HOME   »  江戸時代   »  18世紀から幕末期の欧米列強  »  間宮林蔵は原住民の小舟で北樺太を探検し、海峡を渡って樺太が島であることを確認した

間宮林蔵は原住民の小舟で北樺太を探検し、海峡を渡って樺太が島であることを確認した

前回の記事で、江戸幕府はフヴォストフが次回蝦夷地に現われた時には、ロシアとの交易を条件付きで認める返書を手渡す準備していたのだが、フヴォストフはわが国で乱暴狼藉を働いたことでロシア皇帝の命令によりオホーツクの獄に繋がれたために、手紙をロシア側に手渡すことが出来なかったことを書いた。

この手紙がロシア側に届けば別の展開になっていたのだろうが、届かなかったので幕府はますますロシア船を厳戒せざるを得なくなっていく。とはいえ、幕府は蝦夷地を直轄領にしたばかりであり、樺太や千島列島の状況についても良く分かっておらず、そもそも樺太が島であるのか大陸と繋がっているのかを知る国は世界中でどこにもなかったのである。

そこで江戸幕府は近藤重蔵や間宮林蔵に千島や樺太を探索させるのだが、この件に関しては、一般的な教科書である『もういちど読む山川の日本史』では、こう記されている。

レザノフ一行
レザノフ一行】

「1804(文化元)にはレザノフが長崎に来航して日本との通商をもとめた。このロシアの接近におどろいた幕府は、近藤重蔵や間宮林蔵を派遣して千島や樺太の探検をおこない、蝦夷地を幕府の直轄領にして、北方の警備を厳しくした。」(p.193)

この文章を普通に読むと、江戸幕府がレザノフの来航に脅威を覚えたような印象を受けるのだが、幕府が間宮林蔵らに蝦夷地の探検を命じたのは、レザノフがわが国から交渉を拒絶されて帰国した1805年から3年も後の話である。

根室でのラクスマン一行(天理大図書館蔵)
【ラクスマン一行】

レザノフの使節のみならず、1789年に来航したラクスマンも、ロシアに漂流してきた日本人漂流民を引き渡した上で通商を求めてきたのだが、いずれの使節もわが国に対しては、決して威圧的なものではなかったのである。

江戸幕府がロシアという国に脅威を覚え、海防の重要性を認識したのは、わが国を武力で開国させようとしたフヴォストフ樺太や択捉島など北方における日本側の拠点を攻撃した文化露寇(1806~1807)以降のことであり、幕府が蝦夷地の探検を命じたのはその翌年の文化5年(1808)であることを知るべきである。

間宮林蔵
間宮林蔵

そして、この文化露寇に択捉島で間宮林蔵自身が巻き込まれている。Wikipediaにはこう記されている。
「…寛政11年(1799)、国後場所(当時の範囲は国後島、択捉島、得撫島)に派遣され、同地に来ていた伊能忠敬に測量技術を学び享和3年(1803年)、西蝦夷地(日本海岸およびオホーツク海岸)を測量し、ウルップ島までの地図を作製した。
文化4年4月25日(1807年6月1日)、択捉場所(寛政12年(1800年)クナシリ場所から分立。択捉島)の紗那会所元に勤務していた際、幕府から通商の要求を断られたニコライ・レザノフが復讐のため部下のニコライ・フヴォストフたちに行わせた同島襲撃(文化露寇)に巻き込まれた。この際、林蔵は徹底抗戦を主張するが受け入れられず、撤退。後に他の幕吏らが撤退の責任を追及され処罰される中、林蔵は抗戦を主張したことが認められて不問に付された。
文化5年(1808年)、幕府の命により松田伝十郎に従って樺太を探索することとなり、樺太南端のシラヌシ(本斗郡好仁村白主)でアイヌの従者を雇い、松田は西岸から、林蔵は東岸から樺太の探索を進めた
。」とある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%93%E5%AE%AE%E6%9E%97%E8%94%B5

文化4年(1807)フヴォストフによる択捉島シャナ襲撃では、4月23日にロシア兵によって米塩什器衣服を略奪され、南部藩の番屋に火を放たれ、5名が拉致され、さらに4月29日には幕府方は対話の機会を探るために白旗を振ったのだが、ロシア兵はそれを無視して幕府軍に銃撃を仕掛けたために、幕府軍は圧倒的な戦力差で戦意を失いシャナを捨てて撤退し、5月1日にもロシア兵が再び上陸し、倉庫を破り米、酒、雑貨、武器、金屏風その他を略奪した後放火して去っていったという。

その後で間宮林蔵は樺太踏査を命じられたのだが、この危険な仕事を受けたことを喜んだという。津軽藩士山崎半蔵の日記に、林蔵についてこう記されているのだそうだ。
エトロフでの戦い*で死ななかった事を悔やみ夜も眠れない日々を送っていたが、樺太調査を命じられ死に場所を得たようである
http://www.asahi-net.or.jp/~XC8M-MMY/rinzo02.htm
*エトロフでの戦い:文化4年(1807)フヴォストフによる択捉島シャナ襲撃

間宮林蔵墓石

茨木市のつくばみらい市上柳にある専称寺という寺に、林蔵が蝦夷地探査に先立って決死の覚悟を持って建てたとされる墓があるという。「間宮林蔵墓」と記された文字は林蔵の自筆であると伝わっていて、この墓石は昭和30年に茨城県文化財に指定されたのだそうだ。
http://www.asahi-net.or.jp/~XC8M-MMY/psetumei.htm

間宮林蔵は2度にわたり樺太を探検して、樺太が島であることを確認したのだが、風波を凌ぎ、寒さと戦いながら、小さな船に乗って命懸けで未開地を進んでわが国に貴重な情報をもたらしたことは、もっと顕彰されてしかるべきではないかと思う。

戦前は『尋常小學國語讀本. 卷12』でかなり詳しく間宮林蔵のことが記されており、全国民が学校でこの人物の事績を学んでいたのだが、今では樺太を探検した人物として名前が知られている程度に過ぎない。『尋常小學國語讀本』は『近代デジタルライブラリー』で誰でもネットで読むことが出来るので、興味のある方は覗いて頂きたいと思う。
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1874198/43

間宮林蔵は1回目の樺太探検ではノテトで松田伝十郎と合流後北樺太に向かい、西岸のラッカという地に「大日本国国境」の標柱を建てて文化6年(1809)6月に宗谷に帰着したのだが、報告書を提出したのち更に奥地の探索を願い出てこれが許されると、単身で樺太に向かっている。

この2度目の樺太探検について記された間宮林蔵の『東韃(とうたつ)紀行』も『近代デジタルライブラリー』で読むことが出来るのだが、これが非常に面白い。
原文 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991473/13
抄訳 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877865/15

間宮林蔵の樺太探検
北夷分界余話

この最初の部分はこう書かれている。
文化5年、間宮林蔵一人、カラフト奥地探検の命を受け、その年の7月13日、蝦夷ソウヤを土人の船に乗って出帆し、その日シラヌシに到着した。
 このシラヌシには、土人が多く住んでいないので、従者として連れて行こうと思うものを雇うことができなかった。余儀なくそこから奥地に行くアイヌ船を待つため3日間同地に滞在し、7月17日、その船に乗ってそこを出帆し、5日間航海して、7月23日にトンナイというところに到着した。」

北夷分界余話 国立公文書館蔵
北夷分界余話

間宮林蔵は、西洋列強のように巨大な船に大量の食糧と武器を積んで探検したのではなく、原住民と交流しながら原住民の小舟を乗り継いで前人未到の地を進んでいったのである。

トンナイは戦前には真岡(まおか)と呼んだ地で、以前このブログで太平洋戦争の終戦直前にソ連が対日参戦し8月15日の玉音放送の後も樺太でソ連軍の侵攻が続き、8月20日にソ連軍が真岡に上陸したことを書いた。郵便局で勤務していた女性電話交換手12名の内10名が局内で自決した事件がこの地で起きた(真岡郵便局事件)のだが、この事件のあった場所が「トンナイ」である。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-138.html

北夷分界余話2 国立公文書館蔵
北夷分界余話

林蔵は9月に北樺太の境界を越えたのだが、樺太の地は9月(旧暦)でもすでに寒かったようだ。寒さがつのり食糧も乏しくなってきたので、結局トンナイまで引き返して年を越している。
そして翌文化6年(1809)1月29日に再び北に向かって出発し、4月9日には第1回目の樺太探検で訪れたノテトに着き、更に進んで5月12日には、樺太の北端近いナニヲーに達している。

東韃紀行』にはこう記されている。
ノテト崎からこのナニヲに至る間は、カラフトと東韃大陸とが向かい合った狭い水路で、海水は悉く南に流れ、その間には潮の頗る速いところもあったけれども、折よく波も高からず小さな木船ではあったが、進退にはさほど難儀はしなかった。しかしそれから北方の海面は渺茫として果てしなく広がり、潮も悉く北方へ流れ、加うるに怒涛逆巻くという有様なので、とてもこのような粗末な船では進むことはできなかった。」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877865/18

この光景を見て林蔵は樺太が島であることを確信し、そしてなおも北進して樺太の北端を目指そうとしたが、ここから北は波が荒れてどうしても小さい木船では進むことが出来ず、あきらめてノテトに引き返している。

林蔵はノテトの酋長コーニーの家に滞在して、その家の稼業の手伝いをしながら、原住民からも親しまれるようになった。彼らに、カラフトの地理やロシアとの国境などについて尋ねると、彼らは一様にカラフトが島であり大陸には繋がっていないと答えたという。それを確認するには、海峡を渡るのが手っ取り早いとのアドバイスを受けている

官命なしにみだりに異国の地に渡ることは国禁を犯すことになりかねないのだが、林蔵の使命はカラフトに関する全ての調査であり、海峡を渡って確認をしなければ不十分な調査で終ってしまうと考え、ノテトの人々が大陸に向かう際に同行させてもらうことを決意したのである。

間宮林蔵大陸探検
北夷分界余話

6月26日に長さおよそ五尋*、幅四尺ばかりの山旦船一艘に乗組んでノテト崎を出発し、対岸の大陸に渡り、黒竜江のキチ湖に出て、ここで一夜泊まった時に林蔵は夷人の家へ連れ込まれてとんでもない目に遭っている。
尋(ひろ): 1尋は6尺(約1.8m)。長さ五尋は約9m、幅四尺は約1.2m。

東韃紀行』にはこう記されている。
「…こうして家の中に連れて行かれた。家の中はもう真っ暗で様子も解らなかったが、なんでも毛氈のような物の上にしゃがませられた。すると多勢のものがまたどやどやとやって来て林蔵を抱くやら、頬ずりをするやら、唇をなめるものもあれば、着衣を引っ張る者もあり、懐中を探るものもあれば、手足をいぢくる者もあり、あるいは頭髪を握るもの、あるいは頭をポンポン叩くものもあり、散散に揶揄嘲弄されながらしばらく時を移した。そうこうするうちに酒肴など取出して、林蔵にしきりとそれを勧めるのであった。
 その意味は携行した物資を貰おうという下心であったものらしい。この間、まるで夢のような心地でいたが、とかくするうちに、ラルノという同船のものがやって来て、土人どもを厳めしく叱り飛ばして林蔵を連れ出して河岸に行った。ラルノの話にこの地の土人がニシバ(林蔵)を殺そうとたくらんでいるところであったという。…」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877865/24

デレン仮府での進貢の様子。(国立公文書館所蔵『北夷分界余話』
【北夷分界余話】

7月11日に林蔵はデレンの満州仮府へ着いている。この場所に清国の官人が夏期2ヶ月ほど出張して仮府を設け、黒龍江下流域はもとより、カラフトや沿海州方面から清への進貢にやってくる土着酋長より貢物として黒豹の皮を受け取り、これに賞賜の品が施される。また建物の中に交易所が設けられており、さまざまな人々が交易することが許されていたのだが、取引につきものの喧嘩があちこちで起こったさまが記されている。

デレン仮府での交易所
【北夷分界余話】

林蔵が口述した『北夷分界余話』の挿絵には、デレン仮府の様子が何枚か描かれているが、喧嘩をしている絵などが活き活きと描かれていて実に面白いのである。

デレンで清の役人と筆談する林蔵
【北夷分界余話】

また林蔵は清の官吏とも筆談で話をしたことを記している。以下は林蔵が清の官吏のことを評している部分である。

「いったい彼らは中国以外は万国ことごとく『無政の夷』であると思い、すべて異邦人と蔑視しているものの如くで、林蔵が文章を書くのを見て、大いにこれを怪しみ、恐らくこの人は中国人であろうなどと言い、あるいは『ロシアは中国の属国』であるなどといってその境界を語らず、また『日本は中国に入貢の事があるか』など質問したりして、その驕傲なること言語に絶するものがあった。このような有様であるから各土人に対しては物の数とも思わぬいかにも尊大な態度を持していたのであった。
(註:他本には『中国の人なるべし』の下に、日本は中国に入貢のことがあるか否かを問うたに対し、林蔵は日本は支那と長崎あたりで通商貿易のことはあるが、入港のことなどないと答えた。すると彼らは『天地の間に中国に対して入貢せざる国はわずかに三国を余すのみ』などと言ったとある)」
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1877865/35

一行がノテトに帰りついたのは8月8日で、林蔵はこの探検で樺太が島であることを身をもって知り、黒龍江沿岸や樺太の人々が清国の官吏に朝貢する実態を見てこの地にロシアの勢力が及んでいないことを確認し、9月に宗谷に戻って11月に松前奉行所へ出頭し帰着報告をしている。そして松前で探索の結果報告の作成に取り掛かり、『東韃紀行』、『北夷分界余話』としてまとめ、文化8年1月、江戸に赴いて地図と共に幕府に提出している。
林蔵の残した冒険の記録は、樺太や黒龍江周辺の人々の生活や文化がわかりやすく描かれて読んでいて引き込まれるのだが、西洋列強よりも早く樺太が島であることを実証したこの人物のことは、戦前のようにもっと広く今の日本人に知られるべきだと思う。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



【ご参考】
間宮林蔵が命がけで探索して制作した樺太の地図がのちにシーボルトにより持ち帰られ、現在オランダのライデン大学の図書館に保管されています。この貴重な樺太地図がどういう経緯でシーボルトの手に渡ったのかをこのブログで書きました。

押収されたシーボルトの膨大なコレクションの大部分が返却されたのはなぜか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-124.html

シーボルトについてはこんな記事も書いています。良かったら覗いてみてください。

シーボルトと日本の開国
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-30.html

シーボルトが、なぜわが国が西洋列強に呑まれないように奔走したのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-59.html

シーボルトはスパイであったのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-93.html







関連記事
Comment
しばやんさん こんにちわ。
いつも新鮮に歴史を感じさせて頂いておりますm(_ _)m

江戸時代の外交交渉は、奥が深いのですね。
間宮林蔵という方は、まさに想像を超えた業績の数々を残していたと知り、大変驚きました。事実は小説より奇なり、ですね!

もしペリー以前に開国していたら、というくだりで繋がるような気がして
既知かも知れませんが、紹介させて下さい。
こちらの動画の中で、市丸利之助海軍中将の手紙が紹介されていました。
小中学生に贈るもう1つの歴史 WGIPにより塗り替えられた歴史を取り戻す
http://ken-ch.vqpv.biz/no/8480.html

もしもっと早く有利に交渉出来ていたらと、思ってしまいますね。
Re: タイトルなし
かめいとさん、コメントありがとうございます。とても励みになります。

ロシアとの交渉の歴史を詳しく調べたことは今までなかったのですが、調べてその奥深さに私も何度か感動しました。
もし間宮林蔵の事績などが戦後もしっかり国民に広められていたら、尖閣問題や竹島問題、北方領土問題などでもう少しまともな交渉をしていただろうと思います。

紹介していただいた動画を観させていただきました。なかなかよく出来てますね。

市丸利之助海軍中将の名は初めて知りましたがこの文章はエンディングに相応しいですね。

ネットの力によって、日本人に今まで知らされてこなかった歴史が、広がるようになってきました。日本人に押し付けられてきた自虐史観も、そう長くはもたないような気がします。
幕府がロシアの脅威に深刻さを自覚し、蝦夷地探検を命じたのは、実は文化露寇よりも前のことです。

この話をする前に重要なお話がありまして、江戸幕府の認識では「日本の領土」はカムチャッカ半島から樺太を含む、沿海州を除いたオホーツクの領域でした。ソースは?と言われたら、松前藩関係の資料を調べると割とすぐ到達できますし、一橋慶喜の実父、徳川斉昭が海防掛当時に宇和島藩主宛てに松前藩批判をした書簡などにもハッキリ残っています。

話を戻しまして。そんな千島・樺太に18世紀頃からロシア人が渡り、アイヌ人にロシア正教の信者が現れるに至ります。つまり、この時点で幕府はロシアの「侵略」を疑うようになる。そこに「赤蝦夷風説考」をはじめとした知識人階級の危機感などが加わって、当時の老中・田沼意次は、青島俊蔵たち十数名を蝦夷地探検に派遣します。このとき若手として同行したのが、のちに「大日本恵土呂府」の木柱を建てる近藤重蔵です。

ただ、近藤重蔵も青島俊蔵も、田沼意次失脚後、松平定信によって冤罪により入獄させられ、青島は獄死してしまいます。こうして青島たちの探検の成果は、幕政に生かされぬまま、文化露寇を迎えてしまうのです。実害が出てやっと対蝦夷地政策を根本的に転換した、というのが(端折ってますが)コトの順序になります。

いろいろココは面白いです。
なるほどー!
こんばんは。いつも細かくお調べになっていて、しばやん様の文章もわかりやすくて勉強になります。
今回も、真岡郵便局事件が出てきて目から鱗です。稚内から猿払を走った折りに知った事件ですが、沖縄と重ねて胸が痛かったお話でした。もっと地図を広範囲に見ないといけませんねー。
母は昭和一桁生まれで、歴史に詳しくいろいろ話してくれましたが、学校で習うのと全然違っていて「違うんじゃない?」などと笑ってしまいました。今こそ母と語り合いたいです。
間宮林蔵の話を知ると、ほんとに対ロシアの目線が変わりますね。しばやん様、ありがとうございます。
Re: タイトルなし
1771年にモーリッ・ベニョフスキーという人物を乗せた船が阿波国徳島藩の日和佐にロシア船が漂着しましたが、この時に彼を追い返した徳島藩に、この男は高地ドイツ語で書かれたオランダ商館長宛の手紙を手渡したといいます。オランダ商館長がその手紙を解読したところ、そこにはロシア帝国が松前藩近辺(北海道)を占領するためにクリル諸島(千島列島)に要塞を築いているという出鱈目が書かれていたために、この手紙がきっかけとなってわが国がロシアを警戒するようになり、蝦夷地交易などを目的に老中の田沼意次らが蝦夷地開発を企画し北方探索が行われました。
しかし実際のところラクスマンにせよ、レザノフにせよロシア人はわが国に対して敵対行為を働いたでしょうか。ベニョフスキーの手紙は、オランダがわざと出鱈目に翻訳した可能性はないでしょうか。

わが国が本格的にロシアの脅威を意識して、国防を主たる目的として蝦夷地の探検をさせたのは文化露寇の後であるという説の方に私は説得力を感じています。

Re: なるほどー!
つねまるさん、コメントありがとうございます。会社の仕事も忙しくなって、1週間に一本の記事を書くのがやっとですが、嬉しいコメントをいただいて元気百倍です。

私の母も昭和一桁ですが、つねまるさんのお母さんと違って、戦争の話はしたがりません。
父は10年以上前に他界しましたが、昔は私が歴史に興味を持たなかったので父と歴史の話をしたことがほとんどありませんでした。
ただ、テレビの歴史解説などがあると、よく「そんなバカな!」という独り言を発していたのを思い出します。父が生きていたら、今はいろいろ議論したいことがありますが、叶わないのが残念です。

戦前の書物では当たり前のように書かれていた内容が、戦後の書物では多くが抹消され、別のことが書かれていることに気付いたのは比較的最近のことなのですが、戦前の本をいくつか読むと歴史の見方が変わることが良くあります。
戦後に広められた歴史叙述では、日本人にとって「英雄」とか「偉人」と呼ぶべき人物の事績の多くが消し去られてしまいましたが、少しでも良い話があればこのブログで伝えていきたいと思います。
Trackback
武力が敵の身体に物理的変形を与える力であるとすれば、それが種々の条件と組み合わされた場合、なぜ侵略を可能にするのでしょうか?また歴史を見ると、武力の強さと侵略の大きさとの量的関係に疑問を抱かせる例が非常に多いのはなぜでしょうか?
間宮林蔵が間宮海峡を発見した1809年からおおよそで200年になる。いくつかの記念行事もあったようだが、業績については疑念も残るし、シーボルト事件に関して間宮林蔵の人格を疑う意見も強い。しかし、鎖国日本で他に探検家とよべる人物はおらず、当代一の探検家であることに間違いはない。彼が偉人であったかどうかはともかく、人物像として大変面白いものを感じる。 間宮林蔵は常陸国筑波郡上平柳村で生れた百姓...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル