の龍助が陸奥1万石に減転封のうえで辛うじて大名としての家督を継ぐことを許された。…
その2年後にあたる天明8年(1788)6月24日、江戸で死去。享年70。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%B2%BC%E6%84%8F%E6%AC%A1

田沼意次の末路は随分苛烈なものとなったのだが、田沼が失脚した後、天明7年(1787)に徳川家斉が第11代将軍に就任し、松平定信が老中首座となっている。その後定信が主導する反田沼派が井伊直幸、水野忠友、松平康福らの田沼派の老中や大老を一掃し、田沼派路線を否定して幕風紀粛清、重農主義に回帰する等の寛政の改革に乗り出したのだが、むしろ財政は悪化して田沼時代の資産を食いつぶす形になったという。

このあたりの激しい権力闘争を理解するために、田沼意次がどういう経緯で600石の小姓から老中にのし上がることが出来たかを振り返っておこう。

田沼意次は、第八代将軍徳川吉宗の小姓であった田沼意行(たぬまおきゆき)の長男として享保4年(1719)に生まれ、享保19年(1734)には、後に将軍となる徳川家重の小姓に抜擢されたのだが、その年の年末に父が死去し父の遺跡600石を継いでいる。

延享2年(1745)に家重が第九代将軍に就任し、それに伴って意次は本丸に仕えることとなり、寛延元年(1748)に1,400石を加増され、宝暦5年(1755)には更に3千石を加増され、さらに宝暦8年(1758) 1万石の大名に取り立てられている
宝暦11年(1761)、将軍家重が死去した後も、世子の第十代将軍徳川家治の信任は厚く、明和4年(1767)にはさらに側用人へと出世し5千石の加増を受け、さらに従四位下に進んで2万石の相良城主となり、明和6年(1769)には侍従にあがり老中格。安永元年(1772)には相良藩5万7千石の大名に取り立てられ、老中を兼任している。

なぜ意次がこのような破格の出世を遂げることが出来たかについては、家重、家治の2代にわたり将軍からの信頼が厚かったことがあるのだが、この2人がどのような経緯で将軍となり、またどのような人物であったのかを知ることがポイントになる。

徳川家重

江戸幕府の公式記録である『徳川実記』には、徳川家重について「御多病にて、御言葉さはやかならざりし故、近侍の臣といへども聞き取り奉る事難し」とあり、さらに「御みずからは御襖弱にわたらせ給ひしが、万機の事ども、よく大臣に委任せられ、御治世十六年の間、四海波静かに万民無為の化に俗しけるは、有徳院(吉宗)殿の御余慶といへども、しかしながらよく守成の業をなし給ふ」と書かれている。生来虚弱の上言語不明瞭であったらしいのだが、要するに徳川幕府ですら第九代将軍の家重が政治家としては無能であったことを認めているようなものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E9%87%8D

家重は八代将軍吉宗の長男であったのだが、次男の宗武は幼少より聡明で将軍後継者に推す声もあったようだが、結局吉宗は家重を自分の後継者としている

徳川吉宗

その理由については、吉宗が長幼の序を重んじたという説や、家重の嫡男・家治が聡明であったのでその将来に期待したなどという説もあれば、吉宗が将軍職を譲ってからも幕政に影響力を保持しようとしたという説もあり、家重は言語不明瞭ではあったが頭は良かったという説もある。いずれの説が正しいかは読者の皆さんの判断にお任せすることにして、吉宗の後継を誰にするかで、家重の兄弟間で揉め事があったことは押さえておくべきである。

徳川吉宗には長男が家重で、ほかに聡明な二男・宗武(むねたけ)や四男・宗尹(むねただ)がいて、この二人のいずれかを新将軍に推す動きがあったという。特に宗武は本人も将軍となることを欲していたようである。
しかし吉宗は、家重を将軍とすることを決めたことに不満を持っていた次男の宗武を3年間登城停止処分とし、次期将軍に宗武を推した老中・松平乗邑も突如罷免している

また徳川吉宗は、次男の宗武、四男の宗尹を養子に出さずに部屋住みのような形で江戸城内に留めて、田安徳川家(初代当主:宗武)、一橋徳川家(初代当主:宗尹)を創設し、後に家重の二男の重好も別家として取立てて清水徳川家が創設され(田安・一橋・清水の三家を御三卿と呼ぶ)、徳川将軍家に後嗣がない際に将軍の後継者を提供する役割を担わせている。
つまるところ吉宗は、自分の後継者決定に関わるトラブルを、それぞれの子孫から将来的に将軍が生まれる可能性があることを示すことで解決しようとしたと理解すればよいのだろうか。

徳川家治

では、第十代将軍の家治はどんな人物であったのか。
Wikipediaによると家治は幼少より聡明で、祖父である大御所の徳川吉宗の期待を一身に受けて育ち、吉宗は死ぬまで家治に帝王学等を直接指導したとある。
そして家治は、宝暦10年(1760)に父・家重の隠居により徳川宗家の家督を相続し、9月2日には正式に将軍宣下を受けて第10代将軍職を継承し、父の死後はその遺言に従って田沼意次を側用人に重用し、老中・松平武元の死亡の後は幕政を老中に任命した田沼に任せるようになり、自らは好きな将棋などの趣味に没頭することが多くなったという。

ところが、安永8年(1779)、家治の世子・徳川家基が18歳で急死したため、天明元年(1781)に一橋家当主・徳川治済の長男・豊千代を自分の養子にしている。
そして天明6年(1786)に家治が50歳で急死したため、15歳の豊千代が第11代将軍・徳川家斉となり、家治時代に権勢を振るった田沼意次を罷免し、代わって徳川御三家から推挙された陸奥白河藩主の松平定信を老中首座に任命した
のである。

松平定信

そしてこの松平定信が寛政の改革を行ない、田沼派の老中や大老が追い出したのだが、なぜ松平定信が激しく田沼派を追い出そうとしたかを考えると、血のつながりの問題に辿りつく。重要なポイントであるのだが、松平定信は、吉宗の後継を誰にするかで揉めた田安徳川家の初代当主である宗武の七男なのである。田安家にせよ一橋家にせよ、無能で何を言っているかもわからないような家重を支えた田沼らを、快く思っていない可能性は高かったはずだ。

田沼の悪評は田沼悪人説の根拠となる史料も田沼失脚後に政敵たちにより口述されたものなのである。もし世に言われるほどの賄賂を受け取っていたのなら、柳沢吉保の六義園のように、何か形になるものがあってもおかしくないのだが田沼には何もないのである。また、意次が失脚した際に巨万の財産が没収されたというような話もないのだという。
伊達藩主の伊達重村が昇進のために老中筆頭の松平武元と側衆の田沼意次と大奥老女高岳に金品を用意して面会を申し込んだ記録が『伊達家文書』に残されているのだそうだが、それによると松平武元と老女高岳は受け取り、田沼意次は「わざわざ御出にもおよばず」と断っているという。

江戸時代

日本近世史の権威であった故・大石慎三郎氏は「田沼意次に関する汚職談には歴史学の問題として信頼するに足るものは一つもないのみならず、その主要なもののなかには明らかに先学の過誤にもとづくものさえある有様である」と書いておられるのだ。(中公新書『江戸時代』p.207)

少し考えればわかる事だが、田沼意次を失脚させた側である松平定信らにとっては、田沼時代の政策を批判してその評価を下げることが、相対的に自らの評価を高めることにつながることになるのである。いくら公式記録に書かれていることであっても、政敵側が編集した文書を長きにわたり鵜呑みにしてきた日本史研究者の研究姿勢に問題はなかったか
**************************************************************
ブログパーツ
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





【ご参考】このブログでこんな記事を書いてきました。良かったら覗いてみてください。

『明暦の大火』の火元の謎を追う
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-119.html

シーボルトと日本の開国
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-30.html

シーボルトが、なぜわが国が西洋列強に呑まれないように奔走したのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-59.html

シーボルトはスパイであったのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-93.html

押収されたシーボルトの膨大なコレクションの大部分が返却されたのはなぜか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-124.html




関連記事
Comment
田沼親子は今後も再評価されていくだろうと思います^^

個人的は松平定信はあんまり好きじゃないです^^

拍手
Re: タイトルなし
時乃★栞 さん、ありがとうございます。

あまり現代史ばかり書いていると気が重くなったので、ちょっと話題を変えました。
いつの時代も、勝者は歴史を自分の都合の良いように書き替えるもののようですね。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル