HOME   »  南北朝~室町~安土桃山時代   »  本能寺の変  »  本能寺で信長が無警戒に近い状態であったのはなぜか~~本能寺の変2

本能寺で信長が無警戒に近い状態であったのはなぜか~~本能寺の変2

前回の記事で、イエズス会のフロイスが書いた本能寺の変に関する記述の一部を紹介した。 その引用した部分の少し前に、驚くべきことをフロイスが書いている。

「…そして都に入る前に兵士たちに対し、彼(光秀)はいかに立派な軍勢を率いて毛利との戦争に出陣するかを信長に一目見せたいからとて、全軍に火縄銃に銃弾を装填し火縄をセルベに置いたまま待機しているように命じた。
 …兵士たちはかような動きがいったい何のためであるか訝り始め、おそらく明智は信長の命に基づいて、その義弟である三河の国主(家康)を殺すつもりであろうと考えた。このようにして、信長が都に来るといつも宿舎としており、すでに同所から仏僧を放逐して相当な邸宅となっていた本能寺と称する法華宗の一大寺院に到達すると、明智は天明前に三千の兵をもって同寺を完全に包囲してしまった。…」(中公文庫「完訳フロイス日本史3」p.147)

明智軍は毛利攻めへの出動を信長から命じられていたはずなのだが、兵士たちは家康を討ちにいくのではないかと考えていたというのだ。

このような記録は、この戦に参加した武士の記録にも残されている。
Wikipediaには本能寺の変明智光秀に従軍していた光秀配下の武士本城惣右衛門が、江戸時代に入って晩年、親族と思われる三人の人物に宛てた記録(『本城惣右衛門覚書』)の原文と翻訳文が掲載されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%9F%8E%E6%83%A3%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80%E8%A6%9A%E6%9B%B8

「…あけち(明智)むほんいたし、のぶなが(信長)さまニはら(腹)めされ申候時、ほんのふ寺(本能寺)へ我等よりさきへはい入申候などという人候ハバ、それハミな(皆)うそにて候ハん、と存候。其ゆへ(故)ハ、のぶながさまニはら(腹)させ申事ハ、ゆめともしり不申候。其折ふし、たいこ(太閤)さまびつちう(備中)ニ、てるもと(毛利輝元)殿御とり相ニて御入候。それへ、すけ(助)ニ、あけちこ(越)し申候由申候。山さき(山崎)のかたへとこころざし候へバ、おもい(思い)のほか、京へと申候。我等ハ、其折ふし、いへやす(家康)さま御じやうらく(上洛)にて候まま、いえやすさまとばかり存候。人じゅの中より、馬のり二人いで申候。 たれぞと存候へバ、さいたうくら介(斉藤利三)殿しそく、 こしやう共ニ二人、ほんのぢのかたへのり被申候あいだ、 我等其あとニつき、かたはらまち(片原町)へ入申候。… 」

と、一般の兵士は、毛利攻めに行くつもりが、急に京都に向かうこととなり、てっきり家康を討ちに行くのだと考えたが、信長を討つことは夢にも思わなかったと書いてある。 基本的に書いてあることはフロイスの記述とほぼ同じだが、斉藤利三が本能寺へ向かう明智軍を先導したということは注目してよい。

いずれの記録にも、信長から「家康を討て」という命令があったとは書いていないが、多くの兵士たちが「家康を討つことになるのだろう」と考えたのは何故なのだろうか。本能寺の変に至るまでの経緯をまず振り返ってみることにしよう。

安土城絵

天正10年(1582)までに、織田信長は京を中心とした畿内とその周辺を手中に収め、天正10年3月には武田氏を滅ぼしている。
明智光秀は、武田征伐から帰還したのち、5月15日より安土城において武田氏との戦いで長年労のあった徳川家康の接待役を務めた。しかしながら、15日に秀吉から応援の要請が届いたため信長はその日に光秀・高山右近・中川清秀らに羽柴秀吉援護の出陣を命じ、17日に光秀は接待役を途中解任されて居城・坂本城に戻り、26日には別の居城丹波亀山城に移り、出陣の準備を進めたとある。
「丹波亀山城」は今の京都府亀岡市にあり「亀岡城」とも呼ばれた城だが、一旦京都から遠ざかる位置にある城に向かったのは、毛利攻めに行くと見せかける必要があったのだろうか。

一方徳川家康は、重臣たちを引き連れて5月14日に安土に到着し、安土城での饗応の後、信長の命により5月21日に安土を出て、京都や堺などを見学することとなる。

また、信長は29日に秀吉の援軍に自ら出陣するため小姓を中心とする僅かの供回りを連れ安土城を発つ。同日、京・本能寺に入り、ここで軍勢の集結を待った。同時に、信長の嫡男・織田信忠は妙覚寺に入った。翌6月1日、信長は本能寺で茶会を開いている。

そして本能寺の変のあった6月2日には家康とその重臣一行の三十名ほどが早朝に堺を出てこの本能寺に向かっていたことが、家康に同行していた茶屋四郎次郎の『茶屋由緒記』に記載されているそうだ。

武田が滅亡して日も浅い時期である。徳川家康が少数の家臣を引き連れて安土に行くだけでもリスクがあることなのに、信長に命令されて京都や堺を見学させられることになった。家康ほどの人物ならば、重臣たちとともにどこかで命が狙われる危険を察知していて当然だろう。

427年目の真実

またこのとき筒井順慶も軍を引き連れて大和郡山城から京都に向かっていたというのだが、信長が光秀にも順啓にも本能寺に集結することを指示していたのなら、この日に信長が本能寺で家康の暗殺を仕掛けていたという明智憲三郎氏の説(プレジデント社『本能寺の変四二七年目の真実』)は、的を得たものであると思う。

老人雑話

この時代を生きた江村専斎という医者が書き残した『老人雑話』という本が京都大学のデータベースで公開されている。テキストデータがみつらなかったが画像の文字で大体の意味は分かる。上の画像は、本能寺の変について書かれた部分だ。
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/t176/image/1/t176s0034.html
画像の左のほうに「明智の乱(本能寺の変)のとき、東照宮(家康)は堺にいた。信長は羽柴藤吉郎に、家康に堺を見せよと命じたのだが、実のところは隙をみて家康を害する謀であったという。」と書かれている。

信長は家康を警戒させないために、信長は関西の諸大名に毛利攻めへの加勢を命じて手薄にさせ、信長自らも本能寺にわずかの人数で宿泊している。信長は6月4日に毛利攻めに出陣することを決定しており、織田軍の主力は出陣に備えて上洛途中か、安土城に集結していたと考えられる。
手勢が少なかったのは家康も同じであったのだが、明智憲三郎氏の考えでは、家康はまんまと信長の術中にはまったふりをしながら、この危機から逃れる手をすでに打っていたということになる。明智光秀徳川家康と繋がっていたというのだ。

本能寺の変の謎はいくつもあるのだが、なぜ信長は本能寺にあれほどに無警戒であったのか。この点は重要なポイントであるはずだ。

徳川家康

その理由を明智憲三郎氏は
「…信長が謀反に全く無警戒であったのは、自分自身が家康を討つ罠を仕掛けていたからです。自分の仕掛けた罠の実行に気を取られ、それを逆手に取られることなど思いも及ばなかったからです。」(同上書p133)
光秀は信長による家康の暗殺計画の全貌を知っていたからこそ、それを「逆手に取る」ことで簡単に謀反を起こすことができた、と分かりやすい。

『信長公記』の本能寺の朝の場面を読むと、確かに信長の発した言葉は、光秀に自分の考えた策の「逆手を取られた」という気持ちが出ているように思える。

本能寺の変錦絵

原文ではこう書かれている。
「…(光秀は)桂川打ち越え、漸く夜も明け方に罷りなり侯。既に、信長公御座所、本能寺取り巻き、勢衆、四方より乱れ入るなり、…。是れは謀叛か、如何たる者の企てぞと、御諚のところに、森乱申す様に、明智が者と見え申し侯と、言上侯へば、是非に及ばずと、上意候。…」
信長が何故「是非に及ばず」(確認する必要なし)と言ったのか。
謀反を起こしたのが明智勢と聞いて、信長に思い当たるところがあったということではないのか。

本能寺の変錦絵2

では、明智光秀織田信長から家康暗殺を指示されたのはいつなのか。
この記事の最初に本能寺の変までの流れをまとめたのだが、光秀は安土城で家康の接待役を務めている。その接待の打ち合わせを不思議なことに信長と光秀は密室で行っているのだ。
ルイス・フロイスの「日本史」にはこう書かれている。
「これらの催し物の準備について、信長はある密室において明智と語っていたが…、人々が語るところによれば、彼の好みに合わぬ要件で、明智が言葉を返すと、信長が立ち上がり、怒りを込め、一度か二度、明智を足蹴にしたということである。だが、これは密かになされたことであり、二人だけの間での出来事だったので、後々まで民衆の噂に残ることはなかったが…」(中公文庫p.144-145)
と書かれているが、そもそも饗応の打ち合わせについてなぜ密室でなされる必要があるのか、この時に家康の暗殺の手筈が光秀に指示されたのではないかということを明智憲三郎氏をはじめ多くの人が指摘している。光秀が信長に足蹴にされたのは、一旦は光秀は家康暗殺に反対したのではないのか。

安土城

次に、光秀はいつ家康と本能寺の変の打ち合わせをすることができたのか。 先ほど本能寺の変が起こるまでの経緯を記述したが、5月15日に安土城で光秀が家康の接待役を命じられている。その時に信長の計画を逆手に取る密談ができる時間はたっぷりあったのである。

信長の謀略を裏付ける資料はほかにもある。 奈良の興福寺多聞院で140年間書き継がれた『多聞院日記』に、この日の筒井順慶軍のことが記述されている。
「一順慶今朝京へ上処、上様急度西國へ御出馬トテ既ニ安土へ被帰由■、依之被帰了」
(筒井順慶は今朝上洛の途中、信長は急に中国へ出陣するために安土へ帰ったとのことなので引き返した)
この記述には2つのポイントがある。1つはなぜ信長が出陣したので順啓が京都に行く必要がなくなったと納得したのか。もう一つは誰が、信長が安土に向かったというデマを流したのか。
前者については、順啓は毛利攻めに加担するのではなく、京都にしか用事がない仕事であった。これは向かう先は本能寺しかありえないということになる。
2つ目は光秀以外の何者かが、この日の朝に本能寺に何が起こるかがわかっている人物いて、ニセ情報を使って筒井順慶が京都(本能寺)に近づくことを阻んだという事実である。もしこのデマが流されなかったら、明智光秀と縁戚関係にある筒井順慶は、明智方についた可能性が高かったと考えられるのだ。
ではそのニセ情報の出し手は誰なのか。家康なのか、秀吉なのか。秀吉も安土城での家康の接待の日にあわせて毛利攻めの加勢を申し入れている。これは恐らく信長か仕掛けたのではないか。とすれば、秀吉は本能寺で6月2日に何があるかは判っていたはずだ。

このように本能寺の変を当時の史料で見ていくと、通説とは全く異なる有力武将同士の権謀術数の世界が見えてくる。明智光秀が単独で謀反に及んだというのが通説だが、これらの史料を読めば、明智光秀の単独の犯行というような単純な話ではなさそうだと誰でも思うだろう。戦国時代の真実は、我々が学んできた歴史よりもはるかにドロドロとしたものなのだ。

しかし、明智光秀はなぜ謀反を起こしたのか。その動機はどこにあったのだろうか。そのテーマを書きだすとまた長くなるで、次回に書くことにしたい。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ




関連記事
Comment
本能寺の変の舞台裏
信長は、家康を本能寺の茶会に招待し、ここせ家康を暗殺しようとして、明智光秀にそれを命じていた。それで、信長は家康を油断させるため、本能寺では小姓ら十数人としか居なかったのだ。となれば、信長が本能寺に無警戒にいたことも理解できる。家康はあくまで幸運な武将であった。
Re: 本能寺の変の舞台裏
家康は信長の術中にはまったふりをしながら、この危機から逃れる手をすでに打っていたと考えています。
『伊賀者由緒忸御陣御伴書付』には服部半蔵ら伊賀者190人が伊賀から伊賀白子まで家康のお供をしたことが書かれていますが、即座にこれだけの人数を集めたという事は、事前に知っていたと言う事なのだと思います。『家忠日記』には200kmを超える距離をわずか3日で岡崎に戻ったことが書かれています。
桜田門外の変
もし、それがなければ・・・歴史にはそのような仮説がつきまといがちです。実際、真実は闇の中ということが多いものです。そこに小説家のつけいる場所があるわけです。「札幌文学」81号に「大老の首」という題名で、井伊直弼の桜田門外のテロ事件を短編に仕立て上げました。
Re: 桜田門外の変
「事実は小説より奇なり」と言いますが、詳しく調べてみると実際にあったことは、巷で伝わっている内容よりもはるかに複雑で、事実を知れば知るほど面白く感じることがあります。より深く真実を知ることで、より面白い小説が書けるのだと思います。

読者の方が書かれた小説なら読んでみたい気がします。「札幌文学」は大阪でも買えるのでしょうか。
No title
こんばんは。今夜もお勉強させていただきました。
史跡巡りが楽しみですが(ただ車で走りたいだけ)、細かい事はすぐに忘れてまた次の場所へ。
昨日も今日も雷雨が激しくて、びくびくしました。でも夜が涼しくなって嬉しいです。
Re: No title
大河ドラマの嘘っぽい描写のおかげで、本能寺の変のシリーズの記事に随分アクセスが増えています。
歴史を自分なりに調べて考察した記事は、何年たってもアクセス頂けるのが嬉しいです。

連休を利用して、岐阜に旅行してきました。日露戦争の記事が終われば、史跡めぐりの話題にするつもりです。
家康の上洛について
はじめまして。本能寺の変を調べていてこちらのサイトへ辿り着きました。
明智憲三郎氏の説を取り上げられていますね。
私も興味を持って書籍を読みましたが、家康の上洛部分がひっかかります。

6月2日朝、家康は術中にはまったふりをして堺を出発しますが、約60km先の京都に着くのは夜になってしまいます。 6月2日に呼び出されているなら前日から出発して2日朝に京都に着く行程をとると思うのです。
時間の経過がどうも合わないのです。
Re: 家康の上洛について
shouさん、コメントありがとうございます。

明智氏は、信長が家康討ちの日取りを決定し関係者に通知したのは6月1日の前日(5月29日)と書いていますが、家康討ちの決行日がいつかについては書かれていません。家康一行は信長の意向により堺を見学したのですから、6月1日に堺に泊まることは不自然ではありませんが、その日に正式に信長からの誘いがあり、別に光秀の筋から本能寺の変について秘密情報も入手したものと推測します。

そして、茶屋四郎次郎は信長に、家康の堺遊覧が終わったことを伝えるために6月2日に先発して京都に向かっています。家康一行も京都に向かいました。ご指摘の通り堺から京都は60km程度の距離がありますし、普通に考えて6月2日に本能寺には着くのはかなりの強行軍になります。家康は京都に滞在する時は、本能寺の近くにあった茶屋四郎次郎の屋敷に宿泊するのが常でしたので、京都に到着した日は、おそらく茶屋邸に宿泊し、その翌日に本能寺に行く予定であったと推測します。あくまでも私の推測ですが、家康が信長から本能寺に呼ばれていたのは6月3日か4日ではなかったでしょうか。

Re: 家康の上洛について
ご返答ありがとうございます。
上洛が6月3日か4日なら自然ですね。これなら問題なさそうです。家忠日記を調べてみると、安土へ向かう際は岡崎から番場の約100km間を3日かけて移動していました。1日60kmは難しいですね。この説の上洛命令は多少の調整が必要のようです。

ただ私はいくつかの記録から信長の家康討ちには確信を持てていません。記録にない推測部分ですから、さらに史料を集めて判断しようと思います。(私は戦国を勉強して日が浅いので情報不足なのです)

6月3日頃の家康討ちは時間的にはクリアできますし、また考えてみようと思います。
他の方からも意見を聞いてみたかったので助かりました。
Re: Re: 家康の上洛について
shouさん、返信ありがとうございます。
記録のない部分は推測するしかなく、諸説の中で確認できる事実と矛盾せず、背景から考えて最も可能性の高いものを絞り込むしかないわけですが、最後はそれぞれの人の感性で決まるのだと思います。
もっとも、表に出ている記録などが事実ではない可能性もあるので、こういう事件の判断は難しいところですね。
Trackback
次の記事を読んで、定説が生まれる手順がどうなっていたのか、検証したい気になった。本能寺で信長が無警戒に近い状態であったのはなぜか~~本能寺の変2 http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-98.html上記記事では、その時代のそれなりの文献を参照している。 完訳フロイス日本史 茶屋由緒記 老人雑話 信長公記 多聞院日記 確かに...
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
最近の記事プルダウン
全記事表示リンク
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。検索された全てのブログ記事と、記事の最初の文章が表示されます。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
年別アーカイブ一覧
RSS登録er
タグクラウド

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ

おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (全)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    PINGOO! メモリーボード
    「しばやんの日々」記事を新しい順にタイル状に表示させ、目次のように一覧表示させるページです。各記事の出だしの文章・約80文字が読めます。 表示された記事をクリックすると直接対象のページにアクセスできます。
    おすすめ商品
    旅館・ホテル