HOME   »  明治時代   »  版籍奉還から廃藩置県  »  「鳥取県」の消滅から再置以降の時代と鳥取の不平士族の動き

「鳥取県」の消滅から再置以降の時代と鳥取の不平士族の動き

前々回の記事で明治9年(1876)になって鳥取県は島根県に編入されることになり、再置される明治14年(1881)までの5年間にわたり「鳥取県」という名が地図から消滅したことに触れた。

2014年の県内総生産額で比較すると島根県が23,823億円に対し鳥取県が17,791億円、人口で比較しても島根県が697千人に対し鳥取県が576千人なので、経済力も人口も島根県のほうが上である。県庁所在地である松江市と鳥取市を比較しても、松江市の人口は206千人に対し鳥取市の人口は193千人。経済規模を調べても松江市の市内総生産8541億円に対し鳥取市は6419億円であり、いずれにおいても松江市の方が優位にある。
では、明治の初めの頃はどうであったのか。

Wikipediaの『府藩県三治制下の日本の人口統計』に明治維新から廃藩置県までの人口統計
が紹介されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%9C%E8%97%A9%E7%9C%8C%E4%B8%89%E6%B2%BB%E5%88%B6%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88

そのデータ(『明治史要』)を見ると、鳥取県の中心となった旧鳥取藩の人口が379千人であるのに対し、島根県の中心部となった旧松江藩は297千人で、総人口だけでなく華族の人口においても士族の人口においても旧鳥取藩の方が多かったことがわかる。
また、石高でいうと旧鳥取藩は32万5千石の大藩で、旧松江藩は18万6千石にすぎず、明らかに旧鳥取藩の方が格上であったのである。

にもかかわらず、明治9年の第二次府県統合で鳥取県が島根県に編入されて「鳥取県」という名前が消滅してしまった。

廃藩置県(1871)第一次府県統合 斎藤忠光氏作成地図
廃藩置県(1871)第一次府県統合 斎藤忠光氏作成地図】

もう少し詳しく見ていこう。
上の地図は明治4年(1871)の廃藩置県(第1次府県統合)後の地図である。廃藩置県による府県統合の経緯については『日経電子版』の記事に地図とともに詳しく解説されている。この時点で3府302県から3府72県となり、現在の山陰両県の範囲に、鳥取県、島根県のほかに浜田県が存在していた
http://college.nikkei.co.jp/article/51521018.html

明治12年(1879)時点の地図(斉藤忠光氏作成)
【明治12年(1879)時点の地図(斉藤忠光氏作成)】

ところが明治9年(1876)の第2次府県統合で、鳥取県、島根県、浜田県が統合され「島根県」と呼ぶことになった

旧藩時代に鳥取藩は山陰地方で最大の藩であったのだが、明治9年(1876)の9月6日に、格下であったはずの島根県令から鳥取県庁に宛てて「今般鳥取県は本県と合併される」旨の布告が届いたのである。

鳥取の人々はこの布告をどう受け止めたのか。国会図書館デジタルコレクションに昭和7年(1932)に出版された『鳥取県郷土史』が公開されていて、この頃のことについてこう記されている。

この飛報は実に青天の霹靂(へきれき)であって、県民誰一人として信ずることは出来ない位であった。特に因幡人士の驚愕は言語に絶し、爾来これが再置を計るため、いろいろ計画することとなった。懐かしい『鳥取県庁』の門標は下ろされて、墨蹟も新しく『島根県支庁』と代えられた。時の長官伊集院権参事は、高知県に転任のため鳥取県を去ることになった。多数の先輩が氏を叶の茶屋まで見送っての帰り路、眼前に聳ゆる城山を涙なくして眺め得たであろうか。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918542/664

旧国名 部分

鳥取県は東西に長く、地域によってこの問題の受け止め方は異なっていたようだ。文中の「因幡」は律令制に基づいて設置された「因幡国」があった地域で鳥取県の東部を指し、鳥取県の西部は「伯耆」と呼んでいた。

「合併後における県民の態度は、因伯二国によって自ずから異なるのは、止むを得ぬことであった。隠岐は明治4年12月本県(鳥取県)に合併されたが、元来松江藩の治下に属していたものであるから、この合併は望むところであった。伯耆は因幡の者ほどには思わなかったようである。それは伯耆は出雲に近く、前から生業風俗習慣においても出雲と親密な関係があり、また中には県庁が近くなって険阻な坂道を往復する苦痛もなくなるなどと考えるものもあったらしい。従ってこの合併を憤った者は、主として因幡人士、殊に士族階級のものであった。しかし一般的に考えれば、二百数十年間政治の中心であった鳥取から、その政治機関を取り去られることは、堪えられない寂しさであるのに、まして維新の当時、我が藩の尽力によって救われた松江に併合される事は、この上もない屈辱であると考えた。…」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1918542/664

少し補足すると、幕末の松江藩は政治姿勢が曖昧で、大政奉還・王政復古後も幕府方・新政府方どっちつかずであったために、慶応4年(1868)に山陰道鎮撫使が派遣され、鎮撫使は松江藩の意向を確認したうえで、2月13日には同藩に最後通牒を突き付けている。この最後通牒の全文が次のURLで読める。
https://ameblo.jp/k2600nen/entry-10083168983.html
これに驚いた松江藩は家老の大橋筑後が切腹して鎮撫使に謝罪することに決めたのだが、鳥取藩主池田慶徳が鎮撫使との仲介を申し出て、松江藩の藩世子及び家老等の血誓書を提出させることで許されるとの鎮撫使の内諾をとりつけ、家老の命と松江藩の危機を救った歴史がある。
『鳥取県郷土史』で、鳥取の人々が「維新の当時、我が藩の尽力によって救われた松江に併合される事は、この上もない屈辱であると考えた」と記されているのは、このような歴史を知るとよくわかる。

しかし、因幡の人々は、ただ「鳥取」という県名を失っただけではなかった。できたばかりの島根県の行政にも大いに不満があったようだ。昭和18年に出版された『鳥取市史』にこう解説されている。

当時島根県当局においては因伯両国に対し、道路の改修、流行病の防圧。租の低減等に対し、何らの対策を講ぜず、島根県へ対するものとの間に差別があった。加うるに封建政治の崩壊は同時に武士階級の勢いを衰えせしめ士族の生活は日々に窮迫し、廃県以来官衙は松江に移され鳥取は日に日に衰頽を来たし商家及び士族の倒産する者が続出するに至った
 ここにおいて鳥取の疲弊は廃県によるはもとよりであるが、島根県当局が因伯両国の施政に無関心であるとなし士族の救済、道路及び教育に対する施設、租税の軽減を図り、また県令をはじめ首脳部は鳥取地方を巡視して明細に地方の事情を洞察し、以て其の振興を図るべしと訴うるに至った。足立長郷(あだちながさと)が共斃社(きょうへいしゃ)を組織して県政に対する不平士族を糾合するに至ったのはこれに起因するのである。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042221/610

鳥取だけでなく全国でも同様だったのだが、士族たちは廃藩置県で今まで生活の本拠となっていた藩を失い、さらに明治6年(1873)1月に徴兵令で、陸海軍の採用を士族に限定しないことが決まったために、本来の職能であった軍役からも離れることとなって士族たちはその存在意義を失い、さらに明治9年(1876)の秩禄処分で士族の禄制が廃止され、士族の収入は激減した。その上に山陰の政治の中心地としての役割を失い経済も衰退して、多くの失業士族が発生した。鳥取藩が大藩であっただけに、その数はかなり多かったのだが働く場がなかったのである。

足立長郷が明治13年(1880)に設立した共斃社は、困窮していた鳥取士族の生活を安定させる目的で組織され、社員の数は2~3千名に達したという。幹部の中には因幡における反政府派の領袖で、かつて同志ととも弾薬を製造し、武技を鍛錬し、西南戦争に参加しようとした詫間護郎の名前もある。
共斃社によって県当局を非難攻撃する演説会が各所で開かれ、明治13~14年の米価格の高騰の原因は因伯米を他地方に持ち出すためと考え、地主や米商人に対し米の移出を暴力的に阻止するなど、過激な行動が当時から問題になっていた。

