HOME   »  明治時代   »  明治経済史  »  貧家に生まれた岩崎彌太郎が三菱財閥を創業した経緯

貧家に生まれた岩崎彌太郎が三菱財閥を創業した経緯

「スリーダイヤ」の三菱のマークを知らない日本人はほとんどいないと思うのだが、戦後GHQが財閥解体を行うまでは、三井財閥・三菱財閥・住友財閥は三大財閥と呼ばれていた。

三大財閥のうち三井、住友の両家はそれぞれ300年以上の商家としての歴史があり富の蓄積があるのに対し、三菱は明治期の動乱期に、創業者の岩崎彌太郎が政商として巨万の利益を得てその礎を築いたとされる。
三菱グループのホームページに『岩崎彌太郎物語』があり、そこには「土佐国、井ノ口村。貧しい村の貧しい家に生まれた。明治維新まで33年、1835(天保5)年のことである。」とある。
https://www.mitsubishi.com/j/history/series/yataro/yataro01.html

岩崎弥太郎

教科書などでは「海運事業は政府の保護のもとに、岩崎彌太郎の創立した三菱会社を中心に発達した。」(『もういちど読む 山川日本史』p.226)ときわめて簡単に書かれているのだが、そんなに貧しい家に生まれた人物が、どうして「政商として巨万の利益」を短い期間で得ることが可能となったのかと誰でも疑問に思う。

以前このブログで坂本龍馬暗殺に関して岩崎彌太郎が絡んでいるという説を紹介した。
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-27.html

いろは丸
【いろは丸】

慶応3年4月23日、海援隊が海運業の目的で大洲藩から借り受け、武器や商品などを満載していたとされる「いろは丸」と、紀州藩の軍艦「明光丸」が広島県の鞆の浦近辺で衝突し、龍馬が乗っていた「いろは丸」の右舷が大破して沈没した事件があり、龍馬が船の代金と、積荷代金の支払いを紀州藩に要求して結局7万両の支払いで決着し、岩崎彌太郎が経営を任されていた土佐商会がその金を受け取った時期に、坂本龍馬が暗殺されている。
その後海援隊と土佐商会は解散となり、九十九商会と改称して個人事業となって、岩崎彌太郎は明治4年(1871)の廃藩置県の時に九十九商会の経営を引き受け、土佐藩の負債を肩代わりする形で土佐藩所有の船3隻を買い受けた頃から、「三菱」の歴史が始まっているのである。

その経緯がわかるような本を国立国会図書館デジタルコレクションで探してみたところ、昭和3年に出版された徳久武治著『金と悪魔』という本にこんな記述があるのが見つかった。文中の「石川」という人物は、三菱会社設立時からの功労者であった「石川七財」で、彌太郎が土佐商会の金で豪奢な生活をしていることを疑った土佐藩主が密偵としてこの人物を送り込んだのだが、その気配を察知した彌太郎がたちまちに石川を抱き込んで自分の腹心としたという経緯にある。

「ところでここに彼(岩崎)と『石川』以外には知られなかった大枚七万円という秘密の大金があった。それは彼の『坂本龍馬』が、伊州丸の償金として紀州家から取ったものを『龍馬』の死後、他人の名義で彼が保管していたのであった。『石川』が如何にしてこの秘密を知ったかというに、藩の命を受けて内密に『彌太郎』の罪跡調査中に計らずも嗅ぎ付けたのである。『石川』は敵として恐るべく、味方として頼むべき有為の材であった。『石川』は彼の股肱となった今日、大胆にもその金を会社の資金として流用を勧めた。そしてさらに、土佐藩の倉庫にあった、樟脳四万丁、時価十五六万両の品を『後藤象二郎』の斡旋で自分の方へ送らせ、この二つで忽ち二十二三万円の資金を作ることが出来た。その後まもなく『九十九商会』を解散し、豊富なる資金と十余艘の汽船帆走船を有する『三菱会社』を新たに創設した。時に明治四年、『彌太郎』は年わずかに三十七歳であった。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271732/77

