HOME   »  第二次世界大戦後  »  日本共産党が在日朝鮮人と連携し武装闘争に走った時代を忘れるな

日本共産党が在日朝鮮人と連携し武装闘争に走った時代を忘れるな

前回の記事で、昭和20年10月に再刊されたばかりの日本共産党の機関紙『赤旗』第一号の『人民に与う』という論文で、米占領軍を「解放軍」と賛美していたことを書いた。そして翌年2月の第5回日本共産党大会では、この「解放軍」規定が敷衍化された「占領下平和革命論」が当面の党の綱領的方針として採択されている。

その当時のGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)にはソ連に繋がるスタッフが数多くいて、わが国を共産国化させるプログラムが裏で進行していたのだが、1948年9月には朝鮮半島北部のソ連占領地域で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が成立し、翌1949年10月には毛沢東が中華人民共和国の成立を宣言した。そして1950年2月には中ソ友好同盟条約が調印されて、いよいよ朝鮮半島全体の共産化が実行に移されようとしていた。

日本共産党の戦後秘史

元日本共産党員の兵本達吉氏の著書『日本共産党の戦後秘史』に当時の興味深い新聞報道が紹介されている。
「それは、1950年2月15日付のパリ発、ニューヨーク・タイムズ特派員ザルツバーガー記者の特電と、同日付のワシントン発、APのハイタワー記者の特電である。サザルツバーガー記者は、スターリンと毛沢東がモスクワで会談し、『中ソ友好同盟条約』を結んだこと、そしてその秘密のメモランダムをスクープした。AP通信のハイタワー記者は、米政府筋の情報として、中ソ両首脳が、朝鮮半島ないしは台湾海峡での有事を視野に入れて、日本共産党を武装させる合意に達したと伝えている。
そして1950年3月、金日成が訪ソしてスターリンから南朝鮮への侵攻への同意を得た
。」(『日本共産党の戦後秘史』p.81-82)

日本共産党史に詳しい宮地健一氏のホームページによると、ソ連崩壊後に発掘されたソ連共産党秘密文書などでスターリンは日本共産党に対し、以下のような指令を出しているという。その内容は
「(1)表面は、野坂参三を名指しにした占領下の平和革命論批判であり、そこには、武装闘争指令文言はない。しかし、(2)その裏側の狙いは、ソ連NKVD工作員野坂参三だけが判読できる暗号を含んでいた。その暗号内容とは、ソ連スパイ野坂にたいし、日本共産党を、朝鮮侵略戦争加担武装闘争路線へまるごと転換させよという指令だった。アメリカ占領軍も、この暗号内容を正確に読み取っていた。」
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/busotoso1.htm#m41

このようなスターリンの指令のあと、さらに中国共産党も日本共産党の「占領下平和革命論」を批判したことから、日本共産党は武装闘争に進むかどうかで意見が真っ二つに割れることとなる。

マッカーサー

一方、マッカーサーは5月3日に、共産主義陣営による日本侵略に協力しているとして日本共産党の非合法化を示唆し、5月30日には皇居前広場において日本共産党指揮下の大衆と占領軍が衝突する事件がおきている(人民広場事件)。
そして6月6日に、マッカーサーは日本共産党中央委員24人の公職追放を指令し、その政治活動を禁止(レッドパージ)するなど、それまでのGHQの日本共産党に対する施策を急変させている。

そして朝鮮半島では、6月25日に北緯38度線にて北朝鮮軍の砲撃が開始されて朝鮮戦争が始まり、一方わが国では7月には政府の出頭命令を拒否した9人の日本共産党幹部に対し逮捕状が出され、徳田球一、野坂参三らは中央委員会を解体し、意見の異なる宮本顕治ら7人の中央委員を排除して非合法活動に移行し、中国に亡命して9月に「北京機関」とよばれる機関を設立し、日本には徳田らが指名した臨時中央指導部を残している。

翌年の昭和26年(1951)2月に党分裂のまま開催された日本共産党第4回全国協議会(四全協)で、日本の暴力革命と朝鮮戦争下端武装闘争が決定し、その後反徳田派の首領であった宮本顕治は、スターリンの圧力に屈して派を解散し、主流派に復党したことで日本共産党は統一を回復した。
そして10月に開かれた第5回全国協議会(五全協)では、スターリン執筆の51年綱領と武装闘争方針が採択され、以後日本共産党は「軍事方針」と呼ばれる武装闘争路線を採ることとなり「山村工作隊」や「中核自衛隊」などの非公然組織が作られたのである。

Wikipediaに、五全協で発表された、『われわれは武装の準備と行動を開始しなければならない』という文章の一部が紹介されている。
軍事組織の最も初歩的なまた基本的なもの、現在では中核自衛隊である。中核自衛隊は、工場や農村で国民が武器をとって自らを守り、敵を攻撃する一切の準備と行動を組織する戦闘的分子の軍事組織であり、日本における民兵である。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%A0%B8%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A

1950年代前半朝日 火炎ビン製法

それから後日本共産党は、わが国の各地で列車を爆破したり、交番を焼き討ちしたり、警察官へのテロ行為を実行に移したのだが、このような共産主義国や共産主義者にとって都合の悪い歴史は、今の日本人にはほとんど知らされていないと言って良い。

1950年代前半朝日 日本共産党

次のURLに日本共産党がこの時期にどのような活動をしていたかを伝える朝日新聞と日本経済新聞の9本の記事の紙面画像が紹介されているのだが、新聞の日付が明記されていないのが残念だ。いずれも1950年代前半の記事だと印されているが、これらの記事は日本共産党によるテロ事件のごく一部にすぎない。
http://ameblo.jp/gofujinnaidoru/entry-12160283566.html

次の『武闘の系譜』というサイトに日本共産党に関わる事件が約50件ほど記載されているが、これだけ多くの事件を起こしたことから、日本共産党は短期間で国民の支持を失うこととなる。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/9729/butou.htm

上記サイトで記されている事件に一通り目を通すと、在日朝鮮人が日本共産党と同様なテロ事件を多数起こしていることがわかる。その関連をいろいろ調べていくと、在日朝鮮人が日本共産党と連携していたことが見えてくる。

祖国防衛隊

上記画像は昭和27年(1952)3月30日の読売新聞の記事だが、ここには怖ろしいことが書かれている。文中の「日共」は「日本共産党」、「祖防」は「祖国防衛隊」(在日朝鮮人団体)の略語である。

金日成

「…北鮮政府主席金日成が、『在日朝鮮人は今後日共指揮下に行動すべし』との密令を出し…、その後共同闘争の建前をとったことは各地の日共関係暴力事件に朝鮮人が加わっていることからも明らかであり、『われわれが入らねば日本革命の武装蜂起は日共党員、労働者のみでは成功しない』と自負しているという。
 1月23日名古屋で行われた中部日本祖防隊長会議では『防衛隊は日共の新綱領を大衆に浸透させ、日共のスローガンの下に行動し、在日朝鮮人60万は日本民主革命の先鋒たれ』と決議、また昨年11月の長野における祖防委員会の席上では『金日成は在日朝鮮人を敵陣地に降下させた落下傘部隊であると激励した』と述べられたといわれる。
…人員は20代の青年約3万人からなっており、行動隊としてのテロの最先端分子、日共の中核自衛隊と同じように『祖防隊』などをもっているがこの『祖防隊』は中央総本隊、地方県本隊、支部支隊、分隊、班に分かれ、日共の五全協の軍事方針に従い共闘を行なっている。…」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%96%E5%9B%BD%E9%98%B2%E8%A1%9B%E9%9A%8A_(%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E5%9B%A3%E4%BD%93)

ジャーナリストの林 玲氏が「『日本共産党史』から消された『朝鮮総連』結成秘話」という興味深い論文を書いておられる。次のURLに引用されているが、重要な部分を紹介しよう。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid289.html

戦前から、日本共産党のもとに多くの在日朝鮮人が集っていた。例えば、共産党系の労働組合の全協(日本労働組合全国協議会)は、最盛時の1931年(昭和6年)ごろ、組合員数は3万人だったが、うち3割を朝鮮人が占めていた。」

このように日本共産党には戦前から多数の朝鮮人が加わっていて、終戦後に党が再建される際には、必要な資金の大半を当時の在日組織である朝連(在日本朝鮮人連盟)が提供し、昭和21年2月に開かれた第5回党大会当時の党員数はおよそ6000人。うち約1000人が朝鮮人だったという。
昭和25年に朝鮮戦争が勃発し、その翌年に在日朝鮮人統一民主戦線(民戦)が結成されているのだが、この民戦は共産党の民俗対策部の指導下にあり、在日朝鮮人は1951年2月の4全協(第4回全国協議会)で決定された“武装闘争”の前面に立たされることとなる。

ではなぜ、在日朝鮮人は日本共産党の武装闘争に積極的に加わったのだろうか。

その点については林 玲氏は
「実は、4全協では在日朝鮮人を、戦時下の日本政府にならったのかどうか、<日本のなかの少数民族>と規定したのである。
 この規定では、在日朝鮮人は外国人ではないことになる。つまり日本革命をなし遂げることなくしては、在日問題は何一つ解決しない、とされたのである。」
と書いているのだが、この解説はわかりにくい。

わが国の政府では昭和22年(1947)5月の外国人登録令で在日朝鮮人は外国人と見做されるようになり、昭和27年(1952)4月に発効するサンフランシスコ講和条約と併せて外国人登録法が施行され、在日朝鮮人は日本国籍を有しないこととされた。

保導連盟事件
【保導連盟事件:韓国軍と警察による処刑を待つ政治犯】

外国人と見做されれば朝鮮半島に送還されることになるのだが、この半島は1950年6月以降、韓国と北朝鮮の間で主権を巡る戦場となっており、しかも韓国の李承晩は反共主義者で、1950年6月に南朝鮮労働党関係者の処刑を命じ、韓国軍や韓国警察によって共産主義者の嫌疑をかけられた20万人から120万人に及ぶ民間人が裁判なしで虐殺されている。(保導連盟事件)
また、その2年前の1948年4月には、南北統一国家樹立を訴えるデモを行っていた済州島の島民に警察が発砲し島民6人が殺害されたことに反発して、南鮮労働党が島民を中心とした武装蜂起を起こしたことから韓国本土から陸軍が派遣されることとなり、島の人口の2割にあたる6万人の住民が虐殺される事件も起きている。(済州島4.3事件)
このような半島の情勢から多くの朝鮮人がわが国に密航してきたのだが、敗戦国であるわが国は武装が出来ず、一方朝鮮半島からの密航者は武装していたことから、密航船の検挙率は2割程度にすぎず、また韓国政府はわが国が摘発した朝鮮人密入国者の受け入れを拒否したという。

共産主義を奉じる在日朝鮮人の多くは、わが国で「外国人」とされて戦場の朝鮮半島に帰されるよりも、「日本の中の少数民族」とされて日本に残りながら、祖国の共産主義革命を支援しようと考えた。
彼等は日本共産党とともに、日本各地で韓国向けの輸送の妨害などを起こして北朝鮮が朝鮮半島で勝利することを導き、さらに日本の共産主義革命に協力し勝利に導けば、わが国で権力の一端を担うことも可能だと考えたのではないか。

血のメーデー事件
【血のメーデー事件】

ではこの時期にどんなテロ事件が起きたのか。再び林氏の論文を引用する。
共産党の軍事方針のもとで、いくつもの騒乱事件が起きた
1952年(昭和27年)の5月1日、第23回メーデーで、デモ隊と警官隊とが衝突したいわゆる“血のメーデー事件”がある。戦後、皇居前広場は“人民広場”と呼ばれ、たびたび集会場として使われてきたが、その日、政府は使用禁止とした。だが、メーデー参加者たちは広場に突入。在日朝鮮人はデモ隊の先頭で警官隊に対峙した。
この事件では在日朝鮮人から多くの逮捕者(1232名中130名)が出た。広場になだれ込んだ2万人のうち、5000人が在日だったといわれる
その年、大阪で起きた吹田事件(6月25日)、名古屋の大須事件(7月7日)でも、多数の逮捕者が出た。吹田事件の在日の逮捕者は250名中92名。大須事件では、269名中150名が在日だった
こうした騒乱事件の多発に対し、大須事件直後の7月13日、民戦中央本部は、実力闘争偏重を批判する。第一線の実行部隊が朝鮮人である場合が多かっただけに、切実だった。
一方、日本共産党は、12月中旬になっても全国軍事会議を開催し、武装闘争と日常戦闘との結合を強調するなど、極左冒険主義は改めそうになかった。」.

このように日本共産党は在日朝鮮人とともに武装蜂起し、「火炎瓶闘争」と呼ばれる暴力革命闘争を実施し多数の警察官が死傷したのだが、1952年に破壊活動防止法が施行されて、非合法闘争に対する当局の対策・取締まりが強化され、1953年に朝鮮戦争が停戦となり、日本共産党の徳田球一書記長も北京で病死して、非合法活動は次第に下火となっていく。

その後1955年1月1日に日本共産党は、ようやく機関紙『アカハタ』で「極左的冒険主義と手を切る」ことを表明する。それに伴い在日朝鮮人は路線を転換することとなる。

林氏はこう記している。
「1955年5月25日、…民戦解散の翌日、朝鮮民主主義人民共和国支持、日本の内政不干渉を掲げて、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が結成された。共産党に党籍のあった在日朝鮮人は一斉に離脱した。
 同年7月24日、共産党は民族対策部を解消。朝鮮人党員離党の方針を決定することで、これを追認した。
 戦前、戦後の最も苦しかった時代、共産党の中で最も困難な仕事を引き受け、党を支えたのは在日朝鮮人の人々であった。共産党の正史では、そのことに一言も触れられていない

このように「朝鮮総連」は、もともとは日本共産党に所属していた在日朝鮮人が結成した団体なのだが、戦前から続いている日本共産党と在日朝鮮人との深い関係が「朝鮮総連」が出来て消滅したのではなく、両者が「反日」で共闘している今は、その関係がむしろ強まっていると感じるのは私だけではないだろう。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



【ご参考】このブログでこんな記事を書いてきました。良かったら覗いてみてください。


特高警察の「拷問」とはどの程度のものであったのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-283.html

特高が送り込んだスパイに過剰反応した日本共産党
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-284.html

日本共産党が軍を工作するために制作したパンフレットなどを読む
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-412.html

GHQ情報部長が、日米は戦うべきではなかったと述べた理由
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-214.html

アメリカがGHQの中の左翼主義者の一掃をはかった事情
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-257.html

関連記事
Comment
この記事は多くの人に読んでほしいと思ったので、応援ボタン3つにクリックさせていただきました。
Re: タイトルなし
応援ありがとうございます。励みになります。

歴史部門は古い記事でも応援して頂けるので、とてもありがたいです。

日 本 共 産 党 と 在 日 朝 鮮 人
日本共産党は「暴力革命」を標榜し、戦後の混乱期に朝鮮人と徒党を組み、多くの「殺人テロ」を実行してきた。

日 本 共 産 党 と 在 日 朝 鮮 人 
_____________________
・万来町事件(昭和27年):生活保護増額を却下された在日が集団で福祉事務所を襲撃
・木造地区警察署襲撃事件(昭和27年):日本共産党の指示で在日が起こした襲撃事件
・血のメーデー事件(昭和27年):日本共産党と在日による皇居外苑における騒乱事件
・上郡事件(昭和27年):日本の公立学校入学を巡った在日の内ゲバ暴行事件
・宇治事件(昭和27年):在日による複数の派出所占拠

・多奈川町事件(昭和27年):密造酒一斉摘発に抵抗した在日が集団暴徒化
・田川事件(昭和27年):日本人花見客と在日グループとの争いで死亡者が出た暴行事件
・大村収容所事件(昭和27年):韓国が強制送還引取拒否した在日犯罪者達が収容所内で暴徒化
・広島地裁被疑者奪回事件(昭和27年):裁判中に在日放火犯を奪還し逃走
・桜井町事件(昭和27年):旧朝連系在日よる民潭系在日への襲撃事件
・奈良警察官宅襲撃事件(昭和27年):桜井町事件検挙に反発した在日が警官宅を襲撃
・高田事件(昭和27年):旧朝連系在日による民潭&派出所襲撃事件
_____________________
Re: 日 本 共 産 党 と 在 日 朝 鮮 人
coffeeさん、コメントありがとうございます。

一部の事件は知っていますが、随分あったのに驚きです。情報に感謝です。
私の子供の頃に、私の祖父母も父母も共産党を嫌っていましたが、これだけの事件をたて続けに起こしていたら嫌って当然ですね。
今の若い世代は、こういう事件があったことを知らない人が大半なのでしょうが、こんな状態では将来が不安です。
多くの日本人に、このような史実を広めたいものですね。


Trackback
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 2016年11月12日、韓国ソウルの光化門、朴槿恵大統領の退陣要求集会に「JR総連」などの旗! JR総連(革マル派) https://twitter.com/Che_SYoung/status/797345764129193984 崔碩栄 ‏@Che_SYoung 「ようこそ韓国へ」 韓国ソウ...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル