HOME   »  江戸時代   »  大政奉還から戊辰戦争  »  大政奉還のあと討幕派はいかにして王政復古に持ち込んだのか

大政奉還のあと討幕派はいかにして王政復古に持ち込んだのか

前回の記事で徳川慶喜が1867年(慶応3)年10月14日朝廷に大政奉還を申し出たことを書いたが、その同じ日に正親町三条実愛(おおぎまちさんじようさねなる)邸にて薩摩の大久保利通、長州の広沢真臣(さねおみ:当時は兵助)に討幕の密勅が手渡され、薩摩藩および長州藩はその請書を提出している。

この『討幕の密勅』はかなり過激な内容になっていて、次のURLにその読み下し文が出ている。
http://www.japanusencounters.net/restoration.html#restoration

討幕の密勅

「詔す。源慶喜は累世の威をかり、闔族(ごうぞく=一門)の強をたのみ、みだりに忠良を賊害(=殺傷)し、しばしば王命を棄絶し、遂に先帝の詔を矯めておそれず。万民を溝壑(こうがく=どぶ谷)におとしいれて顧みず、罪悪の至る所、神州まさに傾覆せんとす。朕今民の父母となる、この賊にして討たずんば、何を以てか上は先帝の霊に謝し、下は万民の深讎(しんしゅう=深い恨み)に報ぜんや。これ朕が憂憤の在る所、諒闇(りょうあん=天皇の喪服期間)にして顧みざるは、万やむを得ざればなり。汝宜しく朕が心を体して賊臣慶喜を殄戮(てんりく=全滅)し、以て速やかに回天の偉勲を奏して、生霊を山嶽の安におくべし、これ朕の願いなり、敢えて懈る(おこたる)ことなかれ。
慶応三年十月十四日、正二位・藤原忠能、正二位・藤原実愛、権中納言・藤原経之、奉る。」

簡単に言えば将軍慶喜を殺してしまえと天皇が命じた文書なのだが、長州藩には京都守護職の松平容保(会津藩主)とその実弟で京都所司代の松平定敬(桑名藩主)を討伐する命令書も同時に下りている。

ところが、この『討幕の密勅』は正式な手続きを経て作成された詔書ではなかった。
Wikipediaによると、天皇の命令文書である詔書は次のような手続きを経て作成されるものだという。
「1.天皇は、作成された原案を承認すれば、自らの手で日付の一字を記入する(御画日)。
2.摂政・関白は、写しが送られてくると朝廷会議を開催して検討し、妥当と決すれば施行を奏上する。
3.天皇は、可の一字を記入して許可する(御画可)。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%8E%E5%B9%95%E3%81%AE%E5%AF%86%E5%8B%85

ところがこの『討幕の密勅』は、
明治天皇の御画日も御画可も欠き、摂政二条斉敬の手も経ていないものであった。二条斉敬は慶喜の従兄で親徳川派だったため、密勅の内容を知ればこれを許さなかったと思われる。後に正親町三条実愛は、密勅は二条摂政にも賀陽宮朝彦親王らにも極秘で、自分と中御門経之・中山忠能・岩倉具視だけが知っていたと証言している。」
とWikipediaに解説されている。

三条実愛
【三条実愛】

そもそも当事者である三条実愛自身が後日「二条摂政にも賀陽宮朝彦親王らにも極秘で」と証言しているのだから、この詔書は本物でなかったことは明らかである
要するに、岩倉具視ら天皇の側近の一部の者が、自己の野心を遂げるために、天皇や摂政に無断で書かれたものでありながら天皇の命令であるとして広められた文書なのである。

国立国会図書館デジタルコレクションに『大久保利通文書』全10冊が公開されている。
その第二冊に慶応3年10月から明治元年の大久保利通に関わる文書が掲載されているのだが、慶応3年10月8日付で薩摩藩の小松帯刀、西郷吉之助、大久保一蔵の3名連名で中山前大納言*、正親町三条大納言、中御門中納言宛に『討幕の宣旨降下を請う書』と『討幕の宣旨降下を請う趣意書』を提出している
*中山前大納言:中山忠能(ただやす)。明治天皇の外祖父
**中御門中納言: 中御門経之。妻は岩倉具視の実姉。

『討幕の宣旨降下を請う書』 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1075746/17
『討幕の宣旨降下を請う趣意書』 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1075746/18

討幕の密書請書 毛利家文庫
【討幕の密書請書】

そして10月14日付で大久保ら6名の連署で中山前大納言、正親町三条大納言、中御門中納言と岩倉具視宛に『討幕の密勅請書』を差出しているのだが、登場人物の大半が同じであることに注目して良い。要するに自作自演なのだ。
少なくとも薩摩藩にとっては詔書が正式な手続きで出されたかどうかはどうでもよく、朝廷からの討幕の要請が正式に出されたかのように振舞って、それを薩摩藩が引き受けた体裁をとっておけば、「討幕」の大義名分がたつと考えたのだろう。その勢いで討幕勢力を糾合させ、王政復古に持ち込む戦略だったのだと思う。
『討幕の密勅請書』 http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1075746/24

