HOME   »  江戸時代   »  元禄時代  »  紀伊国屋文左衛門がみかん船で大儲けしたという話は真実か

紀伊国屋文左衛門がみかん船で大儲けしたという話は真実か

紀伊国屋文左衛門は元禄時代の豪商で、荒天の海にみかん船を乗り出して大儲けをしたという話が有名で、私も子供の頃に何度も聞いた記憶がある。

紀伊国名所図会 後編 下巻 蜜柑をとる図
【紀伊国名所図会 後編下巻 蜜柑をとる図】

この話の概要をまとめると、このようなものである。
文左衛門はみかんの産地として名高い紀州(和歌山県)の出身で、まだ20代であったある年、和歌山ではみかんが豊作でありながら嵐のためにみかんを江戸に送ることが出来なくなっていた。江戸では毎年鍛冶屋の神様を祝う「ふいご祭り」が行われていて、この祭りでは鍛冶屋の屋根からみかんをばら撒いて地域の人に振る舞う慣習があったのだが、紀州から船が来ないために江戸のみかんの価格は高騰する一方、和歌山のみかんの価格は暴落したという。
文左衛門はこのチャンスを逃さず大量のみかんを買い集め、荒くれの船乗りたちを説得して命がけで嵐の太平洋に船出をする。船は無事に江戸に到着し、みかんは飛ぶように売れて文左衛門は大儲けしたという話なのだが、この話は実話ではないとするのが最近では通説になっているという。

なぜ真実ではないとされるようになったのだろうか。江戸東京博物館館長の竹内誠氏の『紀伊国屋文左衛門の実像』(『えど友』第68号)をp.1読むとこう解説されている。文中の紀文は紀伊国屋文左衛門をさす。

黄金水大尽盃 挿絵
【黄金水大尽盃 挿絵】

幕末に為永春水紀伊国屋文左衛門という実在の人物をモデルにして書いた長編小説『黄金水大尽盃(おうごんすいだいじんさかづき)』は12年間にわたり28編も続き、非常に多くの人に読まれました。その結果、史実と小説がゴチャまぜになり、紀文の実像はわからなくなりました。明治18年(1885)にでた『大日本人名辞書』に小説が紀文の逸話としてそっくり載せられ、これ以降の人物説明は逸話に沿って書かれているものがほとんどです。…江戸時代に紀文のことを取り上げた簡単な伝記第一号は『江戸真砂六十帖』(寛延*のころ)の書です。…この本には紀州出身であることもみかんでもうけたことも記されていません。」
*寛延:1748~1751年
http://www.edo-tomo.jp/edotomo/h24(2012)/edotomo-No68.pdf

紀伊国屋文左衛門が亡くなったのは享保19年(1734)と考えられているが、みかん船で稼いだ話は18世紀半ばに書かれた文左衛門の伝記には記されておらず、幕末の小説家・為永春水の『黄金水大尽盃』が初出である。だから実話であるとは考えられないというわけである。

竹内氏とは別の視点からみかん船の話が真実ではないとする説もある。
例えば『大江戸四方山話』のサイトに出でいるが、ポイントとなるのは
①この時代は静岡でもみかんが生産されていて、わざわざ危険を冒して和歌山から運ぶ理由が乏しい
②紀州から江戸へのみかんの出荷が始まった寛永11年(1634)以降『蜜柑方』が組織され、その出荷記録に紀伊国屋文左衛門の名前がない
という2点にあるようだ。
http://xn--r8jda9j.com/hisB-4.html

紀伊国名所図会後編下巻 蜜柑をとる図 其の二
【紀伊国名所図会 後編下巻】

この指摘については興味深いのでネットで調べてみると、『有田みかんデータベース』のホームページに、御前明良(みさきあきら)氏が『全国のみかん栽培史と江戸時代の有田みかんの流通』という論文を寄稿しておられるのが見付かった。
http://www.mikan.gr.jp/report/saibaishi.html

この論文にわが国の主要なみかんの生産地におけるみかん栽培史がまとめられている。
和歌山県以東で大きなみかんの産地は静岡県しかなく、静岡県のみかんの栽培は和歌山のみかんが江戸で販売されるようになってから紀州みかんの苗が移植されて拡大していったようである。

まず最初に、和歌山のみかんが江戸で販売されるようになったのはいつの頃からなのか。

紀伊国名所図会 後編下巻 4
【紀伊国名所図会 後編下巻】

元和5年(1619)から堺の商人大阪—江戸の定期輸送船として250石船を運航させるようになった(菱垣廻船)のだが、当時の木造船で熊野灘、遠州灘の荒波を乗り超えていくのは大変な危険を伴い、天候や波の加減を見ながら何度も港に停泊しながら1か月近くかけて江戸に到着したという。冷蔵技術のない時代にそんな方法で、生もののみかんを腐らせずに運搬することは容易でないことは誰でもわかる。

ところが、困難だと思われていた蜜柑の運搬に挑んだ人物が現れた。御前氏の論文にはこう解説されている。

紀州蜜柑傳来記

「『紀州蜜柑傳来記』に江戸出荷の創始者、有田郡宮原組滝川原村の『藤兵衛』のことが記されている。それによると、寛永11年(1634年)、藤兵衛は小ミカン400篭(一篭15キロ、計6t)を江戸行きの廻船に積み込んで勇躍出立した。太平洋の荒波に揺られ、揉まれて一ヶ月、藤兵衛の全財産を賭けた初めての輸送は見事成功する。」
「江戸には、柑橘類を扱う問屋や小売り、行商人も多かった。京橋の新山屋という水菓子屋から仲買人に売り捌いてもらうと、皆が飛びつき、味のよい有田小ミカンは一篭半(22.5キロ)が一両という高値で売れた。
 大成功に気を良くして藤兵衛は意気揚々と帰国する。村の人々はこの話に驚嘆し、来年は自分たちのミカンも積んで行って欲しいと依頼。村人の委託を受けて、藤兵衛は翌年2000篭を江戸に送り、二篭一両にて販売する。と書かれている
。」

当時の1両の価値については諸説があるが、今の10~13万円程度であったと考えられる。そのような高値で売れたことに紀州有田郡の農民が驚いたことは無理もない。そしてこの年以降、有田みかんは毎年江戸に送られることとなる。

北斎『富嶽三十六景 上総ノ海路』
【北斎『富嶽三十六景 上総ノ海路』】

同論文によると大変な勢いで有田みかんの江戸への出荷量が増加している。
「 寛永11年(1634年) 江戸へ初出荷  400篭   6t
 寛永12年(1635年)         2000篭 30t
 明暦元年(1655年)         5万篭 750t
 貞享年間(1684年~)         10万篭 1300t
 元禄年間(1688年~)       25~35万篭 3750~5250t
 正徳年間(1711年~)         40万篭 6000t
  弘化2年(1845年)          100万篭     15000t」

紀伊国屋文左衛門が生まれた年については諸説があり、寛文9年(1669)に生まれたとする説を採用するとしよう。また、みかん船で大稼ぎしたという年齢も17歳の時という説もあれば20代の時という説もあり、両方の説をまとめると貞享3年(1686)から元禄中期にかけての話ということになる。この頃は順調に有田みかんの江戸への出荷量が拡大しているのだが、静岡のみかんについてはどんな状況にあったのだろうか。

御前氏の論文にはこう記されている。
「『静岡県柑橘史』で静岡のみかん栽培を調べてみると、明暦年間(1655年~1657年)から万治年間(1658年~1660年)にかけて庵原郡富士川町岩淵の常盤小左衛門が紀州よりみかん(紀州小ミカン)の苗木を持ち帰ったのが静岡における蜜柑栽培の発祥とされている。」

実は静岡ではもっと以前から柑橘類の栽培がなされていたが品質があまり良くなかったようだ。御前氏は同論文で、有田郡宮原組滝川原村の『藤兵衛』が初めて江戸に有田みかんを持ち込んだ寛永11年(1634)の頃のことをこう解説している。
当時、江戸では、既に伊豆、駿河、三河などからミカンらしき柑橘が販売されていた。しかし、それらは九年母、柑子の類であり、皮が厚く、味が淡泊であった。それらに比べて、有田の小ミカンは糖度が高く、風味、色艶、形状が他藩産を圧倒した。」

有田みかんが江戸に持ち込まれ高値で売られているのを見て、それまで別の柑橘類を生産していた静岡の農家が動き出す。そして紀州みかんの苗木が静岡に持ち帰られて栽培されることになったのだが、三ヶ日や藤枝に紀州みかんの栽培が始まるのはもっと後の時代であった。

紀伊国屋文左衛門
【紀伊国屋文左衛門】

紀伊国屋文左衛門がみかん船を出したとされる時代に、静岡で紀州みかんの栽培が本格化しつつあったことには間違いがないが、静岡産のみかんには江戸の消費者を満足させるだけの力はなく、江戸はブランドイメージの高い和歌山のみかんを必要としていたと考えるべきだと思う。そう考えなければ、和歌山から江戸に運ばれるみかんが一貫して増加し続けたことを説明できないのである。

また『大江戸四方山話』で「蜜柑方」に紀伊国屋文左衛門が出荷した記録がない点についてはどうであろうか。同ブログでは「紀州徳川家は御三家のひとつで、みかんの国内輸出は重要な収入源だった。だからもし『蜜柑方』を通さずに勝手に売ったりしたら打ち首ものだった」と書かれているが、そもそも「蜜柑方」とはどのような組織であったのか。

御前氏の論文によると、「『蜜柑方』は出荷組合連合会でありその構成単位であるのが地区農協とも言うべき『組株』である」とある。そして江戸の蜜柑問屋も乱立して過当競争となって組株のもうけが減ったという。
そこで次のような対策が打たれたという。
貞享4年(1687年)、蜜柑方は問屋に公正価格維持を要請するために代表を江戸に送り、問屋と交渉する。その結果、問屋は京橋の堺屋藤右衛門ら9軒を指定し、それ以外とは取引禁止とする。また、生産者側の組株は、有田郡19組、海草郡4組に制限し、その増減は、問屋側の承認を必要とするという基本協約が結ばれた。ここに、蜜柑方は指定問屋と結んで利益の確保を図る販売システムを作りあげた。
 しかし、有田において、蜜柑の栽培農家が増えるとともに正徳4年(1714年)には組株が29組となった。組株が乱立すると、足並みが乱れ、お互いに得にならないとして、『これ以上増えては困る』とばかりに既成組の代表者が奉行所に願い出て、新規設立を御法度にしてもらった。ここに蜜柑方は藩の許認可のもとに存在する『特許組合』となったのである。」

このように、『蜜柑方』は過当競争による価格暴落を防ぐ目的で民間の組織として設立され、紀州藩が関与したものではなかったのである。また文左衛門が運んだみかんには江戸の高い需要があったのだから、蜜柑方を通さなくても買いたたかれるようなことはありえなかったと考えられる。

とは言いながら、紀州藩は財政収支改善の為にみかんの売上に対する課税を開始している。そうなるとすべてのみかん取引について蜜柑方を通すことになっただろう。前掲の論文にこう解説されている。

紀伊国名所図会 後編 上巻 田中蜜柑市の図
【紀伊国名所図会 後編 上巻 田中蜜柑市の図】

紀州藩が蜜柑の売り上げに対して“御口銀”と称して税金を課すようになったのは、元禄11年(1698年)のことである。『紀州蜜柑傳来記』によると、その時の税金は蜜柑一篭(15kg)を基準とした。江戸廻し一篭につき銀一分。近国廻しは銀八厘。尚、正徳4年(1714年)には新金銀吹替えがあり、賦課金が半減している。江戸廻し一篭につき銀5厘、近国廻しは銀4厘。元禄から正徳時代には毎年30万篭から40万篭が江戸に出荷されており、紀州藩の財政への貢献は大きかったと思われる。」

このように、紀州藩がみかんの売り上げに課税し始めたのは元禄11年(1698)以降の話で、寛文9年(1669)の生まれだとすればこの時点の紀伊国屋文左衛門は28~29歳ということになる。
文左衛門がみかん船で大儲けした年月が特定されておらず、微妙なところだが、少なくとも元禄10年(1697)以前であれば、「蜜柑方」を通さずに販売して「打ち首」となることはありえなかったと考える。

黄金水大尽盃 1 挿絵
【黄金水大尽盃 挿絵】

『大江戸四方山話』のサイトで指摘されている2つの問題が、紀伊国屋文左衛門のみかん船の話を作り話とする根拠にはならないことはご理解いただけたと思うのだが、冒頭で紹介した竹内誠氏の論文も同様に、この話が実話でないことの証明にはなりえない。作り話である可能性がかぎりなく高いことは言えるのだが、寛延の頃には封印されていた真実を掘り起こした可能性がないとは断定できないのである。ことほど左様に、真実でないことが一度流布されてしまうと、後世においてそれが事実ではないことを証明することは困難である。

紀伊国屋文左衛門のみかん船の話は多分作り話だとは思うものの、時代背景を考えるとこういう出来事があってもおかしくない。為永春水が文左衛門でない他の人物のもうけ話を物語の中に織り込んだのかも知れないが、過去の人物であれ現在の人物であれ、実在の人物の事績として真実でないことを真実であるかの如くに描く行為は、やめていただきたいところである。

**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご参考】
このブログでこんな記事を書いてきました。興味のある方は覗いてみてください。

毛利元就の「三本の矢」の教えはいつの時代の創作なのか
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-185.html

家康の生涯最大の危機と言われた「神君伊賀越え」の物語は真実か~~本能寺の変④
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-100.html

秀吉の「中国大返し」はどこまでが真実か~~本能寺の変⑤
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-101.html

「櫻井の別れ」は、どこまでが真実か~~水無瀬から大山崎歴史散歩1
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-320.html

「牛若丸と弁慶の物語」の虚構
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-198.html

中国兵が綴った「日中戦争」の体験記を読めば、『南京大虐殺』の真実が見えてくる
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-252.html








関連記事
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
同感です。
私も若い頃に司馬遼太郎の著作を幾つか読みましたが、長い間それが史実だと思っていました。今は、結構ウソがあることがわかってきましたが、小説や物語の記述はあまり信用しない方が良さそうですね。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。キーワードを含む全てのブログ記事のリストと、記事の最初の文章が表示されます。記事を探す場合は、カテゴリーで記事を追うよりも探しやすいです。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
最新記事
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
タグクラウド

年別アーカイブ一覧
RSS登録er
おすすめ商品
ブログサークル
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
人気ページランキング
集計スタート時期が良くわかりませんが、おそらく2016年の夏ごろから現在までの記事アクセスランキングです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (上位500)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    読書
    このブログで採り上げた本のいくつかを紹介します
    三田村武夫の 『戦争と共産主義』復刻版

    同上 電子書籍

    同上 自由選書版

    江崎道郎氏がコミンテルンの秘密工作を追究するアメリカの研究を紹介しておられます





    落合道夫氏もスターリンの国際戦略に着目した著書を出されました

    この本で張作霖爆殺事件の河本大佐主犯説が完全に覆されました















    南京大虐殺の虚妄を暴く第一級史料。GHQ発禁本の復刻版







    GHQが発禁にした日本近代化史