HOME   »  江戸時代   »  慶長遣欧使節  »  伊達政宗はいかにして幕府に対する謀反の疑いから逃れたのか~~慶長遣欧使節4

伊達政宗はいかにして幕府に対する謀反の疑いから逃れたのか~~慶長遣欧使節4

慶長遣欧使節は日本人が初めてヨーロッパの国を訪れて外交交渉をし、1615年1月30日にはエスパーニャ国王フェリペ3世に、同11月3日にはローマ教皇パウルス5世に謁見したのだが交渉は成功せず、支倉常長は、ソテロをフィリピンに残したまま、元和6年8月24日(1620年9月20日)に帰国した。
伊達政宗は常長から遣欧使節の絶望的な報告を聞いたはずなのだが、記録は何も残されていない。

支倉常長が日本を出発した慶長18年9月15日(1613年10月28日)から7年が経過し、その間にキリシタン弾圧が強化されていった。まずこの経過を見てみたい。

江戸幕府は遣欧使節が出発する前年の慶長17年3月21日(1612年4月21日)に江戸・京都・駿府を始めとする直轄地に対して教会の破壊と布教の禁止を命じた禁教令を布告している。
そしてその翌年の慶長18年2月19日(1613年1月28日)、幕府は直轄地へ出していた禁教令を全国に広げ、家康は金地院崇伝に命じて「伴天連追放之文(バテレン追放令)」を起草させ、秀忠の名で23日に公布させている。慶長遣欧使節が出航する半年前のことだが、この禁教令が徳川幕府のキリスト教に対する基本法となる。

ukon_ph1.jpg

この禁教令が出た影響で、慶長19年9月(1614年11月)には高山右近らが国外追放されたりしているのだが、この頃の取締りはまだゆるやかで、密かに日本に潜入する宣教師たちも後を絶たず、京都には「デウス町」と呼ばれるキリシタンの居住区も残されていたそうだ。幕府が徹底的な対策を取れなかったのは、宣教師が南蛮貿易(特にポルトガル)に深く関与していたためで、取締りが厳しくなるのはもう少し後の元和5年(1619)の禁教令の頃のようだ。この年の10月に2代将軍秀忠は京都の六条河原でキリシタン52名を火炙りの刑に処している。また遣欧使節が帰国した年の元和6年(1620)にはキリシタンを大量捕縛し、それ以降は年々取締りが厳しくなっている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%81%E6%95%99%E4%BB%A4

話を支倉常長の帰国に戻そう。
少なくとも支倉常長が帰国するまでは、伊達政宗キリシタンを弾圧することはなかった。政宗がキリシタンの取り締まりを決意したのは、常長らが仙台に帰着する直前のことである。

その時仙台にいたイエズス会のアンジェリス神父は伊達政宗の豹変ぶりを次のように書いている。
「1620年伊達政宗のキリシタンに対する態度は突然変わった。この年の秋までは奥州のイエズス会士はまだ466人に洗礼を施すことができた。しかし9月4日*、青天の霹靂のごとくキリシタンの厳しい禁令が出て、伊達の家臣はすべてキリシタン信仰を捨てることを命ぜられた。この禁令の動機となったのは、恐らく支倉六右衛門**が長崎に上陸したという知らせであったろう。それで、政宗は江戸幕府から疑惑の目をもって見られることを恐れ、嫌疑の先回りをしようとして、このキリシタン禁令を出したのである。」(大泉光一「伊達政宗の密使」p216所収)
*西暦で記載。和暦では元和6年8月8日。 **支倉常長のこと

伊達政宗像

またアンジェリス神父は1620年12月、イエズス会総長にあてた書簡に次のように書いている。(同上書p.216-217)
「彼ら(家康と秀忠)は、政宗が…謀反を起こすため、スペイン国王、およびキリシタンと手を結ぶ目的で大使を派遣したと考えたのであり、政宗は大使(支倉常長)の帰着により、キリシタンと手を結ぼうとしたのではないことを将軍に示そうと欲した。それ故、六右衛門が仙台に帰着して2日目にキリシタンに対する3か条からなる…高札が立てられた。…」
その高札の内容は、
① 領内のすべてのキリシタンは仏教徒に戻ることを命じる。棄教せぬ場合は武士は追放し、町人や百姓らは処刑する。
② 隠れキリシタンを暴いたものには褒美を与える。
③ すべての宣教師は領内を去るべし。キリスト教を棄教するのであれば留まることを認める。
というものだった。

政宗がキリシタンの弾圧を始めて1年後の元和7年(1621)に、奥州のキリシタンの代表者たちがローマ教皇に対し、政宗の迫害で多くの殉教者が出ていることを伝えた連署状がバチカンの極秘文書館に残っているそうだ。そこには、
「…去歳上旬の比、伊達政宗、天下を恐れ、私の領内におゐて、へれせき(迫害)さんをおこし、あまた(数多)まるちれす(殉教者)御座候。御出世以来千六百廿年せてんほろ(9月)の廿日よりせんさく(穿鑿)仕りはじめ、…」(同上書p.218)
と書かれている。伊達政宗がキリシタンの取調べを開始したのが西暦1620年の9月20日だというのだ。これは、支倉常長が仙台に戻った日ではないか。

以前このブログで、慶長遣欧使節によってローマ教皇に奉呈された日本のキリシタンの連署状を紹介した(「伊達政宗の天下取りの野望と慶長遣欧使節~その1」)。
その内容は、徳川幕府のキリスト教禁教の流れの中で、政宗が日本の将軍となってキリスト教を保護してくれることを熱望するものであった。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-43.html
その伊達政宗が、自らの保身のためにキリスト教の取締りを強化した。奥州のキリシタンたちは、伊達政宗に裏切られたことを断腸の思いを込めてローマ教皇に宛てて連署状を伝えたということだろう。

元和9年(1623)伊達政宗は江戸参勤中に第3代将軍家光に招かれ、その席で奥州のキリシタン弾圧を申し渡されている。それ以降政宗のキリシタン弾圧は更に厳しくなる。

政宗のキリシタンに対する処刑がいかに残酷であったことは、ネットでもいろんな人が書いているが、次のサイトを読めばいつどんな方法で処刑されたかがわかる。
http://tenjounoao.web.fc2.com/mysite1/place/miyagi/biwakubikeijou.html

ここに書かれている「水籠」は水責めの拷問の中でも最も残酷なもので、厳冬の最中に広瀬川河畔に作られた水籠の中の柱にイエズス会のカルヴァリョ神父らを裸で縛り付け、何度も氷結した水籠の水の中に漬けられて凍死させ、さらに遺体は切り刻まれて広瀬川に流されたという。

仙台殉教

また仙台城址に近い大町西公園の一角に、仙台キリシタン殉教碑があるそうだ。次のURLで紹介されている。
http://tenjounoao.web.fc2.com/mysite1/place/miyagi/senndaijunnkyouhi.html

当時の記録を調べると、政宗が謀反を起こすのではないかということをいろんな人が書いている。
政宗はどこの藩よりもキリシタンを厳しく取り締っていることを幕府にアピールすれば、自分がキリスト教勢力と組んで謀反を起こそうとしているという噂を打ち消すことができると考えたのではないだろうか。

政宗の謀反説についてはWikipediaに記されているが、これを読むと謀反説が決して作り話ではないことがよくわかる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%81%94%E6%94%BF%E5%AE%97

政宗が謀反をたくらんでいることが当時の記録の中からいくつも出てくるのである。上記のURLの記事の中からいくつかを紹介しよう。

徳川家康

たとえば、仙台藩の庇護を受けていたイエズス会宣教師のジェロニモ・アンジェリスは次のような手紙を本国のイタリアに送っている。
「テンカドノ(家康)は政宗がスペイン国王に遣わした使節のことを知っており、政宗はテンカに対して謀反を起こす気であると考えていた。彼ら(家康・秀忠父子)は政宗がテンカに対して謀反を起こすため、スペイン国王およびキリシタンと手を結ぶ目的で大使(支倉常長)を派遣したと考えた。」

また、政宗自身も幕府軍と天下を争うことになった場合を想定して、その作戦を立案していることが「東奥老子夜話」に書かれている。この文書には「仙台川を堰き止めて仙台南部を水浸しにして幕府軍の進軍を阻止し、さらに狭隘地に幕府軍を誘い込んで迎撃する一方で、一揆衆を幕府軍後方で扇動し、後方を攪乱するつもりだった」などとかなり具体的に書かれていて興味深い。

また徳川幕府も政宗の謀反を警戒していたことが記録にある。「政宗公御名語集」という書物に、徳川幕府が政宗の謀反を警戒した話がある。
一つは寛永5年(1628)3月に政宗が二代将軍徳川秀忠を仙台藩江戸屋敷に招待して供応した際に、政宗自らが秀忠の前に膳を運んだのだが、秀忠の側近の内藤正重が政宗に毒見を要請したのを政宗は激怒して発した言葉が面白い。「10年前の自分なら謀反を考えたかもしれないが、その時ですら毒殺のようなせせこましいことではなく、一槍交えて戦おうとしただろう」というのだ。その「10年前」というのは慶長遣欧使節がスペイン国王、ローマ教皇の謁見を終えて、フィリピンに滞在していた頃のことなのである。

また上記「政宗公御名語集」には徳川家康が駿府城で死の床に臥していたとき、政宗が謀反を起こすという噂が立ったので、家康は自分の病気にかまわず奥州征伐のための軍を起こそうとしていた話を、政宗は徳川秀忠から直接聞いたという話もある。

政宗がスペイン勢力やキリスト教勢力を味方につけて討幕を考えていたことはほぼ確実だと思うのだが、慶長遣欧使節が失敗に終わってその夢を捨てた。そして今度はキリスト教を弾圧し、幕府の宗教政策に率先して協力することすることで信頼を取り戻そうとしたということなのだろう。

その後ルイス・ソテロと支倉常長がどうなったか。

放虎原殉教地

ソテロは前回の記事で書いたようにガルシア・セラノ・マニラ大司教がソテロの日本帰還を認めなかったためにフィリピンにとどまったが、元和8年(1622)長崎に密入国したが捕らえられ、この際も伊達政宗の助命嘆願があったが容れられず、寛永元年(1624)に大村藩(長崎県) 放虎原(ホウコバル)でフランシスコ会の宣教師2名、イエズス会とドミニコ会の宣教師各一名と共に火刑により殉教したとある。(上の画像は放虎原にある「日本二百五福者殉教顕彰碑」)
http://tenjounoao.web.fc2.com/mysite1/place/nagasaki/houkobaru.html

支倉常長像

支倉常長については元和8年(1622)に死去したという記録があるそうだが、面白いことに宮城県内に3か所の墓があり死亡日がいずれも異なるのだ。たとえば次のサイトで常長の墓のレポートがなされている。
http://blog.goo.ne.jp/hi-sann_001/e/45b1d59df299543e8e920ce9a9102830

帰国の2年目に死んだとの記録もあるようだが、おそらく死んだことにされて墓まで作られたのだろう。またその後キリスト教を棄てたとも言われているが、これも棄てたことにされたのだろう。ちなみに息子の常頼は、寛永17年 (1640)にキリシタン禁制を破った罪で領地没収の上、切腹を命じられ、支倉家は断絶されている。本当に常長が棄教したのであれば、こういうことはありえないと思うのだ。

常長自身が記録した訪欧中の日記が文化9年(1812)まで現存したそうだが、現在は散逸しており幻の史料となっているという。慶長遣欧使節については国内の資料がほとんどなく、フランシスコ会と対立するイエズス会がソテロと使節を中傷する記録を多く残していることが、何が真実かを分かりにくくさせているのだ。当事者の支倉常長の日記がもし見つかれば、多くの謎が解明されることが期待できるのだが、残念なことである。
****************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了することが決定しています。BLOGariの旧メインブログの「しばやんの日々」はその日以降はアクセスができなくなりますことをご承知おき下さい。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル