HOME   »  地方の歴史と文化を訪ねて   »  滋賀県  »  誰が安土城を焼失させたのか~~安土城跡と近隣散策記

誰が安土城を焼失させたのか~~安土城跡と近隣散策記

近江八幡の中心地の観光を終えて安土城跡(近江八幡市安土町下豊浦)に向かう。

安土城絵

安土城は、織田信長が天下統一の拠点として、重臣である丹羽長秀を総普請奉行に据えて安土山に築城させた城である。上の画像は大阪城天守所蔵の「安土城図」で、現在は四方とも干拓されて陸地になっているが、当時は琵琶湖の内湖に囲まれていたことがわかる。

安土城の天守が完成したのは天正7年(1579)のことだが、その3年後の天正10年(1582)の6月2日に本能寺の変が起こり、織田信長は自刃したとされ、その混乱の最中の6月15日に、この城は天守などを焼失してしまったのだが、焼けた原因については諸説がある。

豊臣秀吉が祐筆の大村由己(おおむらゆうこ)に書かせた『惟任*退治記』では光秀の娘婿・明智秀満が放火したことになっているが、秀満は安土城を14日未明に撤収しており、安土城が焼けた15日には坂本城で堀秀政の軍の包囲されたのち自害しているので、安土城の焼失に関わっていることはありえない。また信長の二男の織田信勝という説もあるが、安土城を受け継ぐべき信長の息子が、放火することには違和感を覚えざるを得ない。他には、略奪目的で野盗や土民が放火したとか、落雷で焼失したという説があるが、そのような原因であるならば、何も記録に残っていないことが不自然すぎるのだ。
*惟任(これとう):明智光秀のこと

明智憲三郎

以前このブログで「本能寺の変」とその後の勢力争いについてについて5回に分けて書いたが、そこで何度か紹介させていただいた明智憲三郎氏の『本能寺の変 427年目の真実』では、安土城に火をつけさせたのはズバリ徳川家康だとしている

明智憲三郎氏はこの著書で、家康と光秀が繋がっていたことを論証しておられ、その流れで考えると徳川家康説はなかなか説得力があるのだ。明智氏はこう解説しておられる。

「家康は10日に光秀支援に向かう出陣の命令を出し、6月14日に尾張鳴海に進出しました。そして19日まで戦闘態勢をとっていました。では光秀を支援するための軍事行動として鳴海に出陣しただけだったのでしょうか。
 その時点では安土に明智秀満がいました。当然、家康は安土城の秀満とも連携をとろうとしたはずです。家康は安土城へ支援部隊を送ったと考えられます。
 それを裏付けるように、奈良興福寺多聞院主の書いた『多聞院日記』の12日の記述には、『秀吉が既に摂津に到着して猛勢な上に、家康が既に安土に着陣したとのこと』と書かれています。興福寺は筒井順慶と密接な関係があり、順啓に関わる情報はかなり確度の高い情報を入手していたことで知られています。12日時点で『家康が安土に着陣』ということは、家康は10日の出陣命令と同時に安土へ支援部隊を送っていたのではないでしょうか。
 14日に、山崎の合戦の敗北を知った秀満は、徳川の支援部隊に安土城を委ねて坂本城へ向かいました。そのあと安土に残った家康軍の支援部隊はどういう行動をとったでしょうか。…
 三河の家康にとって安土城がどのような意味を持っていたかを考えれば答えは明白です。家康の領土近くに存在する強大な軍事拠点である安土城は、家康にとって脅威以外の何物でもなかったのです。これを信長の後継者が確保することは何としても阻止したかったはずです。何しろ家康は甲斐の織田勢と戦っている最中だったのです
 したがって家康は、支援部隊が安土城を放棄する場合には城を破壊せよ、と命じていたに違いありません。支援部隊はその命令に従い、安土城天守に火を放って撤退したのです。
 この推理を裏付けるのが、そこに実行犯とされる部隊がいたことです。つまり服部半蔵たちの伊賀者です。『伊賀者由緒忸(ならびに)御陣御供書付』には、伊賀越えで家康を護衛した伊賀者たちが、15日に鳴海で揃って徳川家に侍として採用されたことが書かれています。15日といえば、まさに安土城天守炎上の当日です
 家康は身軽に動ける伊賀者を安土に送り、彼らが安土城破壊を成し遂げた褒美として、徳川家の家臣に正式に取り立てたのです。それはある種の口止め策でもあったでしょう。後には江戸城の裏門を勲功の褒賞として半蔵門と命名したのはあまりにも有名です。」(プレジデント社刊『本能寺の変 427年目の真実』p.185-187)

いつの時代もどこの国でも、権力を奪いとる戦いの中には記録が残されていない出来事が多々あるもので、このような出来事の真相究明には、確認されている事実と矛盾しない仮説を立てるしかないのだが、私は従来説よりも明智憲三郎氏の説の方に信憑性を感じている。

安土城地図

近江八幡の小幡駐車場から安土城跡へは6km程度で15分程度で到着する。
安土城跡には2つの駐車場があって、西側にある市営駐車場は有料(\510)で、東側の摠見寺(そうけんじ)の駐車場(☎0748-46-2142)は無料である。
国の特別史跡に指定されているとはいえ、城跡の拝観料としては700円は結構高いので、知っている人は誰でも東側の駐車場を利用する。この日の西側の駐車場はガラガラだった。

安土城 大手道石段

受付を過ぎると、山腹まで幅広い大手道がまっすぐに伸びている。
大手道の左側の伝羽柴秀吉邸跡があり、大手道の右側には伝前田利家邸跡がある。その上に摠見寺仮本堂がある。摠見寺は以前はもっと西側にあったのだが、安政元年(1854)に本堂などを焼失してしまい、昭和7年(1932)になって、かつて徳川家康邸があった場所に仮本堂が建てられたのだそうだ。

安土城 大手道の石仏

山腹部分に入ると、大手道はジグザグに屈曲しながら延びていて、この部分の踏石や縁石に石仏が数多く使われているのに驚いてしまった。

安土城 本丸跡

城の主郭部へは黒金門跡から入り、二の丸跡には信長廟があり、その東側には本丸跡がある。

上の画像は本丸跡である。『信長公記』によると、この建物には天皇を招き入れる『御幸の間』があったと記載されており、その後の調査で慶長年間に改修された京都御所内の清涼殿に酷似した構造になっていることが判明したという。

安土城 天守閣への石段

本丸跡から天守跡に繋がる階段を登っていく。

安土城天守跡

ここが天守跡だがこの場所に五層七階の天守が聳えていたのだ。

安土城の天守を訪れたイエズス会のルイス・フロイスはこのようにこの城を絶賛している。

「信長は、中央の山の頂に宮殿と城を築いたが、その構造と堅固さ、財宝と華麗さにおいて、それはヨーロッパのもっとも壮大な城に比肩しうるものである。事実、それらはきわめて堅固でよくできた高さ60パルモ*を越える――それを上回るものも多かった――石垣のほかに、その美しい華麗な邸宅を内部に有していた。それらにはいずれも金が施されており、人力をもってしてはこれ以上到達し得ないほど清潔で見事な出来栄えを示していた。そして(城の)真中には、彼らが天守と呼ぶ一種の塔があり、我らヨーロッパの塔よりもはるかに気品があり壮大な別種の建築である。この塔は七層から成り、内部、外部ともに驚くほど見事な建築技術によって造営された。事実内部にあっては、四方の壁に鮮やかに描かれた金色、その他色とりどりの肖像が、そのすべてを埋めつくしている。外部では、これら(七層)の層ごとに種々の色分けがなされている。あるものは、日本で用いられている漆塗り、すなわち黒い漆を塗った窓を拝した白壁となっており、それがこの上ない美観を呈している。他のあるものは赤く、あるいは青く塗られており、最上階はすべて金色となっている。この天守は、他のすべての邸宅と同様に、我らがヨーロッパで知る限りのもっとも堅牢で華美な瓦で掩われている。それらは青色のように見え、前列の瓦にはことごとく金色の丸い取り付け頭がある。屋根にはしごく気品のある技巧を凝らした形をした雄大な怪人形が置かれている。このようにそれら全体が堂々たる豪華で完璧な建造物となっているのである。これらの建物は、相当な高台にあったが、建物全体の高さのゆえに、雲を突くかのように何里も離れたところから望見できた。それらはすべて木材でできてはいるものの、内からも外からもそのようには見えず、むしろ頑丈で堅固な岩石と石灰で造られているかのようである。」(中公文庫『完訳フロイス日本史3』p.112-113)
*パルモ:掌を拡げた時の親指から小指の長さをいい、1パルモは約22cm

イエズス会のフロイスがこう書いているのだから、この時代のわが国の建築技術は世界的に見てもかなり高い水準にあったことは確実だ。しかし、ここまでフロイスから絶賛された建物は、先ほど記したとおりわずか3年で焼失してしまい、再建されることはなかったのである。

安土城天守跡からの眺め

天守跡に立って琵琶湖の方面を眺めると、遠くの方にかすかに湖面が見える。冒頭に記したとおり眼前に広がる水田のかなりの部分は干拓地で、以前の安土城は琵琶湖の内湖に囲まれていた。

琵琶湖干拓

小中之湖地区地域用水能増進事業のホームページ『水土里ネット』に干拓前の昭和10年頃と現在の琵琶湖のわかりやすい地図が掲載されている。この地図で安土城の位置を確認すると、天守の最上階からの景色がどのようなものであったか、おおよその見当がつく。
http://shonaka.siga.jp/now_past/

安土城 摠見寺三重塔

天守跡を下りて、摠見寺三重塔(国重文)に向かう。

摠見寺

摠見寺は安土城築城時に城内に創建され、安土城炎上に際しては類焼を免れて、江戸時代末期までは織田信長の菩提をまもるという役割を担ってきた寺である。しかし先ほど述べたように、嘉永7年(1854)にこの近くにあった本堂を含む大半の伽藍が焼失し、幸運にも焼けなかった三重塔と仁王門が今も旧境内地に残されている。上の画像は『近江名所図会』に描かれた、本堂を焼失する前の摠見寺の境内である。

安土城 摠見寺仁王門

上の画像は摠見寺の仁王門(国重文)で、脇間の金剛二力士像も国の重要文化財に指定されている。

安土城 伝秀吉邸の石垣

摠見寺の仁王門から石段を下りていくと左に折れて大手道方面に向かう道があり、まっすぐ進むと、伝羽柴秀吉邸跡に到着する。ずいぶん立派な石垣のある邸宅跡に驚いてしまった。

摠見寺の駐車場に戻って、次の訪問地である沙沙貴(ささき)神社(近江八幡市安土町常楽寺1 ☎0748-46-3564)に向かう。この神社は、近江源氏佐々木氏の氏神として尊崇されてきた『延喜式』式内社の古社である。
佐々木氏の子孫には、京極、黒田といった大名家や旧財閥の三井家や乃木希助らがいて、毎年10月の第2日曜日に行われる近江源氏祭には、全国から佐々木氏ゆかりの人々が参集し、宇多天皇*が愛護したという舞楽を奉納するのだという。
*宇多天皇:在位887~897年。近江佐々木氏は自らを宇多天皇の皇子敦実親王の子孫としている。

沙沙貴神社

神社でこんなに豪壮な楼門(県指定有形文化財)はあまり見たことがないのだが、茅葺の大きな屋根が独特の雰囲気を醸し出している。提灯に描かれている四つ目結紋は佐々木氏の家紋だ。

沙沙貴神社 拝殿本殿

上の画像は拝殿本殿(いずれも県指定有形文化財)だが、火災で焼失したのち嘉永元年(1848)に再建されたものである。

沙沙貴神社のすぐ近くに、ヴォーリス建築の旧伊庭家住宅(近江八幡市安土町小中191 ☎0748-46-6324)が常時公開されているので立ち寄った。

旧伊庭家住宅

この建物は大正2年(1913)に、旧住友財閥の総理事伊庭貞剛が発注し、その4男の伊庭慎吉の邸宅として建てられたものである。
伊庭慎吉は絵画の勉強に学生時代にフランスに留学し、明治43年(1910)に帰国後八幡商業学校(現滋賀県立八幡商業高等学校)の美術教員となり、結婚後明治44年(1911)に沙沙貴神社の神主となって大正2年(1913)にこの邸宅が完成後に移り住んだという。その後大正10年まで同神社の神主を勤めたのち、昭和6年(1931)から昭和8年(1933)までと、昭和16年(1941)から20年(1945)までの2期にわたり安土村長となったのだが、昭和26年(1951)には京都の牛ヶ瀬にある親族の離れに移り住み、この家は人手に渡ったという。
昭和53年(1978)に土地建物が安土町の所有となり、老朽化のため建物は取り壊される予定があったのだが、後世に残すべきとの声や篤志家の寄付もあって、安土町の指定文化財第1号*として修復され保存されることになった経緯にある。
*現在は近江八幡市指定文化財

詳しい年表が次のURLに出ているが、伊庭慎吉は村長に就任する前に安土城の石段の修復や、摠見寺の仮本堂の建築に資金面で尽力*していたことが記されている。彼がそのために支援した金額は半端な数字ではなかったことは想像するに難くない。
*絵画仲間の小杉放庵の絵を伊庭慎吉が買いとって、仮本堂建築や石段の整備のための基金にしたことを、放庵の長男が記述しているという。
http://wayback.archive.org/web/20080130142708/http://www.town.azuchi.shiga.jp/edu/iba/ibatei5.html

外観は洋風の建物であるのだが、1階には和風の玄関や書院造の座敷があるのは意外であった。2階は全体的には洋風を基調としているが建具や天井などに和風を取り入れていているほか、伊庭慎吉の広いアトリエがあり、窓からは安土城跡と摠見寺のある安土山を望むことが出来る。慎吉は部屋からこの山を眺めながら、安土城の修復や摠見寺の再建に思いを馳せていたことだろう。

旧伊庭家住宅 内部

ボランティアの方の説明を聞いた後、1階の食堂の椅子に腰を掛けて冷たいお茶をいただくことができた。レトロな雰囲気の中でゆったりとした時間が流れ、寛ぐことが出来てとても良かった。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



【ご参考】安土城が焼失する前に本当は何があったのか。興味のある方は覗いてみてください。

本能寺の変で信長の遺体が見つからなかったのはなぜか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-97.html

本能寺の変で信長が無警戒に近い状態であったのはなぜか~~本能寺の変②
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-98.html

明智光秀は何故信長を裏切ったのか~~本能寺の変③.
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-99.html

家康の生涯最大の危機と言われた「神君伊賀越え」の物語は真実か~~本能寺の変④
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-100.html

秀吉の「中国大返し」はどこまでが真実か~~本能寺の変⑤
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-101.html


関連記事
Comment
『本能寺の変 427年目の真実』
こちらの本は専門外なので無精して読んでませんでした。
不勉強ですいません^^

安土城が焼失したことは知ってましたが、色んな説があるんですね。
徳川家康ですか。本当の記録は残さない。判る気がします。
残るのは勝利者によって都合よく書かれたものですから。

どれが一番矛盾しないのか検証するのが歴史の醍醐味ですね^-^
面白く読ませて頂きました。拍手&村クリック
Re: 『本能寺の変 427年目の真実』
時乃★栞 さん、コメントありがとうございます。

明智さんは理系の方ですが、しっかり史料に当たって推理しておられます。改題されて文庫にもなっていますのでおススメします。
いつの時代も勝者は本当の記録は残さないものなので、文書だけに頼っていては勝者のプロパガンダに引っ掛かってしまいます。

何が真実であるかを知るためには、裁判と同様に、立場の違う者の記録も読み、記録のない出来事については、確認されている事実と矛盾しない仮説を立てるしかありませんね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター 
アクセス累計
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了することが決定しています。BLOGariの旧メインブログの「しばやんの日々」はその日以降はアクセスができなくなりますことをご承知おき下さい。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル