HOME   »  
 | 

鳳来寺の神仏分離と日本の百名洞・乳岩峡などを訪ねて

旅行の二日目は少し早起きして、食事の時間までのあいだ宇連川沿いから不動の滝を散策することにした。

朝の散歩コース

コースははづ別館から浮石橋を渡り、ゆーゆーありーなから渡瀬橋を渡ったのち乙女沢遊歩道を歩いて不動の滝を巡るコースである。

鳳来峡 1

宇連川は黄褐色の岩の上を流れていて、川底が板を敷いたように見えるため、板敷川とも呼ばれている。夜間の放射冷却で気温が低くなった空気が、暖かい水面付近の空気に触れて、川霧が発生しているのが幻想的だ。

宇連川

湯谷温泉の上下流約5キロは鳳来峡と呼ばれ、紅葉の名所でもある。上の画像は渡瀬橋から上流を撮ったものだが、このあたりの紅葉はさぞ美しいことだろう。

不動の滝に続く道

渡瀬橋を渡り左折して少し進むと不動の滝の入り口があるのでそこを右折。JR飯田線の踏切を渡り、深い緑に覆われたゆるやかな沢沿いの道を歩いて行く。

不動の滝

700mほど歩くと不動の滝がある。高さは10mぐらいで水量はそれほど多くない。滝の前に鳥居があり、幟には荒沢不動明王と記されていて滝の前には鳥居がある。

存分に森林浴を楽しんだのち旅館に戻り、朝食を終えてお世話になった旅館をチェックアウトして、鳳来寺山パークウェイを走り山上駐車場に向かう。

新城市観光マップ

鳳来寺山は、約2000万年前の火山活動で形成された標高695mの死火山で、山全体が国の名勝および天然記念物に指定されている
その幻想的な岩肌が古くから人々の信仰の対象となって、山岳修験道の霊山として人々の信仰を集めてきたのである。

鳳来寺の寺伝によると大宝2年(702)に利修仙人が開山したとされるが、鎌倉時代には三河七御堂の一つとして栄え、戦国時代からは松平家との関係が深まっていったという。
『東照宮縁起』によると、松平広忠が天文10年(1541)に於大(おだい)と結婚し、立派な男児をさずかるようにと祈願した後、於大は懐妊し男児(のちの徳川家康)が誕生した。
その様な経緯からこの寺は江戸幕府の庇護を受けることとなり、三代将軍徳川家光の命により鳳来山東照宮の建築が行われたという。

鳳来寺の最盛期は21院坊、寺領1350石の寺勢を誇ったが、江戸幕府の崩壊後神仏分離令により鳳来寺と東照宮は分離されたうえに寺社領は没収されて大打撃を受け、東照宮が命脈を保つ一方で鳳来寺の衰勢は著しかった。さらに明治8年(1875)5月の火災で本堂および多くの堂宇を失い、その後もしばしば起こった火災で大半の文化財が失われてしまったという。
とはいいながら、鳳来寺の衰勢の原因は火災だけではなかったようだ。

神仏分離史料

『明治維新 神仏分離史料 第五巻』にはこう記されている。
東照廟の別当を日光輪王寺の配下に置き、薬師堂を高野山の配下に置いた事は、延いて天台・真言両宗の駢立*となり、その間自ら軋轢をなし、維新の後に於いても尚一致せず、益々衰亡の勢いを強めたのである。(しかしこの点は、その後両派の管長の協議によって両宗合一して、真言宗高野派に専属することとなり、明治39年11月12日に允許せられた。)」(『明治維新 神仏分離史料 第五巻』p.185)
要するに鳳来寺の再建のリーダーシップを執るべき宗派があいまいな状態が30年以上続いたことも、鳳来寺全体の衰微を早めた大きな要因になったという。
*駢立(べんりつ):並び立つこと

東海道名所図会 鳳来寺

上の画像は江戸時代後期に刊行された『東海道名所図会 巻三』にある鳳来山伽藍図で、多くの堂宇が描かれているのだが、今では東照宮と鳳来寺本堂と仁王門、鐘楼、および松高院と医王院が現存しているだけで、廃絶された諸僧坊跡地には石碑が建てられているという。

鳳来寺山

山上駐車場から歩いて東照宮まで向かう途中に、鏡岩と呼ばれる大きな岩が見えてくる。上の画像の中央にあるのが鏡岩で、屋根が見えている建物が鳳来寺の鐘楼である。

鳳来山東照宮拝殿

駐車場からは歩いて10分程度で鳳来山東照宮に到着する。

鳳来山東照宮

東照宮の内部が公開されていないのは残念だが、建物は慶安4年(1651)の造営によるもので、屋根はいずれも檜皮葺である。昭和28年(1953)に、本殿・拝殿・幣殿・中門・透塀・石柵・石灯篭などが国の重要文化財に指定されている。残念ながら御供殿は昭和30年(1955)に焼失してしまったがその他の建物は護られて、創建当時の華麗荘厳な姿を今に残している。

鳳来寺本堂と鏡岩

東照宮から鳳来寺本堂までは歩いて5分もかからない。
先ほど明治8年(1875)に火災で本堂などを焼失したことを書いたが、明治13年(1880)に再興された本堂や庫裏も大正3年(1914)に再び焼失してしまい、現存の建物は昭和49年(1974)に建てられたものだという。上の画像はその本堂で、左にある巨大な岩は鏡岩である。

この本堂の前の田楽堂で毎年1月3日に鳳来寺田楽が奉納されるのだという。

https://www.youtube.com/watch?v=rfL1I927T6Y
上の動画は5年前に撮影されたものだが、その年の五穀豊穣、悪霊退散等を願って天狗、獅子舞、稚児の舞、祈願の舞などが披露されるという。鳳来寺田楽は、室町時代から続けられている伝統行事であり、新城市黒沢の田楽、北設楽郡設楽町田峰の田楽とともに国の重要無形民俗文化財に指定されているのだそうだ。

鳳来寺の建物で唯一国の文化財に指定されているのが仁王門。江戸幕府三代将軍家光の寄進によって建てられたものだが、鳳来寺の中心部から離れていたことから焼けずに残されてきた。

鳳来寺山 2

寺や神社は、本来は参道を登って正面から参拝すべきなのだろうが、鳳来寺を参道から上るとすると1425段もある石段を登らなければならない。山上の駐車場を用いることはかなりの時間短縮になるのだが、鳳来寺本堂から仁王門に歩いて行こうとすると、片道で900m近くの階段の昇り降りが必要になる。

鳳来寺山登り口

旅館の方から、仁王門は参道の駐車場から歩いたほうが楽だと言われてそうしたのだが、石段の登り口から仁王門までの距離が300m、参道の駐車場から石段の登り口までもそれなりの距離があったので、結果的にはそれほど時間短縮にならなかったかもしれない。

鳳来寺仁王門

上の画像が仁王門で、入母屋造り銅板葺きで朱塗りの美しい楼門である。左右の仁王像は江戸時代の仏師・法橋雲海が制作したもので、新城市の文化財に指定されている。

鳳来寺山で時間短縮を図った理由は、その次の目的地である乳岩峡(ちいわきょう)に行くために体力を温存したかったからである。
先ほどは鳳来寺山が国名勝で天然記念物であることを述べたが、乳岩と乳岩峡も同様に国名勝で天然記念物である。1時間少しで出発地点に戻れるハイキングコースではあるのだが、かなりスリリングなコースらしいので旅程に入れていた。

乳岩峡 駐車場付近

駐車場から乳岩峡に入る。このあたりの河床は平坦な一枚岩のようだ。

乳岩

しばらく乳岩川沿いを進むと目の前に巨大な岩が聳え立つ場所に到達する。はじめは普通の階段を進んでいくのだが、途中から垂直に近い鉄の梯子を何本も登っていくことになる。

乳岩鉄梯子

鉄の梯子を撮ったつもりであったが、カメラを持つ手が震えていたのか、少し画像がブレてしまった。

通天門

梯子を登り切り、急坂を抜けてさらに進むと、真ん中にぽっかりと穴が開いた通天門という岩に到達する。この景観に感動してしまった。

ここからは下りになり、鉄の階段があるので比較的降りやすく、登りのような恐怖感はない。

通天洞

しばらく歩くと、大きな岩の割れ目に向かって階段が続いていて、一番上まで登ると通天洞と呼ばれるドーム状の空間の中に入る。そこには石仏が並べられている。

脚力に自信のない方にはあまり勧められないが、このハイキングコースはスリリングで景色も素晴らしく、1時間とすこしでスタート地点に戻ることが出来るというのは旅行者にとってはありがたい。紅葉の季節や新緑の季節はもっと素晴らしい景色が楽しめることだと思う。

五平餅

乳岩峡をあとにして湯谷温泉まで戻り、田舎茶屋まつやで昼食をとった。
そばを食したあと勧められて五平餅を注文したが、ほくほくの五平餅は香ばしくて旨かった。

まつやでお土産などを買っててから、最後の目的地である四谷の千枚田に向かった。実は鳳来寺の参道と仁王門は、この時に寄り道して撮影したものである。

千枚田のある四谷地区は標高833mの鞍掛山の南西斜面に広がる山間集落で、石積みの棚田は標高220mから420m付近に広がって、落差は約200mもあるのだそうだ。

四谷の千枚田

上の画像は棚田を下から眺めたものだが、正面の美しい山が鞍掛山である。この山の中腹から毎秒20リットルの清水が沢に流れて棚田を潤しているのだそうだ。

明治37年7月10日に鞍掛山に隣接する山が崩れて山津波が起こり、死者11名、家屋流出10戸という大惨事をもたらし、美しい棚田が崩壊したことがあったのだそうだが、地域の人々はわずか5年で石積みの棚田を蘇らせたのだという。

なぜ、このような大災害が起きたにもかかわらず、地域の人々は棚田を再生させようとしたのだろうか。それは、棚田がある方が地域にとって安全であることが理解されていたからではないか。

四谷の千枚田 1

新城市のホームページに四谷の千枚田についてこのように解説されている。
山の傾斜地に作られた千枚田は、そのあぜや石垣によって大雨の際の土壌浸食を防ぎ、またその保水機能によって調整池の役割を果たし、水が一気に流水するのを抑える災害防止機能を備えています。」
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,46205,149,722,html

川は流域が狭ければ狭いほど川の流量の増加により水位が上がって決壊しやすくなることは当然のことで、広い棚田があれば、たとえ記録的な集中豪雨があっても、棚田の面積全体でその水量の増加を受け止めることになるので、水害が発生する危険性は極めて低くなるのである。
今年の7月の豪雨は各地で大災害をもたらしたが、川の堤防を高くしたり下水道で水を逃がす発想では、そのキャパを超えるような集中豪雨の場合には、災害リスクを避けることに限界がある。
昔の日本人は、自ら土砂災害の危険から守るために、危険な場所に棚田を作ることで水と共生するという方法を考案したのだが、そのような発想が今のわが国に欠落しているのではないだろうか。
棚田はただ風景を楽しむだけではなく、防災観点から棚田を残すことも必要なのだと思う。
そのためには、生産者が棚田で米を作ることで豊かになれることが不可欠である。この四谷の千枚田で生産されたお米をブランド米として、現地やネットなどで販売することができないものだろうか。大手流通を通さずに直接消費者に販売することが出来れば、生産者は今よりももっと潤うことにはならないか。

そんなことを考えながら、2日間の新城市の旅を終えることにした。





**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



このエントリーをはてなブックマークに追加








関連記事

長篠の戦の武田勝頼公本陣跡から満光寺庭園、阿寺の七滝などを訪ねて

設楽原歴史資料館の駐車場から医王寺(新城市長篠字弥陀の前256)に向かう。
長篠の戦いで、武田勝頼がこの寺に本陣を置いたとされ、境内には『武田勝頼公本陣跡』と記された石碑が建っている

医王寺 勝頼公本陣跡

新城市のHPによると、『三川日記』という文書に、武田軍の長篠包囲において本軍の武田勝頼らは医王寺山に三千の兵を配置したことが記されているそうだが、山麓の医王寺境内地内には陣城と思われる遺構は確認されていないという。
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,22232,149,722,html

しかしながら旧広島藩主浅野家に伝えられた城絵図(『諸国古城之図』)中に「勝頼陣城」と記された医王寺(三河設楽)の絵図があり、この絵図は、ほぼ医王寺の現況に近く描かれているという。
調べると、広島市立図書館のホームページに『諸国古城之図』の全177枚が公開されていて、その29枚目が医王寺の「勝頼陣城」図で、寺の裏山(医王寺山)の山頂付近に陣が築かれていたことがわかる。
https://www.library.city.hiroshima.jp/hiroshima/webgallery/kojo.html

医王寺 2

上の画像は武田勝頼本陣の物見櫓を復元したものであるが、山の上からは長篠城や鳶が巣砦など武田軍陣地のすべてが展望できるのだそうだ。

医王寺 弥陀の池

「勝頼陣城」図の中央に描かれている池は「弥陀の池」といい、「緑さす 片葉の葦や 弥陀の池」と記された句碑がある。
現地の案内板には、長篠の戦いに関する伝説が残っていることが記されていた。
「決戦前夜のこと、勝頼の枕元に白髪の老人が立ち『明日の決戦は無謀だ、戦いをやめて故郷に帰りなされ』といさめたところ夢うつつに勝頼はとっさに傍らの太刀をとり、老人の肩口に斬りつけました。老人は煙のように消えましたが、翌朝、弥陀池の久葦がすべて片葉となったというお話です。」

弥陀の池には多くの葦が生えていたものの、「片葉の葦」がどのようなものであるかがよくわかっていなかったので探すことはしなかったが、帰宅後ネットで調べると全国各地の「片葉の葦」の画像を見つけることが出来た。次のURLには東京都墨田区中川の「片葉の葦」が紹介されている。
http://kana-kana.at.webry.info/201407/article_3.html

医王寺から次の目的地である旧黄柳橋(きゅうつげばし)に向かう。
宇連川(うれがわ)にかかる鳳来大橋を渡ると乗本の交差点があり、その交差点右手に黄柳川(つげがわ)にかかる旧黄柳橋がある。

旧黄柳橋

この橋は大正7年(1918)に建築された鉄筋コンクリート製のオープンアーチ橋で、アーチスパン30.3mは当時としては全国一の長さであったという。
交通量の増加に伴い新しい橋が架かって、当初はこの橋は撤去される計画であったのだが、その文化財的価値が認められて残されることとなり、平成10年(1998)に国の登録有形文化財に指定されている。

黄柳川

車で新しい黄柳橋を走っている時には気が付かなかったのだが、この橋の下を流れる黄柳(つげ)川の谷はかなり深い。旧黄柳橋の手前に川に向かう階段があり、降りていくと旧黄柳橋を下から眺めることができる。川底に届く橋脚が1本もなくて、よくこんな橋が100年も前に建築できたものだと感心してしまった。

旧黄柳橋から長篠城址の地図

交差点の「乗本(のりもと)」という地名は船の乗降地を意味しているのだそうだが、この辺りから宇連川を下り豊川と合流するまでの地域を「乗本」というらしい。前回の記事で書いたが、この二つの川の合流する場所に長篠城址がある。

鵜飼船のモニュメント

乗本は、江戸時代から明治にかけて豊川の水運の拠点として重要な役割を果たしてきた地域だという。旧黄柳橋から豊川の合流点までは川幅が狭く岩場も多いため、小型の幅の狭い鵜飼船で荷物を運んでいたそうだ。鵜飼船といっても鵜飼をしていたわけではなく、鵜飼型の船を水運に用いたとのことである。旧黄柳橋の近くに鵜飼船のモニュメントがあったのでカメラに収めておいた。

旧黄柳橋から満光寺(新城市下吉田田中140 ☏ 0536-34-0116)に向かう。

満光寺 1

案内板によると、この寺は貞観2年(860)に創立されたがその後衰退し、天文元年(1532)に今川義元の配下で山吉田城主であった鈴木重勝が、曹洞宗の禅寺として再興させたという。
それから数十年が経過したある日、この寺に徳川家康が一夜を過ごしたエピソードが有名なのだが、案内板にはこう記されている。

元亀年間(1570頃)家康が若い頃武田信玄との戦に敗れ山吉田まで落ち延びて来た。ちょうど満光寺という寺が目に止まった。
 そこで住職に一夜の宿を頼んだ。住職は気の毒に思い快く泊めることにした。家康は大変喜んで住職にお礼を述べ、さらに『ご住職、まことに相済まぬが、私どもは故あって明朝早立ちしたいと思う。よって一番鶏が鳴いたら必ず起こして戴きたい』と頼んで寝についた。
 そして真夜中になった頃であった。不思議なことにその夜に限って寺の鶏が真夜中に刻を告げた。住職は随分早く鳴いたものだと思いながらも、約束のことを思い早速家康たちを起こした。家康は厚くお礼を言って大急ぎで闇の中を出発して行った。
 ところが家康一行が去って間もなく武田の一隊が寺を包囲したが、家康一行は一瞬の差で危機を脱することが出来た
 のち天下を統一した家康は、この恩返しとして満光寺のニワトリに三石の扶持を与えた。
 その後慶安2年(1649)三代将軍家光から寺領20石が与えられた
。」

満光寺庭園

また満光寺の庭園の作庭者は不明だが、裏山の山裾を利用した鶴亀蓬莱式の池泉鑑賞庭園で愛知県指定文化財になっている。
部屋から庭園を鑑賞していると、どこからかコシアキトンボが飛んできて、池のまわりを旋回し始めた。私の実家の寺にも池があって、子供の頃にトンボを追いかけた日々のことを思い出してしまってあっという間に予定の時間が過ぎてしまった。

新城市には歴史散策を楽しめる場所が多いだけでなく、滝や渓谷美などで有名な場所がいくつもある。満光寺の次の目的地は、日本の滝百選に選ばれている阿寺の七滝である。

阿寺の七滝への道

県道442号線沿いに駐車場(新城市下吉田黒渕25)があり、そこから滝まで15分ほど歩く必要があるのだが、深い緑に覆われて思いのほか涼しく、沢沿いの道は平坦で歩きやすくて誰でも気持ちよく滝つぼに到着できると思う。

阿寺の七滝

上の画像が阿寺の七滝で、滝が7段の階段状になっていることから七滝と名付けられたという。こういう美しい滝は、じっと見ているだけで爽快な気分になってくる。

近くには百間の滝という愛知県最大の滝もあるのだが、駐車場が狭いのと、一部の道路が通行止めになっているようなので今回は見送ることとした。
チャレンジされる方は、新城市のホームページにう回路の地図が出ている。
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,3146,c,html/3146/20180130-112401.pdf

いつも旅行の計画を立てる時に、近辺に残されている文化財を調べるのだが、この阿寺の七滝よりもさらに山奥に巣山という集落があり、その集落の熊野神社に国の重要文化財に指定されている鎌倉時代の仏像が2躯、愛知県の文化財に指定されている鎌倉時代の仏像が1躯と懸仏が3面、新城市の文化財に指定されている仏像などが7躯と狛犬1対が残されていることが目に止まった。

熊野神社の仏像

新城市のホームページによると、巣山地区は江戸時代に鳳来寺と秋葉寺を結ぶ秋葉街道の宿場町として栄えたところで、この地域には金隆山高福寺(こうふくじ)と野高山栖雲寺(せいうんじ)の2つの古刹があった。ところが高福寺は明治維新期に廃寺となってしまって仏像などを栖雲寺に移したのだが、その後地区住民が神道に改宗したことから栖雲寺も廃寺となり、以降熊野神社の氏子の方がこれらの仏像を収蔵庫に収めて管理しているのだという。次のURLに仏像の解説と画像があるが、なかなか立派な仏像である。
http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/8,18127,152,720,html

拝観が可能かどうかを新城市に照会してみたのだが、毎年春分の日に一般公開しているほかは、団体の希望がある場合に日程を調整のうえ案内していただけることがあるとのことであった。
地元の方3名が文化財の管理をしておられ、公開する際には2名以上が立会うことにしておられるとのことで、普通の観光客は春分の日に訪れるしかなさそうだった。

熊野神社

この熊野神社を訪れてみたくなって旅程に入れておいたのだが、どこにでもあるような、無人の小さな神社であるのに驚いた。神社の周囲には田んぼばかりで人家は少なく、かつて宿場町として栄えた地域とは思えない。

明治初期の廃仏毀釈の事例をこのブログで何度か紹介してきたが、仏像が破壊されたり売却された事例が多い中で、巣山のように明治初期に廃寺になった寺の多くの文化財を何世代にもわたって地元の人々が大切に守り続けているケースは珍しいのではないだろうか。これだけ貴重なものが数多く残されているならば、ただ保管するだけではなくて、観光資源として地域の活性化につなげることができないものだろうかとも思う。

はづ別館

奥三河旅行の初日の旅程を終えて、宿泊先の湯谷温泉に向かう。
湯谷温泉は鳳来峡の宇連川沿いに広がっている温泉で1300年ほどの歴史があり、日本百名湯にも選ばれている。
私が選んだ宿は「はづ別館」で、渓流沿いにある大正ロマン風のレトロな趣のある建物だ。
温泉はもちろん源泉かけ流しで、料理もおいしくいただけて大満足だった。



**************************************************************
ブログパーツ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。よろしければ、この応援ボタンをクリックしていただくと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をかけて申し訳ありません。
    ↓ ↓         


にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ



このエントリーをはてなブックマークに追加

【ご参考】
このブログでこんな記事を書いてきました。興味のある方は覗いてみてください。

「大原騒動」の史跡や飛騨の国宝や渓谷などを訪ねて白骨温泉へ
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-154.html

白骨温泉から奈良井宿、阿寺渓谷を散策のあと苗木城址を訪ねて
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-165.html

高知市五台山の名所から、いの町の文化と自然を楽しむドライブ~~高知方面旅行2
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-170.html

中津渓谷から秋葉神社に向かい、最後に武田勝頼伝説の地を訪ねて~~高知方面旅行4
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-172.html

白山信仰の聖地を訪ねて加賀禅定道を行く
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-457.html

浄土真宗の僧侶や門徒は、明治政府の神仏分離政策に過激に闘った…大濱騒動のこと
http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-459.html



関連記事
FC2カウンター
ブログ内検索
『しばやんの日々』のブログ内の記事をキーワードで検索できます。キーワードを含む全てのブログ記事のリストと、記事の最初の文章が表示されます。記事を探す場合は、カテゴリーで記事を追うよりも探しやすいです。
プロフィール

しばやん

Author:しばやん
京都のお寺に生まれ育ち、大学の経済学部を卒業してからは普通の会社に入りました。
若いころはあまり歴史に興味を覚えなかったのですが、50歳のころに勝者が叙述する歴史が必ずしも真実ではないことに気が付き、調べているうちに日本史全般に興味が広がっていきました。

平成21年にBLOGariというブログサービスでブログを始めましたが、容量に限界がありバックアップもとれないので、しばらく新しい記事を掲載しながら、過去の主要な記事を当初の作成日にあわせて、4か月ほどかけてこちらのブログに手作業で移し替え、平成26年の1月に正式にこのブログに一本化しました。
従来のメインのブログでは読者の皆様から、数多くの有益なコメントを頂きましたが、コメントまでは移しきれなかったことをご容赦願います。

またBLOGariは平成29年の1月31日付けでブログサービスが終了して、今ではアクセスができなくなっています。BLOGariの記事URLにリンクを貼ってある記事がもしあれば、左サイドバーの「カテゴリ」の一番下にある「BLOGari記事のURL読み替え」で対照していだければありがたいです。

***********************
Facebook、twitterなどで記事を拡散していただいたり、リンクしていただくことは大歓迎ですが、このブログ記事のURLとブログ名は明記していただくようよろしくお願い致します。

コメント、トラックバック共に歓迎しますが、記事内容とあまり関係ない内容を論拠を示さないまま一方的に自説を唱えたり、どこかの掲示板などの文章をまるまる引用しているだけのコメントは削除させていただくことがあります。

匿名のコメントや質問にはできるかぎり対応させていただきますが、回答する場合はこのブログのコメント欄でさせていただきます。

また、お叱りや反論もお受けしますが、論拠を示さないで一方的に批難するだけのものや、汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメントなど、不適切と思われるものぱ管理人の権限で削除させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。
***********************

リンク
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
新しいカテゴリに移すなど、カテゴリを時々見直すことがありますので、記事をリンクされる方は、個別記事のURL(末尾が"/blog-entry-***.html")をご利用ください。
最新記事
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
このページを英訳したい人は この下のEnglishの部分をクリックすれば ある程度の英語の文章になるようです。
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
タグクラウド

年別アーカイブ一覧
RSS登録er
Kindleストア
旅行・出張






グルメ
よく使っています


スピードクーラー
レンタカー

おすすめ商品
ブログランキング
下の応援ボタンをクリックして頂くと、ランキングに反映されて大変励みになります。お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
おきてがみ blogram
ブログランキングならblogram
文字を大きく・小さく
    月間人気記事ランキング
    個別記事への直接アクセス数の今月1日からの合計値です。毎月末にリセットされます。このブログのアクセスのうち6割以上は検索サイト経由、約2割は何らかのリンクを辿って、過去の記事のURLに直接アクセス頂いています。
    51位以降のランキングは、リンク集の「『しばやんの日々』今月の人気ページランキング (上位500)」をクリックしてください。
    人気ブログランキング 日本史
    「人気ブログランキング」に参加しているブログの1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログ村ランキング 日本史
    にほんブログ村に参加しているブログの、1週間の応援ボタンのクリック件数を集計し、日本史部門でランキングを表示したもの。
    ブログサークル
    ブログサークル
    ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
    ツイッタータイムラン
    逆アクセスランキング
    24時間の逆アクセスランキングです。表題の「アクセス解析研究所」をクリックすると、詳細な解析結果が分かります。
    楽天Kobo電子書籍
    読書
    このブログで採り上げた本のいくつかを紹介します
    三田村武夫の 『戦争と共産主義』復刻版

    同上 電子書籍

    同上 自由選書版

    江崎道郎氏がコミンテルンの秘密工作を追究するアメリカの研究を紹介しておられます





    落合道夫氏もスターリンの国際戦略に着目した著書を出されました

    この本で張作霖爆殺事件の河本大佐主犯説が完全に覆されました















    南京大虐殺の虚妄を暴く第一級史料。GHQ発禁本の復刻版







    GHQが発禁にした日本近代化史















    人気ページランキング
    集計スタート時期が良くわかりませんが、おそらく2016年の夏ごろから現在までの記事アクセスランキングです。