HOME   »  江戸時代   »  坂本龍馬  »  龍馬の二番目の姉・栄はなぜ「龍馬伝」に出てこなかったのか

龍馬の二番目の姉・栄はなぜ「龍馬伝」に出てこなかったのか

今年の五月に高知方面を旅行したときに、龍河洞の帰りに「龍馬歴史館」を訪ねて、坂本龍馬の一生の出来事を蝋人形で再現させた展示物を見てきた。

龍馬歴史館

その中で、「龍馬脱藩・姉栄の自殺」という展示があった。
姉の栄が刃物で自殺をしようとする人形で、解説にはこう書いてあった。

栄の自殺

「…兄の権平は龍馬の不穏な空気を怪しみ、万一過激な行動を取ったら家を危うくする恐れがあると心配して龍馬から刀を取り上げ『龍馬が何を言ってきても相手にならないように』と親戚にも警戒を呼びかけた。

武士が丸腰で道中できない。このとき、焦る龍馬に次姉栄は家伝の刀肥前忠広を与えた。
龍馬は勇躍して沢村とともに脱藩したが、栄は責任を取ってその夜のうちに自殺した。

大きく羽ばたいて土佐を出た龍馬の陰に悲劇の女性がいたことを忘れることはできない、3月24日の出来事であった。

龍馬に刀を与えたのは栄ではなく乙女だったという説もあり、この話は今も謎に包まれている。」(引用終わり)

しかし、大河ドラマの「龍馬伝」では龍馬が脱藩した後にこのような場面はなかったはずだ。そもそも、NHKの「龍馬伝」のオフィシャルサイトでは、次女の栄がキャストから欠落している。
http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/cast/index.html
なぜこのような重要でドラマチックな事件を、なぜストーリーから削ってしまったのかとその時は思った。

栄の自害の話は、司馬遼太郎の「竜馬が行く」の第二巻にも書かれている。
司馬遼太郎

ここでは、栄は龍馬に、嫁ぎ先であった柴田家伝来の陸奥守吉行の刀を渡し、その後それが問題になり栄は責任を取って自害したこととなっているが、「龍馬歴史館」の解説とは刀や自殺の時期は異なるものの栄が責任を取って自害したことは同じである。

高知旅行の二日目は桂浜の近くの「坂本龍馬記念館」を訪ねたのだが、その横に龍馬の姉の坂本栄の石碑があり、右に「龍馬脱藩に刀を与えて自決した次姉」と書いてあった。
坂本栄の碑

石碑の建立は昭和62年の春で、字は高知県出身で元日本芸術院長の有光次郎氏の筆によるものである。

NHKが歴史を捻じ曲げることは昔から良くあることなので、旅行の時はそれ以上深くは考えなかったのだが、最近このブログで龍馬やお龍の事を調べているうちに、姉の栄のことが分かってきた。

結論から言うと、NHKの「龍馬伝」の脚本には何の問題もなく、間違っているのは司馬遼太郎の「竜馬がゆく」や「龍馬歴史館」などの方である。次女の栄が龍馬に刀を渡した後に自害したというのは後世の作り話であった。

ではどうして、これが作り話と言えるのか。

この件について書いているサイトはいろいろあるが、たとえば「涼やかな龍の眼差しを」というサイトがわかりやすい。
http://erinkoryo.blog48.fc2.com/?mode=m&no=66
龍馬の父親は坂本八平で、母親との間に子供が五人いたことは坂本家の家系図でわかっている。
坂本八平の子供(龍馬の兄弟・姉妹)を年齢順に書くと、
長男:権平、長女:千鶴(高松順蔵妻)、次女:栄(柴田作衛門妻)、三女:乙女(岡上樹庵妻 後離別)、次男・龍馬となる。

昭和63年3月に高知市山手町丹中の竹藪の中で栄の嫁ぎ先である柴田家の墓石と隣り合わせに発見された墓石が、龍馬の姉の栄のものではないかというニュースが「高知新聞」などで報道された。

SakamotoEiNoHaka002.jpg

その墓石には「柴田作衛門 妻」「坂本八平 女」と2行で刻まれ、戒名が「貞操院栄妙」となっていたことから、この墓は栄のものであることが今では確実視されている。

この墓には被葬者の没年は弘化2年(1845年)9月13日となっていたのだが、この年は龍馬の脱藩よりも17年も以前の話で、栄は嫁いですぐに若くして亡くなったということが確実となった。
したがって、栄は柴田家を離縁された事も疑わしく、龍馬に刀を渡したこともあり得ない話だということになる。

では、誰が栄の自害説などを唱え出したのだろう。

龍馬のことを最初に書いた小説である明治16年の坂崎紫瀾作「汗血千里駒」では、乙女が龍馬に刀を渡したことになっているそうだ。

ネットでいろいろ調べると、最初に栄が刀を渡したと言いだしたのは昭和37年(1962)の司馬遼太郎の「竜馬がゆく」が最初で、それ以降、栄が刀を渡して後で責任を取って自害した説が広まったということらしい。
http://erinkoryo.blog48.fc2.com/?mode=m&no=66

では、司馬遼太郎は何を根拠に栄が龍馬に刀を与えたという説を唱えだしたのか。
上記のサイトによると、坂本家の本家に嫁いだ内田さわという女性の孫にあたる、宍戸茂という人物が司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の連載を知り、祖母(内田さわ)から聞いた話を匿名で、「このエピソードは、(坂本家が龍馬の)脱藩に加担したことになるので、門外不出として(隠されてきた)坂本家の秘密」として司馬遼太郎に伝えた話らしいのだ。

その後宍戸茂は、昭和41年に発表した「『長路』喜寿編」という作品の中で、龍馬に刀を与えたのは乙女ではなく栄であることを書いているそうだ。

「龍馬歴史館」が建てられたのは昭和63年(1988)11月で、「坂本龍馬記念館」の隣の坂本栄の碑が建立されたのは昭和62年(1987)春だから、いずれも司馬遼太郎や宍戸茂の説に引っ張られたものであることは確実だ。
栄のものらしき墓が発見され、栄の墓であることが確実視されたのはそのあとの話なのでこれはやむを得ないだろう。

歴史小説の作家はフィクションなしには小説は書けないだろう。
したがって小説を読む読者は、歴史的事実に近い内容が書かれているがフィクションも多いことを注意する必要があることはわかる。
しかし、博物館や記念館の展示物は見学者はすべて歴史的事実であると考えるのが普通ではないか。後日展示内容に誤りがあることが判明した場合は、あるいは別に有力な説が生まれた場合は、展示内容を訂正するか、解説文に但し書きを入れるような配慮があるべきではないだろうか。そうでなければ、誤った歴史理解が広がっていくだけである。
****************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    ブロとも申請フォーム
    おすすめ商品
    旅館・ホテル