岡崎平内
【岡崎平内】

このような状況を憂えた島根県会議長・岡崎平内(へいない)らは愛護会を結成し、士族救済はもとより、産業・交通を盛んにして疲弊した民力を回復するには、鳥取県を島根県より分離し、鳥取県を再置するしかないと主張するようになり、県再置について政府の要人に対する組織的な活動を開始した。また明治13年3月に徳島県が高知県より分離したことから、鳥取県の再置問題について世論も関心を持つようになり、13年の秋には鳥取で再置促進の町民大会が開催されたという。
そして翌明治14年に岡崎平内ら3名が陳情書を携えて山縣有朋に鳥取県再置を嘆願したのだが、その時の陳情書の内容が『鳥取市史』に要約されている。そこには風俗人情の違いが大きいことや、県庁までの距離が遠すぎること、課税が鳥取の人々が割高となっていることなどが述べられている。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1042221/612

山縣有朋
【山縣有朋】

また鳥取にいた同志たちも島根県令・境二郎を訪ねて、県当局自らが鳥取県再置の建議を行うことを陳情している。そして境県令はエスカレートしていた共斃社の動きなどを考慮して、5月中旬に明治政府に鳥取県再置の建議書を政府に差し出したという。

これらの行動が功を奏して、同年7月に山縣有朋が実状を調査するために島根県を巡視することが決定し、山縣は約2週間をかけて鳥取の交通の不便さや生活に困窮する士族の様子を視察したうえで、「島根県を割って鳥取県を置くことが急がれる」と報告したという。
そして8月30日に、太政大臣三条実美や山縣有朋を含む5人が集まった会議で鳥取県再置が決定し、9月12日付けで鳥取県を再置し因幡・伯耆の一円を管轄して県庁を鳥取市に置くことを定めた布告が出されている。

伯耆地図
【伯耆地図】

しかしながら、鳥取県再置運動に反対する人も少なくなかったようだ。
因幡と伯耆は藩政時代からの対立があり、特に伯耆では鳥取士族に対する反発が強かったという。そしてこの地域では鳥取県再置に反対する運動が、再置が決定する前後に激しくなったという。
各地で鳥取県再置に反対する建白書が出されていたが、久米郡選出の県会議員岩本廉蔵はさらに伯耆一致で反対の請願をまとめようとして河村郡選出議員・中原慎太郎を倉吉に会同することを求めたところ、中原は同調しなかった。それは何故だったのか。

河村郡が鳥取県再置反対に同調しなかったのは、過激化していた共斃社の活動と関係があった。中原はその理由についてこう記しているという。

「鳥取は追年衰頽し市民糊口困苦。為に旧藩士一社を結び共斃社と名付くその乱暴、名状すべからず。県書記官星野輝賢来鳥せし時恐怖して匆々帰程に就き倉吉に至りたるも後難を恐れて宿泊せしむるものなく遂に徹夜帰庁せりと言う。殆んど無警察の姿にて実に惨怚たる光景なり。これを救うこの道他なし。再置県あるのみなり。」
www.yurihama.jp/uploaded/attachment/4975.doc

鳥取県

河村郡は現在の東伯郡三朝町・湯梨浜町および倉吉市の一部だが、もし河村郡が鳥取県再置に反対し、伯耆一致の請願書が出されていたら、鳥取県の再置がすぐには実現しなかったかもしれない。皮肉なことに、共斃社の過激な活動が鳥取県の再置に反対する伯耆の人々の団結を崩すことに繋がったのである。

山田信道
山田信道

再置後の初代鳥取県令となったのは熊本藩出身の山田信道であった。
鳥取県元気づくり総本部発行の『鳥取県ができるまで』という12ページのパンフレットに、廃藩置県により鳥取藩が鳥取県となり、明治9年(1876)に鳥取県が島根県に併合されて14年(1881)に再置され、再置後の山田県令の県づくりまでが簡潔にまとめられている。

そのパンフレットには山田県令の業績についてこう記されている。

山田は、生活に苦しむ士族に仕事を与えること(士族授産)、道路網の整備、産業や教育の振興を目標に新しい県づくりに力を注ぎました。山田が最初に着手したのは、道路網の整備でした。
 明治16年から大規模な道路解説事業が始まり、現在の国道9号線をはじめとする主要15路線500kmを改修しました。
 また、士族授産として、北海道移住政策を行い、釧路や岩見沢に士族を移住させました。その一方で、鳥取に残った士族に、養蚕・製紙業に取り組ませることにしました。」

明治9年(1876)に熊本で士族が反乱を起こし、熊本鎮台司令官種田政明、熊本県令安岡良亮らが殺害された「神風連の乱」があった。山田信道は熊本でこの乱が起きた時は政府協力派であったが一時期は神風連に所属していて、生活に困窮していた士族に理解のある人物であった

大楽毛物語 ③

北海道新聞の連載記事『大楽毛物語③』*(平成26年2月18日付)に、山田県令が鳥取士族たちの北海道移住に尽力したことが記されている。当時鳥取士族たちは働く場所もなく、三食にも事欠く状態で餓死者も多かったという。

山田県令は、狂暴な行動の多かった不平士族団体共斃社の人々を、なんとか正道につかせ、共斃社を解散させようという意図をもっていた。明治15年12月、共斃社3人と県属田代修敬が県貴で北海道視察を行ったが、眼付も態度も良くない彼らの言動に業を煮やした北海道は、鳥取士族は移住まかりならぬと、時の農務省西郷従道に上申した。
 しかし山田県令の努力で、ようやく許可された
のである。政府も北海道開拓に熱意を持ち、士族の移住を奨励し『他県の士族(貧困にして自力移住できない人)は、本県管轄下への移住とし、農業及び漁業に従事することを希望する者に限る』と。…」
*『大楽毛物語』:大楽毛は釧路市の地名で、当初鳥取士族が入植するはずであった場所。丹波新聞店のHPに連載記事の全て(①~⑩)を読むことができるので興味のある方は覗いていただきたい。
http://www.otappi.jp/publics/index/8/page64=2/page55=30

そして明治17年(1884)6月に、鳥取県士族移住者41戸207人が、第1次として人跡未踏のベツトマイ原野(現在の北海道釧路市鳥取)の一角に集団移住帰農して、「鳥取村」を創始し、翌18年5月14日には、第2次鳥取県士族移住者64戸306人が移住し、総戸数105戸、総人口513人の村落が形成された

鳥取士族の開拓移住

この時に釧路に移住した鳥取士族の御子孫の方が、祖母の「……あの『おしん』より辛かった………」との言葉から、釧路の開拓が大変な苦労の連続であったことを記しておられる。
今でこそ釧路は人口173千人の都会だが、当時は道もなく、ただの原野が広がっていたという。

「見渡す限り一望千里の草原と柳。ハンやタモの巨木が川岸より鬱蒼として生えて昼尚暗い森林。  
今もって民家がない湿地帯で、人も棲まない野地だった。  
与えられたバラック作りの家屋。
木造平屋建ての柾葺、壁は四分板を外側に打ち付けた一重の薄い一枚板。
天井板もなく雨露を凌ぐだけの粗末なもの、畳もわずか、筵かゴザを敷いたものだった。」
http://www.mahoroba-jp.net/about_mahoroba/tayori/oriorino/oriorino200903tottori.htm

移住者の家屋 明治18年移住藤代家(昭和18年の写真)
【移住者の家屋 明治18年移住藤代家(昭和18年の写真)】

今まで鍬も鋤も握ったことのない士族たちが、厳寒の季節には零下30度にもなる土地に移住して原野を開拓していくのに大変な苦労があったことは言うまでもないが、彼らをして難事業をやり遂げさせたものは、武士の矜持と考えればよいのだろうか。

鳥取県の士族たちにとって明治維新は悪夢のような日々の連続であった。
旧藩時代は山陰随一の大藩で、12代藩主・慶徳は15代将軍・徳川慶喜の異母兄という関係から親幕派でありながら尊王という微妙な立場を取り、戊辰戦争では官軍について転戦している。
明治の世になって、藩主は明治2年(1869)の版籍奉還で鳥取藩知事に就任したが明治7年(1874)の廃藩置県で免職となり、鳥取城は明治6年(1873)に陸軍省の管轄となったのち明治11年(1878)に破壊され、心の拠り所であった因幡東照宮は明治7年(1874)に神仏分離が強行されて『樗谿神社(おうちだにじんじゃ) 』という名前にかえられ、山陰地方最大の祭りであった権現祭りも行われなくなり、明治9年(1876)になると士族は刀を身に着けることを禁じられ、鳥取県は島根県に編入されて『鳥取県』という名前も失い、さらに秩禄処分で収入は激減し、山陰の政治の中心地が松江に移って鳥取は衰頽していくばかりで、鳥取士族たちは働きたくとも働く場所が見つからなかったのが現実である。彼らが明治政府に強い不満を持ったのは当然のことだと思う。

明治政府がもっと早い段階で鳥取士族に働き場所を提供していれば別の展開になっていたのかもしれないが、プライドの高い彼らがいきなり辺境の地を新天地に選ぶことは考えにくく、ギリギリまで追い詰められたからこそ、北海道の開拓に行く決断ができたのだと思う。

鳥取士族たちが開拓したという釧路市の鳥取地区は今の市の面積の4分の3を占め、市の人口の約半分が現在この地区に住んでいるという。釧路市の礎を築いたのは鳥取士族であったと言っても過言ではないのである。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご参考】
最後の鳥取藩主・池田慶徳は15代将軍慶喜の異母兄であったことと関係があったのかもしれませんが、鳥取士族達は明治政府にかなりひどい目にあわされました。
では江戸幕府の旧幕臣達はどうだったかというと、彼らもひどい目に遭っています。興味のある人は覗いてみてください。

明治維新と武士の没落
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-361.html

明治政府は士族をどう活用しようとしたのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-362.html

江戸開城後に静岡移住を決意した旧幕臣らを奴隷同然に運んだ米国の船
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-363.html

静岡に移住した旧幕臣たちの悲惨な暮らし
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-365.html

徳川家と共に静岡に移住した士族が記した「士族の商法」
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-366.html

徳川家旧幕臣らが士族身分を捨てて開拓した牧之原台地
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-367.html


関連記事
Comment
不平士族 国事犯 集治監
明治10年頃の不平士族といえば、過激な思想を持つ人物と認識されると、国事犯にされてしまうケースも多かったようですね。北海道に、明治14年樺戸集治監、翌年に空知集治監が続けて設置されたのも、国事犯として捕まる不平士族の数があまりに多くなったために、監獄を増設する必要が生じたのが理由だそうです。同様に自由民権運動家も、国事犯として捕らえられることもしばしば有ったとのこと。集治監では、囚人を強制労働させ開拓を行った由。
官軍方に付いた鳥取藩ですら、新政府に不満を持たざるを得ないような状況だったのだとしたら、他の地域では、さらに過激な感情を持った人たちも多かったのだと思います。
看守も旧士族を採用したとのことでした。
Re: 不平士族 国事犯 集治監
ラングドック・ラングドシャさん、コメントありがとうございます。
明治14年樺戸集治監、翌年に空知集治監が設置されて、国事犯として捕まる不平士族が送られたということは知りませんでした。情報ありがとうございます。

武士の力を借りて明治維新を成し遂げたにもかかわらず明治政府は士族を冷遇し、鳥取では史士族の餓死者が出たという記録もあるようです。鳥取に限らず、士族の数の多い大藩であったところは特に大変であったようです。

明治政府は士族を養う資金はなく、かといって軍隊に入隊させる考えはありませんでした。おそらく、不平分子が軍隊に入って武器を以て内乱が起こることを怖れたのでしょう。政府はいずれ不平士族たちが内乱を起こすことは覚悟し、そのために軍事力の増強を図っていたと考えています。

教科書にはあまり書かれていないですが、政府の要人が不平士族に何人も襲われています。神風連の乱や秋月の乱、萩の乱、西南戦争で不平士族の問題が片付いたのではないようです。
士族に占める比率
旧士族を軍隊に入隊させる考えはなかった、というのは、おっしゃるとおりの理由からだと思います。
「網走監獄」のホームページ(http://www.kangoku.jp/kangoku_hiwa1.html)を見ると、
「征韓論に端を発した西南戦争は国事犯を生み、明治10年代から増え続けた囚人は明治18年には8万9千人と過去最高の収容者数となり」・・・
この「囚人」の全てが,国事犯というわけではないとも思いますが、国事犯の多くが士族だったとすると、明治14年時点で男性の士族の数が40万人程度だったという統計(※)からみて、犯罪者とされた人の比率が、非常に多い気がしました。
移住者・屯田兵になった人数も数えると、ものすごい率で、士族が国を離れる事態が発生していたようです。
(※)『明治前期財政経済史料集成』が出典とのこと(国会図書館デジタルライブラリにもあるそうです)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11115067541
金禄公債の売却
wikipediaの「秩禄処分」の項を見ると、家禄・維新貢献者に対する賞典禄の代わりに交付された公債について、「1882年に鳥取県より出された、全士族のうちの9割が既に金禄公債を売却してしまったという報告書」があるそうです。
追伸
鳥取藩士も参加した「箱根戊辰戦争」で負傷した幕臣、遊撃隊隊長の伊庭八郎さんを主人公にした漫画作品「無尽」というのはご存じですか?
女性の漫画家、岡田屋鉄蔵さんの作品なのですが、登場人物の息遣いまで聞こえてくるような、素敵な作品です。現在4巻まで出ています。是非ご高覧ください。
Re: 士族に占める比率
いろんな資料を紹介いただきありがとうございます。

網走監獄は調べると面白そうですね。確かに士族の総数は女子供を入れた数字で、囚人はほぼ男性と考えてよいので、士族の犯罪者比率がかなり高そうです。
ウラがとれるような記録が見つかれば記事にしたいテーマです。

ご存知かもしれませんが、各藩別の資料は大隈重信関係資料『府藩県石高人員表』にあり、Wikipediaで紹介されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/府藩県三治制下の日本の人口統計
Re: 金禄公債の売却
情報ありがとうございます。
鳥取県は士族の餓死者が出たと言いますから、納得のいく話ですね。
教科書や通史をいくら読んでも士族の怒りが伝わってこなかったのですが、いろいろ調べていくと、士族が怒って当然のことを明治政府はやってきたと思います。
秩禄処分のことはもっと勉強して、何か書きたいです。

Re: 追伸
仕事を続けながらこのブログ記事を書いているので、今のところは調べて書く時間に余暇のほとんどを充てています。
ブログを書き始めてからは、あまり先入観を持ちたくないので歴史ものの小説などを読まないことにしているのですが、ラングドック・ラングドシャさんが勧められる漫画なら読んでみたいものです。早く会社をリタイアしてフリーの時間が増えるといいのですが…。
鳥取藩の新国隊
先日、日本カメラ博物館の講演に行ってきました。
鳥羽伏見のときに官軍方となって戦った、鳥取藩の新国隊というものの存在を知りました。
隊士の大部分が武士ではなくて、応募してきた商人・農民から編成されていたとのこと。
その後調べると、明治になってからは、拠点を米子に置かれたとのことでした。
鳥取藩の幕末は、思いがけず複雑なようです。
Re: 鳥取藩の新国隊
ラングドック・ラングドシャ さん、コメントありがとうございます。

鳥取藩の新国隊のことは存在すら知りませんでした。情報ありがとうございます。

ネットでググると、ご指摘の通り米子に拠点を置いたとありました。新国隊の事を否定する勢力がいたから米子を拠点にしたのだと思いますが、戊辰戦争にいち早く参加して藩の軍功が認められたようです。


確かに鳥取藩の幕末は複雑で、興味深いところです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。キーワードを含む全てのブログ記事のリストと、記事の最初の文章が表示されます。記事を探す場合は、カテゴリーで記事を追うよりも探しやすいです。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
最新記事
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
タグクラウド

年別アーカイブ一覧
RSS登録er
Kindleストア
旅行・出張






グルメ
よく使っています


旅館・ホテル

スピードクーラー
楽パック 航空券×宿
レンタカー

ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (上位500)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    おすすめ商品
    楽天Kobo電子書籍
    読書
    このブログで採り上げた本のいくつかを紹介します
    三田村武夫の 『戦争と共産主義』復刻版

    同上 電子書籍

    同上 自由選書版

    江崎道郎氏がコミンテルンの秘密工作を追究するアメリカの研究を紹介しておられます





    落合道夫氏もスターリンの国際戦略に着目した著書を出されました

    この本で張作霖爆殺事件の河本大佐主犯説が完全に覆されました















    南京大虐殺の虚妄を暴く第一級史料。GHQ発禁本の復刻版







    GHQが発禁にした日本近代化史















    人気ページランキング
    集計スタート時期が良くわかりませんが、おそらく2016年の夏ごろから現在までの記事アクセスランキングです。