一方、慶喜が朝廷に提出した大政奉還上表』については、翌15日の朝議で勅許が決定して慶喜には大政奉還勅許の沙汰書が授けられている。そして、10月21日には、薩長両藩に対しては討幕の実行延期の沙汰書が下されている
はっきり言ってこの時期の朝廷は二条摂政や賀陽宮朝彦親王*ら親幕府派の上級公家によって主催されていて、大政奉還がなされても、朝廷の下に開かれる新政府は慶喜主導になることが当然予想されていた。討幕派はいずれそれを引っくり返すために、早くから武力討幕の準備を着々と進めていた。
*賀陽宮朝彦親王:中川宮、維新後久邇宮

鈴木荘一氏の『開国の真実』に、大政奉還の2ヶ月前の8月20日に木戸孝允と坂本龍馬が密談をしたことが紹介されている。しばらく鈴木氏の著書を引用させていただく。

「この日、木戸孝允は坂本龍馬に、
『…どうか大政返上のことも、七、八分まで行けば、その時の状況で十段目は砲撃芝居以外にはやり方がないだろうと思う』
と話し、坂本龍馬は大いに感服して同意
した。そして坂本龍馬は、9月24日、オランダのハットマン商社から購入したライフル銃1千挺を土佐藩で兵制近代化を進める板垣退助に届けた。
 木戸孝允は坂本龍馬に、アーネスト・サトウ(イギリス公使館員)から示唆された、
『幕府が大政奉還により公権力の名分を失った後に、私闘として武力で幕府を倒す』という『二段階革命論』を吹き込んだ

 …
こうして事態はどんどん進んでいった。討幕の密勅が下った薩摩藩では、藩主島津忠義(当時は茂久[もちひさ])、西郷隆盛らに率いられた薩摩藩兵三千人が四隻の汽船に分乗して11月13日鹿児島を出発し、長州藩領三田尻港を経由して京都を目指した。…
長州藩では奇兵隊・游撃隊など諸隊千二百人が六隻の軍艦に分乗して11月25日藩地を出発し、芸州(広島)藩からは11月28日に藩兵三百人が入京し、11月末には薩摩・長州・芸州藩兵約五千人が京阪神地方に集結
して事態はいよいよ緊迫の度を深めた。」(『開国の真実』p.317-318)

兵庫港が開港される日は慶応3年12月7日(西暦1868年1月1日)で、そのまま開港されてしまえば、将軍慶喜のリーダーシップを内外に印象付けるとともに、貿易が開始されることで諸外国は平和と安全を望むようになる。討幕派が政変を起こすとすれば、少なくとも兵庫開港から遠く遅れない時期に起こさなければならないと考えていたのである。そして11月末には薩長等の討幕軍が畿内に集結してクーデターの舞台が整った。

岩倉具視
岩倉具視

兵庫開港の翌日の12月8日に岩倉具視は薩摩・土佐・芸州・尾張・越前五藩の重臣を自邸に集めて王政復古の断行を告げ、協力を求めている。
そして翌12月9日、朝議が終了して公家衆が退出した後、待機していた五藩の兵が御所の九門を封鎖し、御所への立ち入りは藩兵が厳しく制限し、二条摂政や朝彦親王ら親幕府的な朝廷首脳の参内が禁止されたという。
そうした中、岩倉具視らが参内して「王政復古の大号令」を発し、慶喜の将軍職辞職勅許、京都守護職・京都所司代の廃止、江戸幕府の廃止、摂政関白の廃止などを決定し、天皇のもとに新たに総裁、議定、参与の三職を置くことを定めている。

夕刻行われた小御所会議について、再び鈴木荘一氏の著書の解説を引用させていただく。

山内容堂
山内容堂

「このように世上騒然とするなか、12月9日、朝廷において小御所会議が開かれた。
 参加者は、15歳になる明治天皇ならびに公卿衆、大名としては尾張藩の徳川慶勝、越前藩の松平慶永(春嶽)、土佐藩の山内豊信(容堂)、薩摩藩の島津忠義、芸州(広島)藩の浅野茂勲(しげこと)の5人である。徳川慶喜は除外されていた。会議では、まず議定中山忠能が『徳川慶喜の官位拝辞と所領四百万石の没収』いわゆる『辞官納地』を主張した。これを聞いた山内豊信(容堂)は怒りを顕し
『なんたることを言われるか。およそ本日のことは頗る陰険にわたっている。徳川慶喜は祖先より受け継いだ将軍職を投げうち、政権を奉還された。その忠誠は誠に感嘆に耐えない。また徳川慶喜の英明は天下に聞こえている。すみやかに徳川慶喜を朝議に参加させて意見を述べさせるべきである。二、三の公卿たちはなぜ今日のような武断を行い、あえて天下の乱階(らんかい)を開こうとされるか』
と反論した。堂々たる正論である。誰も反論することは出来なかった。
その直後、勢いに乗った山内豊重(容堂)の口が滑った。山内豊重(容堂)は、更に続けて
『この暴挙を敢えてした二、三の公卿の意中を推しはかれば、幼冲の天子を擁して、権力を私(わたくし)しようとすもの!』
と断定し、岩倉具視を厳しく糾弾したのである。…(略)…
 突然、矢面に立った岩倉具視は、まなじりを上げて反撃に出た。岩倉具視は、
『御前でござるぞ、お慎みあれ。『幼い天子を擁して』とは無礼にもほどがあろう』
と山内豊信(容堂)を一喝した。岩倉具視は、さらに続けて、
『徳川慶喜が本当に反省しているなら、自ら官位を退き、土地を朝廷に還納すべきである。朝議参加はそれからのことである。』
と声を励まし居丈高に主張した。

…(略)…
しかし越前藩の松永慶永(春嶽)、尾張藩の徳川慶勝、芸州(広島)藩の浅野茂勲は、徳川慶喜の出席を求める山内豊信(容堂)の意見に同調した。山内豊信(容堂)の意見が正論であり常識的だったからである。議論は深夜におよび、膠着した。そして一時休憩となった。
この休憩時間に、薩摩藩士岩下左次右衛門が西郷隆盛に意見を求めると、筒袖・へこ帯に刀を差しただけの姿で警備にあたっていた西郷隆盛は、
『短刀一本あれば片付く事ではないか。このことを岩倉公にも一蔵(大久保利通)にも、よく伝えてくれ』

と言い放った。西郷隆盛『山内豊信(容堂)が会議再開後も慶喜の出席を求めて抗論するなら明治天皇の御前であっても山内を刺殺すべき』と言った。
…(略)…
西郷の意向を聞いた岩倉具視は『なるほど』と唸り、山内刺殺の決意を固め、短刀を懐に入れた。
西郷の意向と岩倉の決心を聞いた山内豊信は、論争は最早これまで、と観念し沈黙した。
 こうして朝議は徳川慶喜に対する『辞官納地』を決定し、実質上の武力討幕方針を決めた。

 結局…、イギリス型公議政体への移行を理想とした徳川慶喜の大政奉還は、
『武力討幕派に隙を見せただけ!』
 という不毛な結末に終わった
のである。」(同上書 p.318-321)

二条城二の丸御殿

こんなひどいやり方で、小御所会議で徳川慶喜の『辞官納地』が決定した時、慶喜は京都の二条城にいた。当時京都には幕府陸軍5千余人、会津藩兵2千余人、桑名藩兵千余人、その他あわせて1万人余の幕府軍がいて、討幕を目指す薩長軍も約5千人が京都にいて、幕府軍と一触即発の情勢であったという。

慶喜が、その後どう対処したかについては次回に記す事としたい。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



【ご参考】このブログでこんな記事を書いてきました。よかったら覗いてみてください。

幕末の孝明天皇暗殺説を追う
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-159.html

「明治天皇すり替え説」を追う
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-255.html

坂本龍馬の妻・お龍のその後の生き方
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-87.html

お龍は何故坂本家を飛び出したのか、お龍の言い分
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-88.html

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事
Comment
お恥ずかしながら
こんにちは。いつもお世話になっております。
やはりしばやん様の記事には説得力があり、わかりやすいです。

兵庫開港がポイントであること、面白いです。
また、自作自演でお粗末ながら流れ出したら止まらない事があること、怒りと情けなさに涙が出そうです。
好き嫌いで物事を見てはよろしくないですが、やはり嫌だなぁと思いました。

この時代以降の尾張徳川の動向、名古屋人としてはよくわかる背景があるのですが、よそからはどう見えるのかなぁ?裏切り者なのかなぁ?と悩みつつ、生まれ育った土地の殿様には誇りといいますか、愛着があります。

感情を抑えつつ、事実を知ろうとすることは若輩者の私にはとても難しいです。
Re: お恥ずかしながら
つねまるさん、おはようございます。
コメントいただき、ありがとうございます。

学校やマスコミを通じて得た徳川慶喜はあまり良いイメージのものではなかったのですが、幕末以降の歴史は勝者である薩長にとって都合の良いように編集したものですから、慶喜を悪しざまに書くことは当たり前なのでしょう。

観方を変えれば、慶喜がいたからわが国は王政復古のあとに内乱にならなかったわけで、もし明治期に慶喜が薩摩征伐を決断していたら、多くの人命だけではなく、多くの文化財を灰にしていたことでしょうし、もしかすると、フランスかあるいはイギリスの半植民地のようになっていたかもしれませんね。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (上位500)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル