HOME   »  江戸時代   »  元禄時代  »  江戸時代に大阪が商業の中心地として栄えた理由と、豪商・淀屋の闕所処分を考える

江戸時代に大阪が商業の中心地として栄えた理由と、豪商・淀屋の闕所処分を考える

徳川家康が江戸に幕府を開いた以上は、徳川幕府の歴代将軍は江戸が政治・経済・文化の中心になるよう努力したに違いないのだが、元和元年(1615)の大坂夏の陣で豊臣氏は滅亡したにもかかわらず、大阪がわが国の経済の中心地であり続けたのである。その理由はどこにあったのだろうか。

この問題について徳富蘇峰は『近世日本国民史. 第19 元禄時代 下巻 世相篇』でこう解説している。この本は国立国会図書館デジタルコレクションで誰でもネット読むことが出来る。

政治上に於いては、一個の大名の城下程の勢力もなかった大阪が、何故に重要の働きを、徳川時代に為しえたかといえば、それは別儀ではない。ただ大阪が、日本全国物資の集散地であったからだ。物資中でも、殊に封建時代に於ける将軍をはじめ、大名どもの生命(いのち)と頼む、米の集散地であったからだ
 徳川氏の封建制度は、米の上に立つたる制度だ。徳川将軍の所得は勿論、その旗本でも、大名でも、また大名の家来たる侍(さむらい)でも、みなその所領の百姓から年貢として米を取り、米を以て生活の基本にした。しかも人は米のみにて生活する能わず、その米を通貨に代え、通貨を以て、自余の需要に供した。その米の処分を為す場所が大阪であった。而してその米の取り捌き人が、大阪商人であった。されば単に米のみについて見ても、大阪商人は、日本における武士の、敢えて総てとは言わぬが、大部分の生命(いのち)の綱を、握りつつあるものと言わねばならぬ。
 しかも大阪は単に米の都のみではなかった。その水陸における運輸交通の利を占め、その日本における最も膏饒(こうじょう)にしてかつ富庶なる環境を控え、さらに遠くは朝鮮、支那、海外との関門と接触し、鎖国政策実行後に於いても、長崎と江戸の中間に位するため、あらゆる海外貿易についても、より大なる便宜を専らにした。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228467/21

江戸時代の航路

江戸幕府は当初は浦賀を貿易港にしようと動いたようだが、商業の中心地を江戸に移すことは出来なかった。江戸は武士中心の社会であり、大阪商人からすれば上に無用の束縛をなす武士が少ない方が商売がやりやすかったし、京都に近くまた海外貿易の拠点である長崎からも遠くない大阪を離れたくなかっただろう。

「…江戸に於いては商人が武士に叩頭し、大阪にては武士が商人に叩頭す。江戸に於いては、商人の得意先が武士であり、大阪に於いては、武士の得意先が商人であった。かくのごとくして江戸が武士の都である如く、大阪は商人の都であった。而していわゆる上方の文化なるものは、この大阪の富と、京都の歴史との、化合的産物と言わねばなるまい。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228467/21

大阪が米の集散地となったとは豊臣時代からのことだが、豊臣家が滅亡し徳川幕府の直轄地となったのちにさらなる発展を遂げ、米取引で巨額の財を成す者が現われるに至る。

徳富蘇峰の前掲書に『堂島旧記』が引用されており、淀屋のことが記されている。

「…淀屋與右衛門という有福の者ありて、寛永正保の頃より、西国諸侯方積登せし米穀を引請け、売捌代銀を取立て国へ送り、江戸屋敷への仕向等の世話をもって業とす。則ち町人の蔵元なり。寛文年に至りては、この蔵元を勤むる者数軒に及ぶ。尤も淀屋を第一とす。ここにおいて市中米商する者、多分この淀屋に集まり買得せしより、自然と米価高下を争い、是より相場の事起これり。[堂島旧記]」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228467/30

菱垣新綿番船川口出帆之図
【菱垣新綿番船川口出帆之図】

淀屋の初代・岡本三郎右衛門常安(じょうあん)は伏見城の造営や淀川の堤防改修工事で采配を振るったのち材木商を営み中之島の開拓を行った人物だが、二代目の淀屋言當(ことまさ)の時代に自身が拓いた中之島に米市を開き、中の島を渡るための淀屋橋を自費で土佐堀川に架けている

淀屋橋
【現在の淀屋橋】

Wikipediaには、こう解説されている。
「米市に集まる米を貯蔵するため、諸藩や米商人の米を貯蔵する蔵屋敷が中之島には135棟も立ち並んでいた。また1620年代、全国の米の収穫は約2700万石有り、自家消費や年貢で消費される分を除く約500万石が市場で取引きされていた。その4割の約200万石が大坂で取引きされていたと言われている。
米市の取引きは場所を取る米を直接扱わず、米の売買が成立した証拠として手形を受け渡し、手形を受け取った者は手形と米を交換するという事が行われていた。それが次第に現物取引でなく、手形の売買に発展する事になった。この淀屋の米市で行われた帳合米取引は世界の先物取引の起源とされている。淀屋の米市は二代目の言當、三代目の箇斎(かさい)、四代目の重當(しげまさ)の時代に莫大な富を淀屋にもたらした。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%80%E5%B1%8B

摂津名所図会 巻四 2
【摂津名所図会 巻四】

では、淀屋にどの程度の富が蓄積されていたのだろうか。淀屋4代目の重當の贅沢振りが『元正間記』という書物にこう記されているという。文中の古安(こあん)は、重當のことである。

淀屋屋敷

「彼古安が代に奢り過ごして、屋敷を百間四方に構え、家作の美麗はたとえて言うべき様もなし。大書院、小書院は、総体金張付金襖、勝田興則興信が彩色の四季の花鳥なり。庭には泉水立石、唐大和の樹木を植えさせ、夏座敷と名付けて、四間四方四面に雨椽(ぬれえん)を付けて、玻瓈(びいどろ)の障子を立て、天井も同じびいどろにて張詰め、清水を湛え、金魚銀魚を放したるてい、天下の御涼所にても、是にはいかで勝るべき。右のほか数寄屋の構え、金銀を延べたる如く、奥座敷には欄間に四季の草花を彫らせ、雨椽高欄は朱塗りに仕立つ。大名高家の連中方もいかでか及ぶべき。表廻りの手代座敷、料理の間、台所は広大なること、言語に絶え、夫々の役人を定めて、家内は常に市をなしけり。
 これにより西三十三か国の大名衆の御用を承り、西国九州の諸大名、淀屋の金借用なきは一人もなしといえり。金銀には諸大名よりの付届(つけとどけ)、家老用人の歴々にも手をつかせ、高位大禄の輩とも膝を組んで威を振るう。…」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228467/30

4代目の重當はこのような贅沢三昧を続けたのだが早死にし、元禄15年(1702)に息子の淀屋辰五郎が家督を継ぐこととなった。しかしながら辰五郎も親の重當と同様に「町人の分限を超え、贅沢な生活が目に余る」とされ、宝永2年(1705)に闕所(けっしょ)、すなわち全財産没収の処分を受けている

摂津名所図会 巻四 1
【摂津名所図会 巻四】

この時に没収された淀屋の財産は驚くべき金額である。Wikipediaによると、
闕所時に没収された財産は、金12万両、銀12万5000貫(小判に換算して約214万両)、北浜の家屋1万坪と土地2万坪、その他材木、船舶、多数の美術工芸品などという記録が有る。また諸大名へ貸し付けていた金額は銀1億貫(膨大に膨れ上がった利子によるものであるが、現代の金額に換算しておよそ100兆円)にも上った。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%80%E5%B1%8B

米1石が約6万円として計算すると、100万石の大名でも石高はほぼ600億円で、税収はその半分程度ということになる。元禄10年の元禄郷帳・元禄国絵図の石高は2600万石程度だから税収は8000億円程度という計算になることを考慮すると、100兆円にも膨れ上がった諸大名の借金など淀屋に返せるはずがないだろう

それにしても、贅沢が目に余るという理由で淀屋の莫大な全財産を没収した幕府は随分横暴なことをしたものである。重大な罪を犯したわけでもないのに、どう考えても処罰が重すぎるのである。
しかも淀屋辰五郎は18歳*で家督を継ぎ、闕所処分にされた時はわずか21歳前後の青年であった。
*淀屋辰五郎の出生年は貞享元年(1684)とされているが諸説あり、徳富蘇峰は前掲書では15歳で家督を継いだとあるので、闕所処分は18歳ということになる。

淀屋辰五郎が闕所処分を受けた時期は、前回の記事で書いた元禄16年(1703)に起きた元禄地震の2年後であることと無関係ではないだろう。この地震は前回記事でも書いたが、推定マグニチュードが7.9~8.5で地殻変動は関東大震災よりも大きかったと考えられており、大きな津波が発生して関東を中心に20万人を上回る死者が出た大地震であった。
江戸幕府や被害の大きかった諸大名や幕府は、この災害復旧のために巨額の支出を余儀なくされることになるのだが、その資金を調達するために幕府が淀屋に目を付けたということではなかったか。大量の金銀を没収する目的もあったのだろうが、巨大化した商家を押さえ込むと同時に、巨額に膨れ上がった借金を帳消しにさせて諸大名の窮迫状況を救うことに主たる意図があったという説が真実であると思う

この事件の直後から淀屋事件が戯曲化されている。徳富蘇峰は前掲書でこう記している。
「宝永二年六月—未だ事件が結了せざる以前—には、錦文流の棠(からなし)大門屋敷の作出で来たり、宝永五六年の頃には、近松門左衛門が、淀鯉出世瀧徳の浄瑠璃出で来たり、宝永7年には、其碩(きせき)の風流曲三味線出で来たり、正徳三年には、西鶴門人圑水(だんすい)が、新永代蔵出で来った。その他にこの事件に関する記事が、種々の書籍に散見している。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1228467/38

淀屋辰五郎

かくして淀屋の贅沢三昧・放蕩三昧のイメージが人々の間に定着していったのだが、このような情報は、幕府が淀屋を闕所処分したことを正当化するために意図的に広められたプロパガンダではないだろうか。

この問題に関して、「八幡の歴史を探求する会」会員の丹波紀美子さんのレポート『淀屋の歴史をたどる!』に、興味深い資料が紹介されている。

「淀屋闕所に関する資料の一つとして注目すべき文書がある。

  淀屋闕所ヨリ當年五拾年ニ相成候ニ付、於御堂法事
  相勤可申旨被為仰付、従江戸面銀百貫目如斯書付相
  添、當所御堂ヘ被仰付。當八月十六日夜限、右法事相勤候事。
  其時御堂祐筆是ヲ冩取置候。講中衆内證ヲ以冩置候也

 要するに、闕所50年後に、江戸幕府より銀百貫を添えて辰五郎の法事をする様御堂にお達しがあったということである。幕府が淀屋の功績を認めていたことに他ならない。」 
https://yrekitan.exblog.jp/22160151/

残念ながらこの引用文書の出典が丹波さんのレポートの中に記されていないのだが、せめて文書の日付や文書名程度は知りたいところである。

闕所処分されたのちの淀屋辰五郎は江戸に潜行し、そして6年後の正徳5年(1715)に日光東照宮100年祭の恩赦で、初代淀屋常安が徳川家康から拝領した八幡(現京都府八幡市)の山林300石が返還されることとなり、享保元年(1716)に辰五郎は八幡の地に居を構えたのだが、その翌年にわずか33歳の若さで亡くなったという。

しかしながら、淀屋辰五郎の父である四代 淀屋重當(しげとみ)は、闕所処分とされる事を予想し、番頭であった牧田仁右衛門に暖簾分けをしたとWikipediaに書かれている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%80%E5%B1%8B

倉吉淀屋
【倉吉淀屋】

牧田仁右衛門は店を出身地の伯耆国久米郡倉吉に開いて順調に経営規模を拡大していき(後期淀屋)、闕所から58年後には五代目の四男が淀屋清兵衛を名乗り、大阪に店を出して淀屋橋を買い戻し大阪淀屋を再興している。そしてこの大阪淀屋は5代続いて繁栄したという。

しかし話はここでは終わらない。淀屋が江戸幕府に復讐する好機が到来するのである。

長谷川晃名誉教授

物理学者で大阪大学名誉教授の長谷川晃氏が『私の独り言 明治維新を成功させた陰の力—ある大阪豪商と京都の公家の話』という論文を書いておられ、ネットで公開されている。この論文にはこう記されている。

「1705年の闕所処分の約150年後の幕末の頃の安政6年(1859年)に倉吉淀屋と大坂淀屋の両家は突然店をたたみ、全財産を倒幕の為にと朝廷に献上して姿を消していることだ。これは淀屋の闕所処分の150年後の幕府に対するリベンジと呼ばれている。」(p.18)
http://www.osaka-u.info/pdf/2014/07/article05_1.pdf

岩倉具視
岩倉具視

長谷川氏によると、淀屋がこの時に献上した資金は500万両以上あり、渡した相手はおそらく岩倉具視で、岩倉は薩長を利用してたくみに倒幕に導き維新政府を軌道に乗せる役割を果たしたと推定しておられる。500万両という金額は当時のわが国のGDPの2割以上で、国家予算の規模を上回る水準であったという。

明治維新を成し遂げた中心メンバーは岩倉のような貧乏公家と薩長の下級武士であったのだが、倒幕を実現させるだけの必要資金を若くて貧しい彼らがなぜ入手できたのかという肝心な部分については、通史には一言も書かれていない。

文久元年(1861)、岩倉具視は将軍家茂への皇女和宮の降嫁に尽力し、宮中の尊王攘夷派からは佐幕派と見なされ、文久2年(1862)に蟄居処分を受けて岩倉で貧困生活を余儀なくされることとなる。そして、岩倉は蟄居生活を続けている間に倒幕論に考え方を変えているのだが、長谷川説ではこの時期に岩倉は淀屋に会って資金献上を受け、佐幕派から討幕派に変身したとする。
岩倉の蟄居処分は慶応3年(1867)11月まで続いたのだが、なぜ貧乏公家であった岩倉が蟄居処分を受けている最中に、討幕の密勅を出したり王政復興大号令を出すなど倒幕に向けての強いリーダーシップを発揮することができたのか。その背景には、大きな資金が動いていた可能性が高そうだ。

長谷川氏は次のように纏めておられる。
「革命を仕掛けたのは薩長軍ではあるが、クーデターを成功に導き、新政府を打ち立てたのは淀屋の資金を得た岩倉具視である。これが私の新説である。善かれ悪しかれ岩倉具視の名前は幕末史には残っていない。金を出しても名を残さない大阪商人の根性の表れであろう。」(同上 p.20)

長谷川氏の仮説を裏付ける記録は存在しないが、淀屋が店をたたんで全財産を朝廷に献上したことは史実である。そしてその資金が岩倉具視に流れたとすれば、蟄居時代の岩倉の行動がすべて謎ではなくなるのだ。私は、長谷川氏の説は真実に近いのではないかと思うのだが、みなさんはどう考えられますか。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご参考】
このブログでこんな記事を書いてきました。興味のある方は覗いてみてください。

近江八幡の歴史と文化を楽しんで
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-466.html

白壁と蔵に囲まれた五箇荘の近江商人屋敷めぐり
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-468.html

蒲生氏郷が生んだ日野商人の豊かさ
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-509.html

室津の歴史と、その古い街並みを楽しむ
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-497.html

鞆の浦周辺の古い街並みを楽しむ
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-96.html






関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。キーワードを含む全てのブログ記事のリストと、記事の最初の文章が表示されます。記事を探す場合は、カテゴリーで記事を追うよりも探しやすいです。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
最新記事
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
タグクラウド

年別アーカイブ一覧
RSS登録er
おすすめ商品
ブログサークル
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
人気ページランキング
集計スタート時期が良くわかりませんが、おそらく2016年の夏ごろから現在までの記事アクセスランキングです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (上位500)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    読書
    このブログで採り上げた本のいくつかを紹介します
    三田村武夫の 『戦争と共産主義』復刻版

    同上 電子書籍

    同上 自由選書版

    江崎道郎氏がコミンテルンの秘密工作を追究するアメリカの研究を紹介しておられます





    落合道夫氏もスターリンの国際戦略に着目した著書を出されました

    この本で張作霖爆殺事件の河本大佐主犯説が完全に覆されました















    南京大虐殺の虚妄を暴く第一級史料。GHQ発禁本の復刻版







    GHQが発禁にした日本近代化史