少し補足すると、『いろは丸』は大洲藩から龍馬が借りた船であり、賠償金のうち船価にあたる部分は本来なら大洲藩に支払われるべきものである。「龍馬『伝説』の誕生」(新人物文庫)という本には、「土佐藩から大洲藩への賠償金は、船価(35630両)の一割引きの金額が年賦で支払われることになっていたが、第一回の支払いが実行された記録が、土佐藩にも大洲藩にもない」と書かれている。だとすると、岩崎彌太郎が7万両を流用した可能性は高そうだ。

鯨札
【鯨札…土佐藩の藩札】

また岩崎彌太郎は維新政府が貨幣の全国統一化に乗り出す前に、藩札を大量に買い占めて荒稼ぎしたという説がある。
明治維新後、明治2年に版籍奉還が行なわれたが、各藩主はそのまま知藩事として留まっていたため実質的には全国統一国家の形にはなっておらず、明治政府としては早急に廃藩置県を断行したかったのだが、そのためには各藩が発行していた藩札を太政官札に引き換えることが必要であった。当時藩札の相場は下落していて、藩によっては3分の1とか4分の1になっていたようだが、廃藩置県後に政府がこの藩札をいくらで引き受けるかはぎりぎりまで秘匿されていたという。

岩崎弥太郎伝

昭和7年に出版された白柳秀湖が著した『岩崎彌太郎伝』には、この事情についてこう記されている。
「藩札を廃藩置県布告の日の相場で引き換えるということのきまったのは、さほど前ではなかったようであるが、藩札を大蔵省で引き受けて処分するという大体の方針が決まったのは、余程前のことであったものと見えて、秘密は一部に漏れたらしく、土佐藩ではこの時岩崎彌太郎が買占めをやって大儲けしたという説がある
 この頃岩崎の部下に森田眞造という男があった。この男は堺の『米キ』即ち石崎とごく懇意の中であったが、岩崎は森田を通じて『米キ』から十万両の太政官札を借り出した。もちろん、土佐藩の信用では百両の融通もむずかしい当時であったが、岩崎は土佐藩の小参事で、東京在住の後藤象二郎や、林有造を通じて太政官の機密を早耳に知るには、最も便利な地位にあった。廃藩置県前後、大阪では太政官の機密を一日早く知ると知らぬとで、何百年という旧家がころんだり起きたりした。どういう交換条件であったかは知らぬが『米キ』は十万両の太政官札を岩崎の為に融通した。岩崎はこの十万両で、下落のどん底にあった鯨札*を手の及ぶ限り買い集めた。
 そこへ廃藩置県が来て、各藩の藩札は大蔵省で引き換えるということになったから、岩崎は大儲けした
。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1186605/133

隱れたる事實明治裏面史

また、昭和3年(1928)に伊藤痴遊の著した『隱れたる事實明治裏面史. 續編』にはこんな話が記されている。
「九十九商会の自分には、船も十艘を越えず、あまり大きなものではなかったが、台湾征伐*の時、その運送御用を引き受けた時から、そろそろ頭をもたげてきた。彌太郎が大隈を介して、時の権力家大久保を説き付け、政府から金を出させて、数艘の汽船を買い入れさせこれを利用して、台湾征伐の御用を無事に果たし、その役の終わるや、その船はいつの間にか、九十九商会の所有にしてしまったのである。」
*台湾征伐(出兵):台湾に漂着した琉球島民54人が殺害された事件の犯罪捜査などについて、清政府が「台湾人は化外の民で清政府の責任範囲でない事件」として責任回避したので、1874年(明治7年)に明治政府が行った台湾への犯罪捜査などのための出兵
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1899876/66

まるで九十九商会が政府の所有する船を横領したような書き方だが、戦地に赴く船には敵の攻撃を受けるリスクが高いことは言うまでもない。船を出す方からすれば、成功報酬が余程高くなければ応じられないことは当然だから、明治政府とかなり厳しい条件交渉があったと考えるのが自然なのかもしれない。
それにしても彌太郎はかなり運が強く、同様なやり方で保有船数を大幅に増やしていった。

西南戦争 城山の戦い
【西南戦争 城山の戦い】

その3年後の明治10年(1877)には西南戦争がおこり、軍隊や兵糧の輸送について、明治政府は岩崎に一切を託すこととなった。再び伊藤痴遊の著書を引用する。

「この時に岩崎は政府へ建白して、五百七十万ドルの金を支出させ、自分がこれに三十万ドルの金を加え、十隻の汽船を外国から買求めて、御用に応じて、西南戦争が終わってのち政府から出させた五百七十万ドルで買った船は、貰ったものでもなく払下げたものでもなく、何だか訳のわからぬうちに、岩崎の手に帰してしまったのである。
 表面において、陸軍省から支払われた運賃だけでも四百万円以上に上っている。こういう事情から、三菱会社の基礎は堅固になり、岩崎家の資産は、遽(にわ)かに増してきたのである。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1899876/67

いかにリスクの高い事業であったとはいえ、岩崎にかなり有利な条件であったことは確実だろう。明治政府とこのように有利な交渉が出来たのは、大隈重信の存在が大きかったようだ。伊藤痴遊は岩崎と大隈との関係をこう記している。

「あまりの悪辣なる彼のやり方に対して、なかなかに非難も多かったのである。その仲介を勤めたのが大隈であったから、今でも大隈家と岩崎とは因縁があり、重信の生存せる間は、年々岩崎家から少なからぬ台所料なるものが支出されていたということは、公然の秘密であった。前年大隈邸が焼失した時分にも、岩崎家は直ちに見舞金として十万円を贈っている。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1899876/67

伊藤痴遊
【伊藤痴遊】

このような手法で三菱会社はどんどん事業を拡大し、岩崎家も富を増殖していくことになるのだが、その事が国内で大問題となる。伊藤痴遊の解説を続けよう。
「…三菱会社の商売振りというものは、甚だしき専横振りを発揮し、乗客はあたかも豚の如く取扱われ、貨物の賃金などは、荷主の懐を考えず、ボリ放題に取上げたものである。そのために、世間の非難が漸く起こって来たのみならず、沿岸の海運業者との軋轢が甚だしくなり、三菱会社専横の声が非常な勢いで勃発した。
 同時に政府部内においても、あまりに岩崎家の富が増殖していくのと、三菱会社の事業が拡張されていく、この二つの事情から考えて、何とか牽制策を講じなければならぬという議論が日を追うて高くなってきた。民間においては田口卯吉が、東京経済雑誌紙上において、さかんにその横暴を痛撃するというような有様で、政府部内の岩崎征伐論は、勢いを占めて来た…、」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1899876/68

田口卯吉
【田口卯吉】

文中の田口卯吉の三菱批判も国立国会デジタルコレクションで読むことが出来る。
田口は明治11年の大蔵卿の予算表から、農商務省本省の総予算458,773円のうち、三菱会社250千円、沖縄号航海費9千円、朝鮮国定期航海費10千円が三菱会社に支払われる内容になっていることを指摘している。本省の予算の6割近くが三菱会社一社に支払われている予算になっているのだが、これを問題視した田口卯吉は正論を述べただけのことだ。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/799175/260

政府内でも品川弥次郎、西郷従道が立ち上がり、渋沢栄一が音頭取りになって三井系の共同運輸会社が創設されると、両社の競争が始まって運賃が大幅に値下げされることとなる。
伊藤痴遊の著書によると、横浜から神戸までの船賃が三菱が独占していた時代は乗客一人について5円50銭だったが、共同運輸会社との競争が始まると1円50銭まで下がり、さらに50銭になって弁当まで出たという。

220px-Y_Iwasaki.png
【岩崎彌太郎】

しかし、ここまで船賃が下がる消耗戦が続いてはお互い採算が取れるはずがない。岩崎は共同運輸会社の株価が低落したのを見て、過半数以上の株式を買い占めてしまったという。
ふたたび伊藤痴遊の著書を引用しよう。

同時に三十万円の運動費を支出して、岡本健三郎*が政府部内に運動を始めた。それは西郷、品川のやりかたに反対しているものを突っつき始めたのである。
『それまでして岩崎を苦しめるには及ぶまい。三菱会社も、前後二回の戦争には、相当の功労があったものである。したがって戒しむべき点は戒めておくことに悪いことは無いが、これを潰してしまうことは、ちょっと穏やかではない』
という説が起こってきた。
 同時に過半数以上の株券を持っている岩崎家が、共同運輸会社の解散説を主張し始めたから、遂にこれに敵対すること能わず、紛擾は日一日と高まってきた。その中に仲裁者が現われ、遂に両社合併という説が行なわるることになり、その結果として成立したのが、今の日本郵船株式会社なるものである。したがって、今日でも郵船会社の勢力は岩崎家の手に帰しているのは、もとより当然のことであって、近藤廉平**の去った後の郵船会社は、大分形勢が変わってきたが、その以前においては、あたかも岩崎家の出張所たるが如き観があったのは、無理もなきことである。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1899876/69
*岡本健三郎:元土佐藩士。坂本龍馬と中岡新太郎が襲撃される直前まで近江屋にいたが、所用があり退席して難を免れている。この人物が、見廻り組を近江屋に案内したという説もある。
http://blog.goo.ne.jp/awakomatsu/e/95407fac112a63f8a76eacda13ffd82d
明治14年(1881)に自由党に参加。日本郵船株式会社設立に参画し理事となる。
**近藤廉平:元徳島藩士。明治5年に三菱商会に入り、岩崎彌太郎の従妹・豊川従子と結婚。その後日清汽船社長、日本郵船社長となる。

共同運輸会社との協定が成立したのは明治18年(1885)の2月6日なのだが、岩崎彌太郎は年明けから重病を患っており、主治医からは絶対安静を命じられていたということだが、両社の協定成立については主治医の了解をとって報告がなされたという。
そして岩崎彌太郎はその翌日、2月7日の夕刻に帰らぬ人となっている。享年52歳であった。
遺骸は同月13日に駒込染井の墓地に葬られ、葬式には京浜間の主たる社員だけが参列を許されたという。

西郷従道
【西郷従道】

明治維新前後の大混乱の中、一代で巨額の富を築きあげた岩崎彌太郎は、強烈なリーダーシップと卓抜した商才の持主であったことはそのとおりなのだが、かなり強引なやり方で金を稼いだことで世論の批判も多く、農商務卿西郷従道から「三菱の暴富は国賊なり」と非難されたこともあった。

岩崎彌太郎の商売のやり方は、以前このブログで書いた近江商人の商いの精神とは対極にあったと言って良いだろう。
近江商人は「商いというものは売り手も買い手も適正な利益を得て満足する取引であるべきであって、その取引が地域社会全体の幸福につながるものでなければならない」と考え、『三方良し』、すなわち『売り手良し、買い手良し、世間良し』の精神を商売の心得としたのだが、創業期にこのようなやり方で巨額の富を短い間で築き上げることは不可能に近い。

三綱領

しかし、三菱の経営理念はのちに近江商人の考えに近づいていく。第4代社長の岩崎小彌太が1930年代に定めた経営理念『三綱領』が今も三菱グループの企業活動の指針となっているという。
・所期奉公…期するところは社会への貢献
・処事光明…フェアープレイに徹する
・立業貿易…グローバルな視野で

https://www.mitsubishi.com/j/history/principle.html

先ほど紹介した『金と悪魔』という書物で、著者の徳久武治はおもしろいことを述べている。
「今日及び今後の『三菱』にはもはや『彌太郎』の如き創業の材幹を必要としない。もし万一彼の天命を長からしめば、あるいは益々野望を逞しうして、ためにせっかく築き上げた全財産を擲(なげう)ち丸裸になるようなことが無かったとも限るまい。この意味から言えば、彼が比較的短命であったことは、かえって『三菱』の大を成し得た所以であるとも言える。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1271732/82

創業は易く守成は難し」ということわざがあるが、何事も新しく始めることよりも、築き上げたものを軌道に乗せて守り続けていくことのほうが難しい。
彌太郎という人物がいなければ三菱財閥が生まれることは無かったのだが、徳久武治の言う通り、もし彌太郎が早死にせずに社長として長くとどまっていたなら、三菱グループは今ほどの大きな企業集団にはなっていなかったのではないだろうか。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



【ご参考】
このブログで、こんな記事を書いてきました。良かったら覗いてみてください。

坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか①
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-26.html

坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか②
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-27.html

坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか③
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-28.html

坂本龍馬の暗殺は誰がやったのか④
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-29.html

薩摩藩・長州藩の討幕活動に深く関わったグラバー商会のこと
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-483.html

明治維新と武士の没落
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-361.html

明治政府は士族をどう活用しようとしたのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-362.html

江戸開城後に静岡移住を決意した旧幕臣らを奴隷同然に運んだ米国の船
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-363.html


このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (上位500)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル