HOME   »  南北朝~室町~安土桃山時代   »  秀吉の死~関ケ原前後  »  西軍の毛利氏と島津氏の家康に対する交渉力の違い

西軍の毛利氏と島津氏の家康に対する交渉力の違い

前回の記事で、石田三成、小西行長、安国寺恵瓊が処刑されたことを書いたが、大坂城には西軍の大将・毛利輝元が大軍とともにいた。もし輝元が家康と戦う意志があったなら、この城はそう簡単に抜ける城ではなかったはずだ。

西軍の主将であった毛利輝元は大坂城で家康をどう迎えたのだろうか。徳富蘇峰の『近世日本国民史. 第11 家康時代 上巻 関原役』にはこう記されている。

「肝腎の輝元は、大坂における主将とは言いつつも、ほとんど木偶人と一般であった。彼は本来家康とともに天下を争わんとする意気込みなく、ただ安国寺恵瓊に勧誘せられて、得々として大兵を率い、大坂に出掛けたのであった。而して彼は爾来、恵瓊の反対派とも言うべき、吉川(きっかわ)廣家、福原廣俊のために説破せられ、西軍の主将でありつつ、かえって局外中立の姿をなしていた。
されば家康は、一兵を損せず、一発の銃弾を放たず、手に唾して大坂城を収め得た。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223797/273

毛利輝元
毛利輝元

毛利輝元は全く戦わなかったのであるが、前掲書に大坂城に家康が入城するまでの動きが纏められている。

「家康は9月20日、西軍諸将の邸の伏見にあるを焼かしめた。22日福島正則、池田輝政、浅野幸長、藤堂高虎、有馬豊氏らをして、葛葉(くずは)に至らしめた。毛利輝元は、誓書を井伊直政、本多忠勝、及び福島正則、黒田長政に遣(おく)り、西の丸を退き、二心なきを表せんと請うた。家康は23日、正則、輝政、幸長、長政、高虎に、西の丸を収むべきを命じた。25日5人連署して、書を輝元に遣り、直政、忠勝の9月14日の誓書の虚偽なく、かつ家康の輝元における、毫も心に介するなきを告げた。ここに於いて輝元は西の丸を退き、木津の邸に移った。増田長盛もまた本領の郡山に屏居した。正則らは葛葉より大坂に至り、西の丸を収め、本丸に赴き、秀頼に謁した。26日家康大津を発し、淀に宿し、27日大坂城に入り、秀頼に謁し、自ら西の丸に居り、秀忠を二の丸に置いた。
かくの如く9月1日に江戸城を出発し、同27日に大坂城に入った。如何に平昔(へいせき)よりして、潜勢力を養うていたとはいえ、未だ1箇月を経ざるに、天下の局面を一変したのは、実に異常の出来事だ。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223797/274

江戸城から大坂城まで徒歩で移動するだけでも2週間以上はかかる距離なのだが、さらに天下分け目の関ヶ原の戦いがあり、さらにその掃討戦が続き、それらに勝利するために情報を収集し、諸将に的確な指示命令を出し、西軍の内応者にも多数の文書を出してそれが功を奏している。
関ヶ原の前哨戦から掃討戦に至る家康の采配は、非常に緻密であり無駄がない。
西軍の大将・毛利輝元相手に戦わずして大坂城を開城せしめたのも、どういう手順を踏めばうまくことが運ぶかが良く練られた上で行動していることが見て取れる。

戸田氏鉄
【戸田氏鉄】

徳川家康に仕えた戸田氏鉄(うじかね)が著した『戸田左門覚書』には、家康が大阪城に入った状況についてこう表現されている。
大坂に於いて西の丸に御座なされ候。その節天下の大名、内府*公へ出仕すること、あたかも太閤の如し。」
*内府:徳川家康のこと

しかしながらよくよく考えると、関ヶ原の戦いで東軍が勝利したとはいえ、表向きの天下人は豊臣秀頼であり徳川家康はその大老という立場である。もし西軍の主将・毛利輝元が、秀頼を擁して大坂城に居座り続けるという選択肢もあったと思うのだが輝元は無抵抗で大坂城を開城し、輝元が抜けたあとに家康が西の丸に入ったことで、大坂城に於いて家康は、太閤秀吉のような存在になったのである。

大坂城
【大坂城】

冒頭で、毛利輝元が家康に誓約書を出して西の丸を退いたことを書いたのだが、どういう経緯があって輝元は無抵抗で大阪城を退いたのだろうか。

輝元は、家康に毛利家の領地安堵の意向があることを保障する本多忠勝と井伊直政の誓紙を得たので、立花宗茂や毛利秀元の主戦論を押し切って、無条件で大坂城を出たのであるが、その後家康は、輝元の所領安堵の約束をいきなり反故にして、毛利氏を改易し、領地を総て没収とすると通告し、一方で毛利家の家臣で関ヶ原では東軍に内応していた吉川広家に対しては、毛利の領地の一部である周防・長門の2ヶ国を与えると沙汰したのである。

徳富蘇峰は同上書で、こう解説している。
「…平たく言えば、家康は立派に毛利を欺いた。かかる場合に欺いた家康が不徳であるか、欺かれた毛利が不明であるか。いずれにしても毛利は、家康から一杯食わされた。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223797/276

この話は、吉川広家が家康に対して自分自身に加増予定の周防・長門を毛利輝元に与えるよう嘆願し、家康がそれを受けいれて10月10日に決着したのだが、そのために毛利領は現在の山口県、広島県、島根県(120万石)から山口県(36万石)と一気に7割もカットされてしまったのである。

関ヶ原陣形と街道
【関ヶ原陣形図】

関ヶ原本戦では、毛利輝元は西軍の総大将でありながら大坂城に止まり、毛利秀元(輝元の養子)、安国寺恵瓊、吉川広家の3名が関ヶ原に向かって南宮山に陣を構えたのだが、東軍と密かに内通していた吉川広家が、秀元、恵瓊の出陣を阻害したために、毛利家は戦わずして関ヶ原を去ったのである。にもかかわらず徳川家康は、毛利家の所領を大幅に減封し、安国寺恵瓊を死罪としたのである。

Wikipediaに関ヶ原の戦後処理の詳細がまとめられているが、小早川秀秋らとともに西軍から東軍に寝返った赤座吉家(越前今庄)、小川祐忠(伊予今治)が改易されているのをみると、戦況を見てから東軍についたような者には結構厳しい処分を断行しているようだ。
また大坂城にいて何もしていなかった豊臣秀頼についても、豊臣氏の直轄地である蔵入地の多くが没収され、領地が222万石から65万石に減らされているのだが、豊臣秀頼は天下人であったにもかかわらず、大老の徳川家康によってかなりの領土を奪い取られたことを知るべきである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E3%83%B6%E5%8E%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84%E3%81%AE%E6%88%A6%E5%BE%8C%E5%87%A6%E7%90%86

毛利氏の徳川氏との交渉は、まるでどこかの国の外交のように性善説で臨んで円く収めようとしたのだが、結局のところ家康から好きなだけ毟り取られて終わってしまったのである。しかし、九州の島津氏は、家康に対してもっとまともな交渉をしているので紹介したい。

島津義弘関ヶ原
【島津義弘】

関ヶ原本戦の最後に東軍に包囲され、敵中突破を敢行して敗走した島津義弘は、伊賀路を経て9月18日に住吉に至り、22日に堺より乗船して29日に日向細島に到着し、10月2日に富隈にて兄・義久に関ヶ原の顛末を報告した後は、桜島で自ら謹慎したという。

当主である兄の島津義久は、関ヶ原に参加はしなかったが、西軍・小西行長の留守居よりの救援の要請を受けて肥後に兵を出し、また九州における関ヶ原掃討戦において西軍方を支援した経緯にあった。

徳川家康
【徳川家康】

家康は立花宗茂を降伏させたのち、九州の全大名に島津義久討伐を命じ肥後水俣に進軍させ、一方、島津義久は兵を総動員して北上させ、薩摩・肥後国境に軍を進めている。
ところが家康は、冬季を口実に、翌年まで軍事行動を中止させている。それはなぜなのか。

徳富蘇峰はこう解説している。
家康は島津氏の武力を認識していた。…今や島津氏は、自ら死地に陥りたるを悟り、薩隅の二州に、虎の嵎を負う如く、その必死必生の勢力を以て、その討伐軍を迎えんとす。是れ決して尋常一様の敵ではない。家康にして力取せんとするは決して容易の業ではない。強いて之を行なわんとせば、多大の犠牲を払わねばならぬ。家康が中止を命じたのは、洵(まこと)に知慮ある仕業と言わねばならぬ。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223797/296

島津義久
島津義久

家康は、島津義久の態度を見ながら懐柔しようとしたのだが、島津義久も駈引きでは負けていなかった。百姓に課役を与えて方々で築城を開始して、いざという時は全力で戦う姿勢を示したのである。家康は何度か義久に謝罪に来させようとしたのだが、義久は決して動かず、慶長6年(1601)年8月7日には一種の戒厳令とも言える15か条の『御先代軍法掟の事』を布令している。
最初の3か条を紹介すると、
「一 諸士何遍申付けの儀、相応の儀においては、難渋致すべからず。もし異儀及ぶものは、その沙汰すべきこと
一 武具油断なく調うべきこと
 一 出陣の時、二十五石取の衆は、自分で賄うべきこと…」
最初の条は、(生活に)難渋した場合はいつでも申し出でよと言うことを裏から述べたものと解釈されているようだ。金で敵方に内応するようなことが無いようにと配慮したのだろう。

このように島津義久が闘う意志を示し、「自分の国は命懸けで守る」という姿勢を貫いたことが、家康の態度をどう変化させたのか。徳富蘇峰は前掲書でこう解説している。

島津氏の家康に対する、我より進んで降参を求めず、却って家康をして、妥協を促がさしむるに至った。言わば、家康の秀吉に対する態度を、そのまま家康に向かって応用した。これは島津氏の深謀遠慮のためか。はた辺鄙の地にありて上国の形勢に通ぜず、徒に疑倶を懐きて、躊躇したるためか。それはいずれにしても、島津氏は、毛利氏の如く、容易に家康の命令通りに、唯命是従的には動かなかった。彼は徳川氏に向かって叩頭した。しかもその叩頭振りは、島津氏の自発的にして、決して徳川氏の注文通りには参らなかった。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1223797/301

島津忠恒
【島津忠恒】

島津義久は、家康からの直接の本領安堵の確約がない限りは上洛に応じられないとして粘り続けたことから、とうとう家康が折れるかたちで慶長7年(1602)3月に直筆で起請文を書き、薩摩・大隅・日向諸県郡60万石余りの本領安堵が決定され、その後義久の名代として甥の島津忠恒*が12月に上洛して謝罪と本領安堵のお礼を家康に伝えて、島津氏も徳川氏の統制下に入ったのである。
*島津忠恒:島津義弘(島津義久の弟)の三男。のち島津家久に改名。

島津氏は関ヶ原の戦いで西軍に加担し、終始西軍として戦ったにもかかわらず、関ヶ原以前の状態を存続した。西軍に加担しながら本領安堵された武将は他にもいるが、東軍に内応し寝返った連中などそれなりの理由がある者ばかりである。
関ヶ原の戦いの敗者でありながら、徳川家康から本領安堵を勝ち取った島津家の交渉力のすごさを知るべきである。
**************************************************************
ブログパーツ
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ





【ご参考】このブログでこんな記事を書いてきました。良かったら覗いてみてください。

毛利元就の「三本の矢」の教えはいつの時代の創作なのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-185.html

薩英戦争で英国の砲艦外交は薩摩藩には通用しなかった
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-318.html

薩英戦争の人的被害は、英国軍の方が大きかった
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-319.html

全寺院を廃寺にした薩摩藩の廃仏毀釈は江戸末期より始まっていたのではないか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-342.html

西郷隆盛なくして、地方の権力と武力を中央に集める廃藩置県が可能だったか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-160.html

征韓論争は大久保が西郷を排除するために仕掛けたのではなかったか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-161.html

西南戦争が起こる前の鹿児島県はまるで独立国のようだった
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-162.html

西郷隆盛はなぜ西南戦争を戦ったのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-163.html



関連記事
Comment
こんにちは^^
予め、今回のコメントは史料的な根拠が手元にないので私見です。

>毛利家は戦わずして関ヶ原を去ったのである。

毛利にしてみれば本領である広島城を殆ど空の状態にしてまで大坂で頑張るのが不安だったと思います。
そもそも西軍に深入りしすぎるのも毛利本来の方針から逸脱してますから。
輝元は内政は悪くないんですが、致命的に外交音痴な側面があります。

だから恵瓊の口車に乗せられる。
総大将を引き受けて敗北したら無傷でなんていられません。
下手をすると毛利家断絶です。
引き受けるなら勝つまで退かない不退転でないと。
そういう覚悟がない輝元は総大将なんて務まる器じゃないんですよ^^;

広家は輝元が能力以上の立場を引き受けたので、裏切る決断したんだと思います。
自分の手柄でなく毛利存続のための裏切りです。
交渉に失敗したら広家は家老益田と共に切腹する覚悟で誓紙を交わしたそうです。

大体、恵瓊だって僧侶なんだから自前の兵力ないくせに出しゃばりすぎ。
毛利から与力として借りた兵力が、吉川・家老益田からだって言うんだから爆笑ものです。
だから関ヶ原本戦で恵瓊は、なーんにも出来なかった。

広家を裏切る決断をさせたのは黒田如水・長政親子。
大河の軍師・官兵衛ではスルーされたけど、如水と広家は義兄弟の仲になるほど親しく、広家の死別した妻との仲人は如水でした。
長政とも同じ武断派&三成大嫌い仲間。
ついでにいうと吉川家老の益田も三成と恵瓊が大嫌いでした。(朝鮮の役で揉めた)

家康は実に周到で武断派の人間関係を上手く利用しました。
老獪は老獪ですが、これくらい根回しすべきで戦は最後の総仕上げであるのが本道だと思います。
長いので区切ります
島津
島津は粘り続ければ家康が根負けするはずと、死中に活を求める心境で腹を括って我慢比べに突入したと思います。
この間に島津は副大将の宇喜多秀家を匿う事すらしてます。

家康は一日でケリがついたという本戦の華麗な決着を色あせさせないために、各地掃討戦が長引くのを嫌がったように思います。
ましてや薩摩大隅などの遠国で戦に突入したら、世間に尾ひれがついて噂され、家康の動きも制限せざるを得ません。

さらに家康が根負けしたのは、島津の本領も本軍も概ね無傷だという点です。
朝鮮の役で島津の軍役は兵2万。
これは無理やり揃えた無理な軍役なので実数は及ばないのですがハッタリにはなります。
ましては朝鮮相手と違い、国を守るためとなったら百姓が武装してゲリラ化するでしょう。

秀吉の「刀狩り」は文字通り大小の脇差没収することによって身分確定(&百姓の自衛権霧消)が目的で、火縄銃は没収外。
城に届けていれば狩猟用として所持が許可されてました。
だから農民は非武装・丸腰じゃなかった。

現実の島津は関ヶ原直前に起きた「庄内の乱」が鎮圧されてほどなく、余燼が燻ってる時期。
本当に戦になれば長期抵抗できたかは微妙なところです。

秀吉が島津を潰せなかったように、家康も島津を潰せなかった。
二人の英雄は、常に中央政界というものを背負っていたために、島津だけに全力を注ぐわけに行かない。

かといって余人を派遣して島津を倒させたら、今度はその将の功績が大きすぎて、家康(or秀吉)の望むパワーバランスが崩れる。
それくらいなら、今まで通り『島津という使い慣れた蓋』がある方がマシ。
というのが家康や秀吉の判断じゃないかな~って私見です。

まだ慶長年間の史料はチェックしてないので、自論ばかりでお恥ずかしいです^^
読み物感覚でサラっと流して下さい。

村と拍手にクリック
Re: 島津
時乃★栞さん、長文のコメントありがとうございます。

時乃★栞さんはいつも史実をしっかり押さえてコメントされるので、良い刺激をいただいています。

吉川広家は「輝元が能力以上の立場を引き受けたので、裏切る決断した」「自分の手柄でなく毛利存続のための裏切り」というのは、なるほどと思いました。

また毛利輝元は「広島を殆んど空の状態にしてまで、大坂で頑張るのが不安だった」というのもユニークな視点で、説得力がありますし、島津に関するご指摘の諸点も面白いです。

『島津という使い慣れた蓋』という表現は初めて読みましたが、うまい言い回しがあるのですね。
関ヶ原のとき、家のなかで東軍と西軍に分かれて、どちらが勝っても家が残るようにした大名が多かったようですから、毛利家の場合も、そういう作戦の一つではなかったかという気がします。

毛利氏はその頃、中国地方一円十ヶ国を領有していましたから、徳川氏の時代にこれを全部持っていることは、たとえ輝元が東軍についても無理だったのではないでしょうか。中国地方と言えば、気候温暖なすばらしいところなわけで(すみません。そこ出身なもので、つい力が入ってしまいました)。

「山口県だけ」と言えば小さく聞こえるかもしれませんが、あれは防長二州で、薩隅二州というのと同じです。しかも中央への距離は薩隅とはだいぶ違うわけでして。まあ徳川氏の世の中になったからには、十分以上の妥協点ではないでしょうか。
X「生んだ」--> 「産んだ」

漢字間違ってしまいました。すみません。
Re: タイトルなし
一読者さん、コメントありがとうございます。

吉川広家は、黒田長政を通じて、毛利家の本領安堵と家名存続の事前交渉を家康と行なっていたようですが、家康の立場で考えると、そのような裏交渉に乗るような反応を見せた相手に対し、期待を抱かせるような回答をしておけば、吉川と毛利の両軍の動きを止めることができると踏んだのではないでしょうか。

毛利家の戦略がどうであったかは今となっては推測するしかありませんが、西軍に就いた以上は、「戦わない」ということが毛利家にとってベストの選択であったとは考えにくいところです。毛利家が、戦わなければ本領安堵されることもありうると期待していたとしたら、考え方がちょっと甘いような気がするのですが、いかがでしょうか。

戦いに敗れた結果毛利家は、家名は残しても多くの所領を失いました。この点の評価は、百人百様ですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル