HOME   »  地方の歴史と文化を訪ねて   »  兵庫県  »  「国生み神話」ゆかりの神社を訪ねて、昼は鱧料理のフルコース~淡路島文化探訪の旅2

「国生み神話」ゆかりの神社を訪ねて、昼は鱧料理のフルコース~淡路島文化探訪の旅2

淡路島は「国生み神話」の舞台でもある。
高校時代に日本神話を学んだときは、史実でもない作り話にほとんど関心を持たなかったが、この歳になって実際に「古事記」や「日本書記」を読んでみると、結構面白いのだ。

「国生み神話」は「古事記」と「日本書紀」とは微妙に異なるところがあるが、たとえば「古事記」にはこのように書かれている。

「そこで天の神様方の仰せで、伊耶那岐の命(いざなきのみこと)・伊耶那美の命(いざなみのみこと)お二方に、『この漂っている国を整えてしっかりと作り固めよ』とて、りっぱな矛(ほこ)をお授けになって仰せつけられました。それでこのお二方の神様は天からの階段にお立ちになって、その矛をさしおろして下の世界をかき廻され、海水を音を立ててかき廻して引きあげられた時に、矛の先から滴る海水が積もってできた島が淤能碁呂(おのごろ)島です。その島にお降りになって、大きな柱を建て、大きな御殿をお建てになりました。」(新訂「古事記」:武田祐吉訳 角川ソフィア文庫p.209)

kuniumi.jpg

「…そこで伊耶那岐の命が仰せられるには、『わたしのからだは、できあがって、でき過ぎた所が一か所ある。だからわたしのでき過ぎた所をあなたのでききらない所にさして国を生み出そうと思うがどうだろう』と仰せられたので、伊耶那美の命が『それがよいでしょう』とお答えになりました。そこで伊耶那岐の命が『それならわたしとあなたが、この太い柱を廻りあって、結婚をしよう』と仰せられてこのように約束して仰せられるには『あなたは右からお廻りなさい。わたしは左から廻ってあいましょう』と約束してお廻りになる時に、伊耶那美の命が『ほんとうに立派な青年ですね』といわれ、その後で伊耶那岐の命が『ほんとうに美しいお嬢さんですね』といわれました。それぞれ言い終わってから、その女神に『女が先に言ったのはよろしくない』とおっしゃいましたが、しかし結婚をして、これによって御子水蛭子をお生みになりました。この子は葦の船に乗せて流してしまいました。次に淡島をお生みになりました。これも御子の数にははいりません。」(同書p.210)

「かくてお二方でご相談になって、『今わたしたちの生んだ子がよくない。これは天の神様のところへ行って申し上げよう』と仰せられて、ご一緒に天に上って天の神様の仰せをお受けになりました。そこで天の神様の…仰せられるには、『それは女の方が先に物を言ったので良くなかったのです。帰り降って改めて言いなおした方が良い。』と仰せられました。そういうわけで今度は伊耶那岐の命がまず『ほんとうに美しいお嬢さんですね』とおっしゃって、後に伊耶那美の命が『ほんとうにりっぱな青年ですね』と仰せられました。かように言い終わって結婚をなさって御子の淡路の穂の狭別(さわけ)の島をお生みになりました。…」(同書p.210)

この「淡路の穂の狭別の島」が現在の淡路島で、伊耶那岐と伊耶那美は続いて伊予の二名の島(四国)、隠岐の三子の島(隠岐)、筑紫の島(九州)、壱岐、対馬、佐渡、大倭豊秋津島(おおやまととよあきつしま:本州)を生んでいくのだ。

天地創造

キリスト教の世界では神が天地を創造し、アダムを創造したのだが、アダムが一人でさびしそうにしているので神が、アダムを慰めるためにアダムの肋骨からイブを作ったとしている。

いずれも作り話なのでとうでもいいと考える人が多いとは思うのだが、国民の誰もが子供のころから知っているような宗教や神話のストーリーが、男女の関係についての考え方に与える影響が小さいはずがないのではないかと思う。

日本神話では男神と女神とが共同ですべてを創造し男神がリードしながらも男女が相互補完する関係を描いているが、キリスト教の男女の関係は圧倒的に男性優位の描き方のように思える。日本では紫式部や清少納言らが活躍していた時代に、キリスト教世界では女性で活躍した人物が誰もいないのは、旧約聖書における男女観と無関係ではないように思うのだ。

淡路島の旅行の話に戻そう。前回は弘仁10年(820)に弘法大師が伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)の鎮護の寺として開祖した東山寺(とうさんじ)の仏像のことを書いた。
東山寺の次の目的地は「伊弉諾神宮」だ。

「日本書記」によると、国生みの大業を成し遂げた伊弉那岐が、御子神である天照大御神に国家統治を任せて、淡路の地に幽宮(かくれみや)を構えて余生を過ごしたことが記されている。その場所が「伊弉諾神宮」なのだそうだ。

Wikipediaによると、この神社は古代には淡路島神、津名神、多賀明神などと呼ばれていたのだそうだが、正式に「伊弉諾神宮」と言われるようになったのはいつ頃のことなのか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%BC%89%E8%AB%BE%E7%A5%9E%E5%AE%AE

いざなぎ神社鳥居

上の画像が「伊弉諾神宮」の鳥居だが、淡路国一宮だけのことはあって想像していた以上に大きな神社だった。

いざなぎ神社本殿

上の画像は本殿で、明治15年(1882)に建築されたものだ。

いざなぎ神社夫婦大楠

境内には樹齢900年の「夫婦大楠」がある。これは2株の樹木が、成長するにつれて合体して1株になったというもので、兵庫県の天然記念物に指定されている。

最初に紹介した「国生み神話」の最初のところで矛の先から滴る海水が積もってできた「淤能碁呂(おのごろ)島」という島があった。この島がどこにあったかは諸説があるようだ。

おのころ神社鳥居

上の画像は、南あわじ市榎列(えなみ)の自凝島神社(おのころじまじんじゃ)の大きな鳥居だ。この鳥居は厳島神社、平安神宮の鳥居とともに日本三大鳥居のうちの一つとされているそうだが、社殿はけっして大きなものではなかった。

「古事記」や「日本書記」を普通に読むと、「淤能碁呂(おのごろ)島」は「淡路島」と別の島のはずなのになぜここが「淤能碁呂島」なのかと思うのだが、南あわじ市のHPによると、「数千年前の縄文時代には、三原平野の低い所が入江であった(縄文海進)とされていることから、また、水辺に群生する葦が最近まで島の北部一帯に広がっていたことからも、むかしは、海の中に浮かぶ小島であったと考えられて」いるのだそうだ。
http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/index/page/61d5bb170f81649594fa7a7e9ee37f16/
淡路島の南に沼島(ぬしま)という小さな島があり、この島が「淤能碁呂島」という説もある。この島に渡るとここにも「おのころ神社」があるそうだが、一日10便の船で渡るのは諦めた。

文治はもすき

この時期(6-8月)の沼島は鱧料理が有名だ。自宅にあった「るるぶ淡路島」に沼島の鱧を料理してくれる「文治」というお店が福良にあることが載っていたので昼食の予約をしていたが、この時期はさすがに満席だった。

はも鍋

鱧料理と言っても、いままでは「湯引き」したものを梅肉や三杯酢で食べたことしかなかったが、朝まで生きていた新鮮な鱧で作った鱧のあぶり、鱧の湯引き、鱧のてんぷら、鱧すき、特性のダシで煮込む鱧すきとその後の福良産のそうめんなど、何を食べても旨かった。写真の左の器にあるのは鱧の肝と卵だが、この味が忘れられないのでまた行くことになりそうだ。

<つづく>
*****************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
伊弉諾神宮は戦後に伊勢、鹿島、香取以外で初めて神宮宣下を承けて神宮を冠しました。
それまでは伊弉諾神社。
別称に、幽宮。淡路国一宮。いっくさん。日之少宮(伊勢神宮の御来光(朝日)の宮に対応した夕日の宮、此が重要)。
また、有名ではないですが全国で唯一の『御神社』
現在の本殿並びに瑞玉垣内は古来、絶対禁足地であった古墳の墳丘を明治政府は何を思ったのか恐れ多くも解体、更地にして石棺(伝承ではこの際、恐れ多くも中を拝察すると二柱の御遺体を認めた由)の周囲に石造の人工基壇を造成した上に本殿(を被して何かしら不都合なモノに蓋をした)を創建したもの。
神代の昔から此処に有ったのではなく、古墳にお鎮まりと言うことから古墳時代以降。
有り体に言えば伊勢神宮と同じ飛鳥時代に飛鳥宮を中心とした東西線のこの地に(記紀神話にあわせて)遷座、鎮祭されたとするのが順当。
伊弉諾尊は淡路島と明石(播磨)をアッチコッチ、時の天皇(大王)の都合でその大王宮殿の真西(おうむね呼応した位置関係が認められています)に結界の要として置かれたと考えれば
明石(播磨)~淡路島の南北に伊弉諾尊が沢山鎮座為さるのも理解しやすいと思います。
それなら何故この場所にずーっと鎮座為さるのか?は、
宮都 の建設の基本的な考え方が中国式の風水による物にガラリと変わって。まあ、お払い箱、無用になった
ただ、飛鳥の次代の我が国初の中国式都である藤原宮は風水と旧来の神霊結界の両方を配置したハイブリッドタイプ。
神霊結界の配置には勅命を受けた行基上人が担っていたと考えられ、
藤原宮(/畝傍山)の東西線、、、、伊勢の二見浦(大江寺。興玉神社の原型、日の神)と淡路島の伊勢の森、栗村山常隆寺を建立。(山頂には神明鳥居に皇室の菊花紋の石祠の神社。常隆寺の本尊は十一面観音=天照皇大神。また平安京の丁度裏鬼門。早良親王の霊安寺。桓武天皇勅願寺。)
また、その更に西には児島半島に喩伽大権現宮を創建。
史書?の日本書記に最初に伊弉諾尊が鎮座した場所は淡路島北端の地名も岩屋の三対山(小さな岩山)石屋神社。(三対山の東麓の洞窟が幽宮と伝承される場所。伊弉諾神宮摂社)
頃は崇神天皇の御代。
13代成務天皇は勅命を煥発なされ淡路島北端の石屋神社の御神体を対岸明石浦に遷座奉り岩屋神社を創建なさしむる。
神功皇后は征途の砌、石屋神社に詣でてあんな事やこんな事を加持祈祷なさり云々。
、、、天照皇大神(伊弉諾尊)の幽宮である海(アマ)の岩屋の前で大巫女(神功皇后)があんな事やこんな事を加持祈祷。
凱旋帰還の際には海の岩屋に新たな天照皇大神の応神天皇をお連れになってのお礼参り、、、。

中世、勅裁により淡路島北端の(淡路国四宮。とも)石屋神社の御祭神、国常立尊、伊弉諾尊、伊弉冉尊の三柱に天地大明神の称号を奉る。
(現在も天地大明神を号する)

おのころじま神社は昔の古写真では周りと余り変わらない平地に御鎮座為さるお姿でしたが、少し時代が下った写真ではしっかりと盛り土(神力で隆起?)されて現在と同じ丘に造成。、、、
おのころじま神社の祭神は多分、千年以上に渡り長らく伊弉諾尊と伊弉冉尊と信仰されていた淡路二宮の大和大国魂神社
の祭神を社名通り旧の大和大国魂大神(天照皇大神と同等の最高神) に復するに際して、
明治政府の皇国史観と長らくの信仰を鑑み別場所に新たに社地を定めて鎮祭したとするのがいちばんしっくり来ます。
二宮さまの場所は高速道路の直ぐ脇の見上げた高台。
古代海進による三原入江の湊で上陸地。周囲はハタの地名。全て整合性があります?
大和大国魂神社が此処にある意味はかなり重要に思います。
大和大国魂大神とは、、、神祀、鎮祭の原理原則(神の子孫、末裔に限る)~天火明尊。海部氏等の始祖。天照国照彦天火明尊、、、天照皇大神

往古の一宮の伊弉諾神社と二宮の大和大国魂神社の朝廷の扱いは
何故か実質的に二宮の大和大国魂神社の方が手当て(租税の配分)が手厚く格上かのような扱いだった。
Re: タイトルなし
たぬきさん、詳しい解説ありがとうございます。

あまり目に触れることのない記述が多いのでとてもうれしいのですが、このような内容がどのような書物あるいはサイトにかかれているか、ご教示していただくとありがたいです。

しかし、明治政府は伊弉諾神社の古墳の墳丘を何故解体したのでしょうか。
明治初期に奈良・堺の県令であった税所篤は廃仏毀釈を積極的に推進し、奈良の寺宝を手に入れたばかりか、仁徳天皇陵も掘り起こして副葬品を持ち出したことをこのブログに書いたことがありますが、伊弉諾神宮でも同様なことがあったのかも知れませんね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル