HOME   »  
 | 

『文明開化』施策という極端な欧化主義政策と日本の伝統文化破壊

前回の記事で、歴史学者・徳重浅吉が、明治政府は「御一新の名によって嵐の如く旧物を破壊し尽くしたかの観さえある」と書いていることを紹介した。
『文明開化』の時代に、政府は日本土着の習俗や信仰などを「悪弊」「旧習」と呼び、彼らが無用無益と判断したものはどんどん破壊していったというのだが、同様なことを書いている本はいくらでも見つけることが出来る。

例えば、歴史学者・斎藤隆三の著書にはこう記されている。
明治初年の我が当局の執ったところは、当然の域を超えてその度を失したものであった。三四の勝れたもののあるの故をもって一切万事西洋勝れたりとなした。自ら卑んでは未開野蛮としたが、彼を尚んでは文明国とし、苟も碧眼にて赤髯ならんには一切無差別に之を尊敬し、崇拝し、称して優良人種優等国民と呼び、その風を移しその俗を模し、一日も早く一歩も近く、之に接し之に頼らんとは期したのであった。而して東洋固有のものといえば、千年の陶冶を経て特種の発達をした精神文明をすら之を棄てて、その棄つることの遅きを恥とし、速きを競うほどでにもなった。されぱ苟も本邦固有のものに執着するものは之を罵って旧弊とし因循姑息を貶し、良否無差別欧米の風を追うては文明開化と呼んだ。それが実に明治五六年から明治中年頃までの一般社会の大勢であって、上下唯陶然として西洋の文明に酔い、これが追従に盲走したのであった。」(創元社『近世世相史概観』p.205)

では具体的に誰がこのような西洋文化至上主義的な主張をしていたのだろうか。同上書には一部の名前が挙がっているが、政治家にも同様な考えの者がかなりいたことは確実だ。
「明治六年洋僻家の間に創刊された『明六雑誌』には西周の『洋字を以て国語を書する論』というが登載された。率先廃刀論を称え、又新婦を迎うるに当たり、ゴットの前に夫婦の権利を明らかにして結婚式を挙げた森有禮も、これに前後して英語を以て国語とすべきの論を発表した。その他、或いは東京全市を焼払うて煉瓦石造の建築に改むるべしと唱えたるものもある。又は国法を以て日本服を全廃し、国民を挙げて洋服とすべしと説いたものもあった。明治八九年の世の中は左ほどまでに西洋を謳歌した時代であった。西洋の事情を知るものは得々として世に臨み、洋行帰りなどは一通り彼地を過ぎ来つたるばかりのものにても高官に挙げられ要地にも就き得た。世を挙げて西洋を推称し、西洋に倣わんとしたのである。」(同上書 p.209-210)

西洋の優れている部分だけを導入するのならわかるのだが、言葉のみならず東京の建物すべてを西洋風に造り変えてしまうというような話が、明治の初期に結構真面目に議論されていたことを知るべきである。

前回記事と同様に、国立国会図書館デジタルコレクションに『新聞集成明治編年史』が公開されているので、どんな記事があるのかと思って読み進むと、結構面白い記事が出ているので一部を紹介しよう。

古器旧物を保存尊重せよ
『新聞集成明治編年史. 第一卷』p.373-374

上の記事は明治四年(1871年)五月二十三日の太政官日誌だが、「古器旧物を保存尊重せよ」と述べているが、裏を返せば多くの古いものが破壊されていたことを示唆している。
リストの中には刀剣や甲冑、書画、陶磁器、漆器などのほか扁額や仏像、仏具、鐘などの記載があるが、廃仏毀釈がこの時期以前から進んでいたことがわかる。

明治四年(1871年)と言えば七月十四日に廃藩置県が行われ、知藩事を任命されていた旧藩主は失職して東京移住を命じられ、新たに政府から県令が派遣されている。県によっては、古器旧物だけでなく文化財周辺の森や並木道など文化的景観を破壊することに熱心な県令がいたことは当時の記録を見ればわかる。

東海道の松並木
『新聞集成明治編年史. 第一卷』p.407

明治四年(1871年)十月の「新聞雑誌一七」の記事だが、「夏は日陰をなし、冬は風雪を防ぎ、且つ其観美にして大いに旅情を慰するもの」であった東海道の松並木を、電信線を架ける目的で横浜から小田原まで伐り払われてしまい、松並木が、風景が台無しになったことが書かれている。

上野の山を片っ端から取毀す
『新聞集成明治編年史. 第一卷』p.435

上の画像は、ヘラルド新聞(英字新聞)の記事を明治五年(1872年)二月毎週新聞が抄訳したものである。現在の上野公園は寛永寺の敷地の一部でありそこに徳川家累代の墓もあったのだが、日本政府の命により「幾百年の古木森々と繁茂し、実に美麗の壮観」であった森の樹木を倒し、仏像を破却し、墓を他の場所に移転させる工事が行われていることを伝えている。寛永寺だけでなく芝の増上寺も破却する命令が出たことも記されているのだが、政府が推進している東京の文化遺産・自然破壊に対して、ヘラルド新聞は外国人の目で批判的に論評しているのに注目したい。
耽々美麗の墳墓を破壊するの処置は元より蕃夷の風俗にして、曾て文明の国にはあらざる所なり。実に上野を毀ち、またこの上増上寺を破却するに至りては言語に絶えたり。もはや外国人江戸を見て目を慰め膽を奪う所とてもなく、ただ大名屋敷の空邸と木造の部屋を見るのみ。且はその大名屋敷も半ば壊敗して、唯将さに衰敗を招くのみ。(中略)今将た遅きにあらざれば此論を挙て日本政府再び事を思い返し、名所破却の一挙を拒まんと欲す。」

町々の地蔵尊取払い
『新聞集成明治編年史. 第一卷』p.485

子供の守り神である「お地蔵さん」は、日本各地の路傍で今もよく見かけるのだが、近畿地方ではこのお地蔵さんのもとに旧暦の七月二十四日ごろ地域の子どもたちが集まる「地蔵盆」という行事がある。
明治五年(1872年)八月の郵便報知十五の記事によると、滋賀県ではこの祭りが禁止となりあちこちの石の地蔵を取り払ったと書かれている。

京都の盂蘭盆会停止
『新聞集成明治編年史. 第一卷』p.482

上の画像は明治五年(1872年)八月の新聞雑誌56の記事だが、京都のお布令でお盆に先祖を供養するお盆の行事の停止が命じられたとの記事である。毎年八月十六日に行われる京都四大行事の一つである五山の送り火は、この記事を普通に読むと、政府により一時的に停止された可能性が高い。

蔵王権現の処分
『新聞集成明治編年史. 第二卷』p.4

上の画像は明治六年(1873年)一月の東京日日新聞の記事だが、奈良県から教部省に対し蔵王堂(現国宝)から蔵王権現像(現国宝)と仏具などを取り除くことに付きお伺いを立てたことを伝えている。政府の認可を得たのち、奈良県はあまりに大きい蔵王権現像を動かすことが出来なかったので、その前に幕を張り金峰神社の霊代として鑑をかけて幣束をたてて神社としたのだが、信者の粘り強い運動が実り明治十九年に仏教に復している。
以前このブログで、「一度神社になった国宝吉野蔵王堂」という記事を書いたが、詳しく知りたい方は参考にしていただきたい。

石仏を靴ぬぎに
『新聞集成明治編年史. 第二卷』p.6

この記事は明治六年(1873年)1月の郵便報知35の記事だが、各地にある石仏や石塔などは堂宇とともに11月29日を期限に一切取り除き、敷石や靴脱ぎなど有用なものにして用いよとの命令が出ている。
当時は政府の施策に対する不満が旧士族のみならず、民衆レベルでも高まって各地で騒動が起こっていたのだが、こんなささやかな庶民の信仰を奪うことに税金を使うこと以外に行政側としてもっと優先してやるべきことがあったはずだ。

皇居建築を洋式とするは不可
『新聞集成明治編年史. 第二卷』p.67

上の画像は明治六年八月の新聞雑誌百三十一の記事だが、皇居を洋風建築で建て替えようとした政府に対して、米国ボストンに学ぶ留学生が明治政府の諸施策に対し次のような進言をしている。
御一新以来逐々文明開化という熱に移りけれども、学校教則未だ全く行われず、海陸兵制未だ全く備わらず、工芸技術未だ開けず、外国の条約未だ並立の権を得ず、内閣の法律未だ定立に至らず、その上内外国債逐々相増し、貧窮の下民は凍え餒ゆる者あり。実に国事多難の折柄、政府にある人々非常の名策を施すべきに、ただ今にては只々西洋外見の開化を模し、わが国の事物は皆々短なりとし、彼国の事物は皆長なりとし、是非長短の区別なく何物にても西洋より御借り用い相成り、兼て御触出しの彼の長を取り我が短を補うの御趣意も少々消え失せたりと見ゆ。(中略)今日人民一般の要務を捨て置き、皇宮を建てる西洋風を模し二百万円を費やすは、事の前後物の緩急を失う。素より政府は人民の為に立ち人民は政府の為に設けたるにあらず、全国の富強は人民の富強にあり、人民貧しくして、政府のみ決して富むべき理なし。」

この様な正論が新聞に掲載されたにも関わらず、明治政府による欧化政策はその後も続いたのだが、その目的はどこにあったのか。その点については次回に書くこととしたい。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
  ↓ ↓ ↓      
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
 


このエントリーをはてなブックマークに追加













【ご参考】
今月1日からのこのブログの単独記事別のアクセスランキング(ベスト50)です。毎月末にリセットされています。



本ブログの今月の個別記事アクセスランキング 上位500(今月1日からの集計値)
http://pranking12.ziyu.net/html/shibayan1954.html

関連記事

『文明開化』で旧来の制度や習慣を西洋化しようとした政府と、それに抵抗した人々

【丁髷(ちょんまげ)を嘲笑した外国人】
かつて日本男児にとって丁髷はかけがえのないものであったと思うのだが、外国人にとっては非常に滑稽なものとして目に映ったようである。前回記事で紹介した石井研堂著『明治事物起源』に、旧幕臣であった澤太郎左衛門のオランダ留学体験談が紹介されている。

「文久二年九月、開陽丸の注文と留学のために、榎本釜次郎、澤太郎左衛門、内田恒次郎等、オランダ国に渡る。当時、頭様も野郎あたまなりしかば、元結びん付油などを、沢山持ち参りき。初め、留学中といえども、決して風俗を変ずべからずと、幕府の約束ありしかば、衣服髪容を変えざりしが、市上に出ずる毎に、見物人に冷罵嘲笑せらるるに困り、衣服だけは洋服を着くることにせしも、何時召還に逢うや知れざれば、斬髪のみは断行しがたく、纔(わずか)に、帽子にて結髪を掩(おお)い隠し居たりき。…ある時の如き、芝居に入りしに、見物皆脱帽なれば、思わず脱帽せるに、見物一同、其まげを見てドッと騒ぎ立ちしかば、居たまらずして、狐鼠々々(こそこそ)芝居より出でしこともありきという。(旧幕府、澤氏演説摘要)」(『明治事物起原』p.5-6)

澤太郎左衛門らの場合は、徳川幕府からの約束があったために丁髷を切らなかったのだが、明治元年に英国留学から帰国した中村敬輔、林菫、箕作奎吾、箕作大六らは、英国で断髪して帰って来たという。同上書によると「…帰朝するや、皆断髪頭なりしかば、浪士等の嫉視を怖れ、横浜より江戸に入るに、つけまげにてごまかし、僅かに入京したりという」(同上書p.6)とある。

外国では丁髷を切った方が心の平安を保てると考えたのだろうが、我が国に帰ると逆に丁髷がないことで騒がれてしまうことになる。中村敬輔らはそのことを怖れて、帰国後は付け髷をしてごまかそうとしたというのである。

散髪脱刀令で断髪した人々】
髪型について欧米と日本との違いは大きかったのだが、明治政府は西洋の髪型を推進しようとして、明治四年(1871年)八月に「散髪脱刀令(太政官第三百九十九号)」を出している。原文は「散髪制服略服脱刀共可為勝手事 但礼服ノ節ハ帯刀可致事」と短いもので、髪型や服装については自由にし、帯刀については礼服を着る節は必要だがそれ以外の時は自由である、という内容だ。

仮名垣魯文著『安愚楽鍋』三編挿絵
[仮名垣魯文著『安愚楽鍋』三編挿絵(明治五年刊)]


決して髷を切ることを強制する内容ではなかったのだが、この太政官令を機に多くの日本人が髷を切るようになった。当時の有名な俗謡でこんなものがあるが、西洋化を進めようとした明治政府のプロパガンダの臭いがする。
「ジャンギリ頭を叩いてみれば文明開化の音がする」
「チョンまげ頭を叩いて見れば因循姑息の音がする」

斎藤隆三の著書によると 、東京府下に於いて散髪脱刀令の出る二年前の明治二年ですでに結髪七分散髪三分と言われていたが、明治九年には散髪六分結髪四分となったという。(昭和15年刊『近世世相史』p.208)
政府の施策に協力する者がいる一方で、抵抗する者も少なからずいることは、昔も今も変わらないようだ。


【東京では女性の断髪を禁止した】
当時の新聞記事を見ていると、女性で断髪する者も現われて大騒ぎとなっている。
この「散髪脱刀令」は、男性のみ適用するとはどこにも記されていなかったのだが、当初から女性が断髪することまでは想定していなかったという。
国立国会図書館デジタルコレクションに、明治時代の新聞や雑誌の記事をまとめた本が公開されており、明治五年三月の日要新聞の記事に女子の散髪流行について次のように罵倒している。

邦人も我婦女子のザンギリを視ては大いに嘲(わら)える由なり。尤も多くは煎茶店等の給仕女にて、啻(ただ)に奇を好むのみならず、書生兵員儕(ともがら)の寵恋を計るか、或いは自負の強き不従教輩(おてんばむすめ)の所為なれば実に笑止の甚(はなはだし)きなり。速く異風を改め、人に相応の容(すがた)を為て一婦もかかる至愚(いきすぎ)なきよう有たし。」(『新聞集成明治編年史. 第一卷』p.436)

女子の断髪醜態見るに忍びず

また翌月の新聞雑誌35では
大帯の上に男子の用ゆる袴を着し、足駄をはき、腕まくりなどして、洋書を提げ往来するあり。如何に女学生とて猥(みだり)に男子の服を着して活気がましき風俗をなすこと、既に学問の他道に馳せて女学の本意を失いたる一端なり。是等は孰(いず)れも文明開化の弊にして、当人は論なく父兄たる者教えざるの罪と謂いつべきなり。」(同上書 p.441)
と批判し、髪を短く切ったり男性の服を着る女性には随分厳しい論調である。

anohi02.jpg

そして明治五年四月五日に東京府が「女子断髪禁止令」を布告したことが、『国立公文書館ニュース』の『あの日の公文書』の記事に出ている。同記事に画像が掲載されている「婦人散髪の儀につき伺書」の全文が読めないのは残念だが、その冒頭で前年に出された散髪脱刀令は「専ら男子に相限り候儀にあるべき」とあり、女子もザンギリ頭にできるという趣旨ではない旨が記されているのが読める。

女子の断髪所罰済証明書下付

この「女子断髪禁止令」に違反した場合には罰則規定もあったようだが、女性が一旦髪を切ってしまうと、髪が伸びるまでは外出時に法律違反で捕まる可能性がなくならないことになってしまう。そこで東京府は違反者に『所罰済証明書』を下付し、外出時にもし捕まった場合はその証明書を呈示して弁明することを定めていたことが、明治六年二月の東京日日新聞の記事に書かれている。(『新聞集成明治編年史. 第二卷』p.14)


【わが国の伝統文化を捨てて洋風化を推進化する政府に抵抗した人々】
髪型だけではなく明治初期のわが国は、政府が率先して西洋の制度や習慣をあらゆる分野で取り入れようとしたのだが、その反発は地方によってはかなり激しかったようだ。同上書に同年の三月の東京日日新聞の記事が掲載されていて、それによると敦賀県(現在の福井県)で大規模な一揆が起こっている。いわゆる越前護法大一揆である。

この一揆は浄土真宗の信徒の多い地域で3万人近くが参加したもので、これだけ大規模なものとなった原因については、同上の東京日日新聞の記事で次のように解説されている。

敦賀県土寇蜂起

「この一揆の名とする者は、耶蘇宗拒絶の事、真宗説法再興の事、学校に洋文を廃する事、此の三ヶ條にして、其頑民共唱うる所の者は、朝廷耶蘇教を好み、断髪洋服は耶蘇の俗なり、三條の教則は耶蘇の教なり、学校の洋文は耶蘇の文なりと。其他地券を厭棄、諸簿冊悉灰燼とし、新暦を奉ぜず旧暦を固守し、喋々浮説妄誕を唱え、兎に角旧見古態を脱せず。…是併ながら、大野一郡のみにもあらず、吉田丹生、今立の三郡へ波及蔓延、竟には挙国沸擾の形成これあり、不容易大事件、兵力を備えて鎮圧せざるを得ず。…」(『新聞集成明治編年史. 第二卷』p.22)

少し補足すると、「三條の教則」とは、政府が定めた国民教化の教条で、
①敬神愛国の旨を体すべきこと
②天理人道を明らかにすべきこと
③皇上を奉戴し朝旨を遵守せしむべきこと
の三条を指している。
『耶蘇』とはキリスト教の事だが、ここでは明治政府が矢継ぎ早に出してきた欧化政策全般を指していると理解して良い。福井の人々は政府の神仏分離などの宗教施策も欧化政策の一環と捉え、信仰を中心とする伝統的生活を守るために立ち上がったのである。

新聞では越前の一揆については否定的な内容になっているが、当時の政府が『文明開化』をスローガンとして推進していたことのなかには、旧来の伝統文化の破壊とも呼ぶべきものが少なからずあり、国民の抵抗が強かったことを知るべきである。

鋳潰されて銅銭にする計画があった東大寺大仏
[鋳潰されて銅銭にする計画があった東大寺大仏]

明治政府の『文明開化』の実態について、歴史学者・徳重浅吉は自著でこう述べている。

「明治の初年は旧習一洗・欧米文物輸入の時代であって…在来のものはすべて旧弊陋習・古薬鑵と軽しめられて、欧風開明・舶来のものに限るように考えられ、それらが御一新の名によって嵐の如く旧物を破壊し尽くしたかの観さえあるのであるが、それこそは実に此の実利主義と表裏相即している精神に原因しているのであった。換言すれば旧弊陋習と断定せられる標準は、最も以て無用無益、実利なしという点にあったのである。例えば明治三年のように、かつての勅願によって敬造せられ、千有瀚年間朝野の尊信を捧げられてきた奈良大仏を、県令海江田信義等が破却せんとしたのは、之を鋳潰して銅銭にせばやという計画であり、それ故にそれでは奈良三万の住民が将来永く衣食の途を失うと聞かされてすぐに思いとどまった。また明治三年東京府が上野の森を伐り不忍池を埋立てんとて丈量し計画を立てたが、それも茶と桑を植えて産物を増やそうとしたのであり、五年奈良嫩(わか)草山を開かんとしたのも同様であった。甚だしきは七年には宮城の外濠を埋め数万件の地面に桑・茶・椿を植うべしと論じたものもある。」(昭和13年刊『日本文化史の研究』p.368)

明治初期において、政府は『文明開化』という耳触りの良い言葉を用いて、わが国の風習や宗教や文化等の多くを否定して、洋風のものに置き換えようとしたのである。もちろん西洋に制度や技術などわが国より優れていた分野が少なくなかったことは事実だが、わが国の古いものがすべて無価値であるわけがない。
明治政府による文化破壊に抵抗する人々が少なからずいたおかげで多くの貴重な文化財が残されて、世界中の人々が訪れる観光国としての恩恵を蒙っていることを知るべきである。
**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
  ↓ ↓ ↓      
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
 


このエントリーをはてなブックマークに追加










【ご参考】
今月1日からのこのブログの単独記事別のアクセスランキング(ベスト50)です。毎月末にリセットされています。



本ブログの今月の個別記事アクセスランキング 上位500(今月1日からの集計値)
http://pranking12.ziyu.net/html/shibayan1954.html

関連記事
広告
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
最新記事
RSSリンクの表示
タグクラウド

日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
RSS登録er
年別アーカイブ一覧
フリーエリア
おすすめ商品
FC2カウンター
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
おきてがみ
ブログサークル
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
文字を大きく・小さく
    ブログ内検索
    『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。キーワードを含む全てのブログ記事のリストと、記事の最初の文章が表示されます。記事を探す場合は、カテゴリーで記事を追うよりも探しやすいです。
    読書
    このブログで採り上げた本のいくつかを紹介します
    三田村武夫の 『戦争と共産主義』復刻版

    同上 電子書籍

    同上 自由選書版

    江崎道郎氏がコミンテルンの秘密工作を追究するアメリカの研究を紹介しておられます





    落合道夫氏もスターリンの国際戦略に着目した著書を出されました

    この本で張作霖爆殺事件の河本大佐主犯説が完全に覆されました















    南京大虐殺の虚妄を暴く第一級史料。GHQ発禁本の復刻版































    QRコード
    QRコード
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    人気ページランキング
    集計スタート時期が良くわかりませんが、おそらく2016年の夏ごろから現在までの記事アクセスランキングです。
    GHQ焚書
    戦後GHQによって焚書処分された本のいくつかが復刊されて、入手可能となっています。戦後のわが国でどのような史実が封印されているかがわかります。
    GHQが発禁にした明治史