HOME   »  明治時代   »  文明開化  »  郵便事業を創始した前島密は飛脚屋の失業対策まで考え抜いていた

郵便事業を創始した前島密は飛脚屋の失業対策まで考え抜いていた

前回記事で明治時代の電信業の始まりの苦労について書いたが、今回は郵便の事について書くことにしたい。

政府による郵便事業が始まったのは明治三年(1870年)のことなのだが、それ以前に信書はいかなる方法で運ばれていたのだろうか。

東海道五拾三次 平塚 安藤広重画
【東海道五拾三次 平塚 安藤広重画】

石井研堂の著書にはこのように解説されている。
「…不完全ながらも、全国中重(おも)なる都邑には、飛脚屋の設けあり。各所の飛脚屋互いに気脈を通じ、私に信書の逓送業を営めり。之を三都大飛脚と名つけ、江戸にては京屋、島屋、江戸屋あり。各藩にては、各自分屋敷より国許へ定期飛脚を出し、又政府の公文書は、政府特(こと)に使いを発する習いなりし。王政復古と同時に、明治政府は、駅逓司(えきていし)を置き、逓信事務を管理せしめたれども、諸事草創の際なれば、私信は依然飛脚屋の手に委し、僅かに政府の公文書類を宿駅の伝間所(でんましょ)に委して伝搬せしめ、重きを駅逓に置かずして、明治三年に及べり。」(明治四十一年刊『明治事物起原』p.243)

このように、以前は信書を運ぶ飛脚屋が存在し、明治政府も公文書類の運搬を当初は飛脚屋に委託していたのである。
少し補足すると、「駅逓司」というのは政府の信書物件の送達を司る役所であり、明治三年(1870年)に駅逓権正(えきていごんのせい)に着任したのは前島密(ひそか)である。駅逓正は欠員であったので、前島が実質的に駅逓司のトップという立場であった。
彼は慶応元年に、長崎で同地の宣教師から、アメリカでは切手を貼ることで国内各地に信書を送る仕組みがあることを聞いて知っていた。彼が駅逓権正に着任して四日目のことになるのだが、回議書などに目を通していたときに明治政府が毎月飛脚屋に支払っていた信書の運送費が一か月に千五百両*にも及んでいることを知り、わが国にも欧米のような郵便制度を導入すべきではないかと考えるに至る。
*1両:明治四年に1両=1円と定められた。1両の現在価値は1万円程度か。

前島密 出典:鴻爪痕
前島密 出典:鴻爪痕】

『鴻爪痕』という書物に前島密が口述した「郵便創業談」が出ている。
私は此の回議書の検閲に依て通信事業の基金額を得る事が出来たのを喜んで、之に依つて郵便を創設するという断固たる腹案を定めた。其の腹案というは、月額一千五百両を費やせば、通信線を東京からして西京以外大阪まで伸ばして、毎日時刻を定めて東京大阪両地より各一便を発する事が出来、そうして官民一般の通信仏を送達される。そうなれば三府竝びに其沿道の人民は、皆其便利を得るからして大に喜んで其通信を託するであろう。そこでその送達賃を以て一千五百両の月額を収入することは決して難い事ではない。されば其一千五百両は三府の間に開始する暫時の郵便基金であって、久しからずして収入から填補して、之を又新線路拡張の基金に充てる。この塩梅で以て漸次この基金を遞轉運用して行けば、遂に全国に及ぼすこともむつかしくないと。こう腹案は定まった。…」(大正十一年刊『鴻爪痕』p.5)

前島密は、政府が飛脚屋に現在支払っている金額で、もっと便利な仕組みができるのではないかと考えて、早速立案に取りかかったのである。

前掲の『明治事物起原』によると、前島のアイデアは以下のようなものであった。

前島が東京から京都まで公文書を運ぶコストを調査したところ、五百目(1.875kg)の荷物を運ぶのに片道36円かかっていることが分かった。しかし、五百目とは随分軽いので、飛脚屋に同じコストでどれくらいの重さ迄運ぶことが可能かを質したところ、三貫目(11.25kg)まで可能との回答を得た。ならば、政府の公文書だけでなく民間の私信も同時に扱うようにすれば、政府側の支出を増やさずに、国民に安価に信書を送る手段を提供できると考えた

前島の郵便事務拡張の提案に参議の大隈重信は大賛成し、議決承認となる。当時の明治政府は、古い制度を捨てて新しいやり方を提案すると、予算に問題がなければすぐに飛びつくような雰囲気があったようだ。

前島が書いた郵便創設の布告案にはこう書かれている。

飛脚便を…簡便自在に致し候儀、公事は勿論士民私用向に至るまで、世の交際に於いて切要の事に候ところ、是迄商家に相任せ置候より書状の届け方とかく日限相後れ、その遅滞の甚しきは僅々数十里の道のりにて十日余も相掛り、或は終に達せざるの掛念もこれ有り。殊に急便にては賃銭高値にて、貧家の者ども遠国近在互いにその情を通じ兼ね、かつ四方の安否品物の相場等の急速に相分らず、遠国僻在の土地に在りては不便に候。
 これより追々、諸街道へ遍く飛脚の御仕法立たしめられ、…上下一般急便の書通自由に出来致す候御趣意にて、先ず試みのため…京都まで三十六時間、大阪まで三十九時間限りの飛脚便毎日御差立て、両地は勿論東海道駅々四五里四方の村々も右幸便を以て相達候様御仕法相成り候」(前掲書『鴻爪痕』p.18)

新式郵便開始
【明治4年1月24日太政官日誌】

この布告案を読むと、従来の飛脚便は価格だけではなく、日数がかかったことも問題であったようである。では当時の飛脚便は文書を運ぶのにどれぐらいの日数で、いくらの費用がかかったのであろうか。菊池寛は著書で次のように述べている。

「当時、民間の飛脚便屋には、仕立便という特別便、それに早便、並便という区別があった。
 官庁用の公文書配達は、無論特別の仕立便であったが、東京京都間を丸三日もかかり、料金も大体一便二三十両、それに夜間盗難予防のため人夫を一人増すと、一人につき三十五両という高いものについた。
 この外、早便という速達では東京大阪間を七八日を要し、賃銭四五百文、並便でも半月がかりで二三百文もした。
 それを、新しい郵便は東京大阪を40時間以内で走り、料金も一貫五百匁であるから、普通の人民にとってはこれは大いに便利である。この所要時間は、脚夫が約五貫目に行嚢を背負って一時間二里半を走るものとして立てた計算であるが、実際にも大体定時間の通り行われた。」(昭和18年刊『明治文明綺談』p.49-50)

少し補足すると、1文は金1/4000両、銀0.15匁なので、1両の現在価値を1万円程度とすれば、東京大阪間の飛脚便の価格は7~8日かかる早便の価格で1千円~1千3百円程度。並便の場合は半月掛けてその半額程度となる。
それが郵便になると「一貫五百匁」だとあるので、3.75kgの重さのものが従来の飛脚の早便程度の価格で40時間以内で届くのだから、庶民にとってもありがたい話であったに違いない。

濱口ごりょう
【濱口梧陵】

このように制度設計は出来上がったのだが、前島が苦労したのは運送の仕組みよりも代金回収の仕組みであった。外国で切手というものが存在することは知っていたが、切手の再利用を防ぐために墨で消印を押すということが思いつかず、また切手の贋造をさせない対策も講じる必要があった。
前島は明治三年六月に外国の郵便制度を研究するためにアメリカとイギリスに渡り、貪るように新知識を吸収して翌年八月に帰国したのだが、当時の政府は官制改革で混乱を極めていて、駅逓頭であった濱口梧陵*は郵便は飛脚屋に任せて置けばよいといった考えであったという。
*濱口梧陵:紀伊国で醤油醸造業を営む濱口儀兵衛家の七代目当主で、津浪から村人を救った物語『稲村の火』のモデルとなった人物。

前島は自ら請うて駅逓頭に再び就任したのだが、その後大きな問題が発生した。
当時の官設郵便は東京大阪間と東京横浜間の二線だけだったが、飛脚便屋が郵便に対抗して東京横浜の賃料を郵便料金の半額にして対抗してくることとなったのである。これを放置すると共倒れともなりかねず、そうなっては日本の通信事業の発展は望めない。

佐々木荘助
佐々木荘助

前島は、東京定飛脚屋総代佐々木荘助を呼んで説得しようとした。このやりとりを菊池寛は前掲書でこう書いている。

「…佐々木は気力識量ともに抜群で、政府の役人の前だといっても頭を下げない。
三百年来、わが国の追伸事業に及ばずながら尽くしたわれわれを賞与すべきなのに、却って世襲の職業を奪い取ろうとするのは何事でありますか。』
 と、主張して、郵便の廃止を強調してやまない。当時、政府の一部でも、飛脚屋の運命を憐れんで、通信事業の勧誘を非難する声はあったのである。
 前島は静かにこれを聞いていたが、
『それなら、政府が諸君の請願を容れて、通信の事は一切委せることとして、ここに安房のある村に送る一通の信書があるが、いくらの賃金で送りとどけるかね』
 と問うた。佐々木は答えて、
『一人の人夫を特別に使わねばならぬから、まづ一両はかかります』
『それでは、これを鹿児島へ送り、根室に送るのにいくらかかるか』
『さあ、それは何十両かかるか分かりません』
 前島は、一弾、声を励まして、
『それでは一衣帯水の釜山はどうだね。支那の上海、更に世界の首都は…』
 佐々木はうなだれて返事もなかった。
 前島は言葉を和らげて、通信事業は世界各国みな官営で、それであればこそ外国郵便は勿論、いやしくも人民が一人でも住んでいれば、どんな沿革の孤島へも正確に手紙を届けることが出来るのであると言って、郵便の国家性、公益性を詢々として説くのであった。
『諸君の生活の道を立てることは、われわれ熱心に考えているのです
。英国のように民間の者を買い上げるという風にすればよいが、それには御承知のように政府に財源がない…』
 そう言って、具体案として、飛脚業者を組織して、内国通運会社をつくらせ、専ら貨荷物の運送に当たらせること、また失業した飛脚は、政府の郵便脚夫に優先的に採用するという救済案を披歴したのであった。」(『明治文明綺談』p.56-58)

この話は菊池寛の創作ではなく、前島密自身が『鴻爪痕』で書いていることを分かりやすく書き直したものである。郵便の公益性を佐々木に説く部分は、興味のある方は下記URLで原文を確認いただきたい。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/986504/63

佐々木は、前島の説得により飛脚業が近代社会に生き残ることが難しいことを理解し、陸運業に転換して郵便や郵便事業の為に使用する物品の運送業務を行うことを決意する。佐々木は明治五年に陸運元会社(のちの内国通運会社)を設立してその副頭取となり、前島はこの陸運元会社設立を機に、各地の陸運会社がこれに加盟することで、全国的な郵便網の整備を進めていった。
佐々木が設立した陸運元会社は明治八年(1875年)に内国通運会社に改称となりその後も順調に業容を拡大していき、この会社が現在の日本通運株式会社のルーツとなっているのである。

東京府下名所尽 四日市駅逓寮 三代広重筆 明治7年
【東京府下名所尽 四日市駅逓寮 三代広重筆 明治7年】

現在の日本人が当たり前のように使っている「郵便」「切手」「葉書」という名称を定めたのも前島密だが、新しい制度を一から構築してそれを全国津々浦々に定着させるためには、余程緻密な思考力と強いリーダーシップがなければ不可能なことである。

1円切手

前島密は1円切手でおなじみの人物なのだが、Wikipediaによると、この1円切手の前島の肖像画は昭和22年の初発行から一度もデザインが変更されていないのだそうだ。他の切手についてはたびたびデザイン変更がなされているが、1円切手については特別扱いで、今後もこのデザインだけは変更することはできないと日本郵便が正式にコメントしているという。
前島は、明治四年の郵便事業創業以来わずか1年4ヶ月で、北は北海道から南は九州まで、全国に統一された郵便網を完成させただけでなく、郵便為替や郵便貯金事業の創設などにも尽力して今日の日本郵政の事業の基礎を築きあげ、「日本近代郵便の父」と呼ばれるに相応しい人物なのである。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
  ↓ ↓ ↓      
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
 


このエントリーをはてなブックマークに追加










【ご参考】
今月1日からのこのブログの単独記事別のアクセスランキング(ベスト50)です。毎月末にリセットされています。



本ブログの今月の個別記事アクセスランキング 上位500(今月1日からの集計値)
http://pranking12.ziyu.net/html/shibayan1954.html
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
RSSリンクの表示
タグクラウド

QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
RSS登録er
年別アーカイブ一覧
フリーエリア
広告
おすすめ商品
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
おきてがみ
ブログサークル
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
文字を大きく・小さく
    ブログ内検索
    『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。キーワードを含む全てのブログ記事のリストと、記事の最初の文章が表示されます。記事を探す場合は、カテゴリーで記事を追うよりも探しやすいです。
    読書
    このブログで採り上げた本のいくつかを紹介します
    三田村武夫の 『戦争と共産主義』復刻版

    同上 電子書籍

    同上 自由選書版

    江崎道郎氏がコミンテルンの秘密工作を追究するアメリカの研究を紹介しておられます







    落合道夫氏もスターリンの国際戦略に着目した著書を出されました

    この本で張作霖爆殺事件の河本大佐主犯説が完全に覆されました















    南京大虐殺の虚妄を暴く第一級史料。GHQ発禁本の復刻版





























    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    人気ページランキング
    集計スタート時期が良くわかりませんが、おそらく2016年の夏ごろから現在までの記事アクセスランキングです。
    GHQ焚書
    戦後GHQによって焚書処分された本のいくつかが復刊されて、入手可能となっています。戦後のわが国でどのような史実が封印されているかがわかります。
    GHQが発禁にした